2019.09.12

今回はラスベガスの空港、「マッカラン国際空港」に到着した際どうやってバゲージクレームまで行くのか!これをご案内したいと思います。
ラスベガスの空港はロサンゼルスなどと比べると小さい空港ではありますが 、
空港内で迷子になってしまう方が結構いらっしゃいます。笑

マッカラン空港ではバゲージクレームへの移動の際、航空会社によってはモノレールに乗る場合があります。今回はそのモノレールに乗ってお荷物の受け取り場所、バゲージクレームまでの行く際の流れをご案内しますhappy01

まず飛行機をおりて直ぐ、スロットマシーンが目に 入ってきますeye
早速ラスベガスらしい光景にテンション上がりますね!!

Aiport1
ここで足を止めず、まずは「Baggage Claim」のサインに沿って進んでください。Airport2

Airport5
ここで大事なのがターミナル1とターミナル3どちらに行くのか確認!!
ラスベガスの空港では航空会社によって荷物が出てくるターミナルがターミナル1とターミナル3に分かれます。

Airport6

Airport3

upモニターに航空会社が表示されているので、自分が乗ってきた航空会社の荷物がどちらのターミナルに出てくるのかを確認します。
たとえばアメリカン航空であればTerminal1、BLUE LINEと表示されていますので BLUE LINEのモノレールに乗ってターミナル1へ移動することになります。
ターミナルを確認したらエスカレーターで下へ。。

Airport7
ここで道が二手に分かれます。ここで行き先を間違えると自分の荷物が出てくるバゲージクレームに辿り着けません。coldsweats01
ターミナル1へ向かうモノレールBLUE LINEdown

Airport9
ターミナル3へ向かうモノレールRED LINEdown

Airport8
モノレールに乗る前にどちらのターミナルに行かなければ行けないのか確認をしましょう!
さらにバゲージクレームの番号も確認しておきましょう。

Aiport8

モノレールの乗車場所はこんな感じ。。down

Airport11
モノレールを降りて道なりに進むとバゲージクレームです!(下の写真はターミナル1)

Airport13

自分の荷物が出てくるバゲージクレームの番号のところへ行って荷物をピックアップして下さい。
H.I.Sにて送迎のご予約をされている場合はこのバゲージクレームでガイドがお待ちしております☆
以上、空港到着時の流れをご紹介しました~
簡単のようで間違えてしまう方が多いのでラスベガスに到着の際はお気をつけ下さいませhappy01

MI




ロサンゼルスやシカゴ、トロント、ボストンではすでに開催されてるこのイベント、ラスベガス初お目見え!
マンダレイベイ内に8月23日にオープンしたばかりのポップアップ・イベント、HAPPY PLACEへ行ってきました。

Img_0963場所は、マイケルジャクソンONEのシアターへ行く横にあるエスカレーターを上った2階、
ルクソールホテルとの通路を兼ねたショッピングセンター、マンダレイ・プレイスの一角です。

Img_0970まずは、まぁ、簡易的なクッキーと一緒に取れる部屋・・・
えー、こんなのチャチい・・・と思いきや、だんだん豪華になっていくのでご心配なく・・・

Img_0985アヒルの敷き詰められたバスルームでパシャリ!

撮影の仕方が適当なんで、まぁ、アレですけど、うまくとったらキュートな一枚。

Img_0972面白いのがこちらの部屋。
謎の、皆さんの下半身だけが目立つ部屋・・・・

何なのかと思ったら・・・

Img_0974

素敵なお花まみれのワタシ、が撮影できる場所でした。

そして・・・

Img_1001

謎のカプセル・・・

Img_0994


床には一面の紙吹雪・・・スイッチを入れると、一気に宙に舞い上がります

Img_0995

(上手に撮れば)幻想的で素敵な一枚が!



ご紹介したのはほんの一部で、他にもいろんな仕掛けやセットが盛りだくさん。



ちゃんと撮影できるように、完全予約制で、同時入場者の数は限られてるので、
ポーズもしっかり決めて、お気に入りの一枚が撮影できるはず。

自撮り、お互いに撮りあいっこ、ももちろんですが
係員も手伝ってくれたり、おすすめのアングルやスマホ設定も教えてくれます。



時間や人数によって料金は色々あるようですが、一人$35位です。
HISでは取り扱ってないので、直接行ってみてくださいね。



コチラから:https://www.happyplace.me/

BY: AY

ラスベガスのモダンなホテルの代表格
ザ・コスモポリタンラスベガス

ガラス張りの眺めのいいスターバックスがあります。

Starbucks_cosmopolitan_00

ガラス張りでと天井も非常に高く開放のあるお気に入りのスターバックス


Starbucks_cosmopolitan_01

ここは実は、アートなスターバックスなんです。

Img_4645

入り口から入ると、広々とした空間

Starbucks_cosmopolitan_02_2

天井に何やら、カラフルなオブジェが

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_04

カラフルで派手な、なんだかいびつな形をした不思議なオブジェですね。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_02実は、、、このお店の一番奥にこのようなものが、床に埋め込まれてます。

Starbucks_cosmopolitan_04

ここから、さっきの不思議な形のオブジェをみると!




なんと!!??






まる!

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_01

すべて無造作に取り付けられていると思われたオブジェ!
この地点から眺めると~!!
あら不思議、
合体して◯に見えるのです。 

この一点からだけの魔法の眺め

Starbucks_cosmopolitan_08

まだお店がオープンしていなときの写真も飾られてます。

Starbucks_cosmopolitan_09

作者は、フランス人ビジュアルアーティストのジョルジュ・ルースさん
GEORGES ROUSSEさん

緻密に計算をされ、空間に浮かび上がる
不思議なアートを作ることで有名な方です。

日本でも、活動をされているようですね。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_03

それにしても、近くで見たらこんなバラバラなものが、
あの様に、丸っと見えるのは不思議でなりませんね。

空間アートを見ながらコーヒータイムは如何ですか?
ただし、丸っ!っと見える場所は一箇所しかなくハイテーブルが一つだけ

そこ空いていたら、ラッキー!




ついでに、ラスベガス限定のスタバおみやげも紹介

Starbucks_cosmopolitan_10

777の陶器でできたタンブラー


Starbucks_cosmopolitan_11

派手な、ラスベガスのモニが入ったプラスチック製のタンブラー

Starbucks_cosmopolitan_12

魔法瓶タイプのタンブラー。ナイスなデザイン!


Starbucks_cosmopolitan_13

ちょっとシックなネバダ州の文字が入ったタンブラー




もう一つついでに、
コスモポリタン・ラスベガスといえば、
インスタ映えスポットが盛りだくさんなので、こちらもご紹介。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_07

3階分のながーーーいシャンデリア
1階のカジノフロアに吹き抜けでざざざーーっと飾られてます。
2階、3階部分は、バーになってます。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_05

巨大ハイヒール
勿論、中にはいってください。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_08

ロバに乗る、犬とうさぎ?

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_06

燃える闘魂!
赤い、マフラーじゃないかな・・・・? 変なうさぎです。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_09

図書館?
いいえ違います。


Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_10

コスモポリタンのロビーです。
ここで、チェックインをして頂きます。
ちなみに、本の部分は、全て映像です。
数パターンあって、見てるだけでも楽しめます。

Starbucks_cosmopolitan_las_vegas_11

番犬も。


ホテルの中を歩くだけでも楽しめる、コスモポリタン。
客室も、そして、おしゃれなレストランも沢山入ってます。

コスモポリタンに宿泊しなくても、
立ち寄ってみては如何ですか?

2019.08.26

ゴルフの好きな方なら、TPCという言葉は
必ず、聞いたことがあると思います。

トーナメント・プレイヤーズ・クラブの略だそうです。
PGA(プロゴルフ協会)が運営をするゴルフ場です。

全米に、
パブリックコースが14コース
プライベートコースが15コース
あります。


Tpc_las_vegas_01

ラスベガスには、TPCのゴルフ場はプライベートとパブリックとひとつずつあります。

TPCサマリンは、プライベートコースです。
ここは、毎年行われうPGA男子プロの試合が行われるコースです。


今回、紹介させていただくのは、パブリックコースの

TPC LAS VEGAS

Tpc_las_vegas_02

クラブハウスは、おちついたた雰囲気


Tpc_las_vegas_03

プロショップでは、TPCロゴ付きのグッツが山盛りです。

Tpc_las_vegas_04

ロゴ付きヘッドカバー!かっこいい!

Tpc_las_vegas_05

帽子の種類もかなりあります。
全部、TPCロゴ入り

Tpc_las_vegas_06

最新クラブも販売中

Tpc_las_vegas_07

小物は、日本へのお土産にも喜ばれますね

Tpc_las_vegas_08

TPC ラスベガスのロゴ入りボール

Tpc_las_vegas_09

巨大ガチャ
中身は?

Img_4764サッカーボール柄の
ロゴボールでした。
かわいい



Tpc_las_vegas_11

TPCLV シンプルでかっこいい

Tpc_las_vegas_12

ラスベガスは夏は暑いけども、
冬は寒くなります。
冬のラウンドのとき もし、当日寒かったりしたら買い足しをすることもできますね。


Tpc_las_vegas_13

過去、行われた大会の記念の写真が沢山飾られてます。

Tpc_las_vegas_14

歴史のある写真ですね

Tpc_las_vegas_15

これは、毎週行われるPGAの試合結果
ハイライトをされているのは、
ラスベガスに本拠地を置くプロゴルファーの成績をピックアップしてます。

ちなみに、此処でハイライトをされているプレイヤーは、
アーロン・ワイズさん、ケビン・ナさんです。


Tpc_las_vegas_16
シャワーも完備

Tpc_las_vegas_17

タオルもレンタルできます

Tpc_las_vegas_18

本格的な体重計も。


Tpc_las_vegas_19

練習場は、殆どの場合 芝生から打つことができます。
また、グリーンフィーに練習ボールも含まれます。

Tpc_las_vegas_20

広々とした練習場
プロが来て300ヤードのドライバーショットをしても大丈夫!


Tpc_las_vegas_21

練習グリーンも素晴らしいコンディションです。
さすが、PGA監修のゴルフ場

Tpc_las_vegas_22

アプローチ、ショートゲームの練習場も横にあり
ゴルフ好きならここで一日練習やれるかも

Tpc_las_vegas_24

一番ホールの看板



そして、すぐにTPCラスベガスの名物ホールが2番でやってきます。

Tpc_las_vegas_25

やや打ち下ろしのパー3
フルバックから   196ヤード
バックティーから  184ヤード
レギュラーティーから 151ヤード
レディースティーから 110ヤードです。  

もうすこし、ズームにすると凄さがわかります

Tpc_las_vegas_26

そうです、アイランドグリーンになってます。
とはいっても、周りは砂漠地帯
万が一、グリーンを外しても気合で打つこともできます。。。。

が、

Tpc_las_vegas_33
砂漠地帯は、こんな感じで石、草、サボテンなどがありますので、
諦めて、ドロップゾーンから打つのが無難です。


Tpc_las_vegas_27

このコースの特徴は、一言で言えば崖だらけ。


Tpc_las_vegas_28

グリーンは、非常に良いメンテナンスをいつもされております。

Tpc_las_vegas_30

遠くには、山も見えて最高の景色です。

Tpc_las_vegas_31

フェアウェイとフェアウェイの間に突如現れる裂け目
ボールもそうですが、ご自身も落ちないように気をつけてください。(笑)

Tpc_las_vegas_32

夏は、暑いのでラウンド中のビールは最高です。

Tpc_las_vegas_34

このように、崖の向こうに見えるフェアウェイに向けての
ティーショットがたくさんあります。

崖の威圧感に負けてしまわないように!
勇気を持って、ドライバーを振り切りましょう!!!!!


Tpc_las_vegas_35

とにかく、景色、コースレイアウト、メンテナンスと
素晴らしいゴルフ場です。

Tpc_las_vegas_50

スコアカード
アウト 36
イン  35 のパー71のコースです

Tpc_las_vegas_51

プロゴルファー気分を味わいに
TPCラスベガスに挑戦してみてはいかが??

2019.08.22

ラスベガスで一番人気にホテルといえば??

やっぱり、
あの世界的に有名なイタリアをテーマにした池と噴水があるホテルです。
ベラッジオ!!!!
Bel00025
池の名前は「コモ湖」
そして、今回紹介するのはそのコモ湖をテーマにした庭園です。


Bellagio_01

Bellagio_02

ベラッジオホテルのロビーエリア



Bellagio_03

ロビーエリアの奥にある光が差し込んでいる明るいエリア
ボタニカルガーデン!!


Bellagio_04

毎年 季節によって変わる屋内のガーデン
今は、夏!


Bellagio_05

レモンが鈴なりの遊歩道


Bellagio_06

今は、夏 イタリアがテーマです。


Bellagio_0701

いくつかの場所には、フォトジェニックスポット?があり
この様にとってシェアしてねっていうお手本?があります。

Bellagio_08

いつも不思議なのだが、水と噴水があれば人はなぜか
コインを投げ込みたくなるのだろう。。。。
ここも例外なく、コインだらけ

Bellagio_10

イタリア発祥の弦楽器 マンドリン をもった可愛らしい人形


Bellagio_14

イタリアのシエナ地方で年に2回開催をされる競馬

Bellagio_15

馬は動きます。ゆーっくりですけどね。

Bellagio_18

屋内なんですけど、
日がさしてとても明るく気持ちいい空間

Bellagio_20

沢山の人が記念撮影をしているので
結構、記念撮影をするのは大変です。

Bellagio_21

イタリアンワインと巨大レモン

Bellagio_22

吊るされた巨大ケーキ

Bellagio_23

イタリアのコモ湖ほとりにある一番人気の宿泊施設
Villa d’Esteにある風景を再現しているそうです。

この噴水の上からコモ湖を一望できるのでしょうか?

Bellagio_25

こちらも写真スポット。
写真撮ったらシェアしてね。とのことです。

Bellagio_26

午前中は比較的人が少ないですよ。

Bellagio_27

ちなみに、ほとんどの草花は本物を使っております。


Bellagio_28

この、絵画もすべて本物です。


夏は6月下旬~9月上旬はイタリアがテーマ

秋は9月中旬~11月下旬 ハロウィンがテーマ

冬は12月上旬~1月上旬 クリスマスがテーマ

旧正は月2月中旬~3月上旬 中国がテーマ

春は3月中旬~6月中旬 日本がテーマ
この時は、桜が満開にさきますよ。


また、このように年に5回衣替えをする庭園ですが、
使われる樹木、花、植物などは90%がリサイクルされていて
環境にも優しい展示となっているそうです。



Bellagio_40

庭園内にはレストランとカフェがあります。


Bellagio_41

このカフェからは、庭園を見ながらお茶ができておすすめです。


観光、ショッピングで疲れた体を
ベラッジオの屋内庭園で休みてみるのもいいかも。



H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2019.09
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧