7月に入り、ヨーロッパ各国のコロナ対策や出入国、検疫ルールなどが安定し、イタリアにもフランス人やイギリス人などのヨーロッパ各地から観光客がいらっしゃるようになりました。

.

そこで私も、数か月ぶりに、イタリア国外(EU内)へairplane

本日は、現在のローマ・フィウミチーノ空港の様子をご紹介いたします。

E

Img_1593


テルミニ駅からレオナルドエクスプレスを利用して空港に到着し、ターミナルへ向かいます。

ターミナルに入る際に、Eチケットの提示を求められ、中に入るとサーモグラフィが置かれており、係員が入場者の体温チェックをしています。

見送りやお迎えの方は、身分証明書が必要です。

Img_1618

空港内には上記のような柱が何本も設置されおり、空港内のルールが書かれ、柱の4面に消毒ジェルが設置されています。

Img_1594

.

空港内の足元、とくに人が集まりそうなところには1m間隔を知らせるラインが引かれています。

また、チェックインカウンターは、ガラス張りに変わっていました。

Img_1624

それから、現在イタリア発着の航空機内では、衛生上の理由から、座席上部のキャビンに荷物を入れることが禁止されております。

機内の手荷物持ち込みは、座席下に入るサイズのみとなります。

機内持ち込み用の小さなスーツケースは、チェックインカウンターで無料で預けることができます。

いずれの航空会社も、手荷物スーツケース用のカウンタがー特設されているわけではありませんので、通常の受託手荷物カウンターで預ける必要があり、混雑が予想されますので、預ける場合は空港には早めの到着をお勧めいたします。

Img_1597

.

正直なところ、ローマ市内の地下鉄やバスは時間帯によっては、ソーシャルディスタンスを守れていない、マスクの着用も徹底できていないので、空港も同じような状況かと思っておりましたが、かなり対策は徹底されておりました。

実際、私も数時間のフライトを終え、EUの別の国に到着しましたが、ソーシャルディスタンスは守られておらず、消毒ジェルの設置なども見当たりませんでしたので、ちょっとイタリアを見直してしまいました。

同じ便で到着したイタリア人が、「ソーシャルディスタンスできてないじゃないの!」と怒っているのも見かけたほどですcoldsweats01

最後に、イタリア発のフライトに乗る前に、自己申告書を記載して搭乗ゲートで提出、

機内では目的地へ対する自己申告書が配られ、その場で記入して客室常務員に提出しました。

記載内容は居住場所や滞在ホテル、万が一、コロナ感染が発覚した場合の緊急連絡先などでした。

.

現在は日本からイタリアの入国は14日間の隔離が必要となりますので、観光再開にはまだまだハードルがありますが、少しずつ希望が見えてきた気がします。

引き続き情報収集してまいりますので、わかり次第発信いたします。

こんにちはhappy01


引き続き、10,000歩シリーズは、インスタグラムで連投していた、アマルフィ海岸編の第3弾shoe

国内旅行が解禁されたので、さっそく、サレルノを拠点に4泊5日、話題のワーケーション(work+vacation)をプチ体験しながら、南イタリアを満喫してきました。

.

3日目、この日は午前中リモートワークだったので、午後から観光に繰り出します。

前日ボートでアマルフィを堪能したので、今度はバスを使ってどこかへ行こうと考えました。

残念ながらコロナの影響のためか、市内の旅行代理店も、通常バスチケットを売っているタバッキも閉まっていて、現地のおばあちゃんにも聞いてみましたが、チケット売り場がわかりません。

そこで、徒歩10分、サレルノ駅構内の観光案内所へ行ってみました。

どこに行くかは決めてませんでしたが、残りの3日間で、アマルフィーのビーチや小さな街に行きたい、

それから、グーグルマップで見つけた、サレルノのアレキ城(castello di arechi)が気になる!ということで、

観光案内のお姉さんにバスチケットの相談をしてみました。

アマルフィ1日券10ユーロ、回数券なら1枚2.4ユーロ、サレルノ市内のバスチケットは1街1.4ユーロでした。

必死に頭の中で計算しますcoldsweats01

1日券は24時間有効(=24時間で5回以上アマルフィをバス移動しないと元を取れない)

でも私は翌日も午後からしか観光できない・・・

最終日はローマに帰るため夕方にはサレルノ市内に戻らなければならない・・・

少しはサレルノ市内の観光もしたい・・・

などと、頭の中でぐるぐる考えた結果、アマルフィ行きのチケットを4枚、サレルノ市内のバスチケットを2枚、購入しました。

この時点で、15:00clock

気温も連日30度越え、なんだかもうすでにへとへとで、ちょっと観光する気持ちがなくなりかけていましたが、イタリアの夏は夜9時ころまで明るいので、まだまだこれからなんです。

気合を入れなおして、アマルフィ行きのバス時刻表を確認したところ、幸いにもサレルノ駅15:30出発がありました。

Img_1402

.

行先は決めていないけど、とりあえず、このバスに乗ろうと決めてバスを待つ間、アマルフィ海岸のどこへ行くか考えます。

スマホにはガイドブックのアマルフィのページをスクリーンショットでメモしてあったので、それを見ながら、ラヴェッロに行ってみよう!と思い立ちました。

お約束の5分遅刻でバスが来たので乗り込み、ドライバーにラヴェッロに行きたいと伝えたら、アマルフィで乗り換えな!と。

完全リサーチ不足でしたcoldsweats01

でも心はラヴェッロに向かっているので、とりあえずアマルフィまで向かいます。

2日連続アマルフィに行くことになるとは。

道中、他の小さな街で途中下車してしまおうか心が揺れましたが、ラヴェッロに行くには必ずアマルフィを経由するので、どのみちアマルフィにはもう一度行くことになると納得し、16:40アマルフィ到着。

すぐにバスターミナル前の観光案内所に駆け込み、ラヴェッロに行くにはどうしたらいいのか確認。

次のバスは17:00でした。チケットは片道1.3ユーロ。往復分購入します。

※イタリアでは、小さな街ではバスチケットが買えないこともしばしばあるので、事前の往復購入をお勧めします。

Img_1401

それから、念のため、ラヴェッロ→アマルフィの最終バス、アマルフィ→サレルノの最終バスの確認。

きっと皆さんはしっかり計画を立てて観光されると思いますが、そしてもうお気づきかもしれませんが、私はこの通り、行き当たりばったりな旅をしがちなので、いつも、これだけは逃しちゃいけない!という終電、終バス情報を胸に刻んで観光します。

そして、ラヴェッロに着いたら最初に見える景色がこちらeye

Img_1403

本当に来た甲斐があります!!

そして、ラヴェッロに来たら、ぜひおすすめしたいのが、ヴィッラ・チンブローネclub

Img_1405_3

上記のように、階段を上ったり、道中なかなか長い道のりですが、イギリス風の美しい庭園と「無限のテラス」と呼ばれる展望台から見下ろす絶景は本当に素晴らしいです。

Img_1426

【無限のテラスへの入り口、la Porta del Sole】
Img_1412

【無限のテラス il Terrazzo dell'infinito】

Img_1419

【無限のテラスから望む絶景】Img_1416

.

ヴィラ内には他にも見晴らし台や銅像が置かれていたり、綺麗に手入れされた季節の草花がとても美しいです。

帰りのバス時間を気にせず、もっとゆっくりしたかったですが、19:15のバスに乗りたいので、ひたすら来た道を戻ります。

Img_1171

【ドゥオモ】

Img_1404

街のシンボルのはず、のドゥオモですが、思ったよりシンプルです。

残念ながら、中に入ることはできませんでしたが、中にはビザンチン様式の祭壇や美しいモザイクの柱などがあるそうです。

バスの時間までもうすぐ、ということで、安定の遅延バスを待ちながら、最初に見たラヴェッロからの景色を堪能して、アマルフィに戻り、20:00発のバスでサレルノに帰ります。

最後に、マジックアワーのアマルフィ海岸を見ることができました。

Img_1452

.

この日はバスチケット購入のためにサレルノ市内を行ったり来たり、ラヴェッロでも上ったり下りたりと、無計画のおかげで、自分で想像していたよりも歩いていたので、気づいたときには10,000歩達成していましたshoeshoeshoeshoe

サレルノ滞在、残り2日。まだまだ続きますが、引き続きお付き合いよろしくお願いいたしますhappy02

新たなオンラインセミナーの受付をスタートしました!

フォトジェニックなマルタ島の楽しみ方を解説

7月24日 日本時間20時スタート
地中海に浮かぶマルタ島
気候が温暖で治安が良く、英語も通じる事から近年人気が急上昇。

街全体が世界遺産のマルタの首都『ヴァレッタ』、神秘的で青の世界を体験できる『青の洞門』、 中世の趣を色濃く残す古都『イムディーナ』、 抜群の透明度を誇る『コミノ島ブルーラグーン』 やマルタの食事まで。
現地スタッフが「ツアーをしている」感じでご案内する、オンラインツアー

Valletta




いつか旅行する時のご参考に、懐かしい思い出の回想や新たな発見に、どんな方でもお楽しみいただけます。
ZOOMにてご参加いただきます。

flairご予約は下記URLからflair

https://activities.his-j.com/TourLeaf/MLA0028/



HIS イタリア支店

セリエA観戦チケット
2020.07
loading...
カリブブログ一覧