イギリスは冬になると15:30 ~16:00には外が暗くなってしまいますが、
それと同時にとっても美しいクリスマスイルミネーションが輝き出します。
 
寒いこの季節、仕事終わりは暖かい室内で
お酒と一緒に美味しい物を食べたい気分になりますよね。
 

今回は、イギリス唯一のドイツ系チェーン店と言われている

 
' Bavarian Beerhouse ' 
 
に行ってきました!
店舗は Tower Hill と Old street の2箇所にあります。
どちらもHISロンドン支店から徒歩圏内ですが、今回は Tower Hill の店舗にお邪魔しました。

01_2

最寄り駅は Fenchurch Street 駅
お店は駅出口のすぐ目の前にあります。

02お店の中に入ると、地下に案内され、店内はクリスマスの装飾と音楽で愉快!
店員さんはドイツの民族衣装を来ていて、まるでドイツにいるような気分。
多くの人がビールを片手に立ち飲みし、会話を楽しんでいました。030405

店内の多くのお客さんが飲んでいたのは、一回り大きいジョッキのビール!
その大きさは衝撃的でした。。ビールLOVERの方、是非試してみて下さい!
 
私達もビールは大好物ですが、今回は美味しいものをたくさん食べるために
普通サイズの1パイントビールを注文しました。

06

▲一緒に行ったのは訪日セクションのグリ子さん
オーダーしたのは、
 
FISCHER’S STIFTUNGSBRÄU HELLES 
というドイツのビール。
伝統的なBavarianのビールだそうで、マイルドな味が印象的でした。
 
 
さて、お待ちかねお料理です!

07

今回オーダーしたのは、
 
Traditional sausage platter 
Frankfurters, small Nürnberger and large Bratwurst served with mashed potatoes & Sauerkraut
(写真左、トラディショナルソーセージ盛り合わせ)
 
Schnitzel Vienna-style 
Classic breaded pork escalope served with chips 
(写真右、シュニッツェルとフライドポテト)
 
 
仲良くシェアをしました。ビールのおともにピッタリで、大満足です!
まだまだ食事を楽しみたい私達は。。
 
デザートを注文しました!08

09

アップルパイとプレッツェルです。

 
特にアップルパイは、甘すぎず驚きの美味しさでした!
是非、デザートまでお楽しみ下さいhappy01
 
とっても魅力的なお店ですが、なんと!
HISロンドン支店では下記のオトクな特典をご利用頂けます!!
 
 
メインミールをオーダーされたお客様に
H.I.S.ロンドン支店のクーポンで半パイントサービス!!
 
 

Unnamed

詳細はこちら!


Nana

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp1926

Guy Fawkes Night(ガイ・フォークス・ナイト)を祝う11月初旬、イギリス南部の小さな街ルイスでは松明を持ち中世のような服装で街を練り歩く他の地域と違うガイ・フォークス・ナイト、通称Lewes Bonfire Night(ルイス・ボンファイア・ナイト)を見ることが出来ます。

Imgp1625

ルイスの街を流れるRiver Ouse川、右手には醸造所Harvery's Breweryがあります!
この川にも焼かれた人形が投げ込まれるのですが嵐の前の静けさ、のどかです。

Imgp1619川を渡りしばらく歩くとHarveys Brewery Tapというパブがあります!
こちらは名前の通り醸造所で製造されたお酒を楽しめるパブ。中は混んでいますが、地酒が飲めます。

Imgp1615今回は過激なルイス・ボンファイア・ナイトにぴったりな弊社内関西過激派のグリコ&ジャッキーと旅行です。

Imgp1618

ここで是非飲んで頂きたいのがBonfire Boy(ボンファイア・ボーイ)というボンファイアの名を関したエール!
スモーキーな香りでとても飲みやすいです!

Imgp1612パブ外では露天がでていました。「Hog Roast(豚ロースト)」の「Hog(ホッグ)」の意味がわからず「ほぐした何か?ホグした何かじゃないですか?」とジャッキーが言っておりました。

Imgp1611▲奥では豚が丸焼きにされていました!
うーん、グリコさんは英語ペラペラですが、意味不明な解釈をするジャッキー&英検4級の私はもう少し真面目に英語に向き合うべきですねぇ…。Imgp1621

豚の各部位を挟んでもらって食べます~。

Imgp1622お値段5ポンドでかなりのボリューム。ビールにめちゃくちゃあいました!Imgp1613街を歩いていると中世のような服装の人に混じってボーダーの服を着ている人が多数!
このおじさんになぜか聞いてみると、ルイス・ボンファイア・ナイトは7つのソサエティ(団体)が参加し、それぞれのボーダーの色で出身地がわかるそうです。おじさんはイーストボーン、白黒ボーダーのおばさんはクリフ出身。
おばさん曰く「サッカーと同じで地域でライバル意識があるのよ」とのこと。

Imgp1623夕方近くになるとパブのランチスペースには沢山の樽が!
こちらは祭りの最中にお酒を買い求めにくる人が殺到するための対処だと思います。Imgp1627Imgp1628通りには「NO POPERY(カトリック、お断り!)」のバナーまで!
カトリックのリーダー法王の絵も描いてあります!

Imgp1629Imgp1630Imgp1631Harveys Breweryの敷地内にはパレードで使われる&燃やされる人形がありました!
右は法王で、手前はガイ・フォークス!よくよく考えるとテロリストであり死刑囚だったガイ・フォークスと法王を並べるって凄いですね…。

Imgp1632このモニュメントの近くでセレモニーやらが行われるため4時半頃に場所取りにHIGH STREETへ!
このモニュメントよりルイス城の方が爆竹が凄まじかったですが、モニュメントからみてHarveys Brewery方面はまだましそうでした。なのでもし参加される場合、セレモニーなどを見たい場合はこのモニュメント近くのBarbican Carpets 前、パレードの行進を見たい場合はHarveys Brewery方面の一本道になっている部分をオススメ致します!

Imgp1633

▲普段は買わないお高いお寿司を買ってご機嫌!イベントだから奮発!
16時にスーパーマーケットが閉まるためお酒や軽食を買い込んで場所とりです!
寒いけど続々とハイストリートに人が集まってきてワクワクしました。

Imgp1634

奇抜な服装やメイクの人々がいたら大体パレード参加者です!
ハロウィンよりも盛り上がるイギリスのガイ・フォークス・ナイト、衣装を見ているだけでも楽しいです!Imgp1637ルイス・ボンファイア・ナイトの良いところは子供やティーンエイジャーも親や地域の大人と一緒にパレードを盛り上げている所!Imgp1643_2多くのイベントごとが大人が主役なのに対してこのイベントは、本当に子供や10代の若者の参加者が多いです。

Imgp1640

参加者の写真を撮り歩いていたらジャッキー&グリコの方で叫び声が…

Imgp1639

なんと奮発して買ったお寿司をバランス崩して全部地面にぶちまけてしまいました。
2017年最も悲しい出来事がまさかルイスで起きてしまうとは!
こんなひどい目にあうなんてジャッキーはカトリック教徒なのかな?アーメン。

Imgp1646落ちたお寿司をかき集めていたら酔っぱらいのお兄さんに「おい、まさかその寿司食べようと思ってるんじゃないだろうな!?」と言われました。
いくらグリーディー(欲張り者)と社内で呼ばれているジャッキーも地面に落ちたお寿司は食べませんよ多分!

Img_8854

いよいよ陽もおちて18:30、イギリス最大規模のガイ・フォークス、奇祭ルイス・ボン・ファイア・ナイトが始まります~。


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Scotland_haggisスコットランドの伝統料理といえば羊の内蔵を羊の胃袋に詰めて茹でるハギス
数年前にスコットランドへ行ったときに食べて非常にマズかった思い出があるので食べる気はなかったのですが…

Imgp9774…と、初スコットランド観光の弊社社員経理部ジャッキーが言うので、10年連続ベストハギスに選ばれているレストランへ行ってきました。

Imgp9622_2Arcade Bar, Haggis & Whisky House(アーケード)はエディンバラ城から徒歩圏内にあるハギスとウィスキーをメインとしたパブです。

Imgp9620▲外には輝かしい受賞の証!期待にニコニコ顔のジャッキー
「でも何だかんだいってハギスだしな~…マズイよな~…」と気が進まないまま入店。

Imgp9618Imgp9607店内は明るく広々しており、奥や二階にも席があります。
観光客もいますが地元の人もいる和気あいあいとしたパブです。

Imgp9605

Imgp9606我々は二階に通されました。なぜか光ってる椅子や、狂ったようにあるウォッカ、不安が募ります…。

Imgp9610

Imgp9611とりあえず朝早くのフライトで疲れていたのでアルコールでドーピングです。
THREE HOPはエディンバラの地ビール、苦味があって美味しかったです!

Imgp9612▲どこで食べても大体無難フィッシュアンドチップス
とりあえずハギスを1人で食べるのはギャンブルすぎるので、3種類違うプレートを頼んでシェアすることに!

Imgp9613▲グレービーソース和えソーセージ

野菜の茹で具合がちょうどよくて美味しかったです!

Imgp9615▲Haggis & Beef Burger, Chips and Side Salad and Our Special, Secret Sauce
かなりオシャレな見た目でビックリしましたが、こちらがアーケードのハギス(ウィスキーソース)下はマッシュポテトです。

Imgp9614最初かなり警戒していたのですが、ここのハギスはめちゃくちゃ美味しかったです!
くさみやクセもなく、ソースが香り高くてビックリ!自信をもってオススメ出来ます。

Imgp9616今回他同僚からも「ハギスだけはマズイから」と言われていたのに、周りから言われる事で試す前に諦めるのではなく、やりたいことをやり通したジャッキーすごい!

Imgp9617ウィスキーも楽しめ、美味しいスコットランド本場のハギスも楽しめるアーケード、オススメです!
町中にあるので観光にも便利、時間によっては混む可能性があるので予約をオススメ致します!
(私達がいったときはお昼時・予約なしでしたがすんなり入れました)


Arcade Bar, Haggis & Whisky House
48 Cockburn St, Edinburgh EH1 1PB Scotland


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.01
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧