こんにちは!Leeです。ribbon

だんだん寒くなってきましたね。mist

先日、無性に美味し~いすき焼きが食べたくなったので東京すき焼亭に行ってきました。

質の良い牛肉!!

Img_3669
生卵と一緒に…いただきます!まさに至福のとき delicious

Img_3665

あっつアツっ、

Img_3648

鍋を囲めばみんなハッピー!

Img_3666

食後はうどんで締めました。noodle 味が染み込んだうどんも最高でした!

Img_3653

ロンドンで和食が恋しくなったら、東京すき焼亭がおすすめ!

すき焼きはもちろん、しゃぶしゃぶもあります。

お酒好きも大満足!日本のアルコールも充実しています。

Img_3670

最寄り駅はサウスケンジントン駅なので、

ヴィクトリア&アルバート博物館やロンドン自然史博物館、科学博物館など

観光の後に寄るのもいいですね。


H.I.S.のクーポンを携帯などで見せれば、

エンドレス生卵(生卵おかわり自由)!

ご利用下さい!

詳しくはこちらから



Lee

Coupon

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



イギリスのドーバーから船にのってフランスのダンカーク(ダンケルク)へ行きましょう!
※車で行くことを強くオススメ致します。私は自転車で行きましたが二度と自転車では行きたくないです。

Img_5207船も飛行機で同じくチェックアウトが必要です。
使った船会社はDFDS、ドーバーからダンカークまでの直行便は2018年11月現在この会社のみです。
必要なのですが窓口がトラックで隠れており「どこだろ~」と言ってるうちに素通りしてしまい、係員の方が慌てて「出国手続きしてくださーい!」と叫ぶことに…危うく法にふれてしまうところでした。

Img_5211自転車はこの赤いラインにそって走るよう言われたのですが、この赤いラインが途中で消えたりでややこしかったです。
後ろには何トントラックが走っており折りたたみ自転車に乗った我々は「ドライバー見えてる!?我々のこと見えてる!?ひかないでくれよ!頼むから!」とヒヤヒヤ

Img_5219

ここでチケットの発行をしてもらいます。
まわりはトラックドライバーのいかついおじさんたちがほとんど。皆さん手慣れた様子で手続きをしていたのですが…突然停電し全システムがダウンしてしまいました。

Img_5209出国手続き、チケットの発行などシステム復旧が必要となり乗るはずだった船に間に合わない、しかもチケットの買い方(往復買ったと思ってたのに片道だった)も間違えており万事休す、と思っていたら管制塔(?)もシステムがだめになっており船も出航できないとのこと。

Img_5218どうしようもないので外で日向ぼっこして時間を潰していたところ、30分くらいたってシステムが復旧しその上「待たせてしまったから往復分は払わなくて良いよ」とのことでチケットの再発行もして貰えました。
ありがたや…こうやってスタッフ単位で善意の判断が出来る環境の会社は素晴らしいですね。

Img_5222言われた出航番号へいくと船が待機しておりキコキコこいで乗り込みました。
私達が最後の客だったらしくその後すぐ出航しました。

Img_5223大型トラックがところ狭しとはいっているパーキングエリアの隅っこに自転車をおいて甲板に移動です。
色々あったけど出国できて一安心!

Img_5226甲板にでるとオランダ人夫婦に「あんな小さな自転車にのってきたの君たちだけだったからみんな笑って見てたよ!」と言われました。
トラックドライバーはもちろん、観光客もほぼほぼ車のため折りたたみ自転車は珍しかった様子。
※なぜ珍しいかはダンカークに到着後判明…。

Img_5229この日は風もなかった影響か船は全然揺れず快適でした。

Img_5232Img_5234イギリスとも暫しのお別れ、ドーバーからダンカークまでは2時間ほどです。

Img_5246ホワイトクリフが美しい、9月にいったのですが気温もたかく海風が気持ちいいです。

Img_5251乗船客もホワイトクリフにうっとり!
乗り慣れているトラックドライバーさんたちは日陰でのんびりしておりました。
船にあんまりのった経験がないのですが気持ちいですね、色々な映画を思い出して「魚雷がきても今ならドーバーに泳いで帰れるかも!」や「タイタニックはあんなに大きかったのに沈むなんてそりゃ思わなかったよなあ…」などと言いながら…

Img_5260

甲板で遠くなっていくイギリスを眺めながらののんびりした航海です。


Backnumber

■【海を渡ってダンカークへ!①】ロンドン~ドーバー海峡
■Twitter旅モーメントDunkirk旅2018 気軽に行けない!船でドーバーからダンカーク旅記録!

ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Img_2973

先週の金曜日に、ミュージカル ”レ・ミゼラブル” を観てきました。
ロンドンでは、毎日沢山のミュージカルを公演してますが、中でもレ・ミゼラブルはオペラ座の怪人と並ぶ大人気作品です。
場所は、ピカデリーサーカスから徒歩3分!Queens Theatreで絶賛公演中です。

ちなみに、道の向かいが中華街なので、開演時間前に晩御飯という事で私達は中華料理を食べました。

さて、本日のキャストメンバー。

Img_2976

写真を撮り忘れてしまったのですが、コゼットの絵柄入りグッズを多数取り扱っていました。

本日のお席は、3階席(Upper Circle)から。

Img_2977神様のように、主人公ジャン・バルジャンの半生を見守りますよ~。


噂には聞いていたのですが、ここのシアターはビルのような縦長の構造になっています。なので、ちょっと急!!そして高い!!舞台よりシャンデリアが近いっ!!!

Img_2978

24601こと、主人公ジャン・バルジャンがパンを盗んだ罪で19年服役し、刑務官ジャベールに仮釈放を言い渡されたされる1815年から彼の半生のお話が始まります。
考えられた演出、素晴らしい歌に曲、決して広くはない舞台でのびっくりするような舞台装置と、みどころ沢山です!

そして時代は、1832年の7月革命へ。マリーアントワネットが処刑され、ナポレオンが皇帝になるも失脚、またフランスに王朝が戻ってきた時代です。
市民は政府に立ち向かっていきます。その時代に巻き込まれいくジャン・バルジャン。

Img_2986多くの主要人物が出てくるミュージカルなので、人によって見方や受け取り方が変わるミュージカルでもあり、そこがまた面白いところでもあると個人的には思います。
大人気ミュージカル ”レ・ミゼラブル” 一度は観て欲しい作品です。


0

チケットの手配はHISにお任せ!!


S

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2018.11
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧
カリブブログ一覧