Imgp1946

Guy Fawkes Night(ガイ・フォークス・ナイト)を祝う11月初旬、イギリス南部の小さな街ルイスでは松明を持ち中世のような服装で街を練り歩く他の地域と違うガイ・フォークス・ナイト、通称Lewes Bonfire Night(ルイス・ボンファイア・ナイト)を見ることが出来ます。
22時過ぎ、各ソサエティの花火の打ち上げが始まります!
ネット上に情報が少ないので、イベント参加についてまとめます~。
※情報はすべて2017年のもの

Imgp1776■日程の確認は公式サイトで
ガイ・フォークスの正式な日にちは11月5日ですが、ルイス・ボンファイア・ナイトが行われるのは土曜日。
日付は公式サイトにて発表されるので、サイトを定期的にチェックしましょう。

■パレードが見れるのはルイスのメイン通りHigh Street
駅から中心地にいくとひときわ大きな街の中心道路があります。そこが夕方から車の乗り入れが禁止されパレードの道となります。
セレモニーなどが行われるのは上記写真のモニュメント付近。パレードは夕方から始まりますが、お昼頃にはルイスに着いておくようにしましょう。

Imgp1610

■ルイスについたらまず、ファイアーディスプレイ(花火鑑賞)のチケットを買おう!
駅を降りたらボンファイアに関するパンフレットや花火のチケットを売っている各ソサエティの方々が立っています!
パレード鑑賞は無料だけど花火は有料!ですが2017年、私の買ったチケットは5ポンドととっても安価!
カード払いは不可、20ポンドほど現金を用意しておくと露天で買い物もできて便利!
ソサエティによって花火の会場は違いますので、ソサエティ名を覚えてパレードのあとは街中にあるサインを辿って花火の会場へ行きましょう。


■寒さ対策は充分に!
11月初旬の夜に行われるこのイベント、防寒はしっかりしないと途中で具合が悪くなる危険があります!
基本的にパレード前は店内ではなく外で飲んだり食べたり、パレード中は立ちっぱなし、花火も座るにしてもキンキンに冷えた地面で相当体が冷えます。
・ヒートテック
・燃えにくい素材の厚手のコート
・燃えにくい素材の帽子
・手袋
・マフラー
・ブーツ
・ジーンズ(中にタイツ、靴下などを仕込むことをオススメ)
・カイロ…靴(足先とカカト両方!)・背中・お腹・手袋の中、できれば太ももにもカイロを貼りましょう!
コートはできればお尻か膝くらいまで丈のある風を通さないもの、そして天候が急に変わる可能性があるのでフードがついているものをオススメ致します!
間違ってもファッションを優先した防寒性ゼロの恰好はやめましょう!

■トイレはあるけど人混みが凄すぎて行けない!
ルイス・ボンファイア・ナイトのウェブにトイレの場所は書いてあるものの、人が多すぎて移動が難しいのでトイレには行けないと考えた方が良いでしょう。
お店もほとんど開いていない為、トイレにいくのが非常に困難です!
なのでお酒が大好きな人も、体を温めたいと暖かいものを飲みまくる人も、トイレのことを考えてむやみに水分をとらないようにしましょう!

Imgp1686■スリと酔っぱらいに気をつけて!
多くの人で賑わうイベントなだけあってスリの危険があります。
荷物は最小限にし、パスポートやカード類はカバンの内ポケットにいれ絶対にとれないようにしましょう。
大きめのお財布を使いの人も定期入れにクレジットカードとポンド札を1,2枚いれる位にした方がいいと思います。
酔っぱらいがいたるところに湧き、アジア人が少ないイベントなので目をつけられる可能性もある為騒がしいグループの近くにはあまり近寄らないようにしましょう。
そして出来たら友達などと行き、1人で行動しないようにして下さい。

■横入りや無理やり入ってくる人が多い!
多くの人が訪れるこのイベント、街のキャパシティと人数が釣り合っておらず最前列に無理やり入り込もうとしてくる人たちもいます!
地域柄ラフな人が多いですが、ちゃんと「後ろへ行って!」と言いましょう。
周りのイギリス人達も横入りしてくる人たちには厳しく対応しているので怖がらなくて大丈夫です。
大体は渋々ですが後ろに行きます。

Photofunia1510156950_2■燃えやすい服や高い服、お気に入りのコートは着ない方が無難!
弊社社員グリ子とジャッキーは上で爆発した花火(?)の火の粉がもろにかぶり、ダウンジャケットは穴だらけ、髪は一部焦げるハメに!
弊社社員の経験を次の世代へ活かしましょう!
ニットなどの毛糸系はもちろん、ダウンジャケットなど素材が熱で溶けるものは着ていかないようにしましょう!
そして煙が充満するのでイベント後のコートは凄まじくスモーキー!
以上を踏まえて、燃えにくく・汚れてもOK・丸洗いできるコートをオススメ致します!

■荷物は最小限に!

人がとにかく多いので荷物があったら邪魔&パレードは夕方から始まって9時~10時くらいまでやります!つまり全部みるなら5時間ほど立ちっぱなしです!
なので荷物はなるべくもたず身軽にいったほうが疲労感が減ります。
スーパーが早くにしまるのでお酒やお菓子なども買っておくのも良いですが、人が多いので邪魔になりやすいので注意です!

Img_8880_2■帰りはシャトルバスorタクシー!鉄道は動きません!
帰りはブライトン経由で帰る方が多いと思いますが、鉄道は夕方よりすべて運行が止まります。
帰りは無料シャトルバスがブライトンまで運行されていますがとにかく混み、乗るのに一苦労!
並んでいる途中で友達とはぐれてもいいようにブライトンで落ち合えるよう先に話し合っておいた方がいいと思います!
タクシーは運行しておりますがこちらも長蛇の列、ウーバーは全くありませんでした。
(※シャトルバス運行については今後変わる可能性もありますので公式ウェブをご確認下さい)


ルイスへの行き方

Imgp1721

ロンドン⇒ルイスまではヴィクトリア駅から直通電車が運行していますが、このボンファイアの影響かチケットが高騰しますし、ロンドン⇒ルイスは基本的にいつでもチケットが高いです!
オススメの行き方はロンドン⇒ブライトン(乗り換え)⇒ルイス。
Thameslink TrainsやNational Express Coachesを使ってブライトンまで行き、ルイス行きの電車やバスに乗ると安くでいけます。
※当日ルイス行きの電車やバスが運行しているかご確認下さい。

Imgp2017■ルイス・ボンファイア・ナイトへはブライトンで一泊していくのがオススメ!
ルイスの宿泊施設は数が限られている為、ブライトンで一泊するのがオススメ!
理想としてはブライトン着⇒チェックイン、不要な荷物は預入、鍵やコードのピックアップ⇒鉄道でルイスへ⇒ルイス・ボンファイア・ナイトで大はしゃぎ⇒バスorタクシーで戻る。
そして花火の後はお店が閉まっているのでチェックインor荷物預入のときに食べ物などもホテルに置いておくとあとでひもじい思いをしなくて済みます!


ブライトンもこの日はめちゃくちゃ混むので早めに宿泊施設を押さえましょう!
上記写真はギリギリで予約がとれたSoBo Guest Houseのベーシックトリプル。3人で快適に過ごせました!
シャトルバスの運行状況によって帰るのが深夜4時になるという話もあるので、ムチャな日程を組まずブライトンにとどまるのが無難です。

ルイス⇒ブライトンは電車・バスともに20分かからない程度です!


ボンファイアに参加する7つのソサエティ(団体)

Imgp1915■ 7つのソサエティはそれぞれテーマや制服のようなボーダーのセーターを着ているので、誰がどこに所属しているか、地元の人は一目瞭然だそうです!
パレード後の花火は7つの団体が各公園や広場で開催、お互いにライバル意識があるのでパレードも花火もうちが1番!と思っているとかなんとか、まるでサッカーチームのようです。

■ ルイス駅を降りたら様々なボーダー服をきた人がパンフレットや花火鑑賞チケットを売っています。
ソサエティによって花火の雰囲気や規模も違うので、どこにいくか事前に決めて行きましょう!
1番有名&人気があるのはCLIFFE BONFIRE SOCIETYCOMMERCIALのものです!

 各ソサエティの衣装はかつてイギリスが戦争した相手国や民族!歴史を先に調べていくと面白いかも?

Imgp1832★ CLIFFE BONFIRE SOCIETYCOMMERCIAL(白黒ボーダー・ヴァイキング)
最も有名&人気な団体で彼らの通ったあとは多くの人が追いかけていくほど!

★ SQUARE BONFIRE SOCIETY(黄黒ボーダー・北アメリカ先住民族)
パレードの中でも特に派手な衣装で人々を楽しませてくれます!

★ NEVILL JUVENILE BONFIRE SOCIETY(緑白ボーダー・バレンシア)
なぜかボン・ファイアの会場で「あの緑白のはどこのだろな?」といってる地元の人が多くてもしかして存在感が薄いのか…?

★ SOUTH STREET BONFIRE SOCIETY(茶白ホーダー・アメリカ合衆国の植民地時代)
大きな炎の文字をもって行進するのでとても目立つグループ!
茶白のボーダーセーターはあまり着てる人はいませんでした。


★ SOUTHOVER BONFIRE SOCIETY(赤黒ボーダー・修道士)
赤黒ボーダーとミステリアスな衣装でかっこいいパレード!

★ WATERLOO BONFIRE SOCIETY(赤白ボーダー・モンゴル帝国)
鎧など目立つ衣装と暗闇でもはえる白と赤のボーダーがかっこよかったです。


LEWES BOROUGH BONFIRE SOCIETY(青白ボーダー・南アフリカ共和国のズールー族)
2017年は本場南アフリカからズールー族が参加し大盛り上がり!

その他各ソサエティにモットーがあったり、歴史があったりで面白いので詳しくはこちらをご覧下さい!

Imgp1820

ちょっと危ないイベントですが思い出に残る事間違い無しなので是非訪れてみて下さい~!

【1】Guy Fawkes Nightの起源!16世紀のテロリスト、ガイ・フォークス - ルイス
【2】Lewes Bonfire Night直前!ルイスの街で飲んだり食べたり!
【3】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night① - リメンバランス・デーとポピーの花
【4】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night② - イギリス人と歴史
【5】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night③ - 木製政治家人形を燃やそう!


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

ルイスシリーズはまだまだ続きます。

【1】Guy Fawkes Nightの起源!16世紀のテロリスト、ガイ・フォークス - ルイス
【2】Lewes Bonfire Night直前!ルイスの街で飲んだり食べたり!
【3】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night① - リメンバランス・デーとポピーの花
【4】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night② - イギリス人と歴史
【5】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night③ - 木製政治家人形を燃やそう!



Imgp1948

Guy Fawkes Night(ガイ・フォークス・ナイト)を祝う11月初旬、イギリス南部の小さな街ルイスでは松明を持ち中世のような服装で街を練り歩く他の地域と違うガイ・フォークス・ナイト、通称Lewes Bonfire Night(ルイス・ボンファイア・ナイト)を見ることが出来ます。
22時過ぎ、各ソサエティの花火の打ち上げが始まります!Imgp1610パレードを鑑賞するのは無料ですが花火は有料!
パレードが始まる前にルイスの街ではボーダー服を来た人や、コスチュームも来た人がたくさんいます!
パンフレットと一緒に花火のチケットも売っているので、パレードが始まる前にチケットを購入しておきましょう!パレード中、後は混んでチケット購入が困難です!Img_8862▲公園では炎と煙が空まで届きそうな位な大きな焚き火が!風向きによっては熱風がきます!
7つのソサエティはそれぞれのスペースで花火を打ち上げます!
特にこだわりがないなら、地元民イチオシのクリフや、私達が見て良かったウォータールーのチケットをオススメします!

Imgp1987

あの火の中にガイ・フォークスやイギリス人激おこ政治家人形たちが入れられ燃やされます。

Img_8863

公園入り口には暖かい飲み物や食べ物販売もありましたが、とにかく寒い!!
パレード鑑賞で身体が芯から冷えていたので、花火を待っている時間が辛かったです!
私はコート+ブーツ+マフラー+カイロ1枚で行きましたが、手袋+帽子+ヒートテックなどしっかり防寒していけば良かったと大後悔!

Img_8873

しばらくすると花火があがりだしました!
数年前、ロンドンのガイ・フォークス花火を見に行きあまりのショボさにガッカリした覚えがあるので正直あまり期待してなかったのですが…

Img_8877Imgp1988

非常に素晴らしい花火です!花火は日本が1番だよな~と常々思っていましたが、全然負けておりません!
人生のなかでみた花火の上位にはいる美しさでした!

Imgp2003酔っ払いが後ろを駆け回る中みんな空を見上げています。
大きな花火や面白い花火があがるたびに歓声と拍手があがりました!
Imgp2009

花火は大体水平線より少し上くらいに見るものですが、この花火はどんどん頭上に揚がり、最後は真上に花火があがって火の粉が落ちてきそうなくらいでとても幻想的でした!
実際紙くずのようなものや火の粉が落ちているところもあって大騒ぎに、パレードも花火もめちゃくちゃ過激です。

Imgp2011

Imgp2004ウォータールーの花火も素晴らしかったのですが、違う方向には違うソサエティの花火が見えました!
とにかく四方八方から花火があがりまくってとても非現実的な夜です!

Imgp2013写真をとっても映画やCGで描いたような画が沢山とれました。

Imgp2015これで5ポンドは安い!!という位素晴らしい花火でした!
評判高いクリフも気になったけど、ウォータールーも大満足でした!
これは来年は違うソサエティの花火に行きたいなあ、という気持ちになります!
寒かったけどルイスまでガイ・フォークス・ナイト来て良かったです!

Img_8880帰りはウォータールー花火会場近くから無料シャトルバス(ダブルデッカーと同じ2階建て)がブライトンまででていました(※2017年、今後シャトルバス運行があるかはわかりません)
このバスに乗るまでがカオスな人混みで大変でした…花火が終わったらすぐにバス停に向かうことをオススメします!


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

前回シリーズの続きです。


【1】Guy Fawkes Nightの起源!16世紀のテロリスト、ガイ・フォークス - ルイス

【2】Lewes Bonfire Night直前!ルイスの街で飲んだり食べたり!

【3】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night① - リメンバランス・デーとポピーの花

【4】炎の奇祭 Lewes Bonfire Night② - イギリス人と歴史


Imgp1760_2

Guy Fawkes Night(ガイ・フォークス・ナイト)を祝う11月初旬、イギリス南部の小さな街ルイスでは松明を持ち中世のような服装で街を練り歩く他の地域と違うガイ・フォークス・ナイト、通称Lewes Bonfire Night(ルイス・ボンファイア・ナイト)を見ることが出来ます。Imgp1779ルイス・ボンファイア・ナイトも終盤にさしかかり楽器隊の音楽と爆竹の音が一層派手になってきました!

Imgp1787

ウォーメモリアルモニュメントの前で行われるセレモニーは各ソサエティ共に共通しているのは、ポピーの花に点火すること。
それ以外は花火のパフォーマンスも含み色々違いがあって面白いです。

Imgp1853

こんな感じで空高く吹き出す花火もありました。
ここで注意点です!これらの花火、最前列はかなり至近距離で点火されるため火の粉が空から降り注いでくる可能性があり、服や髪が燃える可能性があります!
これによりジャッキ&グリコは髪は一部燃え、熱に弱いダウンジャケットだった為穴だらけになってしまいました!

Imgp1822

グリコ&ジャッキーの後ろにいたイギリス人が「She is burning!!(あいつ燃えてるぞ!)」と叫び、周りの人が火の粉を払ってくれたので事なきを得ましたが、燃えやすい素材のものは絶対に持っていかない&身につけない方が良いです!

Imgp1901あと少しで「HIS社員、イギリスの田舎町で大炎上」と新聞の一面を飾ってしまう所でしたが、なんとか3人とも生きて帰ってきました。ヒヤヒヤ!

Imgp1794時々花火点火がうまくいかず松明を持った人が走り回るハメになるのもご一興!
こちらはなかなか全体に点火が広がらず、花火を持っているお姉さんが「ちょっとしっかりしなさいよー!」と叫んでいました。イギリス女性は強い!

Imgp1806こういう謎の馬もいます。こちらはあまりの適当っぷりに観衆からも爆笑が起きていました。

Imgp1816勇敢なるスコットランド行進曲(Scotland The Brave)をバグパイプで奏でながらスコットランドも登場!
ミリタリー・タトゥーを思い出してテンションあがりました~!Imgp1827Imgp1875Imgp1833手持ちの照明弾がたかれると街全体が真っ赤に!かなり非現実的な世界です!
Imgp1877Imgp1907この燃える十字架の行進はやはり迫力&ヴィジュアルインパクトがあってカッコイイです!
Imgp1909Imgp1915Imgp1921Imgp1938昼間は雨がポツポツしていましたが夜になると月がでて晴れ渡り気温がかなり低く寒かったです!
でも地面に舞い散ったポピーの花びらとあっててとても綺麗でした!Imgp1944ストリートの先に大きな花火があがりいよいよクライマックス~。
各ソサエティが制作した、イギリス人を今年最も怒らしこれから燃やされる政治家達の人形が登場です、去年はドナルド・トランプが2体燃やされましたが今年は誰が燃やされるかな?!Imgp1952寒すぎて写真ブレまくりですが、まずはミサイルなどで世界中を不安に陥れた北朝鮮の金正恩がミサイルにくくりつけられた姿で登場。
登場と同時にブーイングと罵声が飛び、街全体で彼の悪行を非難します。
Imgp1953そして金正恩の影に隠れてしまったかな?と思われていたアメリカのトランプ大統領も後ろにいました。
木で作られているため民芸品のような妙な愛らしさがあるのですが、これらも容赦なく火の中に突っ込まれて燃やされます!Imgp1954

一歩間違えたら大問題になりそうですが、このイベントでは過去にロシアのプーチン大統領なども燃やされています。
やっぱりかつての大英帝国、海外に厳しいなあ、アメリカなんか何してもイギリス人は怒るしなあ…と思っていたら

Imgp1976現イギリス首相のテレサ・メイの人形も登場!
そんなに評判悪かったかな?と近くにいたイギリス女性に聞いたら「彼女の最近のパフォーマンスは最悪よ、トランプよりましだけど燃やされるべき存在ね、F@CK OFFだわ」とのこと。過激!
前首相のデーヴィッド・キャメロンも過去に燃やされたようです。
Imgp1984

今回多かったのは金正恩の人形かな?
いろんなソサエティがブラックユーモアたっぷりな人形を制作し、ストリートは笑いとブーイングと爆竹の音で埋め尽くされました。

Imgp1985人形は各ソサエティの花火会場に運ばれこの後燃やされます!
この人形たちのパレードがトリで、ルイス・ボンファイア・ナイトのパレードは終了です!

Imgp1971私達は赤白ボーダーがトレードマークのウォータールーの花火チケットを事前に購入しているので、ウォータールーの花火会場へ道にたっているサインを辿っていきます。


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.05
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧