クオリタのブログを読んでいただきありがとうございます。

クオリタは「旅の品質」「コンシェルジュの品位と提案力」をお約束し、H.I.S.グループ最高峰の旅行デスクとして、お客様に快適・安全な旅を提供します。

また、専任コンシェルジュがお見積りから帰着まできめ細かくサポートいたします。
 
本記事では前回登場したベトナム航空のビジネスクラスに関してご紹介させていただきます。
 

現在、東京から直行便の運航があるのは、ホーチミン、ハノイ、ダナンの路線ですが、運航便によって機材、シートが異なります。

成田-ホーチミンおよび成田-ハノイの運行便はベトナム航空専用に設計された、広々とした足元スペースと快適な座席を備えた、新型機A350です。

計算しつくされたデザインで、ビジネスクラスはフラットベッドシート、仕事机、15.4インチのプライベートモニター、ゆとりある収納スペースを備え、混雑を緩和する通路への直接アクセスを可能にしたユニークなレイアウトとなっています。

シートは180度倒れるフルフラットベッドになりプライベート感のある新型のこのタイプ。

(※2020年1月現在。ご搭乗日、運航便により機材変更の可能性もございます。)

Vn_a350_main


ちなみにダナン路線に関しては、エアバス321の運航機材となりますため、フルフラットにはならない以下のタイプのシートとなります。

Vn_a321_main

搭乗したのは、ホーチミンでしたので、エアバス350の新しい機材。

その際のご紹介をさせていただきます。

成田空港でのチェックインカウンター

ベトナム航空はスカイチームのため、上級クラスの優先搭乗手続き等は「SKY PRIORITY」が目印になります。

O0658087713883577572_2

セキュリティチェックも「SKY PRIORITY」を目印に優先レーンがございます。

ラウンジは、デルタ航空のデルタスカイクラブ。

デルタスカイクラブは、第一ターミナルビル内の第一サテライトと第二サテライトの2か所にあります。入口はいずれも3階、場所は4階に位置します。

O0658087713883577576

とても、広々としたラウンジで、大きな窓からは飛行機が見えます。

PCが使えるエリアやカウンターのエリア、ソファーでくつろげるエリアなどあります。

シャワーもあり、WIFIも利用できるので、搭乗前にゆっくりくつろげます。

O0658087713883577577

パンや野菜スティック、軽食のほかに、

1169087713883577580_2_2

スープもお召し上がりいただけます。

2o1169087713883577582

ソフトドリンク、ビールサーバー、ワインやその他アルコールの他、コーヒー、紅茶など数多くのお飲物からお選びいただけます。

ラウンジでのんびりした後は、早速搭乗いたします。

ビジネスクラスでは優先搭乗案内があるので、とっても便利

1_2

エアバス350のビジネスクラスシートは180度倒れるフルフラットシート。

プライバシーが重視されたつくりでゆっくりくつろげるシートとなっています。

O0658087713883577588

ホーチミンの路線はビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの3クラスの搭載機材。

ビジネスクラスのシートは窓側1席ー中央2席ー窓側1席の配列です。

下の画像から見てわかるように、ビジネスクラスシートはエコノミークラスに比べるととてもゆったりとしたつくりになっています。

3a35035b1

一人でゆっくりされたい方は窓側、お二人様でのご旅行は中央2席がおすすめです。

15.4インチのプライベートモニター、パーソナル読書灯、騒音防止ヘッドフォン、広々とした荷物棚が揃っています。

ベトナム航空らしくロータスの花柄が施されたシートがかわいいです。

41169087713883577594


席に着くと、ウェルカムシャンパンをいただきました。

機内で快適にお過ごしいただけるためのアメニティがいただけます。

5o0890056013886423064

ベトナム航空のビジネスクラスでは、有名なバーテンダーVo Tan Siがベトナムの美にヒントを得て、ベトナム航空ビジネスクラス専用のメニューを開発したカクテルを提供しています。

私が頂いたのはオレンジベースの「ハローベトナム」。

O0658087713883577598

その他に「レッドリバー」ワイン、ウィスキーとレモンジュースベースの「サイゴンサンライト」がありました。

現在は、日本、韓国、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリス行きのビジネスクラス機内にて、この特製カクテルが楽しめるそうです。

前菜、パン、サラダ、スープに続いてメインはお肉をいただきました。

O0658087713883577604_2

チーズや野菜スティック、フルーツやナッツ類も。

O0658087713883577607

帰国便はハノイからの搭乗でしたが、国際線専用の第二ターミナルはとっても近代的で新しいターミナル。

日本政府の政府開発援助(円借款)によって、大成建設が受注し、2015年に開設したばかりだそうです。6o1169087713900907497

さすがベトナム航空のハブ空港であるだけに、ベトナム航空のカウンターがずらりと並びます。

スタッフが着用する制服はアオザイ。

アオザイは各個人の体型に合わせて、20箇所以上を採寸して作成されるベトナムの民族衣装。

ベトナム航空のスタッフが着用するアオザイも各個人それぞれのオーダーメイドだとか

こだわってますね。

7o1169087713900907502

ビジネスクラスの優先レーンの目印は赤に白抜きの「SKY PRIORITY」が目印です。

ハノイ空港のベトナム航空ラウンジは「ロータスラウンジ」。

受付もロータスの形をしたオシャレな受付です。

8o1169087713900907510

さすが、ベトナム航空のハブ空港の一つであるラウンジなので、とても広々としたつくり。

ゆったりとしたソファが並び、新聞や雑誌が置いてあります。

軽食、ソフトドリンク、アルコールなどで搭乗までゆっくりとお寛ぎいただけます。

パソコンルーム、シャワー、喫煙室なども完備。

ハノイ→成田のビジネスクラスは、成田→ホーチミンの機材と同じA350の新しい運航機材。

(※2020年1月時点の情報となりますので、変更の可能性もございます。)

9o1169087713900907517

オーバーナイトフライトでも、フルフラットでゆっくり、目が覚めたら成田空港です。

夜のフライトなので、ベトナム料理として最も有名な牛肉麺“フォーボー(Pho Bo)”を美味しくいただきました

世界中で人気の料理といわれ、CNNの「世界で最もおいしい食べ物50品」の第28位にランクインしたそうです。

ベトナム航空のの経験豊富なシェフが新鮮な食材のみを使用し、伝統的な手法で本物の味を守り続けているとのことです。

ベトナムへのご旅行、快適なビジネスクラスで行ってみませんか。

お気軽にお問合せくださいませ。

クオリタ新宿

コンシェルジュ

ホテル 2020.01.10

O0700043014192016965

クオリタのブログを読んでいただきありがとうございます。

クオリタは「旅の品質」「コンシェルジュの品位と提案力」をお約束し、H.I.S.グループ最高峰の旅行デスクとして、お客様に快適・安全な旅を提供します。

また、専任コンシェルジュがお見積りから帰着まできめ細かくサポートいたします。
 
インドネシア バリ島・ウブドエリアにあり、静寂と癒しに包まれ、見渡すほどの美しい渓谷の景色と田園風景に囲まれたる5つ星ラグジュアリーヴィラ「ヴァイスロイ・バリ」に滞在した際の記事をご案内いたしますdiamond
 

O0298014014271942768 

緑美しいバリ島のウブド市内から約10分に位置する「王家の谷」と呼ばれる渓谷に位置し、メインプール、ダイニング、そして全ての客室が美しい渓谷に面して建てられているので、お部屋から渓谷を眺めながらゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

全てのお部屋はプライベートプールを備えた独立型ヴィラ。

しかも、そのプールは常に30度前後に保たれるヒーティングシステム付きの温水プールとなっています。

O0798060014274264891

こちらのリゾートはオーストラリア人のファミリーがオーナーで、自ら経営にかかわり、細部に妥協を許さないつくりなのは、滞在してみて納得できました。

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(Small Luxury Hotels of the World)加盟リゾートのひとつであり、かつ数々の賞を受賞しているラグジュアリーリゾートです。

リゾートは小さすぎず、大きすぎない規模のため、バギーを利用しなくても歩くことが出来、リゾート内の管理もとても行き届いているので、色とりどりの花やバリ島らしいオブジェを見ながら散策するだけで楽しく、実際滞在してみて感じたのは、スタッフのサービスが行き届いていて、とても温かい気持ちになれるリゾートでした。

O1915255314271953476

客室総数が25室ですが、ヴィラのタイプは以下のとおり。

・プール・スイート (1ベッドルーム) 150㎡

・テラス・ヴィラ (1ベッドルーム) 150㎡

・デラックス・テラス・ヴィラ (1ベッドルーム) 150㎡

・ヴァイス・リーガル (1ベッドルーム) 200㎡または240㎡

・ヴァイスロイ・ヴィラ (2ベッドルーム)400㎡

ヴァイスロイ・ヴィラ以外は全て1ベッドルームヴィラとなります。

ハネムーナーや、カップル、女子旅、母娘旅には1ベッドルームがおすすめですが、ファミリーや2世代旅行には2ベッドルームでも優雅な滞在が出来ます。

ヴィラはプライベート感が満載で、ウェルカムドリンクはアルコールのカクテルでした。

ノンアルコールもお選び出来ますが、ウェルカムドリンクでアルコールドリンクが提供されるのは珍しかったです。

O1915255314274251646

クオリタでおすすめしているヴィラはデラックス・テラス・ヴィラ。
山に面したプライベートプールの水は渓谷に流れ落ちるかのように設計されており、渓谷にせり出したガゼボからはウブドの渓谷からの風を感じていただけます。

O1915255314274263286_4
ベッドルームは大きなベッドとリビングセットが置かれても、ゆったりとした広さとなっており、クローゼットはウォークインタイプになっています。

コンセントと夜間ライトが設置されたガゼボの他、天井部分がハイシーリングになっており、ゲストはヴィラ内のどこにいても快適にお寛ぎいただけます。

おすすめは渓谷を見ながら、プール横のガゼボで読書やネットサーフィンやお昼寝。シャンパンやワイン片手にのんびりするのも贅沢ですね!

こちらのリゾートでおすすめなのは、渓谷を眺めながらお食事をお楽しみいただけるリゾート内のダイニング「カスケード」。

数々の受賞歴を持つレストランで、ご朝食もこちらのダイニングでお召上がりいただけます。

O1027053314277242128

ご朝食もビュッフェスタイルではなく、お好きなものを選べるアラカルトで、日本語メニューもありましたので、日本人のお客様にも安心です。

O1915255314277250249

オーダーする前にサーブされたレッドピタヤのヨーグルト。

日本ではあまりお目にかかれないですが、スーパーフードと呼ばれるほど、栄養豊富で健康食品として注目されています。

ホワイトピタヤと違いレッドピタヤに含まれる色素は本当に色鮮やか!

ココナッツのお皿がとても可愛いかったです。

驚いたことに、ヴァイスロイ・バリはウブドで唯一のプライベートヘリポートを持つホテルであり、レセプションからわずか数十メートルの場所にヘリポートがありました。

最近は、ビーチエリアや空港からも車だと渋滞で1時間半~2時間かかってしまうこともありますが、ヘリコプターを利用すると、な・なんと!ホテルまでわずか12分だそうです。
空からバリ島や周辺の島々を観光するスカイツアーの手配も可能とのこと。

O0800053314280368158

実際に、私が滞在している際も、驚いたことにヘリコプターが着陸するところを見ることができました!

キンタマーニ火山とカルデラ湖を上空から眺めるツアーの他、ウルワツ寺院と海外線のスカイツアーや、タナロットとクタビーチスカイツアーの他、ヘリコプターチャーターも可能だそうです。

話によると、ビーチエリアからヘリコプターで移動して、こちらの「カスケード」でお食事をしておかえりになったお客様もいらっしゃったとのことでした!

さすがにヘリコプターは乗ることが出来なかったですが...、滞在中にとても便利だったのが、こちらのリゾートの無料シャトルサービスでした。

Viceroy_bali__general14

通常大きなリゾートでは、無料シャトルサービス決められた時間、決められたルートでしかなかったりしますが、お好きな際に利用する事が可能です。

乗車、降車可能なのはドロップ1(王宮近くのBPD銀行/ウブドバザール方面)と、ドロップ2(モンキーフォレスト近くのCocoスーパ方面)の2か所。7:00~18:00の間は、お好きな際にいずれかに行くことが出来て、ピックアップもお好きな際にドライバーに行っておけば迎えに来てくれます。

しかも、18:00~23:00は、ポイント以外でも送迎サービスが可能で、無料送迎範囲エリアであれば、お好きな際にお好きなところへの送迎が可能とのことでした。

しかも、23:00~7:00の時間帯は、24時間前までにご予約いただければ対応していただけるそうです。

非常に便利なサービスです。

大型ホテル等では、なかなか出来ないサービスですよね。

その他、リゾート内スパ「ルンバ・スパ」や2019年にオープンしたばかりのレストラン「アペリティフ」もオススメです。

クオリタでは、「カスケード」でのプレミアムディナーや「ルンバ・スパ」でのマッサージもお楽しみいただけるプランをご紹介しています。

是非、バリ島ご滞在の際に、いかがでしょうか。

お気軽にお問合せくださいませ。

クオリタ新宿

コンシェルジュ

【QUALITAおすすめツアー】

ガルーダ・インドネシア航空で行く

ヴァイスロイバリ<デラックステラスヴィラ>に滞在 バリ島5日間

滞在中毎日60分のSPA&多数の受賞歴のある自慢のレストラン【カスケード】での

ロマンティックディナーをご用意

https://www.qualita-travel.com/overseas/detail/TQ-GDG5793

観光 2019.12.27

クオリタのブログを読んでいただきありがとうございます。
 
クオリタは「旅の品質」「コンシェルジュの品位と提案力」をお約束し、H.I.S.グループ最高峰の旅行デスクとして、お客様に快適・安全な旅を提供します。
また、専任コンシェルジュがお見積りから帰着まできめ細かくサポートいたします。
 
 
この記事では、以前旅行した『アイスランド』をご紹介します。
日本でも人気のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。
そのロケ地の一つがアイスランドでした。そのため観光客が急増しています。
大自然の国、アイスランドには、ゴールデンサークル、オーロラ、ブルーラグーンなど見所がたくさんあります。
 
 
基本情報
【国名・都市名】
アイスランド・レイキャビック 「煙が立ち上る湾」という意味があります。

【治安】
非常に安全で、世界で一番治安がよい国と言われることもあります。女性の一人旅でも安心です。
 
 【気候】
メキシコ湾暖流のおかげで、ほかの同緯度のカナダやスカンジナビア半島の国と比べると冬はとても温暖。曇りや雨となることも多く、風も強いため、傘よりレインコートなどの持参をおすすめします。ころころと天気が変わるため、晴れの日でも急な雨、冬には雪に注意が必要です。
 
【ベストシーズン】
大自然を観光するなら夏の6~8月がおすすめです。
日照時間が長く、一年を通して最も過ごしやすい快適な時期です。
オーロラメインであれば、冬の時期11~3月に訪れることが必須です。
 
 
飛行機
アイスランドの玄関口、レイキャビックへはスカンジナビア航空が便利です。
成田~コペンハーゲン~レイキャビックという行程となります。
 
 
ビジネスクラスシート (成田~コペンハーゲン間)
全長約200センチのフルフラットシート
幅は約52センチ
ノートPCや小物には専用の収納スペースあります。

Photo_2

座席は1-2-1の並びで、中央2席は少し顔を前に出す程度で隣同士の会話は可能です。

10

1_2

メインは4コースから選べます。ドリンクも豊富な取り揃え。
また、機内にはバーコーナーが設置されていて、お好きな時間に軽食を取ることができます。
 

9_2

コペンハーゲンにあるスカンジナビア航空ラウンジは、とても広々としています。大きな窓が開放的で、スタイリッシュなデザインが機能性と調和しています。
 
 
人気の観光地
①ゲイシール
天高く吹き上がる間欠泉は地球の鼓動を感じさせる豪快な風景です。
6~7分ごとに20ⅿほどの噴出を見せます。

1_3

 
②グトルフォスの滝 Gullfoss(溶岩の大渓谷を流れる)
アイスランド語で“黄金の滝”という意味になります。
晴天時には滝が黄金に光り輝くことから名付けられたそうです。
綺麗な虹が見えました。

6

 
 
 ③BLUE LAGOON
世界最大の露店風呂・人工温泉です。
約5,000㎡の入浴スペースは広々としていて1周するのに20分くらいかかります。
チケットは事前予約が必要となります。
入場料+タオル+ドリンク1杯がセットになっています。
バーでドリンクをオーダーし、温かい温泉内で飲むビールは最高でした。

11

 
 ➃オーロラ鑑賞
残念ながらうっすらとしか見られませんでした。
11月~3月がベストシーズンとなります。
夜はだいぶ寒くなりますので、耳が隠れるニット帽や手袋など防寒対策は必須です。
高確率で統計上3日間滞在すれば1日はオーロラが見られるといわれています。
(天候次第では見られないこともございます)

2_2

レイキャビック市内の様子
  
Hallgrímskirkja Church
(ハットルグリムス教会) 

3_2 

塔の上まで昇ると、レイキャビク市内の色鮮やかな家々を見ることができます。
塔は有料で大人1,000クローナ(2018/03現在)、教会は入場無料です。

4_2

 
Harpa(ハルパ・コンサートホール )
様々な形をしたガラスパネルに囲まれ、
デザインはアイスランドの玄武岩の風景をイメージしています。
夜にはガラスパネルにはめられたライトが色とりどりに変化し、国旗を模したりオーロラをイメージしたり、イルミネーションが演出されていました。

5_3

 
伝統ニット『ロピセーター』
アイスランドを代表するセーターのデザインで、襟ぐりの模様が特徴です。
編み物が盛んなアイスランドでは、おばあちゃんやお母さんが家族に編んであげることも多いそうです。デザインやカラーが豊富なのでお気に入りを探すのが楽しいです。

6_2

7_2

『Omnom Chocolate』
パッケージやデザインもかわいいのでお土産に最適です。

8_2

アイスランドの魅力は、手付かずの自然に尽きます。
日本からはなかなか行きづらい場所ですが、5月中旬~7月の終わりまでの間、夜が24時間明るい夏の白夜の頃に、また行ってみたいと思いました。
人気急上昇中の地、日本ではまだあまり知られていない大自然をひと足先に満喫されてみてはいかがでしょうか?
 
クオリタ渋谷店コンシェルジュ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


QUALITA

人に話したくなる旅/
ワンランク上の旅

旅行商品を探す
2020.01
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧