Img_2973

先週の金曜日に、ミュージカル ”レ・ミゼラブル” を観てきました。
ロンドンでは、毎日沢山のミュージカルを公演してますが、中でもレ・ミゼラブルはオペラ座の怪人と並ぶ大人気作品です。
場所は、ピカデリーサーカスから徒歩3分!Queens Theatreで絶賛公演中です。

ちなみに、道の向かいが中華街なので、開演時間前に晩御飯という事で私達は中華料理を食べました。

さて、本日のキャストメンバー。

Img_2976

写真を撮り忘れてしまったのですが、コゼットの絵柄入りグッズを多数取り扱っていました。

本日のお席は、3階席(Upper Circle)から。

Img_2977神様のように、主人公ジャン・バルジャンの半生を見守りますよ~。


噂には聞いていたのですが、ここのシアターはビルのような縦長の構造になっています。なので、ちょっと急!!そして高い!!舞台よりシャンデリアが近いっ!!!

Img_2978

24601こと、主人公ジャン・バルジャンがパンを盗んだ罪で19年服役し、刑務官ジャベールに仮釈放を言い渡されたされる1815年から彼の半生のお話が始まります。
考えられた演出、素晴らしい歌に曲、決して広くはない舞台でのびっくりするような舞台装置と、みどころ沢山です!

そして時代は、1832年の7月革命へ。マリーアントワネットが処刑され、ナポレオンが皇帝になるも失脚、またフランスに王朝が戻ってきた時代です。
市民は政府に立ち向かっていきます。その時代に巻き込まれいくジャン・バルジャン。

Img_2986多くの主要人物が出てくるミュージカルなので、人によって見方や受け取り方が変わるミュージカルでもあり、そこがまた面白いところでもあると個人的には思います。
大人気ミュージカル ”レ・ミゼラブル” 一度は観て欲しい作品です。


0

チケットの手配はHISにお任せ!!


S

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp5671

今現在駅や街中いたるところで広告されているミュージカルBat Out of Hell
アメリカの歌手ミート・ローフの曲も元にしたロックオペラ・ミュージカルです。
公演会場は「American in Paris」なども公演されていたトッテナムコートロード駅すぐのDominion Theatre!

Imgp5938残念ながらミート・ローフを全く知らず曲も聴いたことがなかったのですが、以前見たロックオペラミュージカルがすごく好きだったのでこれも観劇してきました~!
結果、とてもとても良かったです、本当に2時間あっという間で楽しめました!

Imgp5942

こちらのミュージカルはFワードが飛び交い、服を脱ぎまくり、性的表現も多いので年齢制限がついております!
さすがロックというべきか、しかし下品ではないウィットに富んだジョークや表現がたくさんですごく面白かったです!何度も会場が笑い声に包まれました!Imgp5943ミュージカルのあらすじは…


舞台は世界滅亡したあとの街、滅亡の影響で18歳のまま年を取らないギャング集団The Lostを率いるはゆるふわウェーブの美青年ストラット。
街を牛耳るファルコとは敵対関係。しかしファルコの娘レイヴンと運命的な出会いをした彼は立場の違いや様々な障害を愛の力で乗り越えていく。

事前にあらすじを読んだときは正直あまり興味が持てなかったのですが、このシンプルなストーリーラインを魅力あるキャストと曲、演技で表現するのですんなり楽しむことが出来ました。

Imgp5945

チケットを受け取って席に向います。
ミート・ローフが「Bat Out of Hell」を発表したのが1977年らしいので、その時の世代の方にとってはたまらないミュージカルですね。

Imgp5948席はストールのS30、ここ見やすくて良かったです。
映像で浮かび上がるタイトルとコウモリがゆらゆら…ちょっと不気味な雰囲気です。
Imgp5960各席にはミュージカルの世界のなかの新聞が置いてありました。Imgp5947公演5分前にアナウンスがかかって皆さんバタバタと着席です。
このシアターは地下にバーがあるのですが、お酒をもって席にくる人も多数!ワインやビールを片手にわいわいと開演を待ちます。

Imgp5951ふと気づくと舞台に役者さんたちが…「あれ?開演?」と思いつつも、ウロウロしたりおしゃべりしたり…開演ではない雰囲気。
観客も戸惑いながら「開演じゃないなら写真とっとこ!」と皆スマホで撮影したり、おしゃべりを続けたりでなんだか不思議な雰囲気。

Imgp5959いつの間にか観客の皆さんおしゃべりに夢中に。おじさん達はミート・ローフの話題をしているのか大盛り上がり。
主役のストラット役の人はバイクにまたがってじっとし、LOSTの仲間達は近くに座ってぼんやり。Imgp5958皆さんすっかりおくつろぎの様子!役者さんが開演まえに舞台をうろうろして何もしないなんて変なミュージカルだなー…とぼんやりしていた所…

Imgp5956上の写真の体制から、突然ストラット役の人がバイクから飛び降りて爆音で音楽と歌が始まりました。
これは会場全体が完全に油断していたので驚き、しかし一気にミュージカルの世界に引き込まれ一曲目から会場がめちゃくちゃ盛り上がりましたよ~!

Imgp5962

前半が終わった頃には興奮でインターバル(中間休憩)にビールを買いに走りました。
大変失礼ながら「面白くなくてもまあいいか~」程度で観に来ていたのに、あまりの素晴らしさに大興奮!いい意味で期待を裏切られました!

Imgp5964後で知ったのですがこのミュージカル、実は2017年に一度期間限定公演されあまりに評判になり期間延長、そのあと一旦撤収して改めてウエストエンドでの公演がスタートしたそうです!
たしかにこれは人にオススメしたくなる!本当に楽しいし一曲も知らないのにのれます!

Imgp5965ロックにはビールです!
好きな銘柄ステラがあってまたもやテンションあがります。Imgp5967▲アイスクリームを買って食べている人もたくさん!

公演中はもちろん写真撮影できませんので、載せるものがありませんがこの迫力や演出は是非生で観て頂けたらと思います!
音の迫力で身体がビリビリしたり、地響きみたいな低音などはまさに生でみるミュージカルならでは!ロック音楽が好きな人は特に楽しめると思います!

Imgp5968

劇中はセリフがかなり少なく歌とダンスでほぼほぼのシーンが進むので英語が苦手な方でも楽しめると思います!
クラシックミュージカルとはまた違う、ロック文化がもつ魅力と力強さを存分に楽しめる作品です!

Imgp5969

そんなわけで帰ってすぐSpotifyで全曲DLして聴きまくっています!
ミート・ローフの知識ゼロでいきましたが、たくさん良い音楽に出会えて幸せなミュージカルでした!


Imgp5940ドミニオンシアターがあるトッテナムコートロード付近はファストフード店が多いので、ミュージカルを観る前にさっと食べるのに便利です!

■Dominion Theatre
268-269 Tottenham Court Rd, Fitzrovia, London W1T 7AQ


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

日本の皆様

猛暑いかがお過ごしでしょうか。浪速のグリ子です。

BBCの朝のニュースでさえも、日本の41.1度に達したというニュースが報道されていましたsweat01

ロンドンも連日雨も降ることなく、むちゃくちゃ暑いです。sun今週の最高気温はなんと33度。

日本の温度に比べたらまだましですかね・・・

ただ、一番嫌なのが地下鉄。クーラー機能がない電車がほとんどなので通勤ラッシュの満員電車に乗るのがもうとってもおっくうです。日本ほどぎゅうぎゅうにはならないのが幸い。

そんな暑いロンドンで、熱いミュージカル【Kinky Boots】を観に行ってきました。

01この目を引く真っ赤なブーツの看板、ロンドンではかなりお馴染み。ミュージカルを観たことなくても【キンキーブーツ】と誰もが言えるぐらいです。

このミュージカルを先に観ていたミオが、これはもう一度観に行きたいぐらいよかった!と太鼓判。

そしてKinky Bootsの映画のDVDも貸してくれ、これを観てから行くがよい。とのこと。

02月曜日の夜にも関わらず、劇場内はほぼ満席。

このKinky Bootsのあらすじは、イギリスの実在した代々紳士靴工場を営む家族の元に生まれた息子が、継ぐつもりがなかったにも関わらず継ぐことになり、経営難の中ひょんなことから出会ったドラァグクイーン(女装する男性)と、紳士靴ではなくドラッグクイーン用の特注ブーツを作ることで、経営を立て直そうと奮闘する物語。

お堅い息子(社長)(チャーリー)と、自由奔放なドラッグクイーン(ローラ)の対照的な二人のやり取りと、

急な事業展開の中、長い間紳士靴にしか関わってこなかった従業員たちの慌てぶりなどが、ものすごく丁寧に、そして面白く描かれており、数々の賞を総なめにしたのもうなずけます。

03Stall(ストール)N席からの眺めはこんな感じ。充分に見やすい。

4Pimm's(ピムス 柑橘系のカクテル)を凍らせたシャーベットを休憩時間にBarで発見。(£5。7月24日現在)ほのかなアルコール度数で暑い夏の夜には最高です。

5ブーツ型にあしらったボードの後ろに回り、あたかも履いているかのよう!

とにかくコメディタッチなので会場内大爆笑、ドラァグクイーンたちの踊りに大興奮で、最後は全員総立ちのスタンディングオベーションでした。

あぁ、これはもう一度観にいきたい。


Adelphi Theatre
Strand, London WC2R 0NS

Imgp7757

そんなキンキーブーツ、ロンドン支店にて手配いたします!

詳しくはこちらから!!


浪速のグリ子

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2018.11
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧