ロサンゼルスやシカゴ、トロント、ボストンではすでに開催されてるこのイベント、ラスベガス初お目見え!
マンダレイベイ内に8月23日にオープンしたばかりのポップアップ・イベント、HAPPY PLACEへ行ってきました。

Img_0963場所は、マイケルジャクソンONEのシアターへ行く横にあるエスカレーターを上った2階、
ルクソールホテルとの通路を兼ねたショッピングセンター、マンダレイ・プレイスの一角です。

Img_0970まずは、まぁ、簡易的なクッキーと一緒に取れる部屋・・・
えー、こんなのチャチい・・・と思いきや、だんだん豪華になっていくのでご心配なく・・・

Img_0985アヒルの敷き詰められたバスルームでパシャリ!

撮影の仕方が適当なんで、まぁ、アレですけど、うまくとったらキュートな一枚。

Img_0972面白いのがこちらの部屋。
謎の、皆さんの下半身だけが目立つ部屋・・・・

何なのかと思ったら・・・

Img_0974

素敵なお花まみれのワタシ、が撮影できる場所でした。

そして・・・

Img_1001

謎のカプセル・・・

Img_0994


床には一面の紙吹雪・・・スイッチを入れると、一気に宙に舞い上がります

Img_0995

(上手に撮れば)幻想的で素敵な一枚が!



ご紹介したのはほんの一部で、他にもいろんな仕掛けやセットが盛りだくさん。



ちゃんと撮影できるように、完全予約制で、同時入場者の数は限られてるので、
ポーズもしっかり決めて、お気に入りの一枚が撮影できるはず。

自撮り、お互いに撮りあいっこ、ももちろんですが
係員も手伝ってくれたり、おすすめのアングルやスマホ設定も教えてくれます。



時間や人数によって料金は色々あるようですが、一人$35位です。
HISでは取り扱ってないので、直接行ってみてくださいね。



コチラから:https://www.happyplace.me/

BY: AY

今や、ラスベガスに来る目的の一つに上げる方も多い
シルク・ドゥ・ソレイユ のショー。

個人的にも何回も(何十回も)見てますが
どのショーも見る度に感動するので
本当に本当に、ラスベガスに来たらマストでオススメです。


そんなシルクのショーに、
この10月から新しいラインナップが加わる事が発表になりました!!



まだまだベールに包まれたショーの内容を記者会見での様子と共にご紹介。



ショーのタイトルは R.U.N
走る、という意味はもちろんですが、英語の省略文字として使われる
R=Are
U=You
N=In
という意味も併せ持つのだとか。

Simg_0494_2

ちょっと↑の画像をみて、あれ?シルクっぽくない・・・と思う方もいらっしゃるかと思います。

そう、このR.U.Nは、これまでのシルクとは、一味も二味も違う、異色のショーなのです。

Simg_0490RUNを表すキーワードはコレ!として出されたのが

・13歳以上
・ライブDJ
・ライブアクション スタント
・判りやすいストーリー
・アクション映画やアメコミ風
・炎の効果

などなど。
うーん、シルクをイメージさせるキーワードが一つもない!!!
Simg_0498
ストーリーは・・・

ネバダ州内のどこかの砂漠にて・・・
小さなチャペルにて結婚式が行われていた
が、何か様子がおかしい・・・
男はなぜだか建物の外に飛ばされてしまった・・・
自分の人生に怯えるかのように車へ向かって走る男…
新郎とその取り巻きも後に続く。
どこにいるのか、いつだか、なんだかわからないけれど復讐のために・・・

彼は一体何をしたのか?
なぜ、結婚式が駄目になってしまったのか?
命をかける事なのか?

適当な翻訳ですが、元文を読んでも意味不明なのです。

これがキャラクター達。

Simg_0502

そして、好きな人にはたまらない、この制作陣!

Simg_0512
シナリオは、あのロバート・ロドリゲス監督が担当!
フロム・ダスク・ティル・ドーンや、シン・シティなどでおなじみ。



音楽担当は、映画デッドプール、ジョン・ウィックやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを担当した映画音楽家、ダイラー・ベイツ。バンド、マリリン・マンソンのギタリストとしても活躍中。



ディレクターは、数多くのスポーツイベントや、ミシェル・オバマ前大統領夫人のイベントなどでもおなじみ。





制作陣をみるだけで、結構ダークでバイオレンスなイメージがもりもりです。

かなりバイオレンスなシーンも多いらしく、13歳未満はおすすめしない、という内容だとか。
家族連れには向かないけれど、ハードなアクション系、という事だけははっきりしてますね。



開始は10月!

チケット販売はまだですが、申し込みページはコチラから。

開始になり次第、このページから販売します。お楽しみに!


BY:AY

寒暖差もなくなってきて、過ごしやすい季節になりましたね。

本日は KING OF POP こと マイケル・ジャクソンをテーマにした

シルク・ドゥ・ソレイユのショー「ONE」のご紹介です。

Img_9436_2

マンダレイベイホテルの中の劇場で行われるこのショーは

マイケル・ジャクソンの歌をベースに、ストーリー仕立てになっています。

**********************************************

ざっくりとあらすじをいうならば、4人の少年少女が困難に遭いながら物語を進めていくうち、

自分自身の中の強さや可能性に気づいていく…といった感じでしょうか。

セリフはありませんので、どのように感じるかは人によって違うかもしれません。

**********************************************

ストーリーはマイケル・ジャクソンの名曲と、

シルク・ドゥ・ソレイユの華麗なるショーで進められていきます。

そして物語の最後には…

ここからはぜひとも劇場で体験してください。

さてさて、ショーの前後には入口横にあるお土産物屋さんへ足を運ばれるとおもいますが、

ここにはお宝が飾られているのをご存知でしょうか?

以前のブログでもご紹介していますが、マイケルが使用していた靴と靴下!

キラキラしている部分はスワロフスキーが使用されているようです。

Img_9464

そしてマイケルが着ていた衣装!

Img_9484

Img_9485

そしてマイケル直筆のメモ書きされた書面とレコード!

Img_9486

マイケルのサインいりCD!

Img_9482

そして私的お宝はこれ!

ビデオテープ!もちろんサイン入り!

Img_9474

Img_9475

そしてどうやらこれは売っている様子…

スタッフにお問い合わせくださいと書かれてありましたが、お値段は怖くて聞けませんでした。

でもできればこのままずっと展示されていてほしいなぁと思ったりしました。

Img_9451

このショーを見たあとは、

自分の中にも何かできる力があるんじゃないかと勇気づけられました。

****************************************

興味がわきましたらぜひとも劇場へ足を運んでみてください。

H.I.S.でも「マイケルジャクソンONE」のショーチケットのご予約、好評受付中!➤https://tour.his-usa.com/city/las/detail_cq.php?tid=5468

SSからのおすすめでした。

catSScat



H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2019.10
loading...
WORLD情報局