ブログ 観光 2018.11.27

皆さんこんにちは!

日に日に暖かくなり、初夏の陽気のシドニーです。

シドニーには綺麗なビーチがたくさんありますが、その中でも私のオススメのビーチをご紹介します。

Photo

バルモラルビーチは、シドニー市内からバスで約40分。

モスマンという高級住宅街にあります。

Photo_2

広いビーチにはお散歩コースがついていて、みなさん美しい景色を楽しみながらウォーキングをしています。

 

Photo_6

ビーチの真ん中にはロッキーポイントという橋でつながった小島?半島?があり、ここからの景色もまた絶景です。

Photo_4

カフェもたくさんありますので、是非ランチを楽しんで下さいね。

Photo_5

皆さまこんにちは。

シドニーでは先月より大手の2大スーパーWoolWorth(ウールワース)とColes(コールス)で無料のレジ袋が廃止となりました。

他の州では既に廃止されているところが多いのですが、遅ればせながらここシドニーも環境に配慮しエコバッグを使いましょうという事です。

無料のレジ袋がなくなった変わりに登場したのがバラエティ豊かなエコバッグなのですが、これがなかなかカワイイです。日本へのお土産にもピッタリだと思いますので少しご紹介したいと思います。

まずはウールワースから、、、

1_2

上から緑の布バッグ、麻のバッグ、一番安い15セントの再利用可能なビニールバッグ、そして一番下は布製のしっかりした作りのバッグです。

3

他にも↑のようなコンパクトに持ち歩ける99セントのエコバッグもありますー!

お次はコールスです↓

4

コールスでは子供達からデザインを募集し、入賞した作品をバッグにしています。しかし、店頭ではあまりバリエーションがなく私が行った大型店舗でも取り扱いは上の1種類でした。

流通が間に合っていないのでしょうか。。ホームページでは1ドル、2ドル、2.5ドル、3ドルと色々な大きさ、デザインのものが紹介されていますが街で持っている人もあまり見かけません。

ホームページの画像から、、、

1ドルのトートバッグ

Capture

2ドルのショルダーバッグ

12

2.50ドルの保冷バッグ

13capture

3ドルの麻バッグ

14capture

コールスの良いところは購入代金の1部が盲導犬の団体などの募金になっていることろですね。また、11月からはデザインのバリエーションが増えるようです。

そして最近新たなニュースが、、、コールスではお客様の苦情が多かった為8月から再利用可能な15セントのバッグを無料で配っているという事です。これはなんだかモヤモヤしますね。

それでは、皆さんもお気に入りのデザインを是非ゲットして下さいね。

ブログ 観光 2018.06.13

こんにちは。

すっかり寒くなったシドニーでは、毎年恒例の光と音の祭典

VIVID SYDNEY(ビビッド シドニー)が開催中です。

 

シドニーの街のいろいろな場所でプロジェクションマッピングや、アート作品、ステージが行われます。

今年は雨の日が多く、出遅れてしまった私ですが先日やっと見に行ってきました。

 

まずはメインのオペラハウスから

 

1

今年は周りの建物から空に光線が延びて去年より華やかですね。

7

6

オペラハウスのプロジェクションマッピングは動画になっていて時々刻々、柄が変わります。

綺麗な瞬間をカメラに収めようと、大勢の人がカメラを向けていました。

お祭り感満載です。

 

2

サーキュラーキー駅の周りのビル群も色鮮やかにライトアップされてます。

 ハーバーブリッジも綺麗です。

3

4

 

そして、オペラハウス横のボタニックガーデンへ移動

一方通行のウォーキングコースがあり、歩いていくと次々に作品が現れます。

 

8

9

10

11

12

今回はオペラハウスとその周辺を見てきましたが、この他にもダーリングハーバーやバランガルー、タロンガ動物園やチャッツウッドなどシドニーのさまざまなスポットで開催されています。

毎年開催されているお祭りですので、是非足を運んでみてください! 

 

VIVID SYDNEY 2018

5月25日-6月16日

https://www.vividsydney.com/



H.I.S. シドニー支店

シドニー現地ツアーの予約ならH.I.S.シドニー支店へ。


お問い合わせ・支店情報はこちら

【オーストラリアお勧め情報】


■特集記事


■動画

2019.10
loading...
WORLD情報局