冬でも暖かいイメージのあるラスベガスsun

しかし。。。2週間ほど前は雪まで降る寒い日が続きました。。。weep

でも嬉しいことに、ここ1週間ほど例年よりも暖かい日が続きhappy01

今回はLAKE MEAD(ミード湖)でのハイキングを楽しみました。

LAKE MEAD(ミード湖)はラスベガスホテル街より東へ約50km, 車で45分の所にあります。Map

ミード湖国立リクレーション地域として、年間約900万人の観光客が訪れる場所です。

Sign

このミード湖の面積は琵琶湖とほぼ同じ。

でもこれは人造湖。。人造湖としてはアメリカ最大の大きさを誇ります。

上の地図のように近くにある巨大なフーバーダムがコロラド川をせき止めたためにできた湖です。

フーバーダムは1931年に着工し、1936年に完成しました。

コロラド川の氾濫防止のために建設され、ラスベガスはもちろんのことカリフォルニア州の一部へ電力や水の供給などの大きな役割を果たしています。Pict0054

さてさて。。

今回は「ヒストリック・レイルロード・トレイル」というフーバーダム建設の資材運搬のために作られた鉄道の跡をハイキングトレイルにした道を歩いてみました。

ハイキングトレイルからは、随時ミード湖の美しい景色を見ることができます。From_hrtrail

トレイルの両側にはこんな巨大な岩壁のあるところも。。Hrtrail_5こんなトレイルの途中に、後にタービンが設置されるまで、ダムにある発電所に設置されていたコンクリートの塊が廃棄されています。Hrtrail_borad_info_42

ミード湖のマリーナの景色。Hrtrail_view_2

約1.5km歩いたところには、トンネルがあります。

高さは約8.3m, 幅5.5mあります。

もちろん、フーバーダム建設の資材運搬のための鉄道もこのトンネルを利用しました。
Hrtrail_tunnel

この「ヒストリック・レイルロード・トレイル」は往復12kmでフーバーダム近くの駐車場までつながっています。

今回、私は夕暮れ近かったので、折り返し地点まではハイキングすることができなかったのですが、美しい湖の景色と歴史を感じながらの楽しいハイキングでした。

帰りの道ではこんな夕暮れの景色も見れましたhappy01

Hrtrail_sunset

皆様もぜひこの歴史あるトレイルでハイキングを楽しんでくださいねlovely

MS

ラスベガスもだんだんと気温も下がってきて冬の季節に近づいてきています。

皆さん、ラスベガスから車でたったの1時間の距離にスキー場があることをご存知でしたか?

それがマウントチャールストンsign03Joshuatree4063828_1280

夏は、気温がラスベガスより低いので避暑地として、、

または快適なハイキングを楽しむことができますhappy01

景色も美しいheart02

Img_5775

秋は紅葉も楽しめますhappy01

Img_5459

shineこの知られざる大自然~マウントチャールストン~の徹底解説版セミナーshine

【知られざる大自然】ラスベガス近郊の名所~マウントチャールストン~ 

アメリカ時間11月17日と12月8日に開催sign01 詳しくは コチラをクリック

ぜひご参加下さいねhappy01

MS

10月上旬になりますが、ブライスキャニオンへ行ってきました!


実はブライスキャニオンへ行くのは2度目なのですが、
最初に行った時には滞在が夜~早朝の間で何も見えない上に、
冬で雪が積もっていて何が何やらわからないままだったので、
今回は1泊2日でリベンジしに行ってきましたhappy02shine


今回は夕日観賞、星空観賞、朝日観賞、ハイキングと体力が心配な旅程を組んでしまいましたが、
素晴らしい写真が撮れたので少ないですが皆様とシェアしたいと思いますshine


さてさて、ブライスキャニオンってどんなところ?と思った方!
このボコボコした岩景色(土柱)のパンフレットなんかでdowndowndownみたことないでしょうか?

Img_5055


この岩々はHoodoo(尖塔群)と呼ばれるもので、何千年もかけて雨や川の浸食で
石灰石を削り取って出来あがったものだそうですcoldsweats02
場所によって、赤や橙、白など色が異なる姿がみれるのも、飽きなくていいですね!

Img_5087

夕日に照らされたこの景色downsign03

Img_5078

無事夕日観賞を終えて、いったんホテルに戻って晩御飯を食べた後に星空観賞へshine
残念ながら携帯カメラでは満点の星空が撮れなかったのですが、
こんなに空には星があったんだ!!!と思わずにいられないほどの星の数が
そこにはありました。夜はマイナスになるほどの寒さでしたが3時間ずっと
流れ星を探したりして空を見上げていました。


そして翌朝、眠い目をこすりながら朝日鑑賞へcatfacesleepy
朝も寒い!けど朝日が上がってきた!

Img_5109

朝日に照らされた岩々…
昨日とはまた違った雰囲気で、刻一刻と変わっていく岩の色や影が印象的でした。

Img_5113

この後ホテルに戻ってチェックアウトまでひと眠りして、
さあ!いよいよトレイルに出発です!

トレイルはどこかと言いますと、なんとこの岩山の麓を歩くことができるんです!
写真を撮りながら、休憩しながら、約3時間半トレイルを歩いてきました。
最初は下りながら、くねくねと岩の間を抜けて、最後は登りが続くので結構大変でした。

Img_5039

upupup谷間を人が歩いているのが見えますでしょうか?
休憩をはさみつつ、時々振り返って後から登ってくる人を見るのは
結構楽しかったですhappy01


駆け足でご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

興味を持っていただけましたら是非足を運んで、直接体験してくださいねhappy02shine


catSScat




HIS ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2021.06
loading...