2020.01.18

BULA!

ご存じ、フィジーには約4割強のインド系の人たちが住んでいます。

「インドの人って3食カレー食べているのかしら?」と思う方もいますね。

答えは、かなりの人たちがyes、食べてますannoy

Img_20200114_123239 これは何だかわかりますか?


実はお弁当が入っているんです。中身は

Dscn7977 こんな感じでカレーとロティ(ナンよりも柔らかい)がビニールに包まれています。

食べ終わったらお弁当箱を洗わなくて良いのが合理的。
かっちりyシャツを着たビジネスマンの人も手にはこの新聞紙を持っていると何だか
ほっこりしてしまいます。(お母さんや、奥さんが朝早く起きて作って持たせてくれたんですよね~delicious

それではフィジーのカレー色々をご紹介します。

まずは家庭の味から

Dscn1768

野菜のカレー(ジャガイモとなす) とトマトチャツネ、 プーリー(ロティを揚げたもの)

Dscn2134_2

フィジーは大家族なので皆、それぞれ鍋から好きな量だけ取ります。

Dscn2135

お替わり自由。 「それじゃ少ないでしょ!もっと食べなさい!!」と言われます。

Dscn0348

お土産にも持たせてくれます。pouch

因みに上の写真は フィジー人が作ったカレーです(マニアックな説明なのですが、
インド系の人のカレーより、フィジー系の人のカレーの方がお芋が多めなのとマイルド(辛くない)ので色もちょっと薄めなんですね♪)

Dscn9435

インド版お味噌汁 ダールスープ この一杯でごはんがおいしく食べられます!

Dscn0518

こちらはインド版炊き込みご飯 パラウ(香辛料が結構効いてます)

Dscn1318 上の写真は、年に何度かあるお祭りのときに配られる、ごはん&お菓子。

茶色いものは炊き込みご飯、
白いものはマッシュドポテト・・・・ではなく! ハルワと言うセモリナ粉とバターとミルク、
砂糖で作ったお菓子。
赤いのはジェレビ、これは 中にジャムが入っています。外はカリカリしています。
リンゴの横にあるのはインド版ドーナツです。

どれも味がしっかりついています(甘いか塩辛いかのどちらか!) 

家庭料理は旅行ではなかなかお召し上がりになる機会はないと思いますが、ホテルでも
上記の写真よりもちょっとおしゃれな感じでメニューに載っているかもしれません。

インド料理に興味がある方はdown

https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8626

このようなツアーがございます。ぜひご参加してみてくださいねhappy01

2020.01.14

BULA !

旅行の楽しみの一つはお食事。


フィジーは宿泊の中に朝食が含まれているホテルも多いのがうれしいところです。

旅慣れている皆様はご存じでいらっしゃると思いますが、フィジーには朝食のタイプ(バイキング、こちらではバッフェブレックファーストと言います)に

コンチネンタルブレックファースト →シリアル、パン、ヨーグルト、果物、コーヒー紅茶
ジュースなど で温かいお食事(オムレツやベイクドポテトなどが含まれない)

アメリカンブレックファースト →上記と温かいお食事も含まれる

のがあります。

今日はフィジーのアメリカンブレックファーストについてご紹介します。

Dscn0969

いきなりこちら(笑)左はスパゲッティ、右はベイクドビーン のどちらもトマトソース和えdiamond
結構な確率で出てきます。
私個人的見解なのですが、フィジーはオーストラリア、ニュージーランドの方が多く、こちらの製品(缶詰)がオーストラリアなどで売っている為、お好きな方が多いからなんだと思います。
ちなみにスパゲティの方は、茹ですぎ感があります。

そしてもう一つ

51tmqkqbktl_sx569__2

べジメイト! ジャムやバターと一緒に使い切りタイプのものが並んでいます。
色はチョコレートのようなので、チョコスプレッドだと思っていたら・・・
味は、しょうゆを煮詰めたような感じです。栄養分があるそうです。


少し脱線しましたが、

Dscn9117

季節の果物banana

Dscn9123

アジア人にはうれしいごはん(ピラフ)riceball

Dscn9124_2 ベーコン

Dscn9127 

Dscn9132 お肉や温野菜系

 

Dscn9119

Dscn9128

Dscn9129

 

Dscn9130

 シリアルやパンが並びます。


皆さまから良く感想を伺うのですが、 野菜が少ない・・・・

そうなんです。結構日本以外はサラダの種類が少ないのが実情です。
フィジーも一年を通してサラダを期待されると、がっかりされるかもしれません。

その場合は、フルーツでビタミンを補ってくださいねapple

紫外線の多い所で育つフルーツは、ビタミンCは豊富に含まれているのだそうです(自然ってうまくできているんですね)

普段は朝ごはんをあまり召し上がらない方でも、こんな時はゆっくり時間をとって
優雅にブレックファーストを楽しんでくださいねannoy



2019.06.28

BULA !


今日はココナッツについて。


Dscn2489_copy

南国の代名詞的な存在bud

フィジーにはリゾートだけに限らずどこにでも生えています。
生えていると申しましたが、こちら植えているが正しいんです。

その昔は子供が生まれたらココナッツの木を一本植える習慣があったそうです。
椰子の木一本あれば、色々なものに使えるので生活に困らないという理由からです。

ココナッツは本当にいろいろなものに使われます。


20080828_180739_2 芽が出たココナッツ。
その後ろにあるのはフィジーのほうき「ササブルーム」 これはココナッツの葉の軸を集めて作りました。フィジーの家庭には必ずあるもの。


20080505_004603

20080505_004650

お料理にも使われます。特にフィジー料理には欠かせない調味料です。

そしてお土産には

20081123_200053

石鹸や

女性に人気のプロダクト Pure Fiji

20080111_200748

20080330_153012 reniu などはココナッツオイルが入っています。
ココナッツには保湿効果があるそうです。

20080403_154601 こちらはフィジーのサトウキビから作られたブラウンシュガーとココナッツオイルを混ぜた
シュガーグロー 。かかとなどを擦って流すとすべすべになります。パイナップルや
プルメリアなどの南国の香りが優しい気持ちにさせてくれます☆


20080206_153259
 ホテルのスパなどにこんなおしゃれな感じで色々な香りのココナッツオイルが
置いてある事があります。

フィジーの子供たち(大人も)出かける前に体にココナッツオイルを塗ります。
これは日本で言うボディクリームを塗るようなものです。特に乾期は乾燥するのでよく塗ります。
また、怪我をした時などにも。 要は万能薬なんですね。


20080429_121949

今日はココナッツ、ココナッツの連呼になってしまいましたが、ぜひフィジーでココナッツ体験
楽しんでみて下さい。


 



HIS フィジー支店

2020.01
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧