その他 2020.02.14

アーユボーワン!
コロンボ支店です。

今日は、コロンボから一番近いリゾート地である、マウントラヴィニアをご紹介します。

マウントラヴィニアへコロンボから車で約40分ほどのところにある日帰りも可能なリゾート。
コロンボの忙しい日常からエスケープするのに絶好の場所です。
忙しく観光するというよりはホテルやビーチでゆっくりと過ごしたり、
ぶらぶらお散歩するのがおすすめですよ。


コロンボから車で向かうと、時間帯によっては、写真のような、海に沿って走る電車が見られるかも!
(写真は急に電車が来て焦って撮ったので、いまいちですが…)

Dsc_4094


目指すはマウントラヴィニアのランドマーク、白亜のマウントラヴィニアホテル。
コロンボ近郊でも歴史のあるホテルで、コロニアルな外観や内装、重厚なインテリア。
世界中の各界にファンも多いという、このホテル一生に一度は泊まってみたい…。

Dsc_4280


ご宿泊をしなくても、ランチやハイティーなどでも楽しめるこのホテル。
ロビーでお茶をするだけでも、この場所に立ち寄る価値があります。
それはロビーからのこの景色!!↓

Dsc_4285


そして、海沿いなだけあって、シーフードが美味です。
カレーにつかれたあなたに贈るガーリックシュリンプ。サラダ付きなのもうれしいところ。

Dsc_4259


こちらのレストランは、話し好きのご夫婦が経営するAngler
やや中に入った静かな立地で落ち着いて食事ができます。
Angler  住所:71 Hotel Road | Western, Dehiwala-Mount Lavinia 10370

Dsc_4260


私のお気に入りはマウントラヴィニア駅。

Dsc_4275


このレトロな雰囲気がたまりません!

Dsc_4277


先ほどのマウントラヴィニアホテルと外部(?)をつなぐ橋。構造が面白いですよね。
ここに限らず、この海沿いの駅近のホテルでは敷地を線路が通っているところも結構あるそうです。

Dsc_4281


帰りは電車で戻りました。海岸沿いを電車が潮風をきって進んでいきます。
席は海側がマスト!ただし、この日は2時間ほど遅延していました…。

Dsc_4297


日本人には意外と穴場なマウントラヴィニアですが、欧米や中国の方には人気があるようです。
コロンボよりもゆったりと時間が流れていて、観光地らしい忙しさがないので、
旅行の最終日にマウントラヴィニアでランチなどをしてゆっくり過ごすのもいいかもしれませんね。

電車の旅をちょっとだけ体験してみたい方や、海沿いを走る電車に乗ってみたい方にも、おすすめですよ。

今回ご紹介したマウントラヴィニアホテルは、こちらからご予約が可能です。↓
https://hotels.his-j.com/HotelDetail/CMB00197.aspx

次に行く旅行先に迷っている方がいたらスリランカに
行かれてはいかがでしょうか。

小さな島国の中にいくつかの観光地が点在しているスリランカの
観光起点になるであろうキャンディという街をご紹介します。



キャンディはスリランカの真ん中あたりにある第二の都市です。
第一の都市コロンボから長距離バスで4時間ほどのところにあります。

コロンボよりキャンディの方が見どころがコンパクトにまとまっていて街歩きしやすく、
ちょっとした移動もドライバーによりますが
トゥクトゥク(スリランカではスリーウィーラーといいます)代も安いことが多いです。


【コロニアル風のクイーンズホテルがある】
キャンディの中心地であるキャンディ湖の近くにクイーンズホテルがあります。
ヨーロッパの国に支配されていた名残のあるコロニアル風(イギリスの建築様式)の老舗ホテルです。
シャワーなどの水圧に若干の不安があるものの、コロニアル調の外観や
木製のエレベーターを見るとヨーロッパにいるような気分になれます。
人気のホテルなので飛び込みで宿泊できることは稀なので、
宿泊したい方は事前予約をおすすめします。





【現地の食事に飽きても問題なし】
現地の食事に飽きたら世界的に有名なハンバーガーやピザの超有名チェーン店が
キャンディにはあるんです。
メニューは通常のファストフードの他に、現地の方が食べるカレーもあります。
一緒に行った現地ガイドさんはカレーを食べてました。
某ピザのチェーン店はキャンディ湖や仏歯寺(ダラダー・マーリガーワ寺院)の
近くにわかりやすく存在してます。お店の2階席からは湖が一望できます。





【ピンナワラのゾウの孤児園が近い】
キャンディから車で1時間30分ほどのところに親を亡くしたり
はぐれてしまった子供のゾウを保護する孤児園があります。
入場料が2,000円弱とけっこうお値段はりますが、
ゾウの保護のためと思えば納得の料金設定です。
運が良ければ川で水浴びをするところを見ることができます。

0040_suzuki_01






ちなみに…



スリランカ観光のメインになるであろう世界遺産・シーギリヤロックに行くときは
一部大理石の階段があるので滑りにくい靴で挑んでください。
現地のガイドさんは慣れた様子で壊れたビーチサンダルでスムーズに登ってますが。。





次の旅行先に迷ったら是非スリランカに!!

0040_suzuki_02



すずき

その他 2020.02.06

アーユボーワン!
コロンボ支店です。

今日は、毎週土曜日にコロンボ レースコースの近くで開かれているGOOD MARKETをご紹介します。

Dsc_4159


Dsc_4145


GOOD MARKETのコンセプトは「人と地球にやさしい」。

オーガニックの野菜や果物、スリランカでデザインされ作られた環境にやさしい製品、
健康によいフードやドリンクなど、主催者によって選び抜かれたベンダーが軒を連ねています。
ビニール袋や使い捨てのプラスチックの食器などを排除する徹底ぶりです。

ぐるっと一周すればすぐ回れてしまうのですが、その中身は充実しています。
それでは、私が気になったお店を紹介します!


スリランカ土産にもなりそうな、センスのいいコースターなど

Dsc_4138


Dsc_4139


サリーの古布から作ったエコバッグ

Dsc_4156


銅を使ったアクセサリー

Dsc_4150


Dsc_4151


スリランカ伝統の竹かご製品

Dsc_4154


スリランカバティック(ろうけつ染め)の服

Dsc_4155


マンディオカ芋のカレー

Dsc_5172


ライスの代わりに芋とカレーを食べます。初めて食べました。美味しかったですよ~

Dsc_5173


スリランカスイーツのお店。デザートもここで調達。

Dsc_4147


このほか、天然のはちみつ、アーユルヴェーダ製品、カシューナッツ、
フレッシュフルーツジュース、キングココナッツなどのお店もありました。


こんな青空の下で、食べ歩きやショッピングをすると休日を満喫している気分になります。

Dsc_4158


近くにはこんないい感じの木もあり、木陰を吹き抜ける爽やかな風を感じながら、
カレーを食べました。

Dsc_4144


コロンボ観光が土曜日にあたる、ラッキーな方は、ぜひGOOD MARKETをのぞいてみてくださいね!

尚、週によって、出店する店舗が違うので、お目当てのお店があるときは、
下のリンクのウェブサイトでチェックしてみてください。

GOOD MARKET:
https://info.goodmarket.global/saturday-good-market.html



HIS コロンボ支店

2020.02
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧