サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。

昨年10-11月に日本一時帰国し、12月5日までバンコク近郊のASQ(タイ政府代替検疫施設)ホテルで隔離生活を送りました。その記録を月曜日から書きはじめました。時系列に沿って書きますので、どうぞ毎日お付き合いください。

係員の誘導にしたがって順番に機内からでてしばらく進むと、前方に簡易防護服(レインコート然)の一群が見えてきました。

Img20201120163030

なるほど、出発時にみた 間隔を空けて並べられていた椅子は、ここの光景だったのでした。順番に着席し、検温と必要書類のチェック。オンラインで登録したものの画面を見せても、別途書類を記入する様に言われましたが、担当の人がほとんど代筆してくれ、署名して解放されました。そして、このASQ47という札を胸につけるように手渡され、これ以降私はASQ47号となるのでした。

Img20201120170247

その後カウンターで書類不備や記載不備がないか、再度入念にチェックされます。ここで揉めている方も一定数いました。脇道に逸れようもないのですが、入国審査官50人くらいが人の壁を作り誘導してくれます。そして入管の手前にも再度書類チェックカウンター。合計3度のチェックを受けた後、入管から税関の預け入れ荷物受け取り所へ。無事受け取ったら、再度簡易防護服の集団に取り囲まれました。47号担当の車をトランシーバーで呼び出します。この素晴らしい連携作業のベルトコンベアーに乗せられている間、チェックされたのは書類と体温のみでした。なるほど、到着時のPCR検査はないのか、とすべて終わってから車内で改めて気づいたのでした。

Img20201120172118

贅沢にも、このイスズの4WDは私専用車となりました。ホテルと空港との距離や所要時間など全くノーチェックだったのですが、2時間近く乗ったでしょうか。空港の廊下に足をつけてからホテルの部屋に入るまで、トイレもなし、水もなし、でした。


Img20201120172600

運転席と後部座席の間にはアクリル板が隙間なく設置されています。また空港到着時にもホテル到着時にも運転手さんは車を降りませんでした。チップは備え付けのチップボックスへとのこと。

Img20201120172604

ホテルの裏口に到着し、入り口で再度書類チェックと検温。そして、自分で荷物をすべて持ち、ひとり荷物搬入用エレベーターで部屋に向かいました。

Img20201120184453

部屋にはヨガマットのような素材が貼られていました。このおかげでしょうか、周囲の物音が全く聞こえませんでした。初めて部屋から出た日(第1回PCR検査の日)に、両隣にも宿泊者がいることを知ったのです。この周囲の生活音が聞こえないというのは、制限多い隔離生活の心の平穏を保つのに非常に有効でした。

Img20201120184611

洗面所に設置された食器洗い用洗剤と洗濯洗剤。スプーン&フォークは返却せず、自分で洗ったのち毎回同じものを使うようにと注意を受けています。

Img20201120184622

トースターと湯沸かしポットに冷蔵庫がこの部屋の家電です。

Img20201120184637

1週間は掃除が入らず洗濯もしない、とのこと。病院着のようなパジャマ2着とバスローブ2着をみて、誰にも会わないのですからバスローブのみで過ごそうと決めました。

Img20201120184829

チェックインしてしばらくすると、部屋の前の廊下に夕食が配膳されました。人の気配がなくなってからドアを開けるようにとの注意を守って受け取りました。

Img20201120185555

タイ第一食に、ウェルカムフルーツ(到着日のみ)、アルコールスプレー、マスク、体温計にティッシュペーパー。

Img20201120185640

1.5リットルの水が18本と、屋内用スリッパにサンダル。


Img20201120185923

洗濯しない、というのは「バスローブの交換もない」と知ったのは、滞在3日目でした。

Img20201120200020

長い長い1日が終わりました。これが部屋からみられる唯一の外の景色です。

Img20201120203204

 

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。

昨年10-11月に日本一時帰国し、12月5日までバンコク近郊のASQ(タイ政府代替検疫施設)ホテルで隔離生活を送りました。その記録を月曜日から書きはじめました。時系列に沿って書きますので、どうぞ毎日お付き合いください。

タイ再入国に必要な手続きは、搭乗72時間前のPCR検査(要陰性、要平熱)だけとなりました。在京タイ大使館のサイト等を参考にして条件を満たす検査機関を検索すると、近所のクリニックがそれに該当し、すでに複数回渡航者向けPCR検査の実施経験があり、みなさんその後予定通り渡航されていることがわかりました。

そこで搭乗予定日時(20日 11:55AM)から逆算して72時間前に検査予約をいれました。検査方法は唾液採取、羽田空港の検疫と同じ方法でしたが、唾液の量は2倍以上。カーテンで仕切られた一区画で15分ほどかかり唾液採取。検査費用は英文診断書とあわせて35,000円でした。

Img20201117092143

検査結果は早ければ翌日夕方、通常所要時間は48時間、とのことでした。日本滞在約ひと月、一緒に食事をした人は8人、うち6人は1度だけです。最低限の用事以外は引きこもっていたひと月弱でしたが、この結果を待つ間は少々不安でした。検査の翌日夕方、クリニックから「陰性でした」との連絡を受け、その日の夜も引きこもり、翌朝通勤時刻を避けてクリニックへ証明書を受け取りにいきました。

表記に誤りがないか何度も確認して受け取った陰性証明書です。

Img20201119123311

発熱等なく搭乗可能である旨の英文診断書は、クリニックにあるフォームで作成をおねがいしました。

Img20201119123307_2

事前にオンライン登録しておくようにと、タイ大使館のサイトに記載のあったフォームですが、これはタイの空港到着時には完全に無視され、新たに書類を記入させられました。いったいなんだったのでしょうか、よくわかりません。結果入国できたのでマイペンライ。

Screenshot_2020111809030630_898c4e4

さて、いよいよ日本出国日。航空会社の搭乗手続きカウンターでは、タイ入国に必要な書類が揃っているか確認したのち搭乗券が発券されます。

機内では、映画・若草物語に涙しつつ、次回はいつ帰国できるかわからない日本がすでに恋しく、普段は食べないようなカップのうどんをいただきました。

Img20201120150918

airplane今年は挑戦してみませんか \はじめてのオンライン体験/pc

Presentation1

バンコクぶらり散策

チャオプラヤー川越しに眺めるワット・アルン
オンライン体験ライブ
1月26日(火)日本時間20:00~20:30

タイに行きたい人に少しでもタイに行った気分を味わって頂くための

オンライン体験ツアーが登場しました。

今回ご紹介するのはバンコクのワット・アルン周辺をぶらりと歩きながら

チャオプラヤー川岸からワット・アルンを眺める

約30分のお手軽オンラインツアーです。

是非この機会にお試しください!

お申し込み、詳細はこちらのリンクからご確認ください。downwardleft

https://www.his-j.com/oe/detail/T31/?area=O1&country=THA&city=BKK&product=BKKOE003



HIS バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2021.01
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧