サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

今日はまず朗報からお伝えします。

先月下旬より新型コロナウイルスの感染蔓延予防のため閉鎖されていましたスコータイとカンペーンペット地区の歴史公園(世界遺産)が、本日05月10日より再開し、観光客の受け入れを再開しました。

またピサヌローク県では、スパやマッサージ店の営業も昨日より解禁されています。

レストラン内での飲食はもともと規制されていませんが、でもまだビールなどのアルコール飲料の店内飲酒は規制されています。

Img_4712

しかし、まだまだバンコクなどは感染状況が深刻で、観光旅行に出かけられる雰囲気ではないようです。

そのためピサヌロークやスコータイ地区のホテル等は、稼働率が極端に低下してしまい、特に大型ホテルでは、通常ではありえないようなプロモーション料金を提示していたりします。

メオダムもこの機会に、そうした特別料金のホテルに泊まってみることにしました。

Img_4670_2

インターネットで調べて、ピサヌロークで一番お得な料金で宿泊できそうなジ・インペリアル・ホテル・アンド・コンベンションセンター・ピサヌローク(以下インペリアル・ピサヌローク)に泊まってみることにしました。

 

このホテルは先年までアマリン・ラグーン・ホテルと呼ばれていました。

今から30年ほど前にはナマズのご研究で秋篠宮様もご利用になられていたという由緒正しいホテルです。

そういえば、かつて秋篠宮殿下はタイのウイスキー(ラム?)で有名なメコンをご愛飲になられていたとか、そのメコン・ウイスキーを製造しているメーカー(大財閥TCC)が、このホテルのオーナーです。

そんな皇室御用達(?)のようなホテルにメオダムが泊まろうなんて、恐れ多いことながら、宿泊料金が大特価で日本円で2000円ほど、ちょっとしたゲストハウス並みだったのですから、この機会に体験してみたいと思ったわけです。

しかも、もともと破格なので、ちょっと奮発してワンランク上のプレミア・デラックスと言う部屋にしました。

Img_4679

ホテルのゲートを抜けると、さすがリゾート風のホテルだけあって、ものすごく広々とした敷地です。奥に見えるのが宿泊棟で、そこまでまっすぐにアプローチが続いています。

舗装した路面がちょっとツギハギだらけなのも歴史を感じさせます。

アプローチ両脇には大王椰子の並木や、ホウガンノキが植えられています。

Img_4705

これがホウガンノキ(砲丸の木)で、実が大砲の玉のような形と大きさから命名されており、英語でもキャノンボール・ツリーと呼ばれているそうです。

ピンク色の花は、ちょっと変わった形をしており、芳香を放ちます。

この木、タイではお釈迦様の木でトン・サラと呼ばれています。

お釈迦様が入滅の時に、花を咲かせていたとされる木と信じられています。

平家物語の冒頭に出てくる「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらわす」の沙羅の木を意味しているとされています。

うーむ、さすがは仏教国のタイだけあると思い込みそうなのですが、タイではこのホウガンノキ、沙羅双樹のサラの木として、国内では各寺院を中心に植えられていますが、もともとは中南米原産でお釈迦様とは縁もゆかりもないようです。

ただ、ラマ五世(チュラロンコーン大王)がスリランカへ旅行された際に、土地の植物園よりこのホウガンノキを贈られて、タイへお持ち帰りになられました。

それがどこでどうなったのか、タイ国内に到着した時には、釈迦入滅の聖樹サラとして伝わってしまったようです。

ながいアプローチを進んで、いざホテルへ。

Img_4708

ホテルの建物は低層で、横に大きく広がっています。

車寄せの周りに咲いている白い花はシルク・ジャスミンでしょうか、これも清々しい香りを漂わせます。

ドアの前で体温チェックを受けて、期待に胸弾ませて突入。

Img_4676

時刻は午後3時前。

レセプションスタッフが一人いるだけで、静寂に包まれています。

床にはソーシャルディスタンスのサインもあるけど、並ぶまでのことはありません。

パスポートを提示して、ちょっと旧式のキーを受け取ります。

「ご予約はご朝食なしのプランで承っておりますが、、」

「はい、予約では朝食付けてませんが、念のため朝食はブッフェですか?」

「いいえ、現在はセットメニューで、お一人様150バーツにてご案内しております。それと午後4時まで館内のエアコンは止めさせていただいておりますのでご了承ください。」

なるほど、宿泊客が少ないのでブッフェは中止して、エアコンも日中は止めているらしい。

Img_4672

これがメオダムが泊まったプレミアム・デラックスのお部屋です。

一昨年リノベーションをして、床もフローリングにしたとのこと。

広さも十分だし、調度品も落ち着いた感じ。

WiFiも使えるけど、ちょっと残念だったのは電源コンセント。

Img_4685

アース対応の3Pタイプになっていない。

タイではノートパソコンとか、最近はアース付きのプラグが一般的なんってきているのだけど、どうやらリノベーションするときに、交換してなかったみたい。

メオダムのノートパソコンも電源を差し込むことができませんでした。

Img_4689

部屋にはインスタントのコーヒーと紅茶のセット、電気ポット、そしてガラスボトル入りの飲料水2本が用意されています。

小型の冷蔵庫はありますが、冷蔵庫の中は空っぽです。

セーフティーボックスはないようです。

Img_4675

バスアメニティーは、固形石鹸、シャンプー、シャワージェル、シャワーキャップ、フェースタオル、バスタオル、そしてドライヤー。

シンクの作りもちょっと旧式だったかな。

でも、不便はありません。

そして、メオダムが料金的に安いスーペリアタイプの部屋ではなく、プレミアム・デラックスなんて身分不相応の部屋にしたのは、バスタブにお湯を張って入浴がしたかったから。

Img_4674

こちらも旧式なバスタブですが、大きなバスタブなのは良かったです。

でも、やっぱり経費節減のためか、あまり熱いお湯は出ませんでした。

タイの人たちはお風呂に入る習慣ないし、熱いシャワーを浴びることもないので、仕方ないかもしれませんが、夜になってホテルのエンジニアに頼んで、ボイラーの温度を上げてもらいました。

Img_4700

部屋からの眺めなんて、別に見晴らしがよい場所でもないので、期待する方が間違っていますが、しかし緑がとってもきれいです。

 

さて、このホテル、もともとアマリン・ラグーンなどと称していましたが、海のないピサヌロークでどうしてラグーンなんだろうか?

たぶん、その理由はホテルご自慢のプールがなんとなくラグーンみたいな設計だからではないかと思っています。

Img_4677_2

このプールで泳ぐのもメオダムの目的のひとつでした。

ピサヌロークでは、もともと観光目的でホテル滞在する人の割合があまり高くないからか、バンコクのホテルなどと比べると、プールのないホテルが多いのですが、ここのホテルはリゾート風のプールがあり、メンテナンスもしっかりしているようです。

Img_4678

浅いところから、深いところまであり、子供向けの仕切られたエリアもあります。

プールにはバーの設備もあるのですが、現在休止中なようで、飲物やスナックを注文されたい方は、プールサイドのベルを鳴らせば、ボーイさんが厨房から運んできてくれるそうです。

メオダム、このプールを独り占めして、さっそく泳いでみました。

泳ぐなんて、久しぶり。

たまにはリゾート気分だ、ルンルン。

Img_4692

夕方まで、プールでたっぷり遊んことができました。

 

ホテルのレストランは、現在営業を中止しているようですが、ルームサービスは注文できるようです。

Img_4696

レストランが営業していないためでしょうか、ロビーラウンジの脇にある棚では、カップラーメンを並べてありました。

このインペリアル・ピサヌロークはちょっと市内中心部から離れた住宅街にあるので、プライベートで宿泊される方が、ホテル近くでなにか食べようと思っても、ちょっと不便かもしれません。

Img_4706

そして、翌朝のホテルのレストランの様子ですが、電気が点けられておらず、営業していないみたいです。

昨日チェックインの時に、朝食はセットメニューだと言っていたけれど、それはルームサービスての対応だったのかもしれません。

 

館内に秋篠宮殿下のお写真でも飾られていないかと探してみたのですが、メオダムは発見できませんでした。

スコータイにあるパイリンホテルには、上皇様ご夫妻がまだ皇太子だった時にご利用になられた際の写真パネルがロビーに掲げられていましたが、上皇様が公式訪問だったのに対して、秋篠宮殿下は私的ご訪問(ご研究)のためだったから、写真の掲示がないのでしょうか。

ホテルのすぐ隣にはとても大きな市立公園があり、朝夕は公園内でジョギングをしている人たちをたくさん見かけました。

このホテルは、プールでのんびりするくらいのスケジュールでのご滞在向きのホテルだと思います。

もちろん、ここを起点にしてスコータイ遺跡を見学されたり、カオコーへ足を伸ばされるのも良いかと思います。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

今日は市内ホテルの宣伝ぽくなってしまいますが、トップランドホテルのランチブッフェをご紹介します。

トップランドホテルはピサヌローク市内にある大型ホテルです。

タイで最も美しいと言われる仏像、チンナラート仏を安置するワットヤイこと、ワットプラシーラタナマハタート寺院の近くにあります。

このホテルの2階に、カフェロイヤル(Cafe Royal)と言う名前のレストランがあり、朝、昼、晩とブッフェを提供しており、宿泊者以外でも利用できます。

Img_3352

そして、いまホテルではブッフェのプロモーションを行っていて、通常のほぼ半額ほどでホテル・ブッフェが楽しめます。

  • ランチブッフェ 120バーツ
  • ディナーブッフェ 145バーツ

メオダムは先週金曜日のランチ時に利用させてもらいました。

ピサヌロークという田舎町なので、バンコクなど大都会にある高級ホテルと比較したら元も子もありませんが、いまどきデパートのフードコートでランチ食べても120バーツくらいしますから、もう超お得なプロモーションです。

一応はホテルのブッフェですから、いろんな種類の料理がたくさんの並んでいます。

中でも、一番人気なのはステーキです。

Img_3349

タイでは牛肉を食べない人が、中国系の人を中心に沢山います。そのせいかもしれませんが、ステーキにビーフはありません。

あるのはポークとチキンです。

注文すると、1枚ずつステーキを焼いて、アツアツをサーブしてくれます。

ソースはペッパーソースやマッシュルーソース、そしてタイ風の激辛ソースなどをお好みでかけられるようになっています。

ソースの減り具合から見て、激辛ソースが一番人気のようです。

ステーキ以外にも、付け合わせのグリルドや洋風のスープが用意されてます。

この日のスープはポテト・ポタージュでした。

 

ピサヌロークは農業県です。

バンコクからお越しになられたお客様が口をそろえておしゃるのは、「お野菜が美味しい」ということです。

そう、野菜が新鮮でおいしいです。

なので、当然サラダをメオダムはお勧めしたいですね。

Img_0867

新鮮な生野菜がズラリと並んでいます。

シャキシャキで美味しいですよ。

ポテトサラダやフルーツサラダもあります。

でも、メオダムが見たところ、いまここへ食事に来る人は、ほとんど地元の人たちで、習慣的にサラダを食べつけていないのか、あんまりサラダの売れ行きは良くないようです。

でも、ドレッシングも各種揃っています。

タイの田舎なので、サラダドレッシングが日本人の味覚からすると、ちょっと甘ったるいという懸念があります。

マヨネーズなんかも、お酢の代わりにお砂糖を入れたんではないかと思うくらい、やたらと甘いです。

Img_0866

そんななかでメオダムが気にいったのは、"Miso Dressing(写真左)"です。

やっぱり、ちょっと甘いんですけど、それでもかすかにお味噌の風味があります。

葉物野菜との相性がイイみたいです。

写真右にあるのは"Sesami Dressing Japan"と書かれていますね。

適当に解釈し、日本風胡麻ドレッシングかと想像とてしまうと、あっさりと裏切られてしまいます。

ゴマドレッシングなどと先入観など持たない方が、良かったのかもしれません。

それにピンク色がねぇ、、、。

 

日本ついでに"Sushi"と書かれたコーナーがあります。

でも、日本のお寿司を想像されない方が良いのは、ドレッシングとおんなじです。

タイの屋台に精通された方なら、タイでよく見かける「一貫5バーツ」のスシ屋台を想像してください。

毒々しい緑やピンクのエビっこ(卵)の軍艦巻きやマヨネーズや照り焼きソースのかかった海苔巻きなんかをタイの街中では、庶民相手に良く売っています。

ここのスシもその延長線上です。

Img_3336

何種類かのスシが並んでますが、鰹節をどっさり振りかけた海苔巻き(?)と照り焼きソースのかかったニギリ。

海苔巻きの具は、ローストチキンとカニカマ、玉子焼き、キュウリです。

海鮮ものは含まれません。

海から遠いピサヌロークですから、新鮮な海の幸など期待する方が無理ですね。

で、ニギリは、、、。

Img_3337

シャリに乗っているのは、蒸し鶏みたいです。

それに甘しょっぱい照り焼きソースと刻んだ分葱ぎ振りかけられています。

日本に、こんなお寿司なんてないでしょうけど、寿司という先入観を持たなければ、これはこれで美味しいですよ。

なんとなく、カオマンガイ・スシって言った感じだし、ピンク色したガリと一緒に食べるとなかなかオツな味がします。

Img_3334

ブッフェ・メニューの中心はタイ料理です。

これは、青パパイヤを使ったソムタムというタイを代表する料理の一つで、酸っぱくて、辛くて、甘いサラダみたいなものです。

ただし、初めて食べる人には、甘さを感じる前に唐辛子の辛さに打ちのめされてしまうかもしれません。

でも、ご安心。

ここのブッフェの良いところは、作り置きを並べているだけではなく、お客様の注文に応じて調理してくれるメニューが多いことで、このソムタムも注文を受けてから作り始めます。

その時に、唐辛子は何本とかマナオと呼ばれるライムは多めと個別注文ができます。

タイ語ができない日本人には、何も言わなくても「マイペットナー(辛くしないねぇ)」とか言って、辛いものが苦手な人でも食べられる程度の味付けにしてくれます。

ここでは、ソムタム以外に、ラープムーという豚ひき肉のサラダやタイの春雨サラダ、ヤムウンセンのようなヤムも作ってくれます。

Img_3341

炒め物コーナーも、注文を受けて作ってくれます。

好きな野菜やお肉をお皿にピックアップして、カウンターのコックさんに渡すと、大きな中華鍋で炒めてれます。

その際に、どんなソースで炒めろとか注文できます。

味付けの注文がない場合は、スタンダートにオイスター・ソース炒めを作ってくれるそうです。

プロモーションで安くても、ホテルだけあってスタッフもたくさんいるから、このようなサービスができるんですね。

Img_3344

ヌードル・コーナーもあります。

タイのヌードルにはヌードルの太さなどでいくつかの種類があります。

極太のセンヤイ、中細のセンレック、極細のセンミー、そして中華麺のようなバミーです。

名前がわからなくても、指さして注文できます。

スープもこの日はイェンターフォーと呼ばれる日本人が見るとピンク色でドキッとするような、腐乳を使ったスープなどもありましたが、メオダムは地元風のスコータイ・ヌードルが好きなので、スコータイ・ヌードルを作ってもらいました。

スタンダートではルークチン・ムーという豚肉団子と豚ひき肉が入るのですが、特注して竹輪、白きくらげ、ツミレ、揚げ雲吞を入れてもらいました。

他にも、タイ料理のメニューは充実していて、タイカレーやナムブリックと呼ばれるお総菜、タイ風の焼きそばなど、たくさん並んでいました。

でも、なんたって1時間の昼休みを使ってのランチなので、時間が限られています。

そろそろデザートにしなくては。

Img_3351

果物が豊富なピサヌロークにあって、フルーツ・コーナーはちょっと寂しくて、スイカ、パイナップルとケンタロープと呼ばれるメロンの3種類だけでした。

もうちょっと、季節感のあるフルーツを入れてほしいところですが、本当に美味しいフルーツは市場で買えば良いので、これはこれで良しとしましょう。

Img_3347

甘いお菓子は、タイ風の冷菓で、密豆風の具材にぶっかき氷を入れて食べるものでした。

写真の右上奥に見えるこげ茶色のものは、ブラウニー・ケーキで、上にカシューナッツが乗っています。

台湾風のかき氷にも似ていますが、かき氷と比べると、氷の粒が大きく、魚屋さんで陳列台で魚の下に敷くぶっかき氷みたいに大粒の氷です。

Img_3350

これがメオダムが自分て作った特製デザートです。

デザートは他にもココナツミルクを使ったお菓子など何種類もありました。

タイの人たちは甘いものが好きなので、モノによっては日本人には甘すぎるくらいタイ・スイーツもあったりします。

Img_3345

やっぱり、このお値段だけあって、最近はコロナで閑古鳥が鳴いていたこのレストランも、お客様でいっぱいになっています。

お客様のほとんどが女性客と言うのも、タイの田舎らしい光景と言えるでしょうか。

田舎町で、公務員を除くと、勤め人はほとんど女性ばかりです。

120バーツと言えども、ランチにこれだけのお金を払えるのは、自営業者か勤め人くらいです。

なので、ここの人たちも街中の人たちよりは、ちょっと服装も良いみたいです。

Img_3346

さて、お会計。

メオダム、ご一匹さま 120バーツぽっきり也。

税金もサービス料も込々と言うのもうれしいです。

プロモーションは2月まで予定しているそうなので、トップランドホテルへお食事にいらっしゃりませんか?

メオダム、大満足、大満腹のランチでした。

Img_3335
[北タイ名物のカオソーイ(カレーヌードル)もセルフサービスであります]



H.I.S.ピサヌローク支店、メオダム・クラブでは、久々にコンテンツをアップしました。

先日、このブログでもご紹介したプーロムローです。

タイでナンバーワンの桜の名所です。

http://www.meodam.club/ss_phs_phulomlo.php

来年は、ピサヌロークへお花見に来てください。

sun H.I.S.Tours ピサヌローク支店 sun

Untitled

皆さん、こんにちは

私はキックです。

2018年08月4日に私は5人の友達と一緒にカオコー(เขาค้อ)に行きました。

友達と旅行するのは楽しかったです。

カオコー(เขาค้อ)では多くの場所へ行きました。

一日で行った場所はル ボヌール カフェー(Le Bonheur Café)と、

ラタナイ貯水池(อ่างเก็บน้ำรัตนัย)と、ワットパーソンゲーオ(วัดผาซ่อนแก้ว)と、

ブルースカイリゾート(The Blue Sky Resort)です。

ル ボヌール カフェーは雰囲気が良かったし、

景色がきれいでした。

私はここに来てただ景色を眺めるのが好きです。

しかし、ブルースカイリゾートをご紹介したいと思います。

20160411_3_1460359804_537588

B3854099d97cb9d4563d12928a32630e0f6

ブルースカイリゾート(The Blue Sky Resort)はリゾートがきれいだし、

雰囲気がロマンチックスタイル(イギリスのカントリースタイル)です。

ここは山に囲まれていて、朝は霧の景色があります。

ブルースカイリゾートの面積は約470ライ(75.2万平方メートル)もあります。
※東京ドーム16個分

38411724_1780676061981380_142319135

38391453_1780676005314719_798793293

38462781_1780676071981379_790454877

そして、色とりどりの花に囲まれています。

行ったときは花がとってもきれいでした。

おとぎ話の中にいるような素敵なリゾートです。

そして、ディズニーランドにいるようです。

38469358_1780980455284274_3759070_2

0480d7e04d63fc81a4194fd45f441df929a

また、泊まる部屋があります。

部屋がたくさんあり、例えば、ファミリールームと、デラックスコーナールームなどです。

泊まる部屋の値段は 1,999 - 12,000バーツです。(朝食付き)

しかし、ブルースカイリゾートへ日帰り旅行に行きたかったら、

行くことができます。

入場料は100バーツです。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.05
loading...