ゴール-観光 2020.01.06

アーユボーワン!
コロンボ支店です。

前回の続きになります。

Dsc_4594


フォート内には、歴史的建造物などの見どころもあります。
植民地時代の面影を残す、オランダ教会

Dsc_4608


こちらも植民地時代からのオール・セインツ教会
隣の郵便局跡(?)からも歴史を感じます。

Dsc_4612


オランダ統治時代の紋章の残るオールドゲート

Dsc_4606


1668年…。

Dsc_4604


このように見どころ満載のゴールですが、
教会だけではなく、モスクやお寺もあり、

Dsc_4665


街中はおしゃれなカフェやショップでひしめく、
なんとも不思議な街なのです。

Dsc_4533


不思議と居心地のいい街なので、時間が許せば1泊2泊はゆっくりしたい街です。
(レストランもイタリアン、和食、スリランカ料理、モロッコ料理と選びたい放題!)

もし、コロンボから1泊2泊で行かれる場合は、チャーターカープランがおすすめです。
https://activities.his-j.com/TourLeaf/CMB0080/

お時間がない場合は日帰りツアーもあります。
https://activities.his-j.com/TourLeaf/CMB0042/

ゴールへは高速道路が通っており、コロンボからはアクセス抜群です。
是非、スリランカへご旅行の際は、南の街ゴールへもお越しくださいませ。

ゴール-観光 2020.01.03

アーユボーワン!
コロンボ支店です。

昨年の話になりますが、クリスマスの休暇に、南の街ゴールに行ってきました。

ゴールはその旧市街と要塞が世界遺産に登録されています。
仏教国スリランカにあって、教会やモスクのほうが多く、
またオランダ統治時代のコロニアルな雰囲気も残っているおしゃれな街です。

まずはランドマークである時計塔

Dsc_4468


ここを起点に、フォート(要塞)の上をぐるっと歩きます。
天気がいいと日差しが強く、暑いので、帽子やサングラスをお忘れなく!

Dsc_4480


こんな感じでフォートの上を歩いていきます。

Dsc_4559


海の色が青くて、透き通っています…!

Dsc_4572


こちらが灯台です。真っ白で青空に映える!

Dsc_4580


フォートの上から見える景色も素晴らしいです。

Dsc_4582


海風に吹かれながらフォートを歩くのは本当に気持ちがいいですよ。

コロンボからゴールへの日帰りツアーのお申し込みはこちらから↓
https://activities.his-j.com/TourLeaf/CMB0042/

ブログは、「2」に続きます。

ゴール-観光 2014.03.26
アーユーボワン!ちっちです。

週末、世界遺産 ゴール観光に行ってきました。


<世界遺産>ゴール観光(ウミガメ孵化センター見学付) として、

現在、オプショナルツアーでも絶賛販売中です。



☆おすすめポイント☆


・奇跡の世界遺産!
 ゴール旧市街とその要塞群巡り

・かわいいウミガメの赤ちゃんと触れ合える!
 ウミガメ孵化センターの見学付き

・選べるプラン!
 ランチ&日本語ガイド付き送迎/ランチなしの英語ドライバー送迎


【世界遺産 ゴール観光 スケジュール】

行きは、コロンボから東海岸をゆっくり南下して、

海岸沿いをドライブしながらウミガメ孵化センターに立ち寄ります。



ウミガメが産卵した後、地元の漁民から卵を買い取り、

48日間かけて土の中で孵化させるそうです。



現在、5種類のウミガメを保護しているとのこと。



実際の卵はゴルフボール位の大きさ。

1つ40ルピー(日本円で35円くらい)、

1日平均50個、多いときは100個の卵を保護してるんだとか。



ウミガメに触れるのはここだけ!と書かれた水槽をのぞくと…

産まれたばかりの赤ちゃんウミガメがところ狭しと泳いでいます。

卵から孵ると生後3日まで水槽の中で過ごして、海に還ります。



思いのほか元気な赤ちゃんウミガメは手足をバタバタ。

恐る恐る赤ちゃんウミガメを「つかむ」ちっち。

すっぴんでごめんね、ぺこりん。


運営費は入場料と寄付で賄われているので、

ちっちも気持ちばかりですが寄付しました。



ウミガメ孵化センターを後にし、ゴールへ。

旧市街と要塞は世界文化遺産に登録されています。



ゴールに来れば誰もが訪れるフォート。

この日は天気もよくて眺めも最高でした。

暑いので水分補給を忘れずに、街歩きしてくださいね。





フォートのシンボルとも言える灯台。

白さ際立ちひときわ目立つ存在です。





時計台は今も現役で時を刻んでいます。



歴史を感じる城壁門をくぐると…



ダッチの象徴である赤茶色の屋根、

トゥクトゥクが自然に馴染む光景が広がっていました。



帰りは、高速道路を利用してコロンボまでノンストップ。

スリランカ初の高速道路が開通して、移動時間がぐんと短くなりましたよ。

日帰りで気軽に行けるので、

コロンボに立ち寄った際は是非行ってみてください!


お申し込みは、H.I.S VACATIONpcまで。


ではではー。




HIS コロンボ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局