アーユボーワン!
コロンボ支店です。

文化三角地帯の三角の頂点にあたる場所にあるアヌラーダプラについてご紹介します。

遺跡のあるエリアはかなり広いので、車やスリーウィラーでの移動が便利
遺跡は仏教遺跡が主となっています。


まずはアヌラーダプラの象徴ともいえる、巨大な仏塔「ルワンウェリ・サーヤ大塔」

Dscf0200


この周りを熱心な仏教徒が祈りを捧げながらぐるぐると回っています。

Dscf0204


そして、岩肌に作られた小さな寺院「イスルムニヤ精舎」の本堂に横たわる涅槃像。

Dscf0210


この本殿からはアヌラーダプラの町が見渡せます。

Dscf0211


世界遺産があって観光地なのに、なんとも素朴な町。
ゆったりとした時間が流れています。

Dscf0212


そして、遺跡地区の北のほうにある、王妃の宮殿跡「クイーンズ・パビリオン」
この建物跡の入り口にあるのが、「ムーンストーン」

邪悪なものが建物の中に入らないように守護する目的もあるムーンストーン。
ここに描かれている動物は、象、馬、ライオン、牡牛だそうです。見つけられますか?
象=誕生、馬=老い、ライオン=病、牡牛=死の象徴で、輪廻転生を表しているそうですよ。

Dscf0218


そして、白い仏塔が一般的なスリランカで、赤茶けた石でできている「アバヤギリ大塔」

スリランカでは上座部仏教(簡単に言うと出家をすることに意味を見出す仏教)が一般的ですが、
こちらは日本の仏教と同じ、大乗仏教(念仏を唱えることで、すべての人が救われるという教義)のもの。

今は、スリランカから消えてしまった大乗仏教の歴史の儚さが感じられます。

Dscf0221


こちらは写真も見切れてしまっているほど、巨大な仏塔「ジェータワナ・ラーマヤ」
これもやはりアヌラーダプラのランドマーク的存在。

Dscf0223


こちらは僧たちの沐浴場であったという「クッタム・ポクナ」
体を清めるということもありますが、アヌラーダプラは暑いので、
お坊さんたちにとってもここは涼のとれる癒しの場であったことと思います。

Dscf0226


アヌラーダプラは外国人には世界遺産として知られていますが、
スリランカの仏教徒にとってみると、大切な聖地であり、今もなお信仰の場として、
日々、多くの人でにぎわっています。

Dscf0236


ガイドブックを片手に遺跡を回るのもありですが、
やはりガイドさんの説明を聞きながら観光するのがおすすめです。
歴史をより深く知ることができますよ。

こちらからH.I.S.スリランカのツアーが検索できます。
出発地に合わせて検索してみてくださいね。
https://tour.his-j.com/ct/search/02A_10/ASI/LKA/

皆様
こんにちは!!

HISコロンボ支店ディですheart04

今スリランカにきている
お客様の数も増えてきているし
女性二名様のツアーの数も増えているし
スリランカは今とても人気がある
観光スポットになっているのかな。。

この間スリランカの色々な所をCNNなどで紹介しているニュースとか
スリランカのホテルが色々な授賞式で賞を受け取っていること
などみるとやはりスリランカはお客様には
素晴らしい観光スポットの国になっているよねと考えました。

HISスリランカ支店も今お客さんことよく考えて
色々な素晴らしいツアーパッケージとか新しいホテルなど
紹介しますのでスリランカに来るお客様方には
素晴らしい経験を持つことができます。

今日もそのような素晴らしいホテルを
紹介しようと思いました。

ホテルはアヌラダプラに位置している
ウラガッラ.リゾートです。


$H.I.S.スリランカ支店のブログ

$H.I.S.スリランカ支店のブログ

写真はhttp://www.ft.lk/より頂きました

ウラガッラ.リゾートは58エーカーの敷地で20シャレーで構成され、環境に優しい豪華なブティックホテルです。

各のシャレーが独自のプライベートプランジプールを付いています。

*野生動物サファリに人気があり、ゾウを見ることができるMinneriya国立公園と
ヒョウが見られることで有名なWilpattu国立公園にはホテルから近いです。

素晴らしいことはウラガッラ.リゾートが
アジアパシフィック授賞式最優秀サスティナブルホテルとして
賞を受け取っていますよ!!

このホテルで一泊泊まって見ませか??
泊めたい方はこのリンクでお願い致しますbleah
http://hotels.his-vacation.com/jp/jp/HotelDetail/ADP00004.aspx
こんにちは!!!

今日は仏教徒は大切にされている場所を紹介します。
セウです。

ミヒンタラヤーはアヌラーダプラから
13キロメートルほど離れて位置してあり、
約300メートルの高さがあるロックです。

仏教徒にとってなぜこれは大切でしょうか

このロックの頂上でインドのアソーカ天皇の息子ARAHATHマヒンダと
その間スリランカの王様であった、
王デーワーナン.ピヤディッサに出会った場所がこれです。

この歴史的な出会いを中心になって現場も人気になりました。

だからこそ仏教徒にこれほど大切になっていますよ。。

その歴史的な石はこれですよ。。。heart04

H.I.S.スリランカ支店のブログ

その歴史的な出会いをきっかけに気になったこのロックは
6月の満月に仏教徒でいっぱいになります。

この岩は現在「アーラダナーガラ」と呼びます。

昔だけではなくいまもたくさんの人々がこのロックを登ります。
頂上に登ったら周りのジャングル、
大塔と仏像がきれいに見えるので
長い間眺めていて全然目は疲れません。!!!!eye

H.I.S.スリランカ支店のブログ

H.I.S.スリランカ支店のブログ

登る時気を付けなければならない点がいくつかあります。

sign01強い風があるのではしご段をいつもよくつかんでいてください。
sign01急坂があるところが多いです。

気をつけることは何よりも大切妥当思います。

じゃまたね。。。。



HIS コロンボ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局