2020.06.22

サラマリコムhappy01

現在モロッコで発令されている7月10日(金)18時までの
「衛生緊急事態」の段階的な緩和が発表されました。

6月25日(木)0時から衛生緊急事態緩和計画

タンジェ・アシラ府,ララシュ県,ケニトラ県及び
マラケシュ府を除く全ての府県をゾーン1に(カサブランカもZone1)

※以下の都市はゾーン2のまま(Zone1より若干規制が厳しい)
-Prefecture de Tanger-Assilah(タンジェ・アシラ府)
-Province de Larache(ララシュ県)
-Province de Kenitra(ケニトラ県)
-Prefecture de Marrakech(マラケシュ府)

①全国レベルで実施される経済活動の緩和措置
・ カフェ及びレストランの収容人数の50%を超えない範囲での店内営業の許可
・ ショッピングセンター,ショッピングモール及びアーケード街において,
  収容人数の50%を超えない範囲での営業の再開
・ スポーツ施設,公共浴場等のレジャー・娯楽施設の収容人数の
  50%を超えない範囲での営業の再開
・ 視聴覚作品・映画制作関連活動の再開
・ 自動車又は鉄道による都市間の公共交通機関の乗車定員の
  50%を超えない範囲での運行の再開
 国内航空便の搭乗定員の50%を超えない範囲での運航の再開
 (国際線の再開はまだ発表なし)

◆さらにゾーン1における緩和措置
・ ゾーン1に区分される都市間の移動が可能、例)カサブランカ~フェズ等
 (ただし,身分証明書の携行が条件)
・ 他の利用者との距離確保を義務としつつ,海水浴場の開放
・ 屋外にある地域の運動場の再開
・ 観光施設の営業及び国内旅行の再開
 (ただし,観光施設の営業は宿泊収容人数の50%を超えないことが条件)

◆ゾーン2も以前よりは大分緩和されてます
・ 特別移動許可証を携行しなくても府県内の移動を許可
 (カサブランカ市内とか都市をまたがない移動)
・ やむをえない事情に関して会社等からの職務命令又は地方当局の発行する
  特別移動許可証を携行すれば,府県外への移動が可能
・ 店舗の20時以降の営業の解禁
・ 理髪店・美容院,エステサロンの収容人数の50%を超えない範囲での営業の再開
・ 屋外公共空間(公園,庭園等)の開放
・ 屋外での個人スポーツ(散歩,自転車等)の再開

いままでは運動の外出も基本NGだったのでだいぶ緩和されています。

但し、以下のものは引き続き全国レベルで継続となります
・ 美術館・博物館,映画館,劇場,公共プールの閉鎖
・ 集会,結婚式,葬儀の禁止

国内線の再開が発表され、徐々に国際線再開の目途がたってきました。
「衛生緊急事態」の解除となる7月10日以降の予定となります。

コロナウイルスによる影響が、一刻も早く終息へと向かうことを願うばかりです。
どうか、ご自愛くださいませ。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

シュクランconfident

 ~もっと世界をたのしもう~
   エイチ・アイ・エス
 カサブランカ支店 スタッフ一同

2020.06.10

サラマリコムconfident

モロッコ政府は,6月10日(水)までとしていた
「外出禁止令を含む衛生緊急事態」を
7月10日(金)まで再延長することを発表しました。

「衛生緊急事態」に伴う外出制限等の各種措置については,
今後段階的に緩和される見通しとなっておりますが、
オフィスのある都市部に関しては厳しいままとなっており、
外出禁止の状況と周囲の環境を考え店舗の休業期間を延長させていただきます。

4月  8日(水)~6月30日(火) 店休(状況により変更の可能性あり)
7月  1日(水)~在宅勤務 
7月10日(金)   以降、状況によりオフィス再開(一部在宅勤務)予定

お客様のフライトに関するお問い合わせは個別でメール対応させて頂いております。

支店共有メール cas-info@his-world.com

その他に関しては営業再開後の回答となります旨ご了承ください。

Img1542※オフィスからの様子Img1541※街には外出禁止解禁ムードでたくさん人が出てましたが
 残念ながら延長になりました。

コロナウイルスによる影響が、一刻も早く終息へと向かうことを願うばかりです。
どうか、ご自愛くださいませ。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

早く旅行ができる環境になることを願って。

シュクランconfident

 ~もっと世界をたのしもう~
   エイチ・アイ・エス
 カサブランカ支店 スタッフ一同

2020.05.18

サラマリコムhappy01

Stay Safeheart Stay Homehouseということで

イメージでモロッコへ現実逃避~南東エリア編④~

モロッコと言えば砂漠とラクダをイメージする方も多いのではeye
メルズーガは大砂丘のほとりにある小さな村、各ホテルが砂漠のほとりに建っていて
ホテルからもその壮大な景色を眺めることができます。
Img_0383(可愛らしいホテルの入り口)一例

Img_0382
メルズーガで人気なのは、各ホテルからも出発する
ラクダにのって砂漠を歩きsun朝日/夕日を眺めるツアーsmile
Img_0201砂漠とはいえ、朝夕は冷え込みますので防寒対策も必要。

日の出の時間の1時間前ぐらいにホテル集合_dsc0710

ローカルのラクダ引きの説明を聞いてラクダにのって砂漠の奥地へ向けて出発。

_dsc0712日の出前はまだ薄暗いので幻想的

Img_0202徐々に明るくなってきて

Img_0203
ラクダを降りて砂丘の頂上へ徒歩で昇って日の出を待ちます。

Img_0222砂の上に寝転がったり気持ちいい_dsc0742そしてこの瞬間happy01

Img_0229
日の出鑑賞後は、ラクダに乗ってホテルに戻ります。

Img_0287
とにかく砂漠の砂が細かいので、カメラcameraなど持っていく方は
砂が内部に入らないよう防塵対策などしっかりと。

動物が苦手な方ももちろん歩いて砂丘に行くこともできます。
砂漠のキャンプに1泊などプランもたくさんありますので
のんびりとお楽しみください。


早く旅行ができる環境になることを願って。

シュクランhappy01

 ~もっと世界をたのしもう~
   エイチ・アイ・エス
 カサブランカ支店 スタッフ一同



HIS カサブランカ支店

2020.07
loading...
カリブブログ一覧