こんにちは!ローマは今日も良い天気ですsun

本日は10,000歩シリーズ、アマルフィ編の第5弾、完結編ですshoe

国内旅行が解禁されたので、サレルノを拠点に4泊5日、話題のワーケーション(work+vacation)をプチ体験しながら、南イタリアを満喫してきました。

5日目、サレルノ滞在最終日です。

この日はリモートワークなし、朝ゆっくりできるな~と思ってしまった(なまけものcoldsweats01)ため、出発は11:00、ローマに戻る列車は18:40。

そして、手元にあるバスチケットはサレルノ市内用1枚ticketとアマルフィ海岸用2枚ticketticket

と、いうことで、まずは市内用のチケットを使って、サレルノから陶器の街、ヴィエトリ・スル・マーレに行ってみました。バスで15分くらいです。

※ちなみに、サレルノで路線バス待っている間、バス停に座っていたおじさんにナンパされましたhappy02

イタリア人はとても気さくなので、どこの街に行っても陽気に声をかけてきますが、きっとこんな時期にこんなところにいるなんて、という思いもあるのでしょうね。

バスが来るまでの10分くらい、ずっとおしゃべり(と言っても私はイタリア語があまり話せませんので一方的に話しかけられていました)。

最後はイタリア人お得意の手の甲にチュッとされそうになったので、密だから!と回避しましたcoldsweats01

さて、陶器の街に着くと、タイルの貼られた建物がたくさんあります。

そして、とても小さな街なのでサクッと観光できます。

Img_1221

Img_1231

店頭にはカラフルなマヨルカ焼が並べらていて、陶器店が並ぶ通りはとても華やかです。

下の写真は、残念ながらクーポラが見えないのですが、サン・ジョバンニ・バッティスタ教会のクーポラもマヨルカ焼のタイルで飾られています。(上の写真の一番大きなタイルに描かれている、黄色と青のクーポラ)

Img_1223

この教会を越えて、入り組んだ路地を抜けて、坂道を下っていくと、ヴィエトリ・スル・マーレのビーチがあります。

このビーチはかなり下ったところにあるので、観光客はなかなか行きづらいですが、現地の人たちでにぎわっていました。

Img_1228

ビーチ沿いの街頭に、citta della ceramica 【セラミック(陶器)の街】と書かれて、街をあげて、陶器をアピールしていますgood

Img_1227

それから、グーグルマップで見つけたフォトスポット【I DUE FRATELLI(直訳で’2人兄弟’)】

Img_1225

2人?と思いましたが、以前は、右側の大き目な2つの岩が入るハートの枠が展望台に置かれていたようです。

残念ながら、私が訪れたときはありませんでしたweep

陶器の街の散策を終え、今度はアマルフィ海岸のバスチケットを使って、マイオーリというビーチリゾートへ。

Img_1240

初めてきたビーチなので、通常の様子が定かではないですが、例年は、ヨーロッパやアメリカなどから多くの観光客がバカンスに訪れるのでもっともっとビーチパラソルがひしめき合っているイメージです。

やはりコロナ対策で、パラソルの間隔をあけているのだと思います。

スペース確保には事前予約が必要と言われていますが、今のところ観光客が少ないので、当日行っても簡単に借りることができます。

ラッキーと思う反面、それだけ観光客が減っているんだと実感しました。

ところで、私は、ノープランでここまで来てしまったので、次に何をするかを考えていませんでしたcoldsweats01

ガイドブックでは、高台にお城があると書いてあるんです。

行ったみたいけど、この日は最終日。

最後くらいのんびりしてもいいじゃないかと、葛藤した結果、帰る時間までビーチでのんびりすることにしましたwave

Img_1235

ちなみにイタリア人は、夏のバカンスは真っ黒に日焼けしてなんぼ!という考えなので、みんなオイルを塗りたくって女性も男性も日光浴、子供たちは海で大はしゃぎ、がビーチの定番景色です。

上の写真にはあまり人が映っていませんが、お昼時だったので、みんな街中のレストランやピッツェリアに行っています。

イタリア人はピザをテイクアウトして、ビーチで食べたりもします。

はじめて目撃した時は衝撃でしたhappy02

私は、あまりおなかが空いていなかったので、近くのジェラテリアでレモンのグラニータを購入。

糖分とビタミンを補給しますupup

Img_1236

グラニータは、飲むかき氷、飲むシャーベットで、夏になるとジェラテリアやバールで購入できます。

そんなこんなで、16:00まで、ビーチでお昼寝したり、読書したりとのんびり過ごし、最後の1枚のバスチケットを使ってサレルノへ帰ります。

アマルフィ海岸の路線バスは1時間に1本程度しかないので、時刻表は必ず手に入れましょう!

私の乗りたいバスは、16:15。

イタリアのバスは遅延のほうが圧倒的に多いですが、早く着いた場合は待つことなく出発してしまうので、念のため早めに待機。

マイオーリからサレルノへはバスで1時間程度ですtrain

そして、アパートメントに預けていたスーツケースをピックアップしてサレルノ駅に向かいます。

行きはイタロでしたが、帰りはトレニイタリア(イタリア国鉄)で。

電車に乗ったら、こんな紙袋が配られました。

Img_1242

中身は、マスク、消毒ジェル、ビニール手袋、お水です。

とってもありがたいけど、このボロボロの紙袋が、とってもイタリアらしいですねhappy02

そして、なんだかんだ、旅行中は行ったり来たり歩き回るので、この日も難なく目標10,000歩達成ですshoeshoeshoe

こんな感じで、4泊5日のワーケーション体験は終わりました。

リモートワークがこれからも続くなら、ワーケーションしながらイタリア各地をまわってみようと思います。

それから、正直なところ、南イタリアなんて、コロナ対策守ってないだろうと思っていましたが、ちゃんと公共交通機関に乗る際は全員マスク着用で、スーパーもマスク着用&消毒ジェル設置、レストランもテーブルごとにパネルを設置したりとルールを守って対策していて、驚きました。

コロナでイタリア人の生活習慣が大きく変わったんです。

その証拠に今のところ、他のヨーロッパで発生しているようなクラスターは起きていないので、このままみんなで協力して、観光大国としてのイタリアの日常が戻ってくることを祈るばかりですconfident

.

.

それでは、長々と続いていたアマルフィ編はこれにて完結とします!

お付き合いありがとうございました。

今後も気まぐれに1日10,000歩シリーズは続けていきますので、よろしくお願いしますpig

こんにちはhappy01


今日は10,000歩シリーズ、アマルフィ編の第4弾ですshoe

国内旅行が解禁されたので、さっそく、サレルノを拠点に4泊5日、話題のワーケーション(work+vacation)をプチ体験しながら、南イタリアを満喫してきました。

4日目、この日も午前中リモートワークだったので、午後から観光に繰り出します。

サレルノに来て4日目なのに、まだ市内を観光していない!ということで、サレルノ観光をすることにしました。

まずは、グーグルマップで見つけて気になっていた、山の上のアレキ城(castello di arechi)。

前日、駅のインフォメーションで購入したチケット1.4ユーロで行けるので、滞在先のバス停でバスを待ってみましたが、一向に来る気配がありませんcoldsweats02

通りすがりのおじさんに、ここはもうバスは来ないよと教えられ、海沿いの別のバス停へ移動しましたshoe

どうやら、都市開発中で、サレルノ市内は工事だらけのため、迂回しているようでした。

グーグルマップにはそういう情報は残念ながらないんですよね・・・・

とにかく、気を取り直して、別のバス停からローカルバスに乗車bus

市内から15分ほどでアレキ城に到着です。

ただ、何もない州道の途中のバス停なので、一抹の不安を抱きましたが、バス停から駐車場を抜けて登っていくと、お城の入り口が。

Img_1189

イタリアのお城はお城と言っても、石の塊、要塞のような感じです。

それでも、山の上にあるだけあって、景色は最高です!!

Img_1193

Img_1194

素晴らしい景色に満足して、サレルノ市内に戻ります。

が、不安的中、帰りのバスが来るまで、40分!(1時間半に1本しかなかったんですcoldsweats01

お城の周りはぐるっと一周回れるようになっており、またお城の裏手は山で、トレッキングコースになっていたので、少し散策して日陰で休憩しました。

Img_1190

こんな時期なので、私以外の観光客がおらず、本当に帰りのバスが来るのかと不安に駆られましたが、ちゃんと来ました。

どうやら本数が少ないローカルバスも地元の人には大事な足になっているようで、利用者は少ないですが、現地のおばあちゃんが数名乗っていましたhappy01

さて、無事バスに乗車できたので、サレルノ市内に戻ってきました。

市内に戻ったらやっぱり、ドゥオモに行かなくては!ですね。

Img_1198

【祭壇後ろの豪華なモザイク画】

Img_1202

【バロック様式のクリプタ】

Img_1210

【聖マタイのクリプタ】

Img_1207

豪華絢爛な地下聖堂を見た後は、中世の歴史が残るメルカンティ通りを抜けて海岸通りへ。

小さいですが、砂浜のビーチがあるんです。

Img_1219

ここはアマルフィやポジターノとは違い、完全に地元民の憩いの場になっています。

私も、住みながら働くワーケーション体験をしに、サレルノに来たので、ビーチを眺めながら読書をすることにbook

4日目はサレルノ市内をちょこっと観光しただけですが、この日も行き当たりばったりな性格が災いして、無駄な行ったり来たりを繰り返し、お城周辺を歩き回ったりで無事10,000歩達成でした!

どうやら、私の脚力だと、2時間歩き続けると大体目標に到達できるようですwink

それでは、次回は、アマルフィ海岸編⑤完結編ですshoeshoeshoeshoe

引き続き、お付き合いよろしくお願いいたします!

こんにちはhappy01


引き続き、10,000歩シリーズは、インスタグラムで連投していた、アマルフィ海岸編の第3弾shoe

国内旅行が解禁されたので、さっそく、サレルノを拠点に4泊5日、話題のワーケーション(work+vacation)をプチ体験しながら、南イタリアを満喫してきました。

.

3日目、この日は午前中リモートワークだったので、午後から観光に繰り出します。

前日ボートでアマルフィを堪能したので、今度はバスを使ってどこかへ行こうと考えました。

残念ながらコロナの影響のためか、市内の旅行代理店も、通常バスチケットを売っているタバッキも閉まっていて、現地のおばあちゃんにも聞いてみましたが、チケット売り場がわかりません。

そこで、徒歩10分、サレルノ駅構内の観光案内所へ行ってみました。

どこに行くかは決めてませんでしたが、残りの3日間で、アマルフィーのビーチや小さな街に行きたい、

それから、グーグルマップで見つけた、サレルノのアレキ城(castello di arechi)が気になる!ということで、

観光案内のお姉さんにバスチケットの相談をしてみました。

アマルフィ1日券10ユーロ、回数券なら1枚2.4ユーロ、サレルノ市内のバスチケットは1街1.4ユーロでした。

必死に頭の中で計算しますcoldsweats01

1日券は24時間有効(=24時間で5回以上アマルフィをバス移動しないと元を取れない)

でも私は翌日も午後からしか観光できない・・・

最終日はローマに帰るため夕方にはサレルノ市内に戻らなければならない・・・

少しはサレルノ市内の観光もしたい・・・

などと、頭の中でぐるぐる考えた結果、アマルフィ行きのチケットを4枚、サレルノ市内のバスチケットを2枚、購入しました。

この時点で、15:00clock

気温も連日30度越え、なんだかもうすでにへとへとで、ちょっと観光する気持ちがなくなりかけていましたが、イタリアの夏は夜9時ころまで明るいので、まだまだこれからなんです。

気合を入れなおして、アマルフィ行きのバス時刻表を確認したところ、幸いにもサレルノ駅15:30出発がありました。

Img_1402

.

行先は決めていないけど、とりあえず、このバスに乗ろうと決めてバスを待つ間、アマルフィ海岸のどこへ行くか考えます。

スマホにはガイドブックのアマルフィのページをスクリーンショットでメモしてあったので、それを見ながら、ラヴェッロに行ってみよう!と思い立ちました。

お約束の5分遅刻でバスが来たので乗り込み、ドライバーにラヴェッロに行きたいと伝えたら、アマルフィで乗り換えな!と。

完全リサーチ不足でしたcoldsweats01

でも心はラヴェッロに向かっているので、とりあえずアマルフィまで向かいます。

2日連続アマルフィに行くことになるとは。

道中、他の小さな街で途中下車してしまおうか心が揺れましたが、ラヴェッロに行くには必ずアマルフィを経由するので、どのみちアマルフィにはもう一度行くことになると納得し、16:40アマルフィ到着。

すぐにバスターミナル前の観光案内所に駆け込み、ラヴェッロに行くにはどうしたらいいのか確認。

次のバスは17:00でした。チケットは片道1.3ユーロ。往復分購入します。

※イタリアでは、小さな街ではバスチケットが買えないこともしばしばあるので、事前の往復購入をお勧めします。

Img_1401

それから、念のため、ラヴェッロ→アマルフィの最終バス、アマルフィ→サレルノの最終バスの確認。

きっと皆さんはしっかり計画を立てて観光されると思いますが、そしてもうお気づきかもしれませんが、私はこの通り、行き当たりばったりな旅をしがちなので、いつも、これだけは逃しちゃいけない!という終電、終バス情報を胸に刻んで観光します。

そして、ラヴェッロに着いたら最初に見える景色がこちらeye

Img_1403

本当に来た甲斐があります!!

そして、ラヴェッロに来たら、ぜひおすすめしたいのが、ヴィッラ・チンブローネclub

Img_1405_3

上記のように、階段を上ったり、道中なかなか長い道のりですが、イギリス風の美しい庭園と「無限のテラス」と呼ばれる展望台から見下ろす絶景は本当に素晴らしいです。

Img_1426

【無限のテラスへの入り口、la Porta del Sole】
Img_1412

【無限のテラス il Terrazzo dell'infinito】

Img_1419

【無限のテラスから望む絶景】Img_1416

.

ヴィラ内には他にも見晴らし台や銅像が置かれていたり、綺麗に手入れされた季節の草花がとても美しいです。

帰りのバス時間を気にせず、もっとゆっくりしたかったですが、19:15のバスに乗りたいので、ひたすら来た道を戻ります。

Img_1171

【ドゥオモ】

Img_1404

街のシンボルのはず、のドゥオモですが、思ったよりシンプルです。

残念ながら、中に入ることはできませんでしたが、中にはビザンチン様式の祭壇や美しいモザイクの柱などがあるそうです。

バスの時間までもうすぐ、ということで、安定の遅延バスを待ちながら、最初に見たラヴェッロからの景色を堪能して、アマルフィに戻り、20:00発のバスでサレルノに帰ります。

最後に、マジックアワーのアマルフィ海岸を見ることができました。

Img_1452

.

この日はバスチケット購入のためにサレルノ市内を行ったり来たり、ラヴェッロでも上ったり下りたりと、無計画のおかげで、自分で想像していたよりも歩いていたので、気づいたときには10,000歩達成していましたshoeshoeshoeshoe

サレルノ滞在、残り2日。まだまだ続きますが、引き続きお付き合いよろしくお願いいたしますhappy02



HIS イタリア支店

セリエA観戦チケット
2020.10
loading...
WORLD情報局