2022.09.22

BULA


先日、知り合いのインド系のおうちに遊びに行くと、

「お祭りがあるので一緒に行こう」と連れて行ってくれました。

20220902_220306

寺院は電飾でデコレートされており、周りが真っ暗の中でキラキラannoyしていていました。

子供の頃の縁日の記憶と重なります。

ヒンドゥ教は月、火、金曜日が プージャと言うお祈りの日で、
そして1年に何回か、何かのお祭りのようなものがあります。

更にこの日は、

20220902_221656

コメディアングループが来ていました!

20220902_215231_2

ヒンドゥ教の神様のお話を盛り込んだコントで、

20220902_223722

神様の衣装を纏った人たちが踊りや歌を披露。
小学校5~6年生の女の子も、


舞いますnotesnotes

20220902_223108_2

堂々と舞っている姿にくぎ付けになってしまいました。

20220902_223722_2

衣装は一つ一つ手作りで、
日本よりも衣装の材料の種類が少ないフィジーでは、色々なもので代用をして
上手に作っています。

この「手作り感」がなんだかほっこりします。

MCの人は、なんと4時間もこう言ったコント、踊り&トークを続けます。

台本はあるのでしょうが、適度に観客を巻き込むアドリブもあり、

20220902_214258

世代や性別関係なく、皆一斉に笑っている姿が印象的でした。

昭和の頃に国民の殆どが見ていたコント番組を思い出しましたhappy01

フィジーにはもちろん、若者文化はありますが、
こうやって同じ話題で笑える文化が残っているのが素敵なところです。



お祭りの合間合間に、

20220902_212516お菓子や、

20220902_231148カレーがふるまわれます。

お祭りやお祈りなどはベジタリアンカレーです。

ジャガイモとナスのカレーにトマトチャツネが付いてきます。


給仕してくれる人が何度も廻って来てくれるので、好きなだけ食べる事ができますrestaurant

20220902_231159

食べ終わると流しに行って自分が食べた食器を洗います。

スプーンやフォークなどを使わずに手で食べるのでお皿とコップを洗います。


20220902_232543

インドの神様たちは色鮮やかですねshine


フィジーの3割くらいの人たちがヒンドゥ教徒なので、
このようなインド文化も楽しめるのがフィジーの魅力の一つです

2022.09.15

BULA


フィジーの離島への玄関口のポート・デナラウ


20220816_114933

離島へ行かれる方を始め、デナラウ地区にあるホテル
ヒルトンやソフィテルなどのホテルからも便利な場所です。

また、平日の夕方や週末などは地元の人たちも多く訪れます。

セキュリティがきちんとしているので、安心してお買い物やお食事ができますhappy01



フィジーってお店でどんなものが売っているの?

メジャーな国ではないので、あまり情報がないのですよねcoldsweats01

なので今回もお店のグッズ紹介(商品に興味がない方はすみません・・・)

前回の続きで、ジャックスのお店をのぞいてみましょう👀

最近注目されているスキンケア商品、

フィジーの海ブドウ(フィジー語でNAMAと呼びます)

沖縄では100gでもかなり高いと言われている海ブドウ

20220816_114538

パッケージがビーチに生息する海ブドウをイメージ。
エコを考えてガラスの容器に竹製品の蓋です。

ローションやクリームののびが良く、天然の香料で香りも爽やかです。

フィジーは一年中日差しが強いので、日焼け止めを塗っていても焼けます。
日々お肌のダメージがあり、こちらのスキンケア製品は、日焼け後の炎症を抑える効果
があるそうです。

shine

shine

続いてはこちら

20220816_114557

これらはフィジー産のカカオを使ったチョコレートです。


乳化剤を使わず、天然素材にこだわったチョコレート。

カカオの含有量もそれぞれで、50%、70%などなど、
カカオ好きのこだわり派にはカカオが多いチョコレートをお選びになると
深い味わいを楽しめます。

そして、フィジーの特産品をミックスしたチョコレートも人気です。

ぴりっとしたチリが入っている物や、なんどカバ(こちらの嗜好品)パウダーが
入っている物もありますので、是非お試しくださいdiamond

shine

shine

長年人気のあるお土産はこちら、

20220816_114645

フィジーの地ビールのデザインのTシャツ

こちらのシリーズはファンも多く、服の他にタオル、グラス、パレオなどなど
色々なグッズが出ています。

ネイビーカラーのシャツは日本でも着られますt-shirt

20220816_114641

shine

shine

頑張った自分にご褒美を探している方にはsign03

20220816_114615

20220816_114607_1

フィジー産ブラックパールbellcute

shine

shine

南国リゾートは、普段はあまり着ない色柄のドレスはいかがでしょう?

20220816_114627_1

20220816_114623

子供用のドレスも色鮮やかでかわいいですよhappy01

南国フィジーはやはり、パッと明るい色合いが多いので
見ているだけでも元気になれます。


皆さんもフィジーにいらしたらお気に入りの商品を探してみてくださいねpresent

2022.09.07

BULA! 


前回に引き続き ポート・デナラウの様子ですyacht


今日はお土産屋さんのjack's のご紹介です。

20220816_114439

こちらはポート・デナラウ店

jack's はフィジー国内の主要な町やホテルにはお店があります。

ホテルやこちらのポート・デナラウ店、ナンディ店などはお土産屋さんの要素が強いのですが、
その地域によっての特性を生かした品ぞろえをしています。

学生さんが集まる地域、お仕事帰りに立ち寄りやすい場所、フィジー系、インド系が多い地域
などなど・・・結構市場リサーチをしているんだなあと各地域のjack's を訪れると興味深く
品物を見入ってしまいます。happy01

現在のポート・デナラウ店の様子は、


お店に入ると・・・

20220816_114549

南国らしい、貝細工のアイテムがshine


20220816_114724お約束の木彫りもの

でも、こちらの木彫りは タノアと言ってフィジーの伝統飲料を飲むときに今でも
使われています。もちろんフィジー系の人のお家には必ずある大事なものです。

とは言え、持って帰るのは大変ですね・・。

最近はポップなキッチンウエアーなども取り揃えています。

20220816_114715

コースター、ランチョンマットや、テーブルクロスなど・・
色合いが鮮やかなのでお部屋が明るくなりますねflair

made in Fijiのプロダクトは年々増えてきました。

数年前に、国が「フィジーの国産の物を増やして消費して行こう」と言うような
スローガンを掲げました。


Download

このようなマークが付いています。

shine

shine

20220816_114527

フィジー産の作物を使ったもので、
チリソースやその他のスパイスや、
最近はフィジーコーヒーが人気ですcafe

フィジーの人って、自分の国が大好きな人が多く、
町でも「fiji」とロゴが入った服を着ている人が非常に多いのです。

そんな自国好きな人たちは、

20220816_114732

バッグにもfiji fiji fiji ...


もちろんこれらのバッグもローカルは使っています。
決してお土産用だけにつくられていないんですhappy01

コロナ前は、お客様の港からお送り・お迎えする仕事で毎週のようにポート・デナラウ
に行っていたのですが、今回数か月ぶりに訪れました。

暫く行かないうちにかなり変わっていて、思った以上にアイテムがあってびっくりしましたsign03


次回も、ジャックスの商品をご紹介させてくださいhappy01



HIS フィジー支店

2022.10
loading...
カリブブログ一覧