観光 2022.11.16

Image019_2


皆さんこんにちは!台北支店のTです。
突然ですが、皆さんは犬派ですか?それとも猫派ですか?
私は犬派ですが、この前猫好きな友達と猫カフェに行ってきました。

Image003

Image005 Image007 店の外観

店に入ったら、猫の餌とおもちゃなどが両側に並んでいます。

Image009 メニュー
猫カフェに行った日は週末だったので、少し混んでいました。

Image011お会計カウンターではケーキも買えます。
友達と行った頃はもう残りわずかで、ちょっと残念でした。

Image013 Image015 猫たちと遊べるコーナー

Image017 Image019 Image021おやつを手に持つと、一気に寄って来ます...!
みんな子猫で元気いっぱいで、私のほうが先に疲れてしまいました(笑)

Image025 Image027 Image029 こういう遊び疲れた一旦業務中止中の猫もいます。

Image033 店の看板ニャンコです!
のんびりで羨ましいですね。

この猫カフェ「一室有貓」では、猫を譲り受けることもできます!
たとえ自身の事情でペット飼えなくても、休日に猫カフェで猫たちと
遊んで、癒されるのもいいと思います。


以上、台北支店でした。
========================
一室有貓
台北市中正區杭州北路22號
板南線 善導寺駅6番出口から徒歩約5分
営業時間:11:00~19:00(月曜休み)

観光 2022.10.26

00

こんにちは!
台北支店のKです!

この間、長めの休暇を取り、
台湾の離島「蘭嶼(ランユイ)」に行ってきましたので、
アツアツの蘭嶼旅を紹介したいと思います!

01

蘭嶼は、台湾の東南部にある孤島で、台湾では二番目に大きい島です。
島には普段「タオ族(達悟族)」という原住民の方々のみが暮らしていますが、
旅行のハイシーズンになると、台湾本島からワーキングホリデーに行く学生たちも多いそうです。

蘭嶼のベストシーズンは、
3~6月のトビウオ祭りシーズン と 7~10月のダイビングシーズン、
主にこの二つに分かれています。

02タオ族の代表的な船の形のベンチ

今回、
私は学生たちの夏休みを避けて、
観光客が比較的少ない9月末から10月頭を狙って行ってきました!

しかし、
おそらくまだ自由に海外旅行に行けない時期だったため、
思ったより人が多かったですね...

03 「乳頭山」の頂点から見た風景

┃蘭嶼へ行く交通手段
① フェリー
台東の「富岡」または屏東の「後壁湖」からフェリーで行けます。
料金は往復で約2,500台湾元ぐらいです。

② 飛行機
台東から飛行機で行けます。
料金は往復で約3,000台湾元ぐらいです。
ただし、小型飛行機のため、天候によるキャンセルも多いのでリスクがあります。


┃蘭嶼での宿泊
民宿が多く、大きいホテルはありません。
また、バックパッカー向けのホステルも多いです。


┃蘭嶼での移動手段
一番お勧めするのはバイクです。
バイクのレンタルショップはたくさんあり、基本的には125ccのスクーターのみ提供しています。

04 この六日間、私のパートナーだったバイク

では、ここからようやく私の旅を紹介したいと思います!

前日に台東で1泊して、
翌日の昼に「富岡埠頭」からフェリーに乗って、蘭嶼に到着♪

05埠頭すらこんなにキレイなのは初めて見た!

早速、ホステルにチェックイン
今回は一人旅なので、ホステルに泊まりました。
ホステルで同じ旅行好きのルームメイトに出会って、
新しい友達もできました~

06 私のベッド

つづいては、今回私が行った蘭嶼にある天然プールをいくつか紹介したいと思います!


東清秘境

07


小さな洞窟を出て、本当に秘境に来たような感じがしますね。
海水はもちろんキレイで、インスタ映えスポットにもなってます。


潮池

08

09

10



熱帯魚もサンゴも満喫できる天然プール!
偽造写真じゃないかと疑うぐらいキレイな青色!
底は結構深いので、ダイビングに来る人も多いそうです。
私の一番のオススメ!


銀野冷泉

11


暑い南国では、冷泉最高!!って感じですね。
太陽を浴びながら、冷たい冷泉で体を冷やします~


朗島秘境

12


ここは細長い形で、本当のプールのように泳げますよ。
さらに底が深いので、ここに飛びこみをしにくる人も多いらしいです。


今回、私は天然プールでゆったり泳ぐ以外に、
水上アクティビティ「SUP(サップ)」も体験しました!

13



体全体でバランスを取りながら、パドルで漕いで、自力で出航!
立つのが怖ければ、座ったままでもOKですよ~
初心者でも簡単にできますので、ぜひ一度お試しください!


海の活動以外に、
島中を散策するのもおすすめです!
特に猫好きの方にとってはパラダイスと思います!

14

15


16


17


もう、可愛すぎてたまりません!

18

猫のほかに、ヤギも多い!!

運転するときはヤギにぶつからないよう、要注意です(笑)


そして、私の一番おすすめレストラン!
東清にある異国料理屋「以斯拉」です。

19

海を眺めながらの食事は最高!

20

料理もとにかくおいしい!


B級グルメなら、こちらのあわドーナツがお勧め!
もっちもちのあわ(小米)は歯応えがよく、味も通常のドーナツよりさっぱりしています。

21

ああ~写真を見ていると、また蘭嶼に行きたくなってきました。
今度は特産の「トビウオ」を食べてみたいと思っています。

よし!また来年も行こう!


以上、
台北支店のKでした。
 

22

こんにちは、台北支店のSです。

台北の下町萬華と言えば、「龍山寺」、「剝皮寮」、「華西街夜市」などが有名です。歴史を感じられて、昔の庶民の生活を体験できるのが萬華の魅力です。

今回紹介したい「新富町文化市場」もその一つです。

「新富町文化市場」は、約90年前に建てられた建物で、
名前の通り、もともとは萬華の伝統市場でしたが、
現在は「萬華の文化基地」として、レンタルオフィスやスペースを提供しています。
飲食や歴史に関する講座も定期的に行われています。

Img_9410

新富町文化市場の入口

右側の木製の扉は「愛嬌姨冰店」という創業80年の氷店です。

萬華地区の伝統市場で使っている氷は、大体このお店で生産された氷です。

Img_9425

お店の内部

オーナーは70歳のおばあさんで、現在も現役で働いています。

Img_9412

昔の金庫

数年前に発見されて、開錠の専門家を呼びましたが、、、

残念ながら中身は何もありませんでした(笑

Img_9413

カフェ

奥に見えるのは、昔の市場の構造です。

(カフェ自体は9月12日に営業終了となりました。)

Img_9419

Img_9420

Img_9421

昔の市場風景をミニチュアで再現したものです。

すごくかわいいですね。

Img_9435

市場の中庭

近年はインスタ映えスポットとして知名度が上がっています。

近年、台北は「新富町文化市場」のような古跡を整理して再利用するリノベーションが流行っており、ミュージアムやカフェとして様々な建物が生まれ変わっています。

古い建物が好きな方はぜひ時間をかけて、台北市内で探してみてください。

以上、台北支店でした。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

【新富町文化市場】

住所:台北市萬華区三水街70号

営業時間:10:00~18:00、月曜日定休

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*



HIS 台北支店

2022.12
loading...
カリブブログ一覧