2021.04.27

BULA! 

今回はフィジーのちょっと不便だけど素敵な場所をご紹介します。

交通の便があまり良くないので、最低でもフィジー4泊~からお考えの人向け
かもしれません。


ガイドブックにもそれほど詳しく載っていないマイナーな場所ではありますが、
コロナ禍、「行った気」になって頂ければ良いなと思い投稿致します♪

今回ご紹介しますのは、
本島北東部 ラキラキ(RAKIRAKI)沖合にある
ナナヌイラ島(NANANU I RA)

Karte3353en_2 国際空港があるナンディ(NADI)からラキラキまでは、
まずは普通のバス(エクスプレスではない)でラウトカ(LAUTOKA)まで
行きます。

そこからキングスロード経由のスバ(SUVA)行きのエクスプレスバスに乗ります。
ラウトカからラキラキまで約2時間半。

バスは何社か走っており、そのうちの一社はこんな感じのバスbusDownload

写真のバスは新しい方ですが、時々とても風情のあるバスもやってきます。
エクスプレスバスは、1日何本か走っていますので事前に確認が必要です。


Download_110分もあれば周れてしまう小さな町。

Dscn5064

お店をちょこちょこ見て周るとそれなりに面白いですhappy01





そこから、タクシーに乗って、エリントン埠頭という所まで向かいます。
(タクシーで15分程です。 バイレカタウンから埠頭までは交通の便が良くないのでタクシーが
 ベストです)

Dscn4960

そこからナナヌイラまで、リゾート専用のボートで向かいます。
(埠頭に到着したらリゾートに電話をして迎えに来てもらいます)

Dscn4961

フィジータイムですね。
待っている間、山や海を「きれいだな~」と眺めていました。
(ボートクルーもそれほど多くないので、島から帰る人に合わせてボートを
出すので、タイミングが合わないとちょっと待つ事になります)

出発sunDscn4967

ボートはテンダーボートで水しぶきも思いっきり浴びますtyphoon
(救命胴衣は義務付けられていますよ)


Dscn4962

Dscn4970

途中小さな島々を通過。


Dscn4971

別荘地になっている場所もあります。

Dscn4972 うらやましいです。こんな緑と海に囲まれた場所confident

Dscn4975乗る事15分、桟橋が見えてきました。



Dscn4976 スタッフが一人で迎えてくれています。

Dscn5001

到着したのは マクドナルド ナナヌイラ ビーチコテージ。

(バーガーショップとは関係ありません)

Dscn4992 リゾート内はガーデニングがきれいにされています。


Dscn5011


Dscn5010

ブーゲンビリアやハイビスカスcherryblossom
この日はピンクのお花が多くて気持ちが和みました。



Dscn5002

桟橋向こう側は本島。

Dscn5005 桟橋から見るリゾート。



Dscn5015

マクドナルドビーチコテージ、
次回はお部屋などをご紹介します♪

2021.04.25

BULA !

今日はリゾートのサンセットタイムをご紹介します。

フィジーの本島は、海が西側にあるリゾートが多いのでどのリゾートも
サンセットは圧巻ですsun

今回は、フィジー・マリオットリゾート・モミベイ。
現在は曜日限定で営業をしています。


ご覧ください~shineshine

148095924_1979353128885490_61846101

オーシャンフロントブレヴィラからの眺め


122752041_1890539281100209_64904863

サンセットに合わせてトーチライティングがあります。

121702266_1878442938976510_92047812

121068993_1871643432989794_80827252

142664014_1968198586667611_73154322水上コテージに灯りが点り始めました。




今日も一日ありがとう!と夕日に向かってお礼を言いたくなってしまいます。


明日の月曜からも皆さまにとって素敵な一週間でありますようにshine

2021.04.24

BULA!


不定期でご紹介しております。
フィジーの離島を巡る旅。 

 

141558013_3907996465950767_22855433

今回は、前回に引き続いてバヌアレブ島のサブサブ周辺をご紹介します。

Photo




サブサブは小さな町と雰囲気の良いヨットハーバーがあります。

Download

Mainstreetsavusavu1

サブサブには温泉も湧き出ています。


とは言っても、日本のような温泉宿などもなく、
地元の人がお芋などを茹でるなどして活用しています。

町のメインロード、後ろはマリーナ。

86

サブサブはブラックパールを養殖しています。

J_hunter_pearsl_savusavu_fiji_2

キャプテンクッククルーズの日程には、パールの加工工場を見学できるツアーもあります。


また、サブサブ近郊には隠れ家的リゾートがいくつかあります。


ジャン・ミッシェル・クストー・フィジーアイランズリゾート140475771_10159104130363134_2875294

172521202_4130634036994576_60960599

78121953_10156541270211746_82388440

などなど・・・。


クルーズシップではこれらのリゾートに宿泊はできませんが、
静かな大人のリゾートを求めている方には最適ですshine

フィジーはリゾート一つにとっても、それぞれ個性があります。

また、特に離島などは一つの国民性?の人懐っこい人柄が更に
もっとUPした感じなので、地元の人たちとのふれあいが旅の素敵な思い出となると思います。


近い将来、安全に旅行ができるようになったら是非フィジーにいらしてくださいshine



HIS フィジー支店

2021.05
loading...
カリブブログ一覧