2020.04.02

世界中でコロナウィルスの影響が深刻となる中、オーストラリアにおける状況を、シドニー領事館が日本語で発信してくれていますので今回はそこから抜粋という形でブログで紹介したいと思います。



第11回 オーストラリアの新型コロナウイルスへの対応(3月25日掲載)

今,新型コロナウイルスへの対応は,世界全体の課題です。在シドニー日本国総領事館は,所掌している約3万7千人の在留邦人,そして多数の渡航邦人の安全を確保するために,在豪他公館や豪政府など関係者と連携しながら,オーストラリアの新型コロナウイルスへの対応をはじめ邦人に影響を与える情報を把握し,日本語で広く発信しています。


状況は日々変化しており,昨日は,豪州を含む世界各国での渡航制限や国際線フライトの大幅な減便・運休の状況に鑑み,観光等で一時的に滞在中の方や,日本に早期帰国の必要がある方等は,早めの出国をご検討くださいとの領事メールを配信しました。


今回は,これまでのオーストラリアの新型コロナウイルスへの対応について説明するとともに,仕事の中で感じたことを皆様にお伝えしたいと思います。

続きはこちらのURLから↓(5ページにわたる内容となっています)

https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/document/CGKiya_11newsJ%20.pdf 

2020.03.18


今週のシドニーの天気や服装のポイントをご紹介します。rainsun
シドニーの天気は?
3月17日は最高気温21度でした。雨が降ったり止んだりと天気がコロコロ変わる1日でした
現地の人の中には、雨宿りをする人、折り畳み傘の人、フードをかぶって早歩きの人、気にせずに歩く人、本当に色んな人がいます。これも多民族国家らしさなのでしょうか(笑)

季節の変わり目ではありますが、日差しは強いです!!日焼け止めと体温調節ができる上着が必要です!!cloudeye


街の中の様子をご紹介
3月15日にオーストラリア政府が全ての渡航者に対して14日間の自己隔離措置とクルーズ船の入港拒否が発表されました。
しかし、街の様子はいつもと変わらずマスクをつけているひとも10分の1くらいです。

Img_8947_1

Img_8946

Img_8943 では、皆さんよい一日をお過ごしください。clover

2020.03.18

シドニー観光といえば、
誰もが訪れるであろうオペラハウスですが、
写真を撮って終わってしまう方も多いのではないでしょうか?

それはもったいないです!!

せっかく南半球まで足を運んだのですから、
目だけではなく、耳でも肌でも感じませんか?
今回は、オペラハウスでの芸術鑑賞の方法をご紹介します。

ーーーーー

オペラハウスでは、様々なプログラムが上演されていますが、
1〜4月、6〜8月のオペラ、9〜11月のミュージカル公演が人気です。
私は2019年10月に訪れ、ミュージカルを鑑賞してきました。

★チケットを入手★

チケットは現地オペラハウス内部のボックスオフィスや、
日本では一部代理店でも購入できますが(生憎弊社ではお取り扱いがございません )、
私は事前に座席も自分で選びたかったので、
オペラハウス公式サイト(https://www.sydneyoperahouse.com/)で購入しました。

英語のみのため、簡単にですが手順をご紹介しておきます。
①「Events」をクリック
②カレンダーで日付を選択し、
 ご希望プログラムの「BOOK NOW」をクリック。
③チケットのみか、食事もつけるか等を選択し、公演日時等を指定。
④座席の指定
 希望座席を選ぶと、シート情報が表示されます。
 見切り席は「Restricted View」と出てきます。
 チケットタイプ(一般チケット、お子様チケット等)を選択し、
 「ADD TICKETS TO CART」をクリック、「CONTINUE TO CHECKOUT」へ
⑤「REGISTER」で会員登録をし、
 「Delivery」にて受け取り方法を選択
 Eチケット、ボックスオフィス受取、郵送(国外不可)が選べますが、
 Eチケットは公演当日の朝にメールで送られてくるため、
 通信環境など不安な方はボックス受取がおすすめです
 
⑥「payment」でカード情報を入力すれば購入完了!!

★オペラハウスまでのアクセス★

電車を利用し、最寄りのサーキュラー・キー駅へ向かいます。
セントラル駅からはT2・3・8線で約8分です。
最寄り駅からオペラハウスまで約10分ほど歩きますが、
ここも見逃せない絶景スポットなので早めに行って是非写真をパシャパシャ撮りましょう!

Photo_3

道中の港沿いの通りには、おしゃれなカフェが連なっています。

Photo_4


★ミュージカル鑑賞★

そしていよいよオペラハウス!
チケットをオペラハウス内のボックスオフィスにて引き換えます。
(ボックスオフィス営業時間、月~土:9時~20時30分、日9時~17時)
予約時に届いた、予約番号の記載があるメールを提示すれば印刷していなくてもOKです。

大きなお荷物や上着がある方は、クロークがあるのでそちらで事前に預けておきましょう。

気になるドレスコードですが、ドレスアップしている方と普段着の方が6:4でした。
私はスニーカー、ジーンズにパーカーという普段着で参加、
現地の方も同じようなラフな方もおりました。
ドレスアップしている方は、女性はワンピース、男性は襟付きのシャツ等の身なりをされている方が多かったです。
おしゃれ着で行かれたほうが身が引き締まってより雰囲気を楽しめますが、
旅行にお荷物を増やすのを懸念されている方でも、
気軽に足を運んでみていただきたいです。

入場すると、ホワイエにはドリンクバーや物販、写真撮影コーナーもありました。

Photo_5

私が観賞したホールです。
カーテン下から、オーケストラピットがのぞいています。
ここで、役者たちにあわせてオーケストラが生演奏をします。
開演前ですが、チューニングをされている奏者の方たちもおり座っているだけでワクワクでした!

そして幕が上がり…

おっと、その後はぜひご自身の目と耳で体感してみてください!
とっても素敵な時間でした!

★終わりに★

今回は、オペラハウスでの芸術鑑賞方法をご紹介させていただきました。

外で見るだけではもったいない、
魅力たっぷりなオペラハウスをぜひご堪能ください!

 ------\ 今回の旅好きライター/-----------------------------

ペンネーム はいじ

自己紹介 3度の飯より絶景 花より絶景
     秘境をもとめてどこまでも彷徨う旅人

--------------------------------------------------------------------------



HIS シドニー支店

シドニー現地ツアーの予約ならHISシドニー支店へ。


お問い合わせ・支店情報はこちら

【オーストラリアお勧め情報】


■特集記事


■動画

2020.04
loading...
カリブブログ一覧