2019.06.28

BULA !


今日はココナッツについて。


Dscn2489_copy

南国の代名詞的な存在bud

フィジーにはリゾートだけに限らずどこにでも生えています。
生えていると申しましたが、こちら植えているが正しいんです。

その昔は子供が生まれたらココナッツの木を一本植える習慣があったそうです。
椰子の木一本あれば、色々なものに使えるので生活に困らないという理由からです。

ココナッツは本当にいろいろなものに使われます。


20080828_180739_2 芽が出たココナッツ。
その後ろにあるのはフィジーのほうき「ササブルーム」 これはココナッツの葉の軸を集めて作りました。フィジーの家庭には必ずあるもの。


20080505_004603

20080505_004650

お料理にも使われます。特にフィジー料理には欠かせない調味料です。

そしてお土産には

20081123_200053

石鹸や

女性に人気のプロダクト Pure Fiji

20080111_200748

20080330_153012 reniu などはココナッツオイルが入っています。
ココナッツには保湿効果があるそうです。

20080403_154601 こちらはフィジーのサトウキビから作られたブラウンシュガーとココナッツオイルを混ぜた
シュガーグロー 。かかとなどを擦って流すとすべすべになります。パイナップルや
プルメリアなどの南国の香りが優しい気持ちにさせてくれます☆


20080206_153259
 ホテルのスパなどにこんなおしゃれな感じで色々な香りのココナッツオイルが
置いてある事があります。

フィジーの子供たち(大人も)出かける前に体にココナッツオイルを塗ります。
これは日本で言うボディクリームを塗るようなものです。特に乾期は乾燥するのでよく塗ります。
また、怪我をした時などにも。 要は万能薬なんですね。


20080429_121949

今日はココナッツ、ココナッツの連呼になってしまいましたが、ぜひフィジーでココナッツ体験
楽しんでみて下さい。


 

2019.06.21

BULA !


フィジーにはインド系の人々も暮らしています(人口の約4割)

サトウキビ産業従事する為インドから渡ってきた人達で今や4~5世代の人々が暮らしています。

Img_20150425_153923

Img_20150425_154101

因みにサトウキビの収穫にはこんな年代もののトラックが使われていたりします。

町の所々にはお寺があったり

Dscn6904

767_2

Img_20150306_121950時々お祭りに遭遇したり・・・。


183_2 インド映画のポスターなどが貼っていたり、


Dscn3348

Dscn3350

民族衣装が売っていたり・・・。
写真はサルワールカミースと呼ばれる、日本で言うチュニックみたいな
上着が長く、下にレギンスなどのズボンを履きます。
色鮮やかなものが多いですが、色を押さえたものも売っているので夏前に一着どうでしょう?


インド文化を味わうにはナンディタウンなどの町がお勧めです。

2019.06.15

BULA !


毎日夕焼けが綺麗なフィジーですconfident

クルージン・フィジーのご紹介 今回で6回目です。
とても素敵なクルーズなので皆様にお伝えしたくて写真も沢山撮りましたcamera

前回に続いてモンドリキ島です。

Dscn4976 3つの島に立ち寄り、こちらモンドリキ島が最後に訪れる島です。
ゆっくりシュノーケリングをしたり・・・

そして、待ちに待ったランチ!

Dscn5008 こういった東屋がありこの中でランチを頂きます。
雰囲気ありますね~。

Dscn5004 風がそよそよ吹いてきて気持ちよいです。
最大25名ほど参加人数なのでひしめき合うことなくゆったりスペース♪

Dscn5015

Dscn5014

Dscn5016

これはタロイモの葉の中にたまねぎやココナッツミルクを入れて蒸し焼きにしたパルサミと
言うフィジーの郷土料理の一つです。

Dscn5017 バッフェ形式なのでお好きなものをお好きなだけ召し上がれfastfood

Dscn5006 食事中はクルーが生演奏♪
これが何よりの贅沢です!


Dscn5046 食後はゆっくり昼寝もよし、泳ぐもより(ただし飲酒の後の遊泳はお勧めしません!)


Dscn4999 この景色を独り占め!


ひと泳ぎした後、本島にもどります。
かえりたくないな~と思います・・・。

Dscn5079 また来るよ~good

Dscn5082

Dscn5088 帰路もママヌザ諸島の島影を眺めながらのんびり船旅を楽しみます。


15037228_885905461545041_8342951924 時期にもよりますが、乾期のこの季節は日が短いので戻ってくる頃はサンセットが美しかったです。

15055759_885905581545029_5854508414

少人数でクルーもフレンドリーなアットホーム、そしてママヌザ諸島の秘境を巡る
こちらのクルーズ、お勧めです。

年齢制限はありません。小さなお子様もご参加されていますが、船のフェンスに隙間が多く
小さなお子様連れご参加ですと注意が必要となります。
そちらをご了承の上ご参加下さい。


https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8856

 



H.I.S. フィジー支店

2019.07
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧