音楽 2018.01.03

New_york_phil01_2

クリスマスを過ぎて、ニューヨークも急速に寒さを増してきました。
外出するには勇気が必要な今の時期こそ、屋内エンターテイメントにはうってつけです。

そのメインイベントにふさわしいのは・・・
やはり、アメリカ最古の歴史を誇るニューヨーク・フィルハーモニック!

ニューヨーク・フィルでは、今季から新しくオランダ出身の指揮者ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン氏を音楽監督に迎えています。

どんなベテラン指揮者にとっても、就任1年目は新たな環境での出発。
今後への試金石ともなるので、気合が入ったパフォーマンスが期待できそうです。

今回は、2018年1月~2月のプログラムをご紹介してみることにしましょう。

1月4、5、6、9日
モーツアルト:ピアノ協奏曲第17番
チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲
ハイドン:交響曲第98番

チャイコフスキー『ロココ変奏曲』のチェロ独奏は、1995年、弱冠14歳でデビューしたアリサ・ワイラースタイン。来日経験も数回ある国際的チェリストです。
(期待度★★★)

1月11、12、13日
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
エサ=ペッカ・サロネン:Helix(ニューヨーク初演の現代曲)
ドビュッシー:交響詩『海』

フィンランド出身の女性指揮者スザンナ・マルッキと、ラトヴィア出身の女性ヴァイオリニスト、バイバ・スクリデという北欧女性アーティストの組み合わせ。
(期待度★★)

1月17、18、19、20日
ラヴェル:クープランの墓
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
ドビュッシー(ラヴェル編):サラバンド
ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ
ラヴェル:ボレロ

フランス音楽の大御所、シャルル・デュトワ指揮、ジャン=イヴ・ティボーデのピアノ独奏によるラヴェルのゆうべ。
(期待度★★★)

1月25、26、27日
プロコフィエフ:『3つのオレンジへの恋』組曲
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
プロコフィエフ:バレエ『ロミオとジュリエット』より抜粋

ヴァイオリン独奏はカナダ出身の若手ヴァイオリニスト、ジェイムズ・エーネス
(期待度★★)

2月8、9、10日
ヴォーン=ウィリアムス:タリスの主題による幻想曲
ブリテン:ピアノ協奏曲
サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付き』

イタリア・オペラの新たな巨匠として評価が高まりつつ指揮者アントニオ・パッパーノが登場。
ノルウェー出身の実力派ピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネスにも注目。
(期待度★★★)

2月14、15、17日
ジョン・ルーサー・アダムス:Dark Waves(ニューヨーク初演の現代曲)
ワーグナー:楽劇『ヴァルキューレ』より第1幕

新音楽監督ヤープ・ヴァン・ズヴェーデンが、オーケストラ+3人の歌手(ソプラノ、テナー、バス)というコンサート形式でワーグナーの楽劇を演出。
(期待度★★★)

2月22、23、24日
バーバー:弦楽のためのアダージョ
バーンスタイン:『ウエストサイド物語』より交響的舞曲
コープランド:交響曲第3番

ニューヨーク・フィルの副指揮者ジョシュア・ガーセンによるアメリカン・クラシック特集。
(期待度★★)

2月28日、3月1・2・3日
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
プロコフィエフ:交響曲第5番

シーズン随一の目玉プログラム。超絶技巧で人気のピアニスト、ユジャ・ワンが登場。
クラシック音楽とは思えない(?)華麗な衣装を楽しみにしているファンも多いとか。
(期待度★★★★)


■MORE INFO■
https://nyphil.org/


Posted by 375

せっかくニューヨークに来たからには、ブラックカルチャーも体験してみたいですよね。
この度、ハーレムの教会でゴスペルを聴きに行ってきました♪

ゴスペルが聴けるのは毎週日曜日の午前中。教会なので入場は無料です。
いろんな教会がありますが私は有名なグレーターレフュージ教会を訪れました。
※カラフルな外観が目印です。

Ex

訪れるとすでに多くの席が埋まっていました。いかにも観光客って感じの人は2階に通されるようでした。観光客には慣れているようで、信者じゃなくても嫌がられることはなく、温かく迎えてもらえました。
最初は余興の歌があり、次に本格的なゴスペルが始まりました。

All

無宗教の私は普段教会へ行くこともないので、けっこう厳かな雰囲気なのかな・・・と思っていましたがそんなことはなく、彼らの歌は底抜けに陽気でパワフルで、とっても感動しました!
客席の信者たちも一緒になって踊ったり歌っていて、すごく一体感があったのも印象的でした。

過去のつらい歴史をこうやって歌うことで乗り越えてきたんだな・・・と文化的背景もしみじみ感じました。

素晴らしい歌声にすぐ引き込まれて、あっという間に1時間ほどのゴスペルタイムが終了しました。

Up

ゴスペルの時間が終わると、観光客はぞろぞろと帰っていくので、私もこの時に退散。このタイミングで1~5ドル寄付をします。

コンサートを見終わったような満足感もあり、彼らの力強い歌声に元気をもらえました!
ハーレムという場所柄、ちょっと行きにくいと感じる方は、HISのツアーをご利用ください。ハーレムを知り尽くした日本人ガイドがご案内するのでとっても安心ですよ♪

MIMI

★ご予約はこちら★

ハーレム ゴスペルツアー ~ハーレムミニ観光付き~

 

たくさんのお客様が旅行で訪れるニューヨーク。観光目的だけでなくこの街には

勉強、またはお仕事で一定期間滞在されるかたも多いですね。

経験を積むため、またはビジネスチャンスをつかむため、

ものすごーく忙しい毎日をお送りかと思います。

時は金なりshine

が身にしみる(くっ・・・)街でもあります。ですがですが。

そんな!お忙しいあなたに

Dsc_0756_5

  ウェブ課・ちー先輩画伯作・”忙しい太郎”

もしもぽかっとcloud空いた日cloud

ありましたらぜひぜひご滞在の間に行って頂きたいツアーをご紹介いたします!

【日付限定】ベテラン日本人ガイドといく!

ミュージカル「アラジン」劇場のバックステージツアー

人気ミュージカルの劇場裏が見られるsagittariusまたとないチャンス!

【2017年8月12日 】ニューヨークでヨガを体験しよう!

~はじめてのアーユルヴェーダ講座~

健康ってなんだっけ??

くらい体の声が聞けなくなっていたら(?!)インド伝承の健康法とヨガを体験して

みませんか?

【2017年7月29日(土)】ファーマーズマーケット ショッピング&クッキングツアー(英語講師/日本語サポートあり)

料理好きはエンドレスで視聴してしまう、

Food Net Work チャンネルで活躍するシェフと食材のお買い物&一緒に料理が体験

できます!

ニューヨーク・フィルハーモニック 映画「STAR WARS」コンサートチケット

ニューヨーカーの間では既に売り切れセクションも続出

しているコンサートチケットです。コアなファンには

t-shirtコスプレしてt-shirt 聴きに行って頂きたい!

Sunday Funday Brooklyn Tour (英語ガイド)

今どんどん発展しているブルックリンを散策がてら、日が高いうちから

酔っ払いましょう~beer    

上に挙げたツアーは(こちらから言うのもなんですが)ヒネリが利いてます。今話題のスポットを訪れるだけでなく、ツアーならではの学びや発見があります♪ 今までにない経験をしたい方にぴったりです。

夏の1日、近郊の街フィラデルフィアに足を伸ばすご予定があり、

ヒヤッeyeとしたい方は

元イースタン州立刑務所 一般入場チケット

”入らず、訪れてください”

コピーをスタッフが添えております・・・coldsweats01

限りある期間中のご滞在で目が回るほどお忙しいとは思いますが、

めんどうな手配作業はプロにお任せ頂き、ほんの少しでも空いた時間に

shine思いっきりshineこの夏を満喫して下さいsun

夏ばてなど・・・ない!と言い切ります、の、By さっちゃんyacht

H.I.S. ニューヨーク支店

いいね!ニューヨーク
2018.01
loading...
WORLD情報局