2018.01.18

来月の旧正月(2月16日(金))を控え、べラジオの温室は旧正月バージョンへ改装されていました。 今年の干支は戌ということで、いろいろな種類のワンちゃんたちがお花畑にいました。

 中国が起源といわれているチャウチャウ犬。

Jav_18_003_3

Jav_18_004おしゃれなプードル犬。

Jav_18_033ハッシュパピー。けっこうリアルな感じにできていて、小さなお子さんは本物のワンちゃんかと思ってしまうほどです。ガーデンには6人の舞踊をする子供達がいるのですが、子供達の衣装はすべてカーネーションや菊などのお花でできています。

Jav_18_010

Jav_18_009

Jav_18_012_2雄雄しい姿のシベリアン・ハスキー。

桜が咲き乱れ、犬の足元には大判小判と。なんともおめでたい風景を拝めることができます。

Jav_18_025_re至る所に戌、戌、戌ですが、中国宮廷様式のオブジェもあり、まるで中国にいるかのような雰囲気もあります。東洋風のリラックスできる坂本龍一の曲がかかっています。

Jav_18_027

日本人には旧正月をお祝いする習慣はありませんが、ここでは、アメリカ人から ”HAPPY CHINESE NEW YEAR!" なんて声をかけられることもよくあるんですよね。

KI

2018.01.15

近年、特にアジアの国々からの訪問者が激増しているアンテロープキャニオン。

日本でも今はかなり認知されていることと思います。

昨年末に家族・親戚がラスベガスに遊びに来ていたので、久しぶりにローワーアンテロープキャニオンに出かけてみました。

が、あまりにもの人の多さにビックリしましたよ!!

年末のバケーションシーズンだったので仕方ないのですが、オンラインでの入場予約は1週間前には完売。

当日のキャンセル待ちの列が、この下の写真の建物に向かって左にのびている行列です。

20171228_120530

私達は、12時15分出発のツアーに予約をしていました。

しかし、キャニオン内の大混雑の為、入口で待たされること1時間。

冬の涼しい時期なのでまだ耐えられましたが、夏の炎天下の中で待つのは想像するだけで・・・。bearing

20171228_130252

そして、中に入っても人でギューギュー。

20171228_132639

20171228_133408

景色を楽しむ余裕もなく、写真をのんびり撮っていると後ろから「早く行け!」とのお叱りが。。。昔のガラガラで静かなアンテロープを知っている者としては、ちょっと残念にも感じてしまいました

通常このツアーは1時間ほどで終了するのですが、キャニオン内の大渋滞の為2時間もかかってしまい、本来1時15分には終了する予定だったものが、実際には3時15分頃終了。。。つかれた~bearing

以前は、事前予約しないで、当日飛び込みでのツアー参加も全然余裕だったのですが、近年このような状況になってきましたので、アンテロープキャニオンに個人でご旅行を予定されている方は、必ずオンラインでの事前予約をされることをおススメします。


さて、こんなアンテロープキャニオンですが、お知らせがいくつか。


1.ローワーアンテロープキャニオンが、2018年1月17日~1月31日メンテナンスの為閉鎖いたします。

     旅行を計画中の方はご注意ください。

2.今年からローワー、アッパーともに料金が値上げupされました。

     ローワーは、現在、大きく2つの会社がツアーを行っていますが、両会社ともツアー料金$40、プラスNAVAJO Nation Permit $8で、一人当たり48ドルに。

    アッパーは各ツアー会社によって異なりますが、概ね昨年より一人当たり15~20ドル値上げされており、そのうちディ●ニーランドの入場料を超えそうな勢いです。


3.ローワーアンテロープキャニオンの注意事項が増えました。

・自撮り棒、三脚、一脚禁止

・​同行する​ツアー​ガイド​や添乗員​によるお客様の写真撮影禁止

 →ただし、​一緒に中にはいるナバホの案内人は撮影OKです。

・ビデオ(動画)撮影禁止​ 
 
狭いキャニオン内が混雑している中で、安全・迅速にツアーを進めるための仕方ないルールなのでしょう。。。
 
 
さて、このように少し行き辛くなってきたアンテロープキャニオンですが、個人での手配が不安という方は、是非H.I.S.ラスベガス支店のツアーをご利用ください♪ 行きたい場所、期間に合わせていろいろなツアーがあります。
 
 
人気のパワースポット「セドナ」と組み合わせた一番人気のツアー
 
せっかくなら迫力のホースシューベンドも一緒に訪れよう♪
 
人気のフォトジェニックな3箇所を廻るツアー
 
時間がないけどアンテロープには行きたい!日帰りツアー、安心の2ドライバー。
 
なかなか行きにくいモニュメントバレーまで制覇!余裕のある日程でゆっくり観光
 
とにかく色々見てみたい欲張りな方へ!3日で8箇所も廻っちゃいます。
 
 
特に観光シーズンは、アンテロープの入場予約、周辺のホテルの予約がとりにくくなります。
間際の御申込みはお受けできない可能性もございますので、是非お早めにご予約くださいませ。
 
chickREchick
ショー 2018.01.12

先日、トーナメントオブキングスに行ってきました。

Img_4280


前回見たのは1995年。。。
殆ど覚えてません。。。catface

今回、妹が日本から遊びに来た際、「見たことがない」というので、
こちらのショーに行ってみました。

開場まで少し時間があったので、ホテル内を散策していると、ショー会場のフロアーには
昔なつかしのゲームが所狭しと並んでました。

Img_4279

Img_4268

Img_4269

Img_4273

Img_4278
日本ではコインに換えて遊ぶのですが、ここでは本物の25セントコインを使用。
子供にまで、ギャンブルさせるラスベガス、、、恐るべしです。

Img_4265_2

Img_4266_2
懐かしさのあまり、つい遊んでしまいましたが、思うようにコインをゲットできません、、、。
でも「子供の頃は結構得意だったよね、、」なんて、妹と昔話に花を咲かせることができました。

開場と同時にショー会場へ。

Img_4281
直ぐにソフトドリンクが配られてきました。

スプライト、コーラ、ダイエットコーラ、お水が無料。
アルコールも購入できます。

Img_4285

Img_4298
ショーが始まる前から、続々と食事が運ばれてきます。

スープ

Img_4297
ディナープレート、

Img_4299


デザート。

Img_4356
「ディナーショーだから、おなかを空かせておくように!」とチケットカウンターで何度も言われたのですが、「でも、フィンガーフード(軽食)でしょ」と、せっかくの忠告を無視して、遅めのランチに重いIn& Outのハンバーガーを食べてしまいました。bearing

そこに運ばれてきたのは、小ぶりながらも鳥の丸焼きがひとり一羽。chick
かなりのボリュームです。

Img_4300
味付けは中世の時代をイメージしてなのか、かなり薄味。

ブロッコリーはほぼ味がありません。weep
お塩がほしい。。。

スプーンやフォークは一切なし。

鳥の丸焼きや茹でだけの味なしブロッコリーを手で裂きながら食べる感覚は、
現代ではなかなか出来ない貴重な体験です。

Img_4302
それなのに、用意されているのは小さなおしぼりだけ。

手がべちゃべちゃになるので、ウェットティッシュもたくさん欲しいところです。。。。

食事が終わるころ、ショーがはじまりました。

Img_4309

シートは6つの国+ドラゴンのセクションに分かれていて、
私たちはオーストリア国のセクションでした。

「それぞれの王子が、どの国が一番強いのかを勝負で決める」というのが大まかなストーリーなのですが、セクションごとに振り分けられた観客がその国の住人として、王子を応援する、、、という、いわゆる「参加型」のショーです。

Img_4396

Img_4368

Img_4392

Img_4409

Img_4410

この日は正月明けで、空いていたのですが、安い席のセクションはかなり埋まっていて、
盛り上がりも半端じゃありませんでした。

Img_4345

Img_4363

もちろん高い席だと真正面でショーが観られるというメリットがありますし、
安い席でも高い席でも、違った楽しみができるのが、このショーの面白いところです。

ショーの内容については、どれだけ一緒に盛り上がれるか、、、というところが大きいです。

おそらく仕事で観にいってたら、さぞかしつまらなかっただろうなと思う単純な内容なのですが、
妹と一緒に騒げたことで、半端なく楽しむことが出来ました。

誰と行くかが、このショーの大きな鍵となることは間違いありません。

手掴みで食べる食事や、大騒ぎできるところ、明解な内容ということで、
お子様には本当におススメできる面白いショーです。

写真もフラッシュを使わなければ、全然OK!

最後にはキャストが出てきて、気さくに手を振ってくれます。

Img_4423

Img_4432

Img_4433

Img_4435

Img_4437

Img_4441

じっくり腰をすえてショーを楽しみたい方には別のショーの方が良いかも知れませんが、
お子様連れや、騒ぐのが大好きという方には、絶対おススメのショーです。




トーナメント・オブ・キングス@エクスカリバーホテル
  スケジュール :6:00pm  & 8:30pm (月、金は 6:00pm のみ)
  休演日: 火曜日

ラスベガスを代表するアトラクションである、ベラッジオの噴水ショーですが、家電見本市、という名前で日本でも多々報道されている巨大コンベンションCESの期間(1/8~11)だけ、特別バージョンで開催されてます。



美しい噴水ショーの上で、250機のドローンが光のショーを繰り広げる・・・という全く新しいコンセプト。



かかる音楽は、リオオリンピックの閉会式にも登場したことで有名なDJ カイゴによる、「泣けるPV」としても話題の”スターゲイジング feat.ジャスティン・ジェッソ”。

通常の噴水ショーは毎回音楽が違うのですが、ドローンの時はこの曲限定のようですが、曲と光と水の動きがぴったり合う、本当に幻想的に仕上がっています。

 

さて、1/10の夜10時のショーを見に行ってみました。。

10時ピッタリに、ベラッジオの右側から赤いホタルのような、無数のドローンが飛んできました。
写真だとちょっとわかりにくいのですが・・・

Ssimg_2364

ホテル正面辺りにドローンが集まった段階で、光の色が変わり
丸、星型、全体・・・と、姿を変えていきます。

Ssimg_2366

噴水の上で、花火が舞うような、ホタルが踊るような、それはそれは美しい演出・・・

Ssimg_2367

色も紫~赤~ピンク~白~緑、、と移り変わります。

Ssimg_2370

スッと消えては、新しい形に姿を変えるドローンの光は
今までにない、儚い美しさ。。。

Ssimg_2373

噴水の大きな噴射の後は、ドローンが一瞬消えて・・・

Ssimg_2374

バッとでてきたのは、巨大なintelの文字。

このドローンショーのスポンサーです。

Ssimg_2375

intelの文字がきえ、再びでてきたのは、ハートマーク。
観客の大歓声が上がります

Ssimg_2377

5分程のショーを終え、ドローン達は、シーザーズパレスの方へ消えていきました・・・
正確には、ベラッジオホテルの北側にある、噴水ショーのコントロールルームに戻っていくわけですが、消え方がキレイなので、ふわ~っとなくなっていくように見えます。

Ssimg_2378

何回見ても美しいベラッジオの噴水ショーですが、ドローンの光が入ることで、ものすごく、バージョンアップされました。

1/11で終わってしまうなんて勿体無い・・・
今日、ラスベガスにいらっしゃる方は、是非とも今夜の最終ショーをお見逃しなく!


BY:AY

ホテル 2018.01.08

先日、友人が保持しているタイムシェアの権利を利用し「ポロタワー」に宿泊してきました。どのホテルの部屋には様々なカテゴリーがありますが、今回は贅沢にも1Bed roomスイートルーム(しかもフルキッチン付き)に宿泊させていただきました。

carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony carouselpony 

Img_7243

エントランスをくぐると「POLO」の名に相応しく、正面に立派なお馬の像がありますhorse

フロントデスクはこの像に向かって右手にあります。

笑顔の素敵な優しいフロントスタッフにチェックインをしてもらい、丁寧にエレベーターの場所も案内していただいて早速11階のお部屋に向かいます。

スイートルーム…さあ、どんなお部屋でしょうsign02

Img_7272

どこのモデルルームですかsign03

と叫びたくような美しく整った空間がそこに。

バスルームは

Img_7257

ピカピカshineに磨き上げられて、アメニティセッティングもばっちり。

Img_7245

ベッドルームもシンプルで清潔感溢れています。ちなみに

Img_7246

バスルームにはドアが2つあり、そのうち1つが直接ベッドルームとつながっていてとても移動に便利でした。

さて、気になるキッチンチェックheart02

Img_7254

広々としていて使いやすそう!こんなキッチン、家にも欲しい!!

戸棚を開けると…

Img_7256

グラスやカラトリーはピカピカに磨かれている上、調理器具もばっちりrestaurant

コンロやオーブンはもちろん、ミキサーやトースターもしっかりあるのでスムージーとあつあつのトーストなんて朝ごはんもOKです。

朝ごはんのあとは

Img_7265

Img_7266

最新マシーンがずらりと揃ったフィットネスセンターで身体を動かしてもいいですねshoe

こちらも優しいスタッフさんが常駐しており、タオルの貸出やロッカールームの説明などを丁寧にしてくれました。

ストリップでショッピングやショー鑑賞で夜まで遊んでお部屋に帰ってきたら、そこには感動の夜景が。

ベッドルームから

Img_7259

目に鮮やかな、グリーンに輝くMGM。

こちらはリビングから

Img_7260_2

ニューヨークニューヨークホテルやエクスカリバーホテル、そして天に向かって伸びるルクソールホテルのライト…

「ラスベガス」という華やかな街にいるんだな~なんていうことを久々に実感しながら眠りにつきました。

今まであまり意識をしていなかったのですがポロタワー、便利な場所にありますしスタッフさんもみんな丁寧で優しいので私の中で一気にポイントが上がりましたnote

ラスベガス。

数多くのホテルがある街ですが、みなさんのお気に入りのホテルはどちらですか?

Img_7287

りんりんr-mark

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2018.01
loading...
WORLD情報局