2024.07.17

先日、かな~り久々にコンポンプルック村クルーズに行ってきましたので、感想をシェアさせていただきますね。

コンポンプルック村とは・・・

アンコールワットで有名なシェムリアップですが、東南アジア最大の湖トンレサップ湖にも気軽に訪問することができます!

トンレサップ湖には最寄りの港からボートに乗って向かうのですが、シェムリアップには主に4つの港がございます!!

①チョンクニア港

②コンポンプルック港

③コンポンクリアン港

④メイチュレイ港

 

一番メジャーなのは、チョンクニア港。

シェムリアップ市内を南下して、20分ほどで港に到着します。港からボートに乗って、トンレサップ湖までクルーズをします。

 

今回紹介させていただきますのは、二番目にメジャーなコンポンプルック港。

シェムリアップ市内から車で1時間くらいかかります。高床式の住居群のローカルな雰囲気で欧米人旅行者に特に人気があります。

 

早速ですが、コンポンプルック村クルーズについて、ご紹介させていただきます。

 

コンポンプルック港に到着。

といっても、ボートに乗る場所は、季節によって、川の水の量によって、変わります!

Photo_6102636709704482275_y

ボートクルーズに出発。

少し雨が降ってきましたが、圧巻の高床式住居群!!

Photo_6102636709704482292_y

水路を進んでいくと、マングローブ林が!

漁をしている人もいます!!

Photo_6102636709704482304_y

さらに進んでいくと、ついにトンレサップ湖が!!!

茶色い水だけど、大海原を連想させる!自然の力強さを感じずにはいられません!

Photo_6102636709704482299_y

帰りにちょびっと高床式住居群も見学!圧巻ですね。!!

Photo_6102636709704482314_y

コンポンプルック村クルーズのおススメの時期は、川の水の量が多くなる8~2月頃です~~~

時期により見える景色が異なるボートクルーズをぜひ体験してみてください!

 

下記のオプショナルツアーも販売しておりますので、よろしければ、是非ご参加ください!!

コンポンプルック村クルーズ

一味違うカンボジアをご希望のお客様に是非お勧めです!!!

2024.05.27

シェムリアップから約2時間。
アンコール王朝発祥の地にあるプノンクーレン。
現在でもクメール人の信仰の場として、多くの人々が参拝している。

コロナ禍の時、プノンクーレンの露天で江戸時代の古銭が売っているという情報が流れた。
一圓が一枚10ドルで買えたとのこと。
今も残っているか、確かめにプノンクーレンに行ってきた。

山頂にあるプレアントム寺院。
寺院につながる参道にはたくさんの露店が並ぶ。
土産物や薬草は見当たるが、古銭は見当たらない。

川底にリンガの彫刻があるリンガムイポアン。
この遺跡の手前にある萬屋で、古銭が売られていたという情報をつかんだ。

以前は沢山あった萬屋も現在は一軒のみ。
古銭は見当たらなかった。

江戸時代にはカンボジアにも日本人町があったと聞く。
アンコールワットに日本人の落書きも残っている。

江戸時代の古銭は誰が持ってきたのか?
当時、プノンクーレンまで参拝に訪れた日本人がいたのだろうか。

リンガムイポアンの川底に古銭がないか目を凝らす。
太古の浪漫に想いを馳せながら。

Photo_6242291118976908439_y

2024.05.13

チョムリアップスオ❕

ご無沙汰しております!!

先日までの猛暑が幻だったかと思うほど、快適なシェムリアップからこんにちは!

☔が降り始めてまいりました。

今年は170年ぶりの猛暑だったとか。。

これからは緑豊かなグリーンシーズン🍃

今週も頑張ってい行きまっしょい♬

Capture



HIS カンボジア支店

2024.07
loading...
カリブブログ一覧