Img_0084

ブライトンはイングランド南部の海辺の町、昔からロンドンに住む人々の避暑地、デイトリップの行き先として人気がある街です。

Img_9986

ロンドンブリッジ駅からブライトンまでは約1時間~2時間、直行便か乗り換えかで時間に差異はありますが、朝ロンドンをたてば一日たっぷり遊べます。

Img_9987Img_9988ブライトン駅をおりて駅前のパブへ向かいます。
以前いってルーフトップテラスがよかったThe Railway Bellへ行こうとしたら、まだあいておらず隣のGrand Centralへ!

Img_9990

Img_9996この日はセント・パトリック・デー(アイルランドの祝日)だったので、パブにも帽子が飾ってありました。

Img_9991朝10時頃なので全然人がおらずゆっくりお酒を楽しめました。
セブン・シスターズへ行こうかと話していましたが寒いしパブ・クロール(パブをはしご)しながら買い物したり海へいったり、ブライトンでのんびりしようということに。


Grand Central
29-30 Surrey St, Brighton BN1 3PA


Jstv1詳しくはこちらから

Voucher_31

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 

54px FACEBOOK いいね!ロンドン ● Twitter ● Instagram

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 

Img_6539

複雑に裏路地が入り組む金融街シティ・オブ・ロンドン。
裏路地には小さなパブが隠れていることが多いです!

Img_6540Jamaica Wine Houseはバンク駅からあるいてすぐ、ちょっと見つけにくいですが隠れ家っぽさが魅力的なパブです。

Img_6543Img_6549週末に近くなるに連れ混みますが、この日は人が少なく音楽もうるさくないのでゆっくりできました。

Img_5206甘いテイストが美味しいエール、スピットファイア。
英国人に今でも愛される戦闘機の名を冠したエールですが、なかなかパブで提供されていないので探していたところ…

Img_6545Jamaica Wine Houseにありました~!

Img_6554

エールとラガー両方あります。

Img_6552

Img_6551ボトルまであります。

Img_6547Img_6550

その他、あまりパブでみかけない地エール、地ビールなどが結構たくさんありました!

Img_6556

日暮れが早くなってきたイギリス、ですが寒いからこそ温かい光がもれるパブにいきたくなりますね~。


Jamaica Wine House
St Michael's Alley, London EC3V 9DS


680

 

H.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Img_4697

ヨークシャー、キングストン・アポン・ハルにあるThe Hope & Anchor Pub
ハンバー川のすぐそばにあるローカルの人々で賑わうガストロパブです。

Img_4700地ビールやエールも取り揃えられております。

Img_4703Img_4707

この日は日曜日だったのでサンデーローストがありました。

Img_4710

運ばれてきたのはビーフろヨークシャープディング、ポテトのみ!
シンプルだなあ、足りるかな?と思っていたらスチームされた野菜やマッシュポテトは別で運ばれてきました。

Img_4713

人参はなんと花切りされていました。
イギリスでこういう花切りされた野菜は初めてみました。

Img_4711他にも色々パブ飯がありましたが、とても美味しかったです!

Img_4715

混む時は混むらしいので行く前には念の為ご予約をオススメいたします!


The Hope & Anchor Pub
Sluice Rd, Barton-upon-Humber DN18 6JQ


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2019.04
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧