今年も世界最高峰のオペラハウス、メトロポリタン歌劇場(MET)が開幕しました。
新音楽監督ヤニック・ネゼ=セガンの就任1年目となるメモリアル・シーズン。
上演される演目・日程をまとめてみました。

*土曜日は昼(MAT)と夜(EVE)の2公演があります。

サン=サーンス《サムソンとデリラ》★新演出★
9/24, 28, 10/1, 5, 9, 13MAT, 16, 20MAT, 3/13, 16EVE, 19, 23MAT, 28
ニコ・ミューリー《マーニー》★新演出★
10/19, 22, 27EVE, 31, 11/3EVE, 7, 10MAT
ヴェルディ《椿姫》★新演出★
12/4, 7, 11, 15MAT, 18, 22MAT, 26, 29EVE, 4/5, 10, 13EVE, 17, 20EVE, 24, 27EVE
チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》★新演出★
12/31, 1/4, 8, 12MAT, 16, 19EVE, 23, 26EVE

プッチーニ《ラ・ボエーム
9/25, 29MAT, 10/3, 6EVE, 10, 13EVE, 11/29, 12/3, 6, 10, 13
ヴェルディ《アイーダ
9/26, 29EVE, 10/2, 6MAT, 11, 15, 18, 1/7, 11, 14, 18, 2/28, 3/4, 7
プッチーニ《西部の娘
10/4, 8, 12, 17, 20, 23, 27MAT
プッチーニ《トスカ
10/25, 29, 11/2, 5, 9, 13, 17MAT, 3/18, 23EVE, 26, 29, 4/2, 6MAT
ビゼー《カルメン
10/30, 11/3MAT, 6, 10EVE, 15, 1/9, 12EVE, 17, 21, 26MAT, 29, 2/2MAT, 5, 8
ボーイト《メフィストフェーレ
11/8, 12, 16, 19, 24EVE, 27, 12/1MAT
ビゼー《真珠採り
11/14, 17EVE, 20, 24MAT, 28, 12/1EVE, 8EVE
プッチーニ 三部作《外套》《修道女アンジェリカ》《ジャンニ・スキッキ
11/23, 26, 30, 12/5, 8MAT, 12, 15EVE
ヴェルディ《オテロ
12/14, 17, 21, 28, 1/2, 5MAT, 10
モーツァルト《魔笛
12/19, 22EVE, 24, 27, 29MAT, 1/1MAT, 3, 5EVE
ドビュッシー《ペレアスとメリザンド
1/15, 19MAT, 22, 25, 31
チャイコフスキー《イオランタ》/バルトーク《青ひげ公の城
1/24, 28, 2/1, 4, 9MAT, 14
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ
1/30, 2/2EVE, 6, 9EVE, 13, 16MAT, 20, 4/4, 9, 12, 15, 18
ドニゼッティ《連隊の娘
2/7, 11, 15, 18, 23EVE, 26, 3/2MAT
ヴェルディ《リゴレット
2/12, 16EVE, 19, 23MAT, 3/1, 6, 9EVE, 15, 20, 4/26, 5/1, 4MAT, 10
ヴェルディ《ファルスタッフ
2/22, 27, 3/2EVE, 5, 8, 12, 16MAT
ワーグナー《ラインの黄金
3/14
ワーグナー《ワルキューレ
3/25, 4/25
モーツァルト《皇帝ティートの慈悲
3/30EVE, 4/3, 6EVE, 11, 16, 20MAT
プーランク《カルメル会修道女の対話
5/3, 8, 11MAT

ワーグナー《ニーベルングの指輪》ラインの黄金、ワルキューレ、ジークフリート、神々の黄昏
第1サイクル 3/9MAT, 3/30MAT, 4/13MAT, 4/27MAT
第2サイクル 4/29, 30, 5/2, 4EVE
第3サイクル 5/6, 7, 9, 11EVE

出演者等詳しい情報はMETのオフィシャルサイトをご覧下さい。

ともかくこれだけ膨大なプログラムを1シーズンでやってしまうのですから、すごいものです。
世界のトップ歌手とオーケストラが繰り広げる夢のスペクタクル。
今シーズンも歴史に残る名舞台が期待されます。


Posted by 375

shineNY支店公式Facebookshine

flairNY支店公式Instagramflair

chickNY支店公式ツイッタchick

音楽 2018.08.31

Nyp01
2018年も早や9月。
「芸術の秋」の到来とともに、リンカーン・センターに本拠地を持つオペラ、バレエ、オーケストラ
の新シーズン開幕が近づいてきました。

その中でとりわけ注目されるのが、ニューヨーク・フィルハーモニック。
すでに告知があったとおり、2018-2019年のシーズンから、新たな音楽監督が登場します

その名は・・・ Jaap van Sweden

オランダ、アムステルダムの出身です。

オランダ語では「J」は「Y」、「W」は「V」の発音に変化するのが一般的であることから、
ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン」という表記が慣例になっています。

経歴を簡単に紹介すると・・・

1960年12月12日出生。
幼少の頃からヴァイオリニストを志し、アムステルダムの音楽学校で学んだ後、
コンクールでの優勝を機に、15歳でニューヨークのジュリアードスクールに留学しました。

そして1979年に19歳で名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサートマスター
(首席ヴァイオリン奏者)に抜擢されました。
これは世界的にもコンマス就任の最年少記録で、演奏者としていかに非凡な才能を持っていたかがわかります。

しかし、彼はヴァイオリニストとしてのキャリアだけでは満足しませんでした。
1995年(35歳の年)に同楽団のコンマスを離れ、指揮者としての道を歩み始めます。

オランダ国内をはじめとしてヨーロッパ各地のオーケストラで指揮活動を続け、
2008年からダラス交響楽団の音楽監督としてアメリカに進出。

2012年からニューヨーク・フィルハーモニックにたびたび客演するようになり、
ついに今回、アラン・ギルバート氏の後任として名門ニューヨーク・フィルの音楽監督という
大きなポジションを得ることになりました。

現時点では、一般的な知名度はあまり高くないかもしれません。

しかし、クラシックファンの間ではブルックナー、ブラームス、ベートーヴェンなどのCD録音
高い評価を得ていることで知られています。

芸風の特徴をひとことで言えば、
昔の巨匠を思わせるスケールの大きさと、現代的な緻密さを併せ持っている
というところでしょうか。

年齢的に見ても(現在57歳)、指揮者として全盛期を迎えるのはこれからであり、
最近では数少ない「大物感のある本格的指揮者」として期待できると思われます。

新たな巨匠(NEW MAESTRO)による新時代(NEW ERA)の到来。
新生ニューヨーク・フィルの記念すべき1年目に注目です。

Nyp02
MORE INFO
https://nyphil.org/


Posted by 375

shineNY支店公式Facebookshine

flairNY支店公式Instagramflair

chickNY支店公式ツイッターchick

先日、坂本龍一氏のドキュメンタリーのオープニングナイトにリンカーンセンターへ行ってきました。

Sakamoto1

東日本大震災、ご自身の克服されたご病気のこと、戦場のメリークリスマスから始まった、映画音楽の世界、YMOの若い頃の映像なども含めて、かなり見ごたえのある内容でした。映画の予告編の画面をパチリ。(津波にあったグランドピアノを弾く坂本教授。)

Sakamoto_2

監督さんと坂本龍一氏の舞台挨拶、小気味良い会話も楽しめました。CODAとは音楽用語で曲の終わり、完結部を意味し、坂本龍一氏は『僕の人生のCODAは誰から決められるものではなく、僕自身が決めるものだ!と、最初はこのタイトルが嫌いだった』というエピソードから始まり、ディープなつっこみをいれまくり、監督さんたじたじでした。(私のカメラで取ったので画像が荒いですが。)

Sakamoto_3_2

監督さんはCODAは終わりのように見えて、実は新たな世界への始まりというのを、坂本龍一氏のこれまでの人生と重ねて伝えたかったのかな?と思いました。

ほぼ日本語で英語字幕ですので、私たち日本人にはうれしいドキュメンタリーです。現在、8/2(木)までの上映のようですので、まだ見ていらっしゃらない方はお急ぎ下さいませ。

https://www.filmlinc.org/films/ryuichi-sakamoto-coda/

Film Socety Lincoln Center

Elinor Bunin Munroe Film Center

144 West 65th Street, Bet Bway and Amsterdam Avenue

by あつ

shineNY支店公式Facebookshine

flairNY支店公式Instagramflair

chickNY支店公式ツイッターchick



H.I.S. ニューヨーク支店

いいね!ニューヨーク
2018.10
loading...
WORLD情報局