昨年12月に音楽の都ナッシュビルから歴史的なニューヨーク進出を果たした新感覚レストラン
OPRY CITY STAGE(オプリーシティステージ)」に行ってきました。

場所はブロードウェイの48丁目と49丁目の間。クラウンプラザホテルの真向かいです。

Opry_city_stage01
名称となっている「OPRY CITY STAGE」は、ナッシュビルで1925年から始まったカントリー音楽の公開ラジオ番組「GRAND OLE OPRY(グランドオールオプリー)」に由来しています。

GRAND OLE OPRY」は90年を越えた長寿番組として現在も続いており、カントリーのみならずフォークソング、ゴスペルなどのジャンルも取り混ぜ、アメリカ伝統音楽の存続に大きく貢献してきました。(公式サイト:https://www.opry.com/)

Opry_city_stage02

店内にはグランドオールオプリーに出演したカントリー歌手の写真、衣装、楽器などのメモランダムがあちこちに飾られています。
カントリー音楽に詳しい人なら「あの人もいる!、この人もいる!」といった感じで、大物歌手を次々と発見する喜びがあるでしょう。

Opry_city_stage03

基本的に毎日営業している2階のライヴ・レストラン(SECOND FLOOR STAGE)では、食事をしながら無料でカントリー音楽の生演奏を楽しむことができます。

Opry_city_stage04
4階にはもう一つのライヴ・レストラン(THE STUDIO AT OPRY CITY STAGE)があり、こちらは特定の日時のみ営業しています。
大物アーティストが出演することも多く、チケット購入が必要になります。

Opry_city_stage05

この日注文したのは、当店のお勧め「ナッシュビル・ポークシチュー」。
柔らかい豚肉、新鮮な野菜をたっぷりと盛り込んだグリットが芳醇な味覚を醸し出していました。

他にもミートローフ、リブアイステーキ、バーベキュー、キャットフィッシュなど豊富なメニューが揃っており、南部料理好きとしては定期的に通ってみたい誘惑にかられます。

Opry_city_stage06

1階奥はお土産コーナーになっており、ロゴ入りTシャツ、CD、小物などが豊富に取り揃えています。

大都市ニューヨークを満喫したら、次は音楽の都ナッシュビルへ!
いつの日か、そんな旅行ルートが定番になる日が来るかもしれません。

■MORE INFO■
https://www.oprycitystage.com/


Posted by 375

Image_4

shineNY支店公式Facebookshine

flairNY支店公式Instagramflair

chickNY支店公式ツイッターchick

音楽 2018.04.30

突然ですが・・・

ニューヨークを代表するライヴ音楽の名所として人気を集めていた

B.B.King Blues Club & Grill

が、4月29日(日曜日)の公演を最後にクローズしました。

2000年6月のオープン以来、往年のアーティストをメインとするプログラムで、
アメリカならではの良質の音楽を提供してきた音楽的中心地。

このブログでも、2月28日付の記事
3月から4月にかけての出演アーティストをご紹介したばかりでしたが、
まさか、それが最後の2ヶ月になろうとは夢にも思いませんでした。

貴重なライヴハウスが消えて行くのは、音楽ファンとして寂しいばかりですが、
いつの世でも、このような栄枯盛衰は避けることができないのでしょう。

近い将来、新たな音楽名所が誕生することを期待するしかありません。

Bb_king0742丁目の7番街と8番街の間。赤文字を基調としたネオンが、ひときわ綺麗に映えていました。

Bbking02_2地下1階のライブハウスに降りる途中、登場予定のアーティストのポスターがたくさん貼られていました。
2015年8月8日には、パティ・オースティンがライヴを行なっています。

Bb_king092017年3月15日に行なわれたボビー・コールドウェル公演のチラシ。
すでに60代後半ですが、元気なパフォーマンスを見せてくれました。

Bbking04アーティストの登場を待つステージ。開演までのわくわく感はライヴならではの体験です。

Bbking03客席の後方にはバーがあり、お酒を楽しみながら音楽に浸ることができました。

Bb_king10_2美味しい南部料理のメニューにも定評がありました。

5月以降に登場する予定だったアーティストのうち、何人かはSony Hall(235W 46th St.)のほうに場所を移しているようです。https://www.sonyhall.com/

ぜひ、今後も音楽の灯をともし続けてほしいですね。


Posted by 375

shineNY支店公式Facebookshine

flairNY支店公式Instagramflair

chickNY支店公式ツイッターchick

音楽 2018.03.31

アメリカ5大オーケストラのひとつ、ボストン交響楽団(BSO: Boston Symphony Orchestra)がニューヨークのカーネギー・ホールにて、3日間にわたって公演を行ないます。

1973年から2002年にかけては、小澤征爾氏が音楽監督として牽引していた名門。
現在の音楽監督はラトビア出身39歳の若手指揮者アンドリス・ネルソンス
今回、3公演とも指揮台に立つ予定になっています。

普段は地元ボストンでしか見れないので、この時期にニューヨークに来られる予定のクラシック・ファンには、またとないチャンスになりそうですね。

チケットも現時点で若干、取れるようです


4月11日(水)午後8時

バーンスタイン 交響曲第2番不安の時代
ショスタコーヴィチ 交響曲第4番

第二次世界大戦の時代を反映させる、現代的な2大交響曲の組み合わせ。
バーンスタインのジャズピアノ・ソロを担当するのはフランス出身のピアニスト、ジャン=イヴ・ティボーデです。

4月12日(木)午後8時

ワーグナー 楽劇トリスタンとイゾルデ』第2幕

ワーグナーの長大な楽劇から、第2幕のみをコンサート形式で演奏。
ブリュンヒルデ役を歌うのは「現在最高のメゾソプラノ歌手」として世界的に活躍する、藤村実穂子です。

4月13日(金)午後8時

モーツァルト 交響曲第23番
ヨルグ・ヴィットマン Partita, Five Reminiscences for Orchestra(ニューヨーク初演)
リヒャルト・シュトラウス 交響詩ドン・キホーテ

ドイツ=オーストリア系の作曲家による古典派・ロマン派・現代音楽の組み合わせ。
交響詩『ドン・キホーテ』で主人公ドン・キホーテを演じるチェロのパートは、世界的なチェリスト、ヨーヨー・マが演奏します。


参考Home Page
カーネギー・ホール
ボストン交響楽団


Posted by 375

shineNY支店公式Facebookshine

flairNY支店公式Instagramflair

chickNY支店公式ツイッターchick



H.I.S. ニューヨーク支店

いいね!ニューヨーク
2018.07
loading...
WORLD情報局