Dsc_02161_2


こんにちは、台北支店のKです。

前回に続き、国旗屋の料理を紹介します。
米干を中心とする雲南料理が人気を博しています。中華料理、山岳料理、東南アジア料理をまとめた味で、普段の台湾市場ではあまり食べられない珍味です。

(国旗屋のメニュー。雲南料理のため、正直多くの台湾人もどんな料理かわかりません。)

Dsc_0234


今回、筆者は綜合米干、大薄片、碗豆粉の3種類を頼みました。

Dsc_0238


綜合米干とは日本語に訳すと、ミーガンの盛り合わせです。
米干(ミーガン)とはインディカ米を磨いて、ペースト状にして、鉄板に載せて蒸します。出来上がったら、太い麺のようにカットします。

見た目はベトナムのフォーに近いですが、食感は全く違うもので、口に入れると、すぐ溶けます。子供や高齢者にとって、非常に食べやすいです。

Dsc_0249


豚ミンチのスープは見た目は濃そうですが、台湾系のラーメンのようにあっさりとしています。また山岳料理のため、海産物の出汁、食材などが入っていません。日本の方にとって珍しい味だと思われます。

また米で作られているため、ご飯のように満腹感を得られて、労働者にとって非常にコスパが高い料理です。

米干の盛り合わせとは卵、豚肉、豚レバーを一緒に入れたものです。

これ一杯だけで、食欲が満たされて、泰緬孤軍に相応しく素朴な戦陣食らしい料理です。

大碗(Lサイズ):65元(約230円)、小碗(Mサイズ):60元(約210円)

-----------------------------------------------------------------
碗豆粉(ワンドウフェン)

エンドウ豆をゼリーにして、さらにキュウリ、ピーナッツ、唐辛子などを載せて、酢のタレをいれた料理です。

エンドウ豆のゼリー自体はあまり味がしませんが、酢のタレがかかっているため、酸っぱくて、爽やかな味で、東南アジア風らしい料理です。

Dsc_0245


Lサイズ:50元(約175円)、Mサイズ:40元(約140円)

-----------------------------------------------------------------
大薄片(ダーバウピエン)
豚の頭の皮を薄く切って茹でた後、ピーナッツ、玉ねぎ、パクチーなどを載せて、碗豆粉と同じタレを入れた料理です。

台湾の食堂でよく豚の頭の皮を使ったおつまみを見かけますが、大薄片の場合、酢のタレを使うため、全く油っぽさを感じず、爽やかな味です。ビールが好きな方にとって、おつまみに丁度いいかもしれません。

Dsc_0242


Lサイズ:100元(約350円)、Mサイズ:50元(約175円)

-----------------------------------------------------------------
筆者は全部Mサイズを頼んだので、合計150元(約530円)でした。
コスパがよくて美味しかったです。

忠貞市場へのアクセスは、台北駅から台湾鉄道で普通電車に乗り、中壢駅で降りた後、市内バスに乗り換えて約90分ぐらいで到着します。

アクセスはこちら

市場は午後三時を過ぎると、ほとんどの店舗が閉店するので、早めの出発をおすすめします。
台湾の歴史を体験し、雲南料理を食べたい方はぜひ一度足を運んでみてください。

以上、台北支店のKでした。

【国旗屋】
住所:桃園市中壢區龍平路215號
定休日:毎週木曜日

こんにちは、台北支店のKです。

今日ご紹介するのは台湾の変わったタイ式料理その3『泰式打拋豬(ガパオ豚ひき肉)』です。

Dsc_0154



ガパオといえば、タイ式料理の定番で知名度が高いですが、台湾では本場のタイと違い、台湾風にアレンジされてきました。

それではタイ本場のガパオと台湾のガパオはどこが違うのか、比較していきたいと思います。

*****************************************
1.外観のちがい
本場タイのガパオは目玉焼きと一緒にご飯にかけて、ガパオライスにするのが一般的です。

台湾のガパオは、直接ご飯に乗せず、コース料理のように、多人数でシェアして食べます。

Plamplaza


タイのガパオライス、参考資料:https://www.ifit4health.comより 

2.お肉の違い
本場タイのガパオは特定のお肉に限らず、鶏肉、豚肉、牛肉、イカ、エビ、ピータンなども使っていますが、台湾のガパオは基本的に豚、牛、鶏のいずれかのひき肉を使うのが一般的です。

3.バジルの違い
本場タイのガパオはホーリーバジルの葉で炒めるのが一般的ですが、台湾の場合、九層塔という台湾バジルを代用することが多いです。

800pxstarr_0801171577_ocimum_tenuif


ホーリーバジル 参考資料:https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A3%E7%BD%97%E5%8B%92 より

419ca40e57fd4eb78da2c98a6b139521


九層塔(台湾バジル) 参考資料:https://pwd.gov.taipei/News_Content.aspx?n=5C3C29C78077C93E&s=CC627EC8769E19D1&sms=72544237BBE4C5F6%20 より

別に台湾人はホーリーバジルの味が嫌いなわけではありませんが、ホーリーバジルは手に入りにくく、また保存も困難なため、台湾でガパオを作る際にはよく九層塔が使われるようです。

ホーリーバジルは葉っぱが楕円で鋸の形をしていますが、九層塔は同じく鋸形ですが、葉っぱが細いのが特徴です。

香りは九層塔のほうが濃くて、ハーブのような独特な匂いがします。台湾の熱炒店(台湾式の居酒屋)のお肉料理や塩酥鶏(台湾風の唐揚げ)などによく利用されています。

基本的に、どんなお肉でも九層塔を入れて炒めると、台湾っぽい料理となるほど癖になる味です。

4.辛さの違い
本場タイのガパオはナンプラー、大量の唐辛子などの調味料を使用するため酸っぱくて辛いのが一般的です。

その辛さは多くの台湾人も我慢できないほどです。けれども、唐辛子を入れないと、見た目はガパオっぽくなくなり、ただのひき肉料理になってしまうため、代わりにぷちトマトを入れて、ガパオっぽくすることが多いです。

もちろん辛いのが好きな人もいるので、その場合は、トマトと唐辛子を一緒に入れます。

いつの間にか台湾のガパオ料理にはトマトが入っているのが普通となりました。

*****************************************
台湾のガパオは本場に比べると、ナンプラーによる酸味は同じですが、辛さが抑えられていて、代わりにプチトマトによる爽やかな味となっているのが特徴です。
そして台湾バジルの九層塔を入れることで、タイ式台湾風料理となっています。

また、ガパオはご飯と相性抜群、台湾のB級グルメ「魯肉飯(ルーローファン)」に似ているので、台湾人にとって、ガパオは異国風魯肉飯のような存在です。

Dsc_0165


泰式打拋豬(ガパオ豚ひき肉)

Dsc_0198


台湾魯肉飯(ルーローファン)、

台湾に来たら、魯肉飯だけでなく、ぜひ台湾式ガパオも食べてみてください。
以上、台北支店でした。

ニーハオ!
今日は新北市にある有名なパワースポット『烘爐地南山福德宮』をご紹介します。

********************************************
MRT中和新蘆線の終着駅「南勢角駅」から無料のシャトルバスが出ており、乗車時間は約10分~15分。大きな土地の神様と龍がお出迎えしてくれます。🚌🚌🚌

(※バスではお寺の下までしか行けません。お寺は山の傾斜に建っている関係で、正殿までは階段を上らなければならないので、足の不自由な方や、体力に自信のない方はタクシーのご利用をおすすめします。タクシーなら正殿そばで下車することが可能です。)
Img_5149_1
なぜか恐竜。。(笑)
Img_5184

さて、まずはお寺のMAPをみてみましょう。
Img_5111

左手にあるバス停留所や駐車場から歩いていくと、巨大な大神像と財神殿があります。
財神殿では恋愛、学問、金運の神様をお参りすることができます。
そして、財神殿の右手にある階段を上がっていくと、烘爐地南山福德宮の主祭神がまつられている正殿があります。
財神殿、正殿ともにそばには売店があり、お供え物などを購入できるのでわざわざ準備していく必要がないので便利ですね。

では、財神殿から参拝していきます。
Img_49801
真っ赤な装飾が目を引きますね👀
入るとすぐに鳥居の形をした絵馬がたくさんかけられていました。
Img_78771_2
よく見るとほとんどの絵馬にはそれぞれ会社の名刺が!!
台湾では参拝する時に自分のフルネーム・生年月日・住所はもちろん、もし仕事に関することをお願いするなら会社の住所・会社名や部署など細かい情報も神様にお伝えします。このように名刺をつければ神様も一目瞭然というわけですね(笑)
でも、この名刺がたまたま参拝にきた方の中の目にとまって、お仕事が舞い込む!なんてこともあるかもしれないですね。

財神殿では4つの神様と橋を参拝します。お線香をもってまわる順番は下記の通り。
Img_5114<財神殿 参拝順序>
①玉皇上帝(道教における最高神。すべてを支配する神様)
②五路財神 福徳正神(金運の神様)
③文昌帝君(学問の神様)
④月老星君(縁結びの神様)
⑤天官五路財神橋(財運を招く橋)

Img_5118_1
お線香の手前の穴にお賽銭を入れて(気持ちなので、いくらでもOK)5本お線香をとったら火をつけて順にお参りしていきます。それぞれの神様の前にある炉にお線香1本ずつたてていきましょう。

お供え物がある場合は、②五路財神 福徳正神の前にある台の上にお供えします。台湾ではお供え物はお参り後、持って帰って自分でいただくので、置いていかないように気を付けてくださいね。

★お参りの際は「氏名、生年月日、住所」を必ず神様にお伝えしてから具体的なお願い事をしましょう!

Img_5141
小高い山の上にあるお寺からは台北の景色が一望できます。
炉の奥に見える細長い高い建物は台北101ビルです!

4つの神様を参拝したら、財神殿の最後は天官五路財神橋へ。
Img_5119_2
<天官五路財神橋 参拝順序>
①入口の頭上にある「大限関」にむかって、氏名・生年月日・住所を唱える
②入口のとなりにある「お札」と「赤い袋(あとで神様からお借りするお金を入れる袋」を1つずつ取る
③橋をわたって厄除け
④鐘を鳴らして福を呼ぶ
⑤お線香を炉にさしましょう。

そして、さきほどお参りした五路財神 福徳正神と文昌帝君(②と③)の間へ戻り、『銭母』とよばれるお金を借りに行きます!!
元寶と呼ばれる船の形をしたお金がたくさんのっているこちらが「聚寶盆」。
Img_5121
てっぺんのお金にはコインの投入口、ツボの下にはお札の投入口があるので、お賽銭(気持ちなのでいくらでもOK)をどちらかに投入します。
(筆者はコインの投入口に気づかず、大盤振る舞いで100元を投入してしまいました笑)
Img_5124
投入すると、ツボの真ん中にある虎の口から「銭母(1元玉)」が出てきます!
これを⑤天官五路財神橋でいただいた赤い袋にしまって持ち帰り、金運のお守りにします💰
神様からお金をお借りすることで財運を呼び込んでくれるそうです。


さ、参拝はここからがメインです!!!

財神殿をお参りしたら、右手にある階段をあがっていきます。
ゆっくり上がっても10分くらいですが、とってもきついです💦
Img_5151
正殿についたら、さらに建物の1番上の階まで上がります。
Img_5181
Img_5176
こちらではお供え物を真ん中のテーブルの上に置き、お線香を3本もって下記の順番で参拝していきます。
<正殿 参拝順序>
①天公(玉皇大帝の別名。道教における最高神。すべてを支配する神様)
②福德正神(土地の神様であり金運の神様)、註生娘娘(子授けの神様)、山神星君(山の神)
③舊福德正神(旧土地の神様であり金運の神様)

1本目は外にある炉のところから、①天公にあいさつをし、お線香をさします。
Img_5174
2本目は②正面の福德正神、左手の註生娘娘、右手の山神星君を順にお参りして、共同の炉にお線香をさしましょう。
Img_5177
3本目は建物の裏手にある③舊福德正神をお参りします。
この時、炉にお線香をさしたら、お供えしてある「銭母(1元玉)」をいただいていきます。

Img_5157
こちらの銭母も赤い袋に入れて財布やバッグに入れて持ち歩いたり、家においておくことで財運を呼び寄せることができるとのこと。
赤い袋は別途30元で購入することもできます。
Img_5016

最後に入口にたたずむ福德正神(土地公)の像をさわってご利益をいただきましょう👏
Img_5013
今はコロナウイルスの関係で、感染拡大防止のため触れないようになっていますが、
神様のひげや杖、手に持っている元寶というお金を触るため、普段は行列ができていることが多いです。

もし、さっきうっかり銭母をもらい忘れちゃった!という方は、この銅像にお賽銭を入れると、神様の袖もとから銭母をいただくことができるので安心してくださいね。
********************************************
いかがでしたか?
新北市のパワースポットをご紹介しました。
台北市内からでも30~40分でアクセスできるので、興味があればぜひ行ってみてくださいね。
ご利益があったら、お礼参りも忘れずに😉
以上、台北支店Uでした。

【烘爐地南山福德宮】
新北市中和區興南路二段399巷160-1號



HIS 台北支店

2020.12
loading...
WORLD情報局