こんにちは。

今回は、湖水地方を中心にツアーなどを催行されているMountain Goatさんが、創立50周年を記念した日帰り特別ツアーにご招待下さり、参加してまいりました。

Shutterstock_433969249

朝8時30分ユーストン駅発の電車だと止まる駅が少なく、2時間半ちょっとで湖水地方の玄関口オクセンホルム駅まで到着します。

Train2

First Classだとゆっくりと朝食を食べながら、車窓からの田舎の風景を楽しめます。

Bf

Mountain Goatさんのツアーはオクセンホルム駅のホームまでドライバーさんがお迎えに来てくれるので安心。

Image00014

最初のストップは、ゴシックスタイルのWRAY CASTLE (レイ城)

ビアトリクス・ポターが16歳の誕生日に家族で休暇を過ごしたことでも有名です。

Image00027

Image00022

そして遂にやってきました!ヒルトップ!!

Image00048

ビアトリクス・ポターが晩年実際に執筆活動されたお家がそのまま保存され公開されています。

Image00043

猫ちゃん達もお出迎えしてくれます。

Image00044

応接間

Image00034

飾られている調度品もその当時のままです。

Image00036

ポターさんがこの机で実際に執筆されていたと想像すると、ジーンと感動し、また絵本を読み返したくなりました。

Image00038

Image00041

続いてはウィンダミア湖クルーズ🚢!

ラッキーなことにピッカピカの新しいクルーズ船に乗れました。

Image00071

AmblesideからBownessまで30分強のクルーズ。春とはいえ、この日はとーっても寒かったのですが、船内はとても暖かく美味しいコーヒーを飲みながら、綺麗なウィンダミア湖の景色を満喫できました。

Image00072

最後は日本人にも人気のホテルLindeth Howeを見学してきました。

ビアトリクス・ポターがかつて所有していた邸宅がそのままホテルになっています。

Image00092

Image00084

こんなところにもラビットが!館内のデコレーションがとても素敵でした。

Image00091


清潔で落ち着いたお部屋。

Image00085

ホテルの看板にもなっているこのロゴ、実はなんとビアトリクス・ポターさんの直筆です!

Image00088_2

日帰りでも十分楽しめましたが、次回は絶対に1泊か2泊か泊りで来て、湖水地方を広範囲でもっとじっくり観光してみたいと思いました。

Image00065

コロナ前に販売していた、このMountain Goatさんのツアーも、間もなくまた販売できる日が確実に近づいております!現在のところは、ロンドン支店まで直接お問い合わせください。

こんにちは。浪速のグリ子です。
 
あまりイギリス郊外に行ったことがないグリ子ですが、
に参加してきました。
 
朝7時50分
ビクトリア駅で他の参加者と待ち合わせた後に、いざ世界遺産【ストーンヘンジ】のある南西部のソールズベリーへ。
 
合間合間に、アシスタントさんがイギリスについてあれこれ教えてくれるのですが、その話がとっても興味深く、面白く、ロンドン歴短いということもありとても勉強になりました。

Imgp2422

この日のストーンヘンジ、曇りそして雨。気温はきっと5度以下だったのではないでしょうか。極寒です。
周りには隔てるものが何もないため、吹きさらしの荒野という感じでしょうか。
風が強い強い。写真を撮りたいけど、手袋は取りたくない。
早く前に進みたい。でも音声ガイドが興味深いので、中々前に進めない。
 
そんな自分との戦いを繰り広げながら、音声ガイド(日本語)を聞いて神秘的なストーンヘンジを周ります。
(カイロがあれば問題ありません!)

Imgp2427

それにしても、本当に不思議な空間です。ストーンヘンジの周りは、丘陵地帯で緩やかな丘が続きます。
周りには何もありません。
 
ストーンヘンジと聞くと、世界遺産で突如として現れた岩岩。という印象しかなかったのですが、
実際に行ってみると、やはり突如として現れた岩岩。で、その第一印象は崩れませんでした。
400キロ以上も離れた場所からの石が使われているということはわかったのですが、どうやって?なぜ?という答えに、色々な諸説があるというのはご存知の方も多いと思います。

Imgp2441

この場所で、宇宙人と交信をしていた。
カルトな宗教がこれを作り上げた場所。
などなど。

Imgp2438

400キロといえば、東京から大阪ぐらいの距離ですね。

それを新幹線も車もない時代に、数十トン以上にもなる岩岩を運び出したのは・・・
その答えはいつ出るのでしょう。
 

Miki

記事内のツアー情報はこちら!


過去のストーンヘンジに関する記事はこちら!
【ツアーレポート1】古代の鼓動!ストーンヘンジ!
世界遺産・ストーン・ヘンジでパワー充電! -親子で行く!ロンドン郊外日帰り旅行①-
ロマンの遺跡 ストーンヘンジとオールド・セーラム
ストーンヘンジは儀式を行う場所だった??

浪速のグリ子

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp2088

イギリスの絶景ポイントといえば外せないのが、イーストボーンにあるセブンシスターズ。
真っ白な絶壁が連なり海と空の青とのコントラストが美しいナショナル・トラストの一つです。

Imgp2018行き方は色々あるのですが、過去の先輩が詳しく書いた記事が参考になるのでこちらをどうぞ!
私たちはブライトン中心部、クロックタワー近くのバスのりばEより12番のバスに乗りました。Img_9144日曜日でも15分おきに運行中、チケットはドライバーからも買えますがブライトン駅内のトラベルセンターでも購入可能。
ハガキサイズのスクラッチ形式のチケット、渡すとドライバーが日付を削って保護シートを貼ってくれます。

Imgp2024到着しバス停から30分ほど歩きます。Imgp2019丘陵が描く曲線と草原が気持ち良いです!
この日はルイス・ボンファイア・ナイトの翌日でしたが、煙に巻かれまくった夜から空気が澄んだカントリーサイドにきて肺がハッピー。Imgp2029ナショナル・トラストが運営するカフェ施設(外にトイレ有!)、お土産物、セブンシスターズの歴史がみれる小さな博物館があります。

Imgp2027

中は多くの人で賑わっています。まだ新しいのか非常に清潔感があり可愛い店内です。

Imgp2028この日は晴れており陽の中は暖かかったので外でも多くの人がご飯を食べたりくつろいだりしていました。
11月にいったのに穏やかな天気でした。Imgp2033

ナショナル・トラストのカフェをでて丘を登ると、白亜の絶壁が見えてきました!
一瞬曇った時は灰色でしたが陽が照ると本当に真っ白です!

Imgp2035写真をみてわかるとおり、エッジには柵などは一切ありません。

Imgp2089転落死亡事故も起きている場所なので、写真に夢中になって足を踏み外したり、危険な写真を撮ろうとしないように呼びかけがされています。

Imgp2037白亜の絶壁も美しいですが、まわりに広がる平原もとても美しいです。
犬の散歩をしている人や座ってゆっくりしている人も多く、地元の人のくつろぎの場のようです。

Imgp2039かもめがたくさん飛んでいるので、食べ物をもって歩くのは少し危ないかもしれません。
イギリスのかもめはカツアゲのごとし食べ物めがけて飛んでくるので…。
Imgp2043とにかくスケール感がすごいので、感覚が大体おかしくなってきます。

Imgp2048

ビッグベン近くのランプと同じくリア充ジローとルミの愛の証が…。
このように白い石がそこらじゅうに転がっているので、こういう思い出に残ることも出来ますよ!

Imgp2034プライベートジェットが頭上を飛び「あの人結婚してくれないかなあ~」とアラサー3人が金銭目的の結婚計画を話すかなり不毛なウォーキングをしました。

Imgp2050ところで弊社社員左のジャッキーは京都人、右のグリ子は大阪人なのですが「もし崖から落ちる既の所で手を掴めた場合どのように引き上げるか?」という謎の漫才を突然はじめました。
関西人が2人以上そろうとこういう化学反応がよく起きるのはイギリスでも同じ。

Imgp2051とりあえず電話をかけて助けを呼ぶと提案するジャッキー。一体誰に電話するつもりなのか?

Imgp2053

Imgp2074写真をとるにしてもエッジ近くが怖くてかなり恐る恐るした撮影になりました。

Imgp2064かなり開けた所なので座ってゆっくりするには良さそうですね。
夏にピクニックマットやご飯をもって来たいくらいです。

Imgp2082

赤白灯台の近くにひときわ高くなっている部分ビーチ岬と呼ばれる所は、イギリス映画の金字塔「さわば青春の光(原題:Quadrophenia)」のロケ地です!
最後自暴自棄になった主人公ジミーがエースのスクーターを盗み崖下に叩きつける場面はここが舞台となりました!

Imgp2079

そしてここは自殺の名所でもあります。
これを考えると「さらば青春の光(原題:Quadrophenia…四重人格)」という言葉と叩きつけられた60年代若者文化を象徴するような装飾のされたスクーターが木っ端微塵になる映画のラストはとても重い意味を持っているとわかりますね。

Imgp2085ところでこの京都人、ワインボトルを片手にセブンシスターズを歩いて気がつくとボトルから直接ゴクゴク飲んでいました!なんとも豪快。Imgp2086この絶景を前にワインを楽しむなんてなんとも贅沢。Imgp2090平原も美しいです、地平線が見えることが少ないロンドンに住んでいるのでとても心が落ち着きます。

Imgp2100Imgp2094そんなわけで大満足のセブンシスターズ散策でした!


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



HIS ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2022.05
loading...
テーマ一覧