いつもニューヨーク支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
ニューヨークは徐々に観光スポットも再開してきております。
皆様が安心してニューヨークにお越しいただけるようになった際に参考になる観光情報や
スタッフの日常生活などの記載を引き続き努めてまいります。
  。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。 

みなさん、こんにちはsun

ほりーですhappy01

冬になると飲みたくなるもの、、、それはホットチョコレートですcafeheart

色々調べた結果、ブルックリンにあるチョコレートショップ KAHKOWへrvcar

(ちなみに写真左、緑のクレーンに乗っている人はペンキで壁に絵を描いているところですart

Kahkow1

ドミニカ産の豆を使用し焙煎から製造、販売までを店舗内で行っているそうですflair

Kahkow_2

自社商品だけでなく他ブランド(ニューヨーク発)のチョコレートも販売していますgood

Kahkow_5

そしてお目当てのホットチョコレートを購入scissorsカカオの人形がかわいいheart04

Kahkow_3

おしゃれなアートの前でパチリcamerashine

優しい甘さで、隠し味にシナモンが入っていてとても美味しかったですheart04

Kahkow_4

そして、チョコレートといえば、、、バレンタインsign03ですねflair

日本時間 2月12日(金)22:00PM (USA東海岸同日2月12日(金)8:00AM) より

バレンタイン特別企画のウェビナーを開催いたしますpresentheart04

気分だけでもバレンタイン in ニューヨーク モキシータイムズスクエアホテルのラウンジ中継付き

あまり知られていないバレンタインの歴史から、ニューヨークならではのバレンタインの過ごし方や人気のチョコレートショップの情報など盛りだくさんな内容となっておりますsign01

さらにsign03おしゃれホテルで有名なモキシーNYCタイムズスクエアのラウンジからの中継もございますshineホテル全体の紹介も行いますので、是非次のご宿泊プランの参考にしていただけると幸いですconfident画面越しではございますが、みなさまにお会いできることを楽しみにしておりますhappy01

Photo

ほりーchick

KAHKOW店舗情報: Kahkow USA (97 N 10th St space 1g, Brooklyn, NY 11249)

#ふたたび美しい世界へ オンライン体験セミナー

NY支店公式FACEBOOK

NY支店公式Instagram

NY支店公式ツイッター

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。
一日でも早く世界の新型コロナウイルス感染が終息し、皆様に素晴らしい旅行をご提供できることをスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
皆様も健康に留意し、健やかにお過ごしくださいませ。 
HIS ニューヨーク支店 

ショッピング 2021.01.21

こんにちは。happy01

ダウンタウンのブルックリン橋のふもとにあるニューヨーク市庁舎。building

アメリカで一番古い現役市庁舎の建物です。

地下鉄もバスもアクセスしやすい場所にあります。train

Untitled その1階の片隅にCITY STOREがあります。ニューヨーク市庁舎のお土産屋さんです。

Img2703

Img2704 中に入るとニューヨーク、ブルックリンのロゴの入ったグッズがずらーり。

ニューヨーク市職員はIDを見せるとディスカウントがあります。

Img2697

Img2696 ちょっと変わったお土産物としては、帽子につけたりするピンやらネクタイやら。

Img2700

Img2692

ちょっとしたお土産を探すのも、ただ眺めるのも楽しい場所です。

ニューヨークに来たときは是非お立ち寄りください。

ダ snail

いつもニューヨーク支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
ニューヨークは徐々に観光スポットも再開してきております。
皆様が安心してニューヨークにお越しいただけるようになった際に参考になる観光情報や
スタッフの日常生活などの記載を引き続き努めてまいります。
  。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。 

今、アメリカでもっとも注目されている、アメリカの首都ワシントンDCには、すばらしい美術館、博物館がたくさんあります。

現在、残念ながらコロナの影響でしまっていますが、HISのオンラインツアーなら気軽に体験できます!

詳細、お申込みはこちらからどうぞ↓

教養講座 ワシントン・ナショナルギャラリーハイライト

銀行家アンドリューメロンが、ロンドンのナショナルギャラリーに触発され、アメリカにも他国のような世界規模の立派な美術館を設立したいという夢見て、設立資金と自らの美術品コレクションを連邦政府に寄贈したことに始まります。

1941年設立、所蔵品は約15万点、中世から現代までのヨーロッパ、アメリカ美術が中心となっています。

開館当初は大理石でできた世界一の規模を誇った建物で、イタリア以外の最大のルネサンス期の絵画の所蔵がある美術館となっており、南北アメリカ大陸でレオナルドダヴィンチの絵が見れるのはここだけです。

しかも誰でも入れる美術館を目指し、開館当初から現在までなんと入場無料、これだけの作品を無料で自由に鑑賞できるというのが、さらにうれしい驚きです。

次のご旅行の前に、まずはオンラインツアーで傑作の数々を予習、というのはいかがでしょうか?

#ふたたび美しい世界へ オンライン体験セミナー

NY支店公式FACEBOOK

NY支店公式Instagram

NY支店公式ツイッター

by あつ

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。
一日でも早く世界の新型コロナウイルス感染が終息し、皆様に素晴らしい旅行をご提供できることをスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
皆様も健康に留意し、健やかにお過ごしくださいませ。 
HIS ニューヨーク支店 



HIS ニューヨーク支店

いいね!ニューヨーク
2021.01
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧