2019.03.01

BULA !

ホエールズテール号 クルーズのご紹介の続きです。

離島ツアーは沢山ありますが、こちらのツアーの特徴はのんびり船旅を楽しめると言うことですnotes


Dscn0640 船好きな方にはお勧めです。


Dscn0644

Dscn0643

なかなかクラッシックな造りです。
実はこの船はフィジーで造られました。

造船技術がまだ盛んではないフィジーにとってこれは凄いことなんです!

Dscn0642_2 常に点検をしメンテナンスをこまめにし大切にされているこちらの船。

Wp_20170520_10_42_20_pro

Dscn0648

クルー達もこの仕事に誇りを持っていて(と、言うか、いつも楽しそうhappy02
”ホエールズテール愛”をひしひしと感じます。
大事にされているんですね。

さてさて、 お昼ごはんを食べて、食後の休憩をしばし取ったり、ビーチバレーをしたり、
もうひと泳ぎをした3時過ぎ、島を出発します。

Dscn0667

Wp_20170520_14_49_50_pro

港に戻る間もクルーが歌を歌ってくれたり♪

Dscn0657

Dscn0683 屋上デッキでママヌザ諸島を眺めたり。


Wp_20170520_15_10_42_pro アフターヌーンティを楽しんだりcake

こちらのクルーズは本当におなか一杯になるクルーズです(笑) 

Wp_20170520_10_41_42_pro 皆さん思い思いの時間を過ごしていますね。


Dscn0675

昼下がりの海


Dscn0681 

Wp_20170520_09_07_45_pro 1時間30分程の港まで船旅も終り港に戻ってきました。

下船する時クルーや他の乗客の方と握手をしたり、アドレスの交換をしたり
1日一緒に過ごした楽しい余韻を残してお別れです。


因みにホエールズテール号の意味は 鯨の尾ではなく「鯨の物語」と言った意味なのだそうです。
船を鯨に例え、フィジーの海を航海していく物語・・・と言ったところでしょうか。

こちらもクルーズも毎年フィジーに来られるリピーターの方、また新婚旅行で来られ
何年かぶりに来られて懐かしくてご参加されると言った方がとても多いです。


ポートデナラウから20分船で走ると海の透明度がぐんと変わってきます。
本島滞在の方々是非、離島とそして船旅を体験してみて下さい!


https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8196

2019.02.27

BULA !

今日はホエールズテール号のランチのご紹介です。

その前に・・・・・

フィジーのランチと言えば1時~2時の間にあります。
お弁当を持ってくる人、外に食べに行く人それぞれ・・・
お弁当と言っても、そんな手の込んだものでなく、 アイスクリームの容器(プラスティックの容器
で食べ終わるとタッパー代わりにしています)に芋、ゆで卵、ソーセージ 以上! というものや
フランスパンにツナ缶持参で来る人などなど。
またランチを忘れや人はみんなのシェアでおなか一杯に慣れてしまうのがフィジーの助け合い精神riceball


さて、クルーズのランチの話に戻ります。

ドドーンannoy

Whales_tale_036_2 豪快です!

Whales_tale_035_3 こちらのクルーズのシェフはバラエティ豊かで毎日少しずつバリエーションを変えています。
カレーの日だったり、BBQメインだったり、フィジー郷土料理っぽかったり・・
どんな料理が出てくるか楽しみですね。

Whales_tale_034_2 lovely lovely lovely

Imgp0700_2 お替わり自由。お好きなだけ召し上がれ!

Whales_tale_037_2 ワクワクしすぎてついつい沢山サーブしてしまうんですよね~。

Imgp0694_3 この景色がより一層ご飯を美味しくしてくれますhappy02


Imgp0699_2 メインブレ(建物)の中でランチを食べます。
このような感じでセルフサービスになっており、カウンターにはドリンクコーナーがあります。
船内、島ともフリードリンクなのもうれしいですね~。

でも、飲みすぎには注意です! 飲酒後の遊泳、その他のスポーツはお控え下さい。


Dscn0660 ブレは砂浜の上に建っているので裸足がとっても気持ちよいんです。


おなかも満足のクルーズです。

https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8196

2019.02.20

BULA!!

真夏のフィジー(常夏ですが)
最近、気温が日に日に高くなり、日中は33度くらいになります。

とは言え、木や土が昼間の暑さを吸収してくれるので熱帯夜は日本ほどありません。

一般家庭エアコン普及率が低いというのもあるのでしょうね。

さて、ホエールズテール号の続きです。


Dsc_0453

Blog185_2 今日は島内のご案内。


Imgp0694 島内は珊瑚のかけらと砂でこんな白いビーチを作り出しでくれます。

太陽の光とビーチの照り返しで目がやけますのでサングラスは必需品ですよeyeglass

Blog183

島内にはこういった庇の着いたベンチもあります。

Imgp0697 こちらはメイン・ブレ(建物)ここでランチを取ります。
暑くなったら、こちらのブレに避難。風が通り抜けて気持ちよいです。

まず島に到着したら、スタッフからガイダンスがあります。各アクティビティ、ランチの時間
集合、出発時間、諸注意等・・・聞き逃してしまったら一通り説明が終わったら尋ね直して下さいね。
スタッフは親切に教えてくれます。

次に行なわれるのはこれ

Imgp0692 こちらご存知ですか??
これはカバといいます(動物ではありません)
こちら飲み物なんです!!


歓迎のカバの儀式をスタッフが皆さんに行ないます。

Dscn0664_2



フィジーは今でも国会の始まり、村の寄り合い、冠婚葬祭、様々な行事の始まりはこの「カバの儀式」を
行ないます。フィジー流のフォーマルな儀式なんですね。

こちらのクルーズではお客様の中から「チーフ」(代表者)を決めてその方が皆さんを代表して
このカバを飲みます。でももし興味のある方は試す事ができるので是非体験してみて下さいねsign01


Imgp0691

Imgp0695

Dscn0672
フィジーのリゾートや1日クルーズでよく行なわれるものと言えば
ビーチバレー!

Dscn0666
 最初からネットがどーんと張ってあります。

水分補給をこまめに取ってバレーボールを楽しみましょうsports



Dscn0663

日常の忙しさを忘れて楽しみましょう~bell

https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8196

続く

 

 



H.I.S. フィジー支店

2019.05
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧