Imgp5107

ディストリクトライン、Gloucester Road station(グロスター・ロード駅)
ロンドン地下鉄の駅のひとつです。

Imgp5110駅構内には今現在Art on the Undergroundの一環として卵アートが展開中!

Imgp5108Imgp5114Imgp5122Imgp5127Imgp5129

Imgp5136

アートと地下鉄が融合した摩訶不思議な空間、もし通り過ぎるOR下車する場合はチェックしてみてください!


ミオ

680H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp4907ダイヤモンド・ジュビリー・ステート・コーチの見学を終え、また馬車の見学に戻ります。

Imgp4906ダイヤモンド・ジュビリー・ステート・コーチももちろんすごかったけど、他の馬車も華やかで美しい!
馬車を観ていくうちに「この形が好きだな」と好みがだんだんわかってくるようになりました。

Imgp4909車体に描かれた紋章がそれぞれ違うのは贈り物だったり、他国と縁があったりで、そのあたりはオーディオガイドでしっかり説明されております。

Imgp4912写真に収めにくいですが王冠が載っているのがなんとも可愛らしい!Imgp4911

ロイヤルミューズはオーディオガイドをしっかり聞いて見るなら(人にもよりますが)1時間半~二時間ほどかかると思います。

Imgp4916

普段はみれない角度や近さから馬車をみることができるので、非常に面白いです!

Imgp4919Imgp4920

他にも王室が使う車の展示もございます!


The Royal Mews
Buckingham Palace Road, Westminster, London SW1W 0QH

Royalmews_2

取扱あります!ロイヤルミューズ見学チケット


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp4897

エリザベス女王即位60周年を記念して作られたダイヤモンド・ジュビリー・ステート・コーチも展示されています!

Imgp4892

部屋にはいると豪華絢爛な車体にうっとりします!

Imgp4884

こちらの馬車は英国史に残る出来事や人物(トラファルガーの海戦、ニュートンなど)や建築物(セント・ポール大聖堂、ロンドン塔など)の素材も使われており、まさに英国1000年の歴史を積んだ馬車です。

Imgp4888

とてもゴージャスなこの馬車、冷暖房が完備されているそうです!
馬車=古めかしいもの、というイメージがありますが近代テクノロジーもガンガン取り入れているあたりが新旧融合が上手なイギリスらしいですね。

Imgp4885馬車職人(オーストラリアの方だそうです)のプレッシャーも相当のものだったと思いますが、エリザベス女王を乗せ多くの人々を魅了したこの馬車が完成したときの喜びはすごかっただろうと思います!

Imgp4889ダイアナ妃のことであるときは英国民からブーイングされましたエリザベス女王ですが、やはり女王のもつ魅力と彼女がずっと背負ってきた王族としての苦労、高齢になっても英国の代表としてしっかり公務を遂行する姿に多くの英国民は敬意を払っています。
美しさももちろんですが馬車の威風堂々たる姿はエリザベス女王のもつ魅力を可視化したようです。

Imgp4895イギリスの歴史と女王の威厳を象徴するダイヤモンド・ジュビリー・ステート・コーチ、手を伸ばせば届きそうな近さで見れます。
この部屋では皆暫く立ち止まって馬車を凝視していました。


The Royal Mews
Buckingham Palace Road, Westminster, London SW1W 0QH

Royalmews_2

取扱あります!ロイヤルミューズ見学チケット


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.09
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧