こんにちは。

先週末の日曜は9月中旬とは思えないほどのポカポカ陽気だったので、

東ロンドンにあるブリックレーンマーケットに行ってきました!

11

思いがけない好天気に誘われてか、とっても賑わっていました。

7

4

9
見たこともない食べ物もあったりするのですが、どれもこれも美味しそう~happy01

13
「ほら、試していって!」
15

豚まん、美味しそすぎ!

14

16

6

17
ブラックキャブを改造したコーヒー屋さん。かわいいです。

ちょっといかついたお兄さん、Shoreditch hipsterでしょうか?何気に好感が持てます。

5_2
スピタルフィールズの近辺に行くと、

インディアンサマーの陽気に誘われてか、

パーリーキング&クイーンの皆様がゾロゾロ。。。

E
貝のボタンを沢山縫い付けたスーツを着てチャリティー活動をする労働階級の人たちのこと

その歴史は18世紀後半まで遡れます。 詳しくはこちら(英語)

F

A

G


あとでわかったのですが、実は先週日曜9/16はパーリーキング&クイーンの伝統を祝う

フェスティバルの日だったそうです。

ほんとうに、この日はそぞろ歩きをするには最高の日でした。sunsun

R子



680

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

こんにちは!virgo:ゆかりーなです。

|今回は、ケンジントンの落ち着いたエリアにある 

Tokyo Sukiyaki Teiに行ってきました!

1

久々の和食に、心が踊ります。
 
お店に入ると、お馴染みの食べ物や置物、
食器などが並んでいます。

2

食器好きな私は、結構見ているだけで楽しい。

3

ではでは、メニューを選びます。
今回注文したのは、この5点!爆食い!
 
・キムチ きゅうり
・ぶつ切り キャベツ
・野菜の天ぷら
・和牛炙り握り寿司  和牛&トリュフ☆照り焼きソース
・すき焼き鍋

12

virgo:「ふむふむ…(じゅるり…)」
 
想像しただけで、食欲が出るメニュー。最高です。
 
 
まずは日本のビール「ASAHI」で乾杯!

Image1

仕事後に冷たいビール。
virgo:「あー!今日もよく働いた!」
 
そして、このビールに合うのが、
今回注文した、キムチきゅうりと、ぶつ切りキャベツ!

Image2

かなりイケます。
ピリッと辛いキムチきゅうりに、ごま油のきいたキャベツ。
すぐにペロリ。
 
 
そして、なかなか家では面倒で出来ない、
しかもロンドンにいるとお惣菜屋もないから食べられない…
天ぷら!

6

7

イギリスの新鮮な野菜をカリッと天ぷらにしてて、
美味しい!そして、ビールに合う!
 
 
そうこういって、ビール一杯を飲み終えたくらいに
“和牛様”の炙り握り寿司登場。
しかも、トリュフ。

Image5

virgo:「ビールもう一杯ください!」

Image6

8

virgo:「むふふ♡」
 
 
すき焼き鍋が出てくると、店員さんが丁寧に
説明しながら準備してくれました。

9

この薄切り肉…やっぱここに来たら、
新鮮な生卵で、このお肉を食べないとね!

Image10

virgo:「今日の目的。SU・KI・YA・KI!」
 
上手ぃぃいい〜♪

11

食べたい物を沢山食べて、ご満悦なゆかりーな。
この後、残りのすき焼きも平らげました。

1_2

virgo:「みんなも行ってみてね!」 宣伝もちゃんとします。


すき焼き又はしゃぶしゃぶをオーダーされた方に


生卵をエンドレスオファー!(おかわり自由)クーポンはこちらから
 

 
ゆかりーな・ヒューの助けdenim


680

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

10時スタートなので、それまでに St. John's Woodが最寄りのGiuliana先生のお宅へ。
可愛い一軒家でした。 1870頃に建築されたそうで、お家の中も素敵でした。
持参するものは何もなく、タオルもエプロンを貸して頂けるので助かります。

Unnamedまず、今日のアフタヌーンティーのメニューとレシピを頂けます。
日本語と英語が用意されているので、好きな方を選べます。
参加者全員でスモークサーモンのロールサンドイッチをつくり、キューカンバーサンドイッチのレクチャーを受け、紅茶の茶葉の種類のお話、スコーンの生地をコネ、型抜きしました。
サンドイッチがしっとりするコツや、バターを溶かさず混ざりやすくする方法なども楽しく教えてくださいました。
どちらからというと、先生が作っているのを見たり聞いたりする事が多い感じでしたので、お料理が苦手な方でも気兼ねなく参加できるなと感じました。

5afternoonteaGiuliana先生の英語は聞き取りやすいので、理解しやすかったです。
日本人のアシスタントさんもいらっしゃるので、分からなければ助けてもらえます。

AfternoonteaFoodの準備が出来たら、アフタヌーンティーのスタートです。
先生がティーを用意して下さいます。

Img_22201ミルクティーのミルクは最初に入れるか?後に入れるか?のよくある疑問にも答えて下さり、中々興味深かったです。
最後に、先生が各自の好みの紅茶を作ってくださいました。
私は、先にミルクを入れて砂糖なしのミルクティーをオーダーしました。
因みに、この日の私のカップ&ソーサーはRoyal Albertでした。62紅茶の後は、みんなで作ったサンドイッチから頂き、
出来たてのスコーンにはクロテッドクリームとレモンカードをつけて頂きました。

4afternoontea最後は、先生が作ってくださったヴィクトリアケーキ。甘すぎず美味しかったです。
食べている間も、先生からアフタヌーンティーの発祥のお話やアフタヌーンティーのマナー、
ハイティーとアフタヌーンティーの違いなど、たくさん教えてくださいました。

3afternoontea1みんなで食べきれなかったスコーンなどはお持ち帰り出来ます。
アフタヌーンティーに興味がある人は、ホテルとはまた違う雰囲気、マナーや歴史も楽しく知れて素敵な体験をする事が出来るのではと思いました。

At英国伝統のスコーン作りとアフタヌーンティー
※安心の日本人アシスタント付き

S

680

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.09
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧
カリブブログ一覧