2021.10.20

チョムリアップソー(°3°)/

昼夜の寒暖が徐々にその差を増していき、常夏のカンボジアにいながらも若干の秋(冬?)の訪れを感じさせる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

カンボジア入国の際に日本人等に必要になってくるVisa申請について、長らくの停止期間をあけて遂にe-Visa申請が解禁されました!

未だ入国時の隔離措置等は継続されますが、また一歩カンボジア開国に近づいた感じがします。

カンボジアの夜明けは近いぜよ~~~!

合わせて、本日よりシェムリアップの夜間外出禁止令も解かれましたdiamondshine

引き続きアルコール販売禁止は残っていますが、シェムリアップ市内の復活も秒読みではないかとソワソワしています。

あとは市内全域に煙る道路工事の終焉を待つばかり、、、、、。

2021.10.18

チョムリアップソー(°3°)/

固く閉ざされていたカンボジアにもようやく雪解けの風が吹いてまいりました。

本日、10月18日にカンボジア入国の際の隔離措置が変更になりました。

(1)政府によって認可された特別ゲストまたは職員、および海外の任務から帰国する政府高官は、検疫する必要はありません。

(2)投資家、技術スタッフ、カンボジアおよび外国の外交官、公式協力プロジェクトの代表者、および海外のミッションから帰国する政府職員(家族を含む)は、3日間の隔離

(3)外国の外交官およびビザAおよびビザBに基づく公的協力プロジェクトの代表者は、完全に予防接種を受けている場合は3日間、接種されていない場合は14日間の隔離

(4)すべての旅行者(カンボジア人および外国人)は、接種されている場合は7日間、接種されていない場合は14日間の隔離
 ※すべての一般旅行者は、カンボジアに到着する前に72時間以内にCovid-19の陰性検査の証明書を取得する必要があります。


まだまだ不明瞭なことが多く、職員によっては回答が違う場合がありますので今後の状況をより注視する必要がありますが、
確実に国開きは進んでいるかと思われます。
世界中の国の人々が自由に行き来でき、またいつか世界遺産アンコールワットが大勢の視線を集める日を願って!


2021.10.12

チョムリアップソー(°3°)/

2021年10月、政府は、Covid-19の発生リスクをを考え、例年11月に開催予定のプノンペンでの水祭りの開催中止を決定しました。

政府は、水祭り開催に伴う他州からの人々の首都流入を懸念しての判断と思われます。

水祭りはカンボジアの雨季の終わりにその恩恵を讃えるために催されたもので、季節の節目として国内では知られているだけに市民からは残念な声があがっていることでしょう。





HIS カンボジア支店

2021.10
loading...
カリブブログ一覧