8月に行われたブライトン・LGBTsプライド・パレードに関する記事内で紹介したイギリス映画「パレードへようこそ」

この映画の中で主人公たちグループが、LGSM(レズビアンとゲイによる炭鉱夫サポートグループ)を結成し作戦会議やパレード用のフラッグを作っていた本屋Gay's The WordImgp2277こちらはラッセル・スクエア駅、キングス・クロス駅、ユーストン駅の中間に位置し今でもLGBTs専門書店として営業しています。
「パレードへようこそ」は実話を元に作られた映画、つまりこの場所は数十年前炭鉱夫達のために当時のLGBTsが立ち上がった場所です。Imgp2275私はキングス・クロス駅から行ったのですが15分ほど歩くかな?
Gay's The Wordは小さな個人店があつまるちょっとした繁華街にありました。
Imgp2276マークを始めとした仲間たちがバケツをもって店前で募金活動をしていたのを思い出しますね~。Imgp2278映画の中でも特に目立っていたLGBTsを奮い立たせ、元々は対立勢力であった炭鉱夫たちに率先して手を差し伸べたマーク・アシュトン。

Imgp2279彼の活動と功績はブルー・プラークとなってGay's The Word上部の壁にありました。
ブルー・プラークは歴史的な出来事、偉人が関わった場所に置かれるプレートです。
Imgp2283

さて、映画を観てきたミーハーなので専門書店に入るのは気後れがあるものの、オタクなのでどうしても中に入りたい!
というわけで入店します~。

Imgp2294Imgp2292店内は奥行きがあって所狭しとLGBTsに関する書籍が並んでおります!
FOYLESWATERSTONEでもLGBTs専用棚というのは存在していますが、それのみの書店というのは初めてです。Imgp2301

Imgp2290入り口付近には沢山のイベント情報やコミュニティ情報が貼ってありました。Imgp2305お店にいたULIさん!
映画を観て来た事をいうとすごく喜んでいました。その他にLGBTsに関することも聞いたらなんでもわかりやすく答えてくれてとても楽しかったです!

Imgp2285レジカウンターには「パレードへようこそ」の書籍版も置いてありました。Imgp2286

LGSMのバッヂも売っています!映画の中でもバッヂはキャラクター達とともに何度か登場していましたね。
これは映画好きな友達がいたらお土産にいいかも?
Imgp2287

カウンター後ろには炭鉱夫たちへの寄付金を募るために開かれたコンサートのポスターやTシャツも売られています。Imgp2284_2

ULIさんに映画について聞いた所、劇中に登場したアンドリュー・スコット演じるゲシンの本屋においてある本は、あの年代の本をGay's The Wordから集めて使ったそうです。Imgp2288

劇中においてある本、あまり注目される部分ではないですが そういう細かい所までのリアリティをもたせたからこそ「パレードへようこそ」は大きな話題を呼んだんでしょうね。

Imgp2291映画好き大歓喜のブルーレイコーナーもあります~。Imgp2292_2今やロンドンでLGBTsが公衆の面前でイチャついてても、特に大騒ぎして非難する人は少なくなりましたが、今でも様々な理由でカミングアウトできない人々が多いのも事実。
こういう本屋さんはそういう秘密を抱えて生きている人々にとって心強い存在かもしれません。Imgp2295

しかし世の中にこんなにもたくさんLGBTsに関する書籍があるとは知らなかったので驚きました!

Imgp2299自伝もあれば小説もあるしポエム集、歴史書もあるし、写真集もあれば芸術系も…様々な分野の本があるので気になる本を見つけやすいと思います。Imgp2296Imgp2297ポストカードやポスターなども売っております。

Imgp2298

ところで映画の撮影はここではなくセットを使って行われたそうです。
劇中で季節が何度も入れ替わることからこのロンドンのど真ん中で撮影するのは難しかったようですね。

Imgp2300

ULIさんいわく映画を観た多くの人達がこの書店を訪れるようになったとか!
「LGBTsではないストレートの人たちもマイノリティに関心をもって受け入れてくれるようになってきてくれて嬉しい!」とおっしゃってました。Imgp2303お店にいつもいるとは限りませんがULIさんは私のかなり怪しい英検四級英語による質問にもしっかり答えてくれました。感謝感謝!
映画の話や、LGBTsについて知りたいことがあれば思い切って話しかけてみて下さい。


◆Gay's The Word
66 Marchmont St, Kings Cross, London WC1N 1AB
最寄り駅:Russell Square駅、King's Cross St. Pancras駅、Euston駅

※記事内写真につきまして撮影許可、掲載許可を頂いております。


ミオ

【年末年始・営業時間】
2017年12月27日(水)通常営業 (9:30 - 18:00)
2017年12月28日(木)通常営業 (9:30 - 18:00)
2017年12月29日(金)通常営業 (9:30 - 18:00)
2017年12月30日(土)休業日
2017年12月31日(日)休業日
2018年01月01日(月)休業日 元旦 New Year's Day
2018年01月02日(火)通常営業 (9:30 - 18:00)

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp2270

だいぶ寒くなってきたロンドンです。
公園の木々も紅葉し落ち葉がとても美しいです!

Imgp2271

冬眠前のリスもできるだけ栄養を獲るためにおじさんからエサをもらってモリモリ食べていました。

Imgp2229

寒くなくてもイギリス人が1年中飲んでいるもの、それが紅茶。しかし冬は消費量がやっぱり増えます。
そんな紅茶の老舗フォートナム・アンド・メイソンはピカデリー・サーカスに本店を構えております。Imgp2223

店前のショーウィンドウにはクリスマシーなデザイン!

Imgp22232よくみるとバスケットやボックスに足がはえて走り回っているというカオスっぷり!
フォートナム・アンド・メイソン、リバティ、そしてセルフリッジのショーウィンドウデザインは毎年よくよくみたら「おかしくない!?」という要素が隠れていて面白いですよ!Imgp2224Imgp2225Imgp2226Imgp2227Imgp2227_2

櫛と鏡のカップル!ダイバーシティ~

Imgp2228

どうみても火事です。

Imgp2228でもこの笑顔!

Imgp2230
中はクリスマスらしい飾り付けが施されてとてもエレガント&カワイイ。

Imgp2231Imgp2232Imgp2233真っ赤がかわいいF&M特製ショッピングバッグも売られていました。
上のほうにかかっているミニサイズはお弁当入れにもピッタリ、お土産にも喜ばれる一品です。Imgp2234

クリスマスチョコレートも沢山売られています~!

Imgp2235Imgp2237顔もさることながらタグの手足の生えたプレゼントボックス、パリコレと同じカオスを感じますね~。
Imgp2236こちらはオーソドックスな安心デザイン、カワイイです。Imgp2238ケーキも売ってます~お呼ばれした時の手土産に良さそうです。Imgp2241

Imgp2242Imgp2243
Imgp2244Imgp2245Imgp2246紅茶で有名なフォートナム・アンド・メイソン、ジャムなどお茶に関する食べ物なども売っております。

Imgp2247

大きなツリーもあります!
フォートナム・アンド・メイソンの店内の真っ赤な絨毯にあって良いですね~。Imgp2248ツリーは店内至る所にあります。

Imgp2249Imgp2250デザインがかわいいプロダクトが多いです!
こういうのは使い終わっても缶が使えるのが良いですね~。

Imgp2251Imgp2252

もちろん紅茶も売っております。Imgp2253様々な会社がアルファベットマグを使っていますが、このフォートナム・アンド・メイソンのお上品な色合いはやっぱり特別感がありますねー!

Imgp2254
Imgp2255ティーポットやミルクポットなども売っております。

Imgp2257

この日は平日朝早くから行ったので人がおらず、土日のお昼過ぎは人が多すぎてなかなかゆっくり見れないので、行くなら平日オープンすぐをオススメ致します!Imgp2258そんなわけでフォートナム・アンド・メイソン、観光にはもちろんお土産探しやクリスマスプレゼント探しにもピッタリなので是非訪れてみて下さい!Imgp2259外には壁から手が生えてます!


◆Fortnum & Mason
181 Piccadilly, St. James's, London W1A 1ER
最寄り駅:Piccadilly Circus駅、Green Park駅


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp1278

王室御用達PRESTAT(プレスタ)は老舗のチョコレート屋さん!
華やかなショーウィンドウやボックスデザイン、女王様もお気に入りのチョコレートを販売していることで有名です!

Imgp1281英国の「王室御用達」といえばくすんだエレガントなパッケージが多い中、ショッキングピンクにビビッドブルーというかなり攻めてきた色がトレードマークです!

Imgp1298ショーウィンドウは季節に合わせて商品のならびが変わります。
今はハロウィーンデザインのものが並んでいて日本人好みのポップなデザイン!

Imgp1284

店内も映画のセットのようなあざやかでポップな雰囲気です。

Imgp1282Imgp1283Imgp1285店内は見渡す限りチョコレート!
ここまでチョコレートがあると映画「チャーリーとチョコレート工場」を思い出しますね!Imgp1287「チャーリーとチョコレート工場」は英国人作家のロアルド・ダールの作品、なんとPRESTATはロアルド・ダールのお気に入りのチョコレート屋さんだったそうです!

Imgp1286

故ダイアナ妃も自ら買いに来たといわれるチョコレート、種類はかなり豊富で様々なフレーバーを楽しめるためお土産にもむいております!

Imgp1289

Imgp1290今では色々なメーカーが作っているまんまるなトリュフチョコレートは、PRESTATの創業者のアントワン・デュフール(とその家族)が考案し、PRESTAT開業後爆発的に流行したスタイルだそうです。

Imgp1291▲イギリスらしいデザインの商品も多いです

PREASTATは世界的に有名で、世界で最も流行に敏感な街東京にありそうなのに実は日本にはまだ店舗がないのです!(2017年現在)

Imgp1292

Imgp1293デパートが行う英国フェアなどで期間限定で出展や通販サイトはあるようですが、この華やかなPRESTATならではの雰囲気も楽しんで頂きたいです!

Imgp1296弊社内でウィリアム王子だのプレスタ王子だの呼ばれているニコライさん

クリスマスやバレンタインなどにも大活躍するPRESTATチョコレート、ピカデリー本店は観光ついでにアクセスしやすい場所にあるので是非訪れてみて下さい!


PH.I.S.のお客様に期間限定スペシャルオファー! 詳しくはこちら!

Prestat Chocolates
14 Princes Arcade, London SW1Y 6DS


ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪
 

バーバリアン・ビアハウス" 
詳しくはこちらから 



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ 
詳しくはこちらから 

Yamato 
詳しくはこちら 

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.01
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧