2020.02.19

初めてのインド旅行。日本の約9倍もある広大なインドのどこへ行ったらいいのか悩むところ。

旅の目的によってアレンジ豊富なインドですが、インドに初めて行く方やあまり休みが取れないという方には、タージ・マハルなど定番スポットが集中する【北インド】がおすすめです。

今回は、そんな北インドの主要都市【デリー・アグラ・ジャイプール】(通称:ゴールデン・トライアングル)の魅力を紹介します。

■デリー

インドの首都。日本から直行便も就航している「インディラ・ガンディー国際空港」があり、北インド旅行の玄関口です。

フマユーン廟【世界遺産】

イスラーム建築の美しいモスクで、タージ・マハルのモデルになったともいわれています。

タージ・マハルは【夫→奥さんのために作ったお墓】ですが、その逆で【奥さん→夫のために作ったお墓】とのこと。

両方訪れて、シンメトリーな外観や美しいドームなど、共通点を探すのもおもしろいです。

0052_igarashi_01_2

クトゥブ・ミナール【世界遺産】

高さ約73m、アジアで最も高い世界遺産。近づくとその大きさと細かな装飾彫刻に目を奪われます。

少し傾いていて、インド版「ピサの斜塔」といった感じです。

0052_igarashi_02_2

■アグラ

タージ・マハル【世界遺産】

王様シャー・ジャハーンが愛妃のために建てた、総大理石の壮大なお墓。うっとりする白亜のシンメトリーは、ロマンにあふれた建造物なのです。

(ちょうど訪れたときがミナレットの工事中でした・・・。)

あまりにも有名なタージ・マハルですが、実物を見てこんなにも期待を裏切らない遺産もなかなかないのでは!と思うくらい、満足しました。

金曜定休日なので、旅を計画するときはご注意を!

0052_igarashi_03_2

アーグラ城塞【世界遺産】

タージ・マハルを建てたシャー・ジャハーンが息子に幽閉されていた場所。

全長2.5kmに及ぶ広大な赤い城壁で、白いタージ・マハルに対して「赤の城」といわれています。

0052_igarashi_04_2

■ジャイプール

別名「ピンクシティ」と呼ばれ、建物がピンクでかわいいので、女子におすすめです。

風の宮殿(ハワー・マハル)

ピンク・シティのシンボル的建物で、インパクトのある美しい彫刻が施されています。

0052_igarashi_07_3

ジャンタル・マンタル(天文台)【世界遺産】

18世紀に建てられた巨大天文台。オブジェ風の石造天体観測儀がたくさんあって美術館のようです。

高さ約27mの巨大な観測儀は圧巻!

スケールの大きさと、当時の精密な天文技術に感心しまくりでした。

0052_igarashi_05_2

0052_igarashi_06_2

■ジャイプール近郊

アンベール城【世界遺産】

丘の上に建つ広大なお城です。

お城までは、名物、象のタクシーで向かいましょう!

0052_igarashi_08_2

「シーシュ・マハル」(鏡の間)は、豪華絢爛な一面鏡の装飾。

0052_igarashi_10_2

「世界一美しい門」といわれる「ガネーシャ・ポール」も必見です。

0052_igarashi_11_2

地味な外観と内部の豪華さのギャップに驚きます。

チャンド・バオリ

巨大な井戸。世界遺産ではないけど、世界遺産を見たくらいのインパクトがあります。

階段の総数は3,500段、深さは約30mで落ちたら・・・と思うとゾッとしますが、幸い?柵があって入ることはできません(笑)

0052_igarashi_12_2

===

イスラムとヒンドゥー、多宗教の融合、その細かな装飾と豪華さに、終始うっとりしまくり。「ムガル帝国」をあまり知らなかったのですが、歴史の深さや壮大なストーリーにどんどん興味がわきました。

人生観変わる⁉なんていわれるインド。変わっても変わらなくても、こんなにカオスでユニークなところは、他の国では味わえないおもしろさ!まずは観光しやすい北インドで現地の雰囲気に触れてみてはいかがでしょうか。

0052_igarashi_13_2

ライター:ともみ

2018.04.19

ナマステ!happy01

こちらの気温は日に日にぐんぐん伸びで本日38度!どんどん暑くなってきていますsun

(だけどまだまだ暑さを苦しく感じないので不思議です。)

さて、今日はコンノートプレイスにあるデリー支店についてお知らせですーーーsign03

この度、支店の看板をリニューアルしました!notes

お越しいただいたお客様から「近くを何回も通ったのに、みつけられませんでした・・」とよく

お話いただくことがありましたが、それもそのはず・・

長年インドの気候に耐えて頑張ってくれていた看板は、もはやHISカラーではなくなっていました・・(道に迷いながらお越しいただいた皆様、ご足労をおかけいたしました。)

が!!この度のリニューアルでHISカラーの復活です!

皆様、新しい看板を目印にお越しください★

BEFORE↓

Boardbeforerenewal_2

AFTER!!↓

Board_after_renewal_2

通りの前はこんな感じです。

Board_after_renewal_1_2

こちらの通りの先をを左に曲がると

Img1377_1

Img1965_1

デリー支店はコンノートプレイスのAブロックにあり、

RAJIV CHOWKメトロ駅 7番出口から徒歩1分圏内です。

現地でのご予約はもちろんのこと、「ちょっと寄ってみた」でも大歓迎ですよーclover

皆様のお越しをお待ちしておりますhappy02

2017.12.24

ナマステっ!

チャンナイ空港から車で約1時間半、マハバリプラムへ行ってきました!

南インドの東海岸に位置するマハバリプラムでは、海を眺めながら、

美味しいシーフードを食べてのんびりすることができますよ~confident

Blog_c_3雑貨屋さんが並ぶ通りを抜けると・・・

Blog_c_12だんだん近くに見えてきました・・・海!!Blog_c_13デリーに住んでる私からすると、海が近くにあるだけで、心安らぎます!

Blog_c_4

インドらしく、ビーチには牛さんが!笑

Blog_c_14

Blog_c_2

SANTANA RESTAURANT からの眺めは最高!

Blog_c_7

このレストランで新鮮なシーフードを堪能することができます!

Blog_c_8

Blog_c_9

ロブスター美味!!

マハバリプラムは、もちろん海だけではありません!観光もできますよ~

Blog_c_10岩に彫られた彫刻「アルジュナの苦行」

Blog_c_1

落ちそうで落ちない「クリシュナのバターボール」

※やはり押してもビクともしませんでしたw

Blog_c_15ちなみに裏から見るとこんな感じです。

次は、「世界遺産 海岸寺院」へ!

Blog_c_16
Blog_c_5

かわいい女の子の笑顔と寺院wink

続いて、「世界遺産ファイブラタ」

Blog_c_6

こちらの建造物は、ひとつの巨大な岩から彫りだされた、巨大な彫刻です。

おいしいシーフードと世界遺産観光を楽しめる、マハバリプラム。

おすすめです!!

インドに関するお問い合わせは、、 
    ↓    ↓
HISデリー支店まで : info@his-india.co.in 



HIS デリー支店

2020.02
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧