サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

オリンピック、日本選手なかなか活躍してますね。

タイの田舎町にいるとオリンピックがとても遠い世界のように感じます。

タイ人の選手もメダルをとったりして、活躍してるのに、田舎の人の関心は今一つのようです。

そんな田舎のピサヌロークですが、それでもこの地方での中心都市ということになっています。

街の中心部には華僑系の人たちが多く住んで、経済活動を担っています。

これら華僑系の人たちも、この地へ移民してきて何世代ともなり、すっかりタイ人化してしまっていますが、それでも食べ物にうるさい中国人の血が流れているのか、タイ料理とはちょっと異なる彼らの味をピサヌロークでも楽しむことができます。

日本のラーメン屋や中華料理店の味ともちょっと違った、華僑たちの家庭料理といった感じの食べ物です。

本日ご紹介しますのは、メオダムの好物でもある"ゴイシーミー(โกยซีหมี่)"です。

たぶん漢字で書くと"鷄絲麵"となるのだと思いますが、台湾あたりで"鷄絲麵"というとたぶんスープ入りの"トリそば"のイメージになってしまうかと思いますが、タイの場合は汁そばではなく、焼きそばです。

それも餡かけ焼きそば。

Img_4061

たっぷりの餡には、鶏肉の細切り、タケノコ、ワケギなどが入っています。

メオダムはこれに唐辛子少々とちょっと甘みのある中国式の黒酢を垂らしていただくのが大好きです。

上の写真は、ピサヌロークよりバンコクへ130キロほど下ったところにある、やはり華僑の街として有名なナコンサワンの食堂で食べた時のモノです。

ゴイシーミーを提供している食堂は、基本的に中国料理系の食堂です。

このゴイシーミーによく似た餡かけヌードルとして、タイではラートナー(ราดหน้า)というクイティアオという米から作ったヌードルの餡かけ焼きそばがあります。

このラートナーの方がゴイシーミーよりもタイ料理化が進んでいて、タイ料理食堂でも食べられることが多いです。

Img_0542

ピサヌローク支店のすぐ近くにある中国料理食堂があります。

※ラーン・スンハフアト(ร้าน ซุ่นฮะฮวด=順合発)

この食堂は、飲茶を中心にしたメニューを出しているのですが、ゴイシーミーも食べることができます。

Img_0248

飲茶は潮州風の点心が中心です。

蒸し物が中心で、揚げ物はあまりありません。

そういえば、香港で観光ツアーに参加して、昼食の飲茶の締めには、たいてい餡かけ焼きそばかチャーハンが出てきていたような気がしますから、飲茶とゴイシーミーの愛称は良いのかもしれません。

そして、下の写真がこの中国料理食堂のゴイシーミーです。

Img_0245

具材の色どりが綺麗です。

エビとニンジンの赤、

ヤングコーンの黄色、

シイタケの黒、

パクチー(香菜)の緑、

餡はグレイビーだけど、色は薄くて上品です。

エノキも歯ざわりよく、食べてて楽しい一皿でした。

お値段はちょっと高めで70バーツ(250円くらい)ですが、それだけの値打ちはしっかりあります。


次にご紹介するのは、ぐっと庶民的な食堂で提供しているゴイシーミーです。

Img_0280

先に紹介したゴイシーミーと比べると、彩が単色で、華やかさがありません。

視覚的には、今ひとつ残念。

パクチーの葉でもパラリと乗せてくれるだけで、イメージも変わると思うのですが、、。

こちらのお店は、ピサヌロークの新市街ともいえる場所に位置して、やはり飲茶を中心にした食堂です。

しかし、エアコンもない開放的な食堂で、店先に点心の入った蒸籠を積み上げてるような店です。

Img_0230

飲茶の価格も良心的で、蒸籠はひとつ25バーツ(約90円)で、どれも手作りで美味しそうです。

店内で食べる人以外にも、デリバリーの注文が次々に入ってきています。

※ヌアン・シー・ポーチャナ(นวลศรีโภชนา)

漢字での店名もありそうな気がするのですが、店内を見回しても見つけられませんでした。

ポーチャナと言うのは「食堂」といった意味のタイ語ですが、食堂を意味するタイ語には何種類かありまして、その中でもポーチャナと言うのは、日本語のニュアンスだと「料理店」といった感じで、ちょっと美味しいものを食べさせる店と言ったイメージがメオダムにはあります。

シーと言うのは「吉祥な」といった感じの縁起の良い言葉で、中国系の人たちが好きそうな言葉ですね。

で、ヌアンですが、メオダムの知らない単語だったので、辞書(簡約タイ語辞典松山納著/大学書林)を引いてみると"นวล nuan [名]淡黄色、クリーム色 [修]①クリーム色の、柔らかい色の ②清らかな、明るい、美しい、純潔な、潤いのある、、、"となっています。

確かに、ここのゴイシーミーは淡黄色っぽいかな?

少なくとも色使いに派手さは感じません。

Img_0281

しかし、餡の下に隠れている麵は、濃い茶色をしています。

焦げ付かないように、中華鍋でまんべんなく焼き色を付けてあります。

平打ち麺で、太さに若干のばらつきがあるので、自家製麺なのかもしれません。

麵の色は濃いのですが、平打ちのちぢれ面が餡と良く絡んで、しつこさは感じず、陰陽のある食感を演出してます。

Img_0282

餡の具材は、鶏肉り細切り、タケノコ、フクロダケで構成されていますが、タケノコと鶏肉は太さと長さが均一にそろえられており、タケノコのサクサクした歯ざわり、弾力のある鶏肉と、こちらも陰陽があるようです。

さらにシャリシャリとした食感もあり、シャリシャリに続いてちょっと香ばしさも感じます。

なにかが隠されていそうだと思って、餡の中をつついてみたらば、、、、

Img_0283

このレンゲに乗っているのがシャリシャリの正体です。

はて、これはいったい何だろうかと店の人に聞いてみたらば「黄ニラ」だそうです。

これも太さと長さをそろえてあり、なかなかいい仕事をしています。

いやはや、見た目の第一印象とは異なり、なかなかの逸品でした。

これでお値段50バーツ(約180円)


最後にご紹介するのは、ピサヌロークの一般的大衆食堂でのゴイシーミーです。

Img_0544

トタン屋根、吹き抜けの壁、飾りっけまるでなし。

ピサヌロークの大衆食堂の典型のような店で、店名はメーン・ラートナー(เม่นราดหน้า)と言います。

メーンとは「ヤマアラシ」と言った意味だったと思います。

たぶん、ここのオーナーのあだ名なんでしょう。

ラートナーは先に紹介した米粉のヌードル、クイティオの餡かけウドンです。

Img_0545

店内の感じも、超ローカル。

ヌードルだけではなく、ガパオライスなどもメニューに載せています。

飲物の入った冷蔵庫の上に掲げられたボードには「クノールと化学調味料は入れてません」と書かれてあります。

クノールと言うのは、スープの素のことでしょう。

タイの食堂では、スープを粉末や固形のインスタントで済ませてしまうケースがよくありますし、どこの店も大量のアジノモトを使っています。

この店は、そうしたものを使っていないということを宣言しているタイでは珍しい店のようです。

では、さっそくゴイシーミーを注文してみましょう。

Img_0253

ここのゴイシーミーは、前出の麺と違ってタイでミークロープと呼ばれる「揚げ焼きそば」を使っています。

しかも、餡かけではなく、緬が餡の上に乗っかっています。

餡の色は少し濃いめの茶色。

鶏肉は細切りと言うより、ちょっと大きめにスライスした感じ。

タケノコもメンマと同じくらいのサイズになっています。

いえ、よくよく見てみますと、タケノコは二種類が入っているようです。

メンマみたいなものと、モヤシのように細いものも。

Img_0254

キノコは黒いキクラゲが刻まれてます。

緑色のニラとワケギも。

カリカリの「揚げ焼きそば」も食べていくうちに、餡がしみ込んでフニャフニャの食感に変化していきます。

餡の味付けはしっかりしており、またたっぷりのボリュームがあったものですから、メオダムはライスも追加注文して、丼に残った案の中に投入。

なんとなく中華丼みたいな感じになりました。

こちらのゴイシーミーもお値段50バーツ(約180円)でした。


以上、ピサヌロークのゴイシーミーを食べ歩いてみましたが、どの店も個性があって、美味しかったです。

明日もしまたゴイシーミーを食べるとしたら、二番目のヌアン・シー・ポーチャナかな。

ピサヌロークでは、他にもゴイシーミーを食べさせてくれる食堂があります。

トップランドホテルの地下にある中華レストランで北京ダックを注文すると、皮を剥いだアヒルのローストを使ったゴイシーミーを作ってくれます。

これもとっても美味しいです。

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。

先週末、タイ・ミャンマー国境、タイ最西北の地メーサイへ行ってきました。目的は在留期間更新手続きです。

在チェンライ県在住者で「届け出住所がチェンセン郡とチェンコン郡以外」の外国人は、チェンライ市内県合同庁舎(オーボーチョー)と、国境手前2キロのメーサイの2か所の入管で手続きできます。

私はいつもメーサイの入管にお世話になっています。

Img20210723160121

メーサイ入管では、受付の女性が、「書類の不備がないか、記載漏れがないか、不要な書類はないか、必要に応じて数枚ならコピーを取り直してくれたり」と、とても親切に対応してくれます。

事前チェックで問題がないと初めて番号札を渡されます。

入管到着15時前、手続きが終わり結果待ちの方が一組、渡された番号札は17番。

毎年提出書類はすべてコピーをとり、手続きの変更の有無や、追加を求められたものなどをメモしておき、次の在留期間更新に備えます。それでもやはり毎年すこしずつ取扱いに差異がでるのが、入管あるあるでしょうか。

去年は必要な写真が4枚(4通りの場面違いの写真)に増え、今年は署名をすべて「英語で/あるいはアルファベット表記のみで」と求められました。去年までは「パスポート表記のとおりの署名と、その下にアルファベットで」というのが、チェンライ入管の求める署名でした。

Img_20210723_161158_2

私の後には新たな申請者の来庁はなく、16時無事更新手続きが終了しましたので、国境まで行って帰ることにしました。

タイとミャンマーはサイ川という細い川で国を分けていますが、コロナ禍を理由として昨年3月末から閉鎖されています。雨天ということもあり、閑散とした国境は、よりさみしく感じられました。

Screenshot_2021072909401268

現在のチェンライの状況ですが、チェンライ地方裁判所は、7月末までの閉鎖をさらに1か月延長し、8月末日まで閉鎖すると公式に発表しました。

また他県での感染者/帰省希望者を迎えに行くチャーターバスは県主導で運行されていて、先日も第5弾の到着を、防護服に身を包んだ医療関係者と複数台の救急車が出迎えている様子が報道されました。

学校閉鎖は強制ではなく、市内でも一部の学校では対面授業が行われていますが、ほとんどはオンラインという名の実質休校。8月2日からは1日置きで対面とオンラインの授業が始まるとのことですが、予想通り8月9日の再開に順延されました。5月はこの対面&オンラインミックス方式は1週間しか続かず、今まで通学はかなっていません。

サワディーにゃお!

みなさん、お元気ですか、ピサヌローク支店のメオダムです。

いままでコロナ感染者をほぼゼロに抑え込んできたピサヌロークも、ジワジワとバンコクからウイルスがしみ込んできて、連日二桁の新規感染者を記録しています。

このため、先月まで「高度監視地域(イエローゾーン)」というコロナ感染防止対策として比較的緩やかな制限で良かったものが、7月になったら「管理地域(オレンジゾーン)」となり規制が強化されてしまいました。

このタイミングで、どうしたことかピサヌローク県はタイ国内で最初のアルコール飲料等販売禁止規制が発令されてしまいました。

このような規制を強化しても、感染拡大は続いてしまい、とうとう今週からは「最高度管理地域(レッドゾーン)」に突入してしまいました。

そんなタイミングでのピサヌロークの様子を旅行者目線からお知らせします。

Img_0393

このプレートはバンコクなどからピサヌロークへ到着した時の基準が示されてます。

ピサヌロークの空港、第一バスターミナル、第二バスターミナル、鉄道駅へ到着した旅客は、Save Phitsanulokというアプリへの登録をしてもらいます。

そして、体調に異常があれば病院へ。

異常がない場合、
1.ホテルの予約があれば、そのホテルで14日間の自主隔離

2.当地の自宅に帰る場合、自宅で14日間の自主隔離

3.さらに旅行を続けてピサヌローク県外に行く場合、当地に宿泊せず速やかに移動すること

以上のようなルールが定められているようです。

しかし、7月22日現在、バンコクとピサヌロークの間を結ぶ飛行機も高速バスも運休となっています。

Img_0476

ピサヌローク市内の第一バスターミナルは閑散としています。

バンコク行きのバスは全便運休し、近隣県行きや県内便も大幅に運休となってしまってます。

ピサヌロークはタイ中北部の中心都市なので、近隣県から病院へ通ってくる人も多いのですが、バスが利用しづらくなって、困っている人も多いのではないかと思います。

Img_0482

そんなバスターミナルの片隅で、ネコの親子がいました。

もう乳離れしてもいいくらいに大きくなっているのに、まだお母さんのオッパイに吸い付いています。

バスの出入りがないので、ネコの親子ものんびりしてます。

Img_0483

バンコク行き高速バスの切符売り場です。

運休してバスが走らないのに、どうして切符売り場が開いているのか質問したら、切符の払い戻しに来る人がいるから、開けておくのだそうです。


YouTube: ピサヌローク駅での検疫(2021年7月21日)

鉄道はまだバンコクから通ってきています。

バンコクからチェンマイへ向かう快速列車がピサヌローク駅に到着した際の様子を動画にまとめてみました(7/21撮影)。

ピサヌロークに到着したら、アプリの登録と自主隔離などと言った厳しいルールがあることは先ほど紹介しましたけれど、実際の運用状況は、少しルールとは異なっているようです。

Img_0443

市内の市場や商店は、通常営業をしています。

これは鉄道駅近くの果物屋です。

奥の棚に並べられている黄色い物体はドリアンです。

手前右側の毛むくじゃらはタイ語でンゴォと呼ばれるランブータンという果物。

左手に"3โล100"のプレートとともにある赤い果物は、ドラゴンフルーツです。

いまが旬で、"3โล100"というのは、3キロで100バーツ(350円くらい)という意味です。

右手にはマンゴスチンも見えますが、値段はやはり3キロで100バーツのようです。

コロナの影響で、外国人観光客がタイへ来なくなってしまい、外国人観光客に需要が高かったフルーツの高級品は、なかなか売れなくなってしまったり、値崩れを起こして、生産農家は頭を抱えているそうです。

Img_0451

こちらはピサヌローク市内でももっとも規模の大きなホテルのひとつ、トップランドホテルです。

レセプション前は、がらんとして人気がありません。

バンコクをはじめ、他県からやってきた人の宿泊は問題ないかとの質問に対して、「ホテル側では発熱などの症状のない方なら、宿泊を通常通り受け入れている」とのことでした。

しかし、旅行者もビジネスでの出張者も減ってしまって、お客様がとても少ないようです。

Img_0445

Img_0448

ホテル内3階のスパは通常営業しています。

施術料金はそのままですが、施術時間を伸ばして実質値下げに踏み切っています。

ホテルのスパとしては、かなりお値打ちな料金です。

フットマッサージ60分 250バーツ(850円)

タイマッサージ120分 480バーツ(1700円)

 

このトップランドホテルはトップランドプラザという老舗デパートに隣接しています。

コロナ以前より、数年前に郊外にできた大手資本のデパートに客足を奪われて、閑古鳥が鳴くような状態だったのですが、コロナが追い打ちをかけたようです。

Img_0460

吹き抜け構造になっているので、どの階にもお客様がほとんどいないのが一目瞭然です。

地元の人たちの財布の紐がだいぶ硬くなっているのでしょう。

わずかに人影があったのは、地下の食料品などを扱うスーパーマーケットだけでした。

最上階には、こども向けの遊戯施設があるのですが、現在は臨時休業しています。

そして、その隣はタイのどこのショッピングセンターにもあるようなフードコートです。

Img_0463

空きテナントも目立ち、虫食い状態です。

何組かテーブルに着いて食事を人もいますが、ユニフォームのようなものを着ていますので、このデパートの従業員なのでしょう。

 

ピサヌロークにはタイで最も美しいと言われる仏像を安置した古刹があります。

地元の人たちが愛着込めて「ワットヤイ(大きな寺)」と呼ぶ、ワットプラシーラタナマハタートです。

ここのご本尊様には大変なご利益があるということで、通常ならタイ全国からひっきりなしに参拝者が訪れています。

Img_0470

しかし、現在は黄金に輝く仏像を安置している礼拝堂は立ち入り禁止となっています。

参拝する人は、礼拝堂正面扉越しということになります。

Img_0467

メオダムはピサヌロークの三大スポットと言うのを勝手に選定しておりました。

その筆頭が、このお寺ですが、現在は建物内部へは入れない状態となっています。

※そのため外国人にだけ課されていた拝観料(40バーツ)は不要のようです。

Img_4363

もうひとつのスポット、これもメオダムが勝手に命名した「おやゆび姫の池」という巨大なハスの葉が浮かび、蓮の葉の上に乗ることができちゃうスポットでした。

ここもなかなか人気が出てきたのですが、天候不順に加えてコロナの影響から、とうとう今年4月、コロナ第3波の発生拡大とともに閉園してしまいました。

Img_4613

閉園を知らせる張り紙には、「一時的に閉園」と書かれているのですが、現在ではおやゆび姫の池に巨大なハスの葉はほとんどなくなってしまい、とても寂しい姿をさらしています。

お客様が減ったこともあるのですが、経営者としては不特定多数の人たちがやってくるので、コロナに感染してしまう心配があって閉園としたとのことでした。

Img_4611

さて、三大スポットの三つ目が、「空飛ぶ空芯菜食堂」です。

たぶん外国人観光客にとって、ピサヌロークでの夜でもっとも印象深いのが「空飛ぶ空芯菜」ではないかと思います。

タイ各地で同種のアトラクションはあるようなのですが、発祥はピサヌロークと言われています。


YouTube: ピサヌローク名物「空飛ぶ空心菜」

ツアーでも組み込ませていただき、好評でした。

凄い火力で短時間で炒めた空芯菜をシェフが後ろ向きに中華鍋を振るって、夜空へ放り投げ、それをキャッチする体験ができるレストランでした。

料理の味もいいし、川沿いのオープンエアーでいかにも南国らしい風情がありました。

コロナ以前は西洋人の団体観光客がサムローという三輪人力自転車タクシー(輪タク)を連ねて大挙して押し寄せていたのですが、コロナでプッツリと来なくなってしまいました。

それでも、地元の人やバンコクなどからの観光客相手に一生懸命一年間辛抱して営業を続けてきていましたが、とうとう7月に入って廃業となってしまいました。

Img_0397

ピサヌロークはこのようにコロナの影響が経済面でもジワジワと浸透してきており、街全体がどんよりと沈んでしまっている感じです。

ピサヌロークの隣り、スコータイもだいたい状況は似ており、遺跡巡りをするためのレンタサイクルの店が閉まってしまったり、レストランなども営業をやめてしまったものなと多数あります。

しかし、スコータイ歴史公園は現在のところまだ通常通り観光客を受け入れており、見学可能です。

現在の第三波が終息し、バンコクからの移動規制が解除されたら、ぜひピサヌロークやスコータイへ足を運んでいただきたいものです。

そして、はやくまた活気あるタイ中北部になってもらいたいと思います。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.07
loading...
カリブブログ一覧