アメリカ同時多発テロのなかで、カナダを舞台にした心温まる実話をミュージカルにした作品「COME FROM AWAY」へ行ってきました。

Shutterstock_146810126【あらすじ】
人口数1万4千人のカナダの小さな田舎町ガンダーに、911の影響でアメリカへ帰る/行けなくなった人々が次々に緊急着陸。
NYにいる息子と連絡がとれないアメリカ人女性、インドやイスラム、ユダヤなど様々な宗教の人々、カンファレンスに行くはずだった英国人、セクシャルマイノリティの人たち、一人旅の女性…など宗教や人種の対立が決定的となった出来事がニューヨークで起きたときに、宗教も人種も飛び越えた人々の触れ合いを描いた、実話をもとにしたミュージカルです。

Img_0330歴史に残る惨劇アメリカ同時多発テロ事件。
象徴的な崩壊していくツインタワーなどのヴィジュアが登場することもなく、テロを軸にはしていますがそれによって生まれたストーリーを明るくしかし冷静に描いている作品でした。

Img_0291舞台はインターバルなしで100分ぶっ通しです。
インターバルがないことによってテロが起きて全く知らない土地で降ろされた人々の混乱や不安、
カナダの人たちが寝る間も惜しんで走り回って彼らを受け入れた様子を自分も体感しているような感覚がありました。
家族と連絡がつかず何度も電話をかける人々の姿は、311東日本大震災の時に親族や友人を探している人々と大きく重なるものがありました。
明るくジョークもたくさんありますが、劇中からは悲しみや無力感を感じる場面も多かったです。

Img_0321テロがおきた2001年は、個人の携帯電話が国境を超えての電波に対応しておらず、SNSも発達途中だったため「情報」というものがどれほど手に入りにくく、価値のあるものだったか知れる場面がたくさんありました。
そして「感動秘話」だけで終わらせるのではなく、突然多くの人を受け入れる事になったカナダの危機管理能力の高さ、その上にホスピタリティが成り立っていると感じられる場面もたくさんありました。相手を思いやる気持ちと自国を守る義務、この2つのコントラストは非常に印象的でした。

Img_0285たった十数名の役者の演技力で何万人もの人々の不安、葛藤、苛立ち、そして交流から生まれる喜びや相手を尊重する事の尊さの表現はまさにお見事!
また田舎町において宗教的マイノリティ、セクシャルマイノリティ、肌の色など…差別に繋がることに対しカナダの人々がどのように受け入れたかは現代社会に大きなヒントになると思いました。

Img_0309世界が人種や宗教に違いに対して「やはり超えることはできないのか」と暗い気持ちになったいたときに、カナダの人々はどのように「違い」を受け入れたか…たくさん笑ってたくさん考える機会をくれるCome from Away是非観に行って下さいませ!


Imgp7973

このミュージカルを観てロンドンにある帝国戦争博物館(Imperial War Museum)に展示してあるワールド・トレード・センターの窓枠を思い出しました。
キャプション読むまで全く何なのかわからないくらい形が変わってしまった、熱と衝撃でグニャグニャになった鋼の窓枠です。


Musi

詳しくはこちら!

Jstv1詳しくはこちらから

Voucher_31

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Img_8061

日本人演出家・藤田俊太郎さんの演出とチャリング・クロス劇場の芸術監督トム・サザーランドさんのタッグが送るミュージカル「VIOLET」現在公演中です!
観劇レポートはこちら!

Imgp6009取材会に招待いただき行ってまいりました。
藤田俊太郎さんとトム・サザーランドさんからミュージアム「VIOLET」の裏側を聞くことが出来ました。

Imgp6030取材会が始まる前にトム・サザーランドさんが今現在の世界全体の動き、多様性や寛容性とはかけ離れた方向へ少しづつ向かっていることへの恐怖感を話されていました。
そのような世界が抱えている多面的な問題への危機感が、1960年台アメリカ南部を舞台にしたミュージカルに反映されていると感じました。

Imgp6044


人それぞれがどこかへ行くために乗車するバス、偶然乗り合わせたキャラクターたちが織りなすストーリーは、楽しい場面ばかりではなく何とも言えない理不尽さや不条理感を感じるシーンも多かったです。
しかしだからこそ、このミュージカルが投げかける希望というものがそれを打破出来るというシンプルな答えに非常に重みをもたせていました。

Imgp6024


Imgp6040

Imgp6115Imgp6093

藤田さんとサザーランドさんは時々冗談を言い合いながら、このミュージカルをどのように噛み砕いて構築したかを話して下さいました。
文化・バックグラウンド・言語の壁が溶け混ざって作り上げられたバスの旅、是非チャリング・クロス劇場で楽しんで下さい!

01

02

Imgp6183

【1公演限定10席!】梅田芸術劇場さんの公式ウェブから予約すると、対面式舞台の片側最前列のお席のチケットを購入できます!
詳しくは以下ウェブにて…
http://www.umegei.com/violet-uk/


Charing Cross Theatre
The Arches, Villiers St, London WC2N 6NL

Voucher_2




H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

01

02

日本人演出家・藤田俊太郎さんの演出とチャリング・クロス劇場の芸術監督トム・サザーランドさんのタッグが送るミュージカル「VIOLET」現在公演中です!

あらすじは…

幼い頃の不慮の事故で顔に大きな傷跡をもつ女性ヴァイオレット。
傷を隠すように人目を避け猫背の彼女ですが、アメリカ南部から1500キロのバスの旅の中で出会う様々なバックグランドを持つ人々と交流し成長していきます。
「VIOLET」は差別問題で大きく揺れた60年代のアメリカが舞台ですが、現代が抱えている問題や、見て見ぬふりされている事柄に対して強いメッセージ性をもった作品です。
差別と偏見、寛容性と多様性、自己と相互理解…多面的な見方ができるストーリーが魅力です。

Img_8059

上演劇場はチャーリングクロス劇場、地下鉄エンバンクメント駅からあるいて3分ほどのところにあります。

Img_8069会場に入ってびっくり、舞台が真ん中にあり、両側に客席があるユニークなつくりです。
舞台を横切って自分の席にいくのはなんとも不思議な気持ちになりました。
一番前の席で観劇したのですが、役者さんたちの表情がはっきり見えるのはもちろん、動きによって起こる風、布がすれる音まで聞こえるほどでした。
舞台を見ているというより、自分自身が舞台の一部になっている、バスの乗客の一人でいるような感覚がありました。

Img_8075【1公演限定10席!】梅田芸術劇場さんの公式ウェブから予約すると、対面式舞台の片側最前列のお席のチケットを購入できます!
詳しくは以下ウェブにて…
http://www.umegei.com/violet-uk/

Img_8077

ミュージカルの終わりは、バスを降りてそれぞれの目的地へ散っていく乗客たちと同じような気持ちになりました。
このミュージカルは非常に幅広い感想や意見でると思いますので、もし誰かと一緒にいったらミュージカル後も意見交換を楽しめると思います!


Charing Cross Theatre
The Arches, Villiers St, London WC2N 6NL



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2019.04
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧