2018.10.22

先日、ミード湖のディナークルーズに行ってきました。

Img_5704

ミード湖は貴重な水瓶としてでなく、砂漠の中にあるラスベガスでウォーターリゾートが楽しめる
オアシス的な観光名所です。

ラスベガスの中心地からも車で約40分程と、遠くないのも魅力です。

ミード湖では、泳ぐのはもちろん、魚釣りや、モーターボート、ジェットスキーなど、いろんなアクティビティーが楽しめます。

そんなミード湖も、最近は水不足で水位もずいぶん下がってきてしまい、
マリーナとして栄えていた場所も荒れ地となっているところが多いと聞き、
しばらく足が遠のいていました。

そんな中、レイクミードディナークルーズのツアーがあるというので、早速参加させてもらいました。

ラスベガスのホテル発着ということで、MGMホテルからバスに揺られること約50分。

Img_8499

ボートが発着するマリーナに到着です。

Img_5703

昔、栄えていたマリーナは完全に陸地となり、荒れ果ててましたが、
更に奥へ入った場所にマリーナが新しくできてました。

こちらが本日のクルーズ船「DESERT PRINCESS(砂漠のお姫様)」号

Img_5714

Img_8514

トムソーヤの冒険で有名な、昔ながらの蒸気船スタイルです。

Img_5727
しばらく、休憩所のようなところで出発を待ち、
いよいよ乗船です。


乗船の時には、お約束の記念撮影。

Img_8515
入り口で名前を告げると、予め用意してくれている席に案内してくれます。
冷えたシャンパンも用意してあって、出発前にまず乾杯です。

Img_57161


しばらくして全員が乗り込んだ頃、いよいよ出発です。

平日にもかかわらず、ほぼ満席状態。

Img_5724

Img_8527
客層は年配の人が多いような感じですが、子供連れやイケイケボディコン(、、、?)の
お姉さんもいて、年代はバラバラです。

館内アナウンスで、本日の流れを紹介。

まずサラダとアペタイザーが終わったら、メインの前にしばらく自由時間があるとのこと。
完全に暗くなる前に、サンセットクルーズを楽しませてくれる配慮のようです。

Img_5723

Img_5722
みんな、食べる時間も惜しんで、早速甲板へ出ていきます。

食いしん坊の私達は、そんな人たちを横目にゆっくりと食事していると、
「言葉のわからないアジア人」と思われたのか、親切に状況を説明しに来てくれました。

それが全く嫌な感じではなく、とてもフレンドリーに楽しく優しく声を掛けてくれたので、
すっかり仲良しになりました。

冗談の通じる相手だとわかった途端、追い立てるように「早く夕日を楽しんでこい」と
笑いながら急かされましたが、しっかり食べ終えてから、甲板へ出て見ました。

Gptempdownload40_2

確かに水位は下がってましたが、まだまだ水は十分にあり、夕日が水面に反射してとってもきれいでした

Gptempdownload29
しかし、感動に浸る間もなく、すぐ日没。
水位が下がっているので、実際の日没時間よりも早く日が落ちちゃうんですよね。
確かにさっさと夕日を楽しんだほうが良かったかもしれないです 泣

すぐにライトアップされたフーバーダムが見えてきました。
湖からみるダムを見るのは初めてだったので、これまた感動。

Img_5741

しばらくおしゃべりしてると、メインが用意されるとのアナウンスが流れてきました。

席に戻ると、見計らったかのように、事前にオーダーしておいたステーキやサーモンなどがそれぞれサーブされます。

Img_5746

Img_5742
全然期待してなかったのに、本当にどれも美味しかったです。
クルーズで食べるという非日常の魔法のせいかもしれません。

ゆっくりとデザートまで食べ終わると、その後もしばらく甲板でクルージングを楽しむ時間があります。

海の上ではないせいか、魚の生臭さなどは一切なく、風もサラッとしていて、
湖のクルージングは想像以上に快適でした。

残念ながら、このツアーは気候のいい時期しか催行してないので春まではお休みになるそうですが、
古き良きアメリカを肌で感じられるこのツアー。
想像以上に楽しかったです。

ラスベガス、ダウンタウンにあるフリーモント。
電光LEDアーケードの下をびゅーんと飛んでいく、ジップラインがあります。S2018101137およそ7階の高さからスタートするジップラインは$25、
11階の高さからスタートするのはズームラインと呼ばれ、こちらは$45。
(どちらも夜6時前だと$5引き♪)S2018101138上の写真の通り、ふたつのジップラインはスタイルが違います。
今回トライしたのは、左側のズームライン。
533mの距離をスーパーマンスタイルで飛んでいきます。

チケット購入後はリストバンドを腕につけ、階段で上へ上がります。
係の人が慣れた手つきで、器具を装着してくれます。S2018101146手荷物があっても大丈夫。黒いかばんを渡してくれるので、私物はかばんの中に入れます。
S2018101147さて、台にうつぶせになって寝そべります。
台が上へと上昇し、既に着用済の服についている金具とロープの金具を合体。S2018101155荷物が入ったかばんも一緒にぶら下げてくれます。
そしてまた台が下がると、宙ぶらりんの状態で待機。S2018101150このまま順番が来るのを待ちます。

さて、いざ出発、となると、前の壁が開き・・・。S2018101153この瞬間、結構な高さに少し怖くなりましたが、滑り出すと楽しい!S2018101141下に人が歩いているのを見ながら、気分はスーパーマン。
結構長いです。Simg_2849飛んでいる最中は何箇所かカメラがあり、滑り終わったところで写真を確認できます。S2018101162滑っている最中は常にポーズをお忘れなく。

世界一大きな観覧車、ハイローラーがあるリンクプロムナードにも、来月ジップラインがオープン予定。
こちらも夜のストリップ付近を飛ぶのに、楽しそうですね。

BY AK
Slotzilla
日~木 12pm~1am
金・土 12pm~2am

2018.10.15

先日、初めて乗馬horseにチャレンジしてきましたー
''COWBOY TRAIL RIDES''というところでラスベガスの西側、レッドロックキャニオン近くになります。
今回はmorning ridesに参加した為、ラスベガスのストリップ沿いのホテルから7:00am頃の出発。
他のホテルで別のお客様をお迎えしたあと3,40分程で現地へ到着。
煌びやかなホテルが立ち並ぶラスベガスのストリップから少し車で移動をしただけで
全く違った景色が広がっています。
Skmjdqbr25xnebx1539812179_153981219

現地に到着すると早速お馬さん達がお出迎え。

4ep_zzdlr5ieq561539811514_153981152
乗馬に関しての注意事項や、基本的な馬の乗り方の説明の後
スタッフがお客様一人一人の様子を見ながら、どの馬が合うか選んで順番に乗せてくれます。
私にピッタリと選んでくれたのはレッドちゃん。
毛並みがワインレッドのようにキレイなメスのお馬さんです。

M0dd7uvuidqr2vl1539812115_153981212

6j9biuxggyzrdi11539812420_153981242
それぞれ準備ができたら1列に並んでトレイルへ。

Fsjokzrdbb3a50d1539812850_153981287

上の写真の崖のテッペンまで登りますup
細くて岩だらけの道ですが、お利口なお馬さんたちは足元をしっかり確認しながら
ちゃんと進んで行ってくれます。

Eoueugkoxyfujfk1539813779_153981379

29ygwinfes4ces71539811927_153981194
急な登り坂を登りきると、なんとも気持ちのいい景色が広がります。
そのあとは平面をゆっくり進み、さらに崖っぷちギリギリのスリルある乗馬を楽しみながら出発地点へ戻ります。

Bc84dyc4jjkky9r1539811893_153981190

X4lgjk7ed8lxgdc1539811964_153981197

途中で馬を止めてグループごとに写真も撮ってくれますdown

Nzl7phtgb3aewtn1539990106_153999058


ちょうど2時間の乗馬ですが、想像以上に下半身の体力使います。笑
翌日は内ももが筋肉痛でした。。
でもお馬さんはカワイイくてお利口だし、これぞアメリカの大自然と感じさせてくれる景色のなかでの乗馬はなんとも開放的な気分になれて最高です!!
日本ではなかなか体験できない乗馬だと思います。

夕方のツアーは夕日を見ながらの乗馬でこれも良さそう
またチャンスがあったら挑戦してみよと思いまーーすhappy01

MI


2018.10.11

今回は、グランドキャニオンウエストに行ってきました。

グランドキャニオンというと一般的にグランドキャニオンのサウスリムですね。

そして訪れる人数もサウスリムのほうが圧倒的に多いと思います。

それでは、今回行ってきたグランドキャニオンウエストリムとはどんなところかというと

代表的なものといえばこれでしょう!

1

これです。

2

そう、これです。

3

スカイウォーク

2007年にできた絶壁にかかるUの字のガラスの橋

絶壁から突き出てるのがわかりますね。

さて、ウエストリムがある場所は、ワラパイ族という先住民族が統治する特別な場所。

なにが特別かというと、アメリカ合衆国の中にあって、アメリカ合衆国ではない。

????

彼らには国から自治権が与えられているのです。

よって、国立公園であるグランドキャニオンのサウスリムでは

環境破壊につながる恐れがあるようなものはやることも、作ることができないが、

ここ、ウエストリムはワラパイ族がやると決めれば何を作っても良しとなります。

6

そこで、ワラパイ族がやると言って作った、

スカイウォークはガラスの床で厚さは10.2cm

傷がつかないように、携帯電話、カメラなどは持ち込み禁止

この無料のロッカーに預ける必要があります。

靴にも、紙製の靴を履いたまま履く靴下?のようなものを靴にかぶせる必要があります。

7

ということで、スカイウォーク上での写真は撮れません。

ざんねん。。。

8

こんなTシャツを売ってました。

いかに、スカイウォークが高いところにあるのかという比較ティーです。

ラスベガスで一番目立つストラトスフィアタワーは右から2番目

そう考えるとやっぱり相当高い~!!

それもそのはずスカイウォークは谷底からなんと

1,200mの高さに架けられてます。

9

あと、グランドキャニオンウエストにはフェンスがありません。

絶壁のギリギリのところまで行くことも可能です。

もちろん、転落の危険もあるのでこのような看板が多く設けられてます。

絶景写真、インスタ映する写真を撮りたいと、危険を犯して

絶壁ギリギリに行ったりは絶対にしないようにお願いします。

グランドキャニオンウエストには、「イーグルポイント」「ワラパイランチ」

そして、「グアノポイント」と大きく分けて3つの観光スポットがあります。

イーグルポイントは、スカイウォークがあるところです。

ワラパイランチは、最近 すごくながーーいジップラインができたことで人気です。

そして、下の写真のグアノポイントです。

10

ここでまず昼食。

11

ビーフか

12

チキンから選べます。

どちらも、まずまずのお味です。

料理の味も大事ですがそれよりも食べながら眺めることのできるこの絶景

13

暑い夏でもテントで日陰があるので外で食べることも可能です。

14

そして、ここでは珍しい産業遺産を見ることができます。

1958年にグアノ(肥料の原料)が数十万トン採掘できると見込んで

このトラムを建設しました。しかし、予想に反して採掘できたのは

僅かな量にとどまりすぐに閉山してしまいました。

15

閉山直後、アメリカ空軍の戦闘機がこのトラムに衝突をし

完全に使えなくなってしまいましたという歴史があります。

いまも、当時のままの姿で残されております。

大自然と、人工物の不思議な風景はとても魅力的で写真映えしますよ!

17

グアノポイントのもう一つの魅力はこの絶景

18

先端まで行くと360度の渓谷を見渡すことができます

最後に、、、、

スカイウォーク上では、カメラ、スマホ持ち込み禁止の為

写真は一切撮れません。

しかし、スカイウォーク上ではカメラマンがスタンバってます。

19

そのカメラマンに撮ってもらった写真を売店で販売しております。

1枚$16

ピクチャーパッケージは$65.10 

このパッケージを購入しちゃいました。

USBフラッシュメモリーに写真が約15枚ほど入っておりました。

少々高額ですが、とてもいい記念になりますね。

その写真の中の一枚がこれです。

20

色々なポーズでカメラマンが撮ってくれますよ。

グランドキャニオンサウスリムとはまた違った

どちらかというと、テーマパークのような感じがする(私だけ?)のが、

グランドキャニオンウエストリムではないでしょうか?

21

=================================

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

drama「ONE」マイケル・ジャクソン復活!.....の気分。drama

マンダレイベイホテルで行われている「マイケル・ジャクソンONE」のショーを見に行ってきました。Mike_pic「ONE」は、現在ラスベガスで8つの常設公演を持つシルク・ドゥ・ソレイユ( Cirque du Soleil)のショーのひとつで、2013年6月から上演されています。

まずは、BOX OFFICEで予約番号を言い、ID(身分証明書:パスポートまたはアメリカ発行の運転免許証)を見せるとショーチケットが受け取れます。ただし、オンラインで予約した場合は、ショーチケットがプリントアウトできます。One_box_pffice_2

ショー会場までの通路は、人でいっぱい。

途中、飲み物を買うこともでき、ショーの間の飲み物もOK.Drink

またマイケル・ジャクソンのお店もあります。 マイケルFANにはたまりません。Img_2873

会場入口には、マイケルの写真がズラリ!! マイケルの写真の前でポーズする人も。

Mikepics

お馴染みのマイケルのポーズ。ショーの中でもこのポーズがお披露目され、会場は拍手喝采!!!

Img_2881

会場の中もマイケルらしいです。

Img_2884

残念ながら上演中の撮影は禁じられているので、写真にてこのショーの迫力は皆様にはお伝えできませんが、非常に熱気があふれ、あまりの華やかさと豪華さに圧倒されました。

「マイケル・ジャクソン」という1人の人間を何十人ものダンサーが演じていき、様々なマイケルを楽しむことができました。

また、3D映像に写しだされるマイケルは、本当に”マイケル復活!!”という気分になり、マイケルに夢中になっていた頃のことを思い出しました。

マイケルの楽曲ともに舞台に映し出されたのは、マイケルが過ごした時代の画像で、マイケルが最終的に彼が伝えたかったこと、~人間愛、地球の平和、そして美しい地球~のメッセージも十分に伝えられ、ショーの枠を超えて胸にジーンと熱く感じるものもありました。

是非、皆さんもマイケルのショー「ONE」を見に行ってくださいね。 感動の連続ですよ!

ショーの予約はこちらから。

BY MS



H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2018.10
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧