2020.04.01

チョムリアップソー(こんにちわ)‼

4月に入り、カンボジアもいよいよ雨季の時期が到来!

今年の冠水はどれだけの長靴を浪費させるのか気になるかと言われればそうでもない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

現在、カンボジアでは外国人渡航者に対して以下の入国制限が設けられています。

””3月31日から,全ての外国人渡航者に対し,査証免除,並びに観光査証,e-visa及び到着査証の発給を1か月間停止する。入国を希望する場合,海外のカンボジア大使館・総領事館等で,事前に査証を取得しなくてはならない。また,入国時に,カンボジアに向けた渡航の72時間前以内に日本の保健当局から発行された,新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書,及び保険金額が5万米ドル以上の保険証書を提示しなくてはならない””

情報源:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

カンボジアへの航空便もプノンペンへの全日空の一部便を残して少なくなり、狭き門となりました。

シェムリアップの街の様子は比較的落ち着いており、いずれのスーパーも開いているので物資が不足するということはないです。

しかし、娯楽施設(映画館、カラオケ等)、ローカルの小売店は徐々に閉まり始め、クメール正月(4/13~4/16)を前に悲しい年の瀬になりそうです。

そんな中、大自然の空気を吸いにアンコール遺跡群に出かけます!

本日はニャックポアン遺跡

クメール語で「絡み合う蛇」を意味し、12世紀後半に、建てられた仏教寺院で、2匹のナーガ(蛇)が基壇を取り巻き、祠堂が池の中央にあるつくりです。中央の池は、病を癒す不思議な水をたたえる伝説の湖を模したといわれており、四方にある区画に水が流れ出す仕掛けになっています。

この遺跡は、バライ(貯水湖)野中の離れ小島にあるため、細い桟橋を渡って向かいます。

Img_1741(観光客がいないため、小島までの道もプライベート仕様)

周りの景色も青空の日は大変綺麗です。

Img_9959(空が湖面に反射して一面真っ青!)

小島に渡りきると、池の中央に祠堂が見えてきます。

Img_1745(蛇がとぐろを巻くような形の祠堂、これが遺跡の名前の由来です)

他の遺跡とは違った宗教色の強いもので、面白いです。

まだまだアンコール遺跡群には見どころ一杯です!

機会があった際は是非足を運んでみてください。

それでは(°3°)/

2020.03.17

チョムリアップソー(こんにちわ)‼

現在、コロナウイルスで世界中の国で入国一時禁止措置がされています。

どの国もこれ以上の感染がないよう努められていますね。

カンボジアでは現在、12名の感染が認められていますが、海外で罹患されそのまま入国し、感染が確認された方はいますが、国内での感染は見られません。

カンボジア大使館情報⇓

https://www.kh.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000218.html

カンボジアは一部ヨーロッパ諸国からの入国の制限以外は、現在も入国に問題はありません。

もちろん、日本からも全く問題ありません。

※ただし、ベトナム航空で来られる際は、機内にてマスク着用を義務付けられているのでご注意。

市内では、マスクや消毒液の料金が上がっていますが、売り切れになるようなことはありません。

50枚入りでUS$20ぐらいで購入可能です。

3Dマスク等は1枚でUS$2~3ぐらいです。

寺院や博物館等、観光地への制限なども今のところありません。

世界遺産のアンコールワットでは、観光客の方が少なくなりご覧のようにかなりプライベート感のある景色となっています。

こちら、下は逆さアンコールワットの写真が撮れる、水池周辺のパノラマ画像です。Img_1583_2

Img_2979

Img_2980

非常に広々とした景色ですね、、、、、

プライベート世界遺産!!是非とも今この時のご旅行はカンボジアへ!!

チョムリアップソー(こんにちわ)‼

最近、ニュースを拝見ていますと海外にいる日本人に対しても居心地の悪くなるような扱いを

受けてしまうという悲しい出来事が散見されます。

シェムリアップはお陰様でそのような風当たりの強いことはなく、市内のスーパーでは

未だ、マスクや消毒液類は外国価格にはなりまがらも適正で販売されており、物資が少ないということもありません。もちろん、トイレットペーパーも問題なく、購入できますdiamond

本日、ご紹介するのは2020年3月1日よりオープンしました、シェムリアップ唯一の観覧車

「アンコールアイ(Angkor Eye)」ですっ!!diamond

Img_1569住所:市内より10分程の空港と、市内の丁度中間にあたるBox Villaという商業施設内

高さ:85m

ゴンドラ数:48(エアコン完備)

人数:4名乗り/ゴンドラ

一周時間:18分

開館時間:08:00~21:00

料金 外国人(大人:$12、子供:$6)、カンボジア人(大人:$5、子供:$2.5)Img_1570CQ Amenic 株式会社様が日本より持ち込んでくみ上げた純日本製の観覧車で、夜にはライトアップされて付近1面を彩色ライトで彩りますmoon3

実際に乗ってみますと、エアコンがかなりきいており快適(スイッチONOFFは自由)に過ごせますtyphoon

アンコールアイとは元々鳥の目線というコンセプトをもって名付けられたようですchick

夜のシェムリアップ市内はどんなものか早速鳥目線で見てみると、さすがシェムリアップ、、、、かがり火のような夜景でしたthinkImg_1576

ちょっと一興、新たなYou〇ubeのネタを探しに、という方は是非一度足を運んでみてください。

それではまた!paper



HIS カンボジア支店

2020.05
loading...
カリブブログ一覧