サワディーカップ、ピサヌローク支店のメオダムです。

いまタイは新型コロナウイルス第二波で大変なことになってますね。

日本は、第三派が猛威を振るっているようですが、ここピサヌローク県は、現在までのところこの第二波での新型コロナウイルス感染者は発生していません。

おかげで、市内の飲食店やマッサージ店などほぼ通常通りの営業をしています。

Img_3298_3

メオダムお気に入りの「空飛ぶ空芯菜食堂」も、満員御礼。

ビールもいつも通りに注文できます。

いゃー、ピサヌロークにいて良かった。

年明けから続いた学校閉鎖も、すでに解除されて、朝夕は学校へ子供たちを送り迎えする車で渋滞します。

第二波の影響が出ているとすれば、タイで最も美しいと言われる仏像、チンナラート仏を安置するワット・プラシーラタナマハタート寺院の礼拝堂が立ち入り規制が実施されています。

礼拝堂の螺鈿細工で装飾された大きな扉は開放されており、チンナラート仏を参拝されたい人は、扉の外側から仏像を拝むことになります。

Img_1095(この写真はコロナ以前に撮影したもので、礼拝堂内に参拝者がいっぱいいます)



さて、本日の話題はピサヌロークの新型コロナウイルスの話題ではありませんでしたね。

本日ご紹介するのは、スコータイ県サワンカローク市にあるストリート・アートです。

近年はバンクシーなど、ストリート・アーティストの作品が注目されるようになってきましたね。

タイでもときどき建物の壁や塀にスプレーで絵が描かれているのを見かけます。

無名のアーティストのモノもあるでしょうし、ただの落書きとしか思えないモノもありますが、今日ご紹介するのは、2019年9月にタイ政府観光局が周辺アジア諸国と協力して行った“Experiencing ASEAN POP Culture”というプロモーションの一環として、東南アジア各国からストリート・アーティストを招いて、サワンカロークの古い家並の壁に描かせたものです。

Img_3257

この作品は、マレーシアのツァイ・ケンジさんが描いたものです。

くすんだ古い町家の壁にありながら、鮮やかな色使いが、強い日差しに映えて、トロピカルな印象を与えます。

この絵のモデルは中国系の女の子でしょうか、このあたりは古くから華僑が多く住み商売をしていた場所でもあります。

しかし、大都会でエネルギッシュにビジネス活動をしているか華僑たちと違って、この辺りの華僑たちが住む街並みは、時代から取り残され、古い中国風の伝統的な生活の中で、半分眠っているようなたたずまいを見せています。

目を閉じている少女は、そうした街並みと共通しているように見えます。

頭の上の刺しゅうを施したような帽子の上には、龍が乗っています。

中国の伝説上の龍にも見えますが、東南アジア一帯にむかしから伝わる水を司る蛇神ナーガにも見えます。

手に持っているのはマンゴーのようです。

サワンカローク周辺はマンゴーの産地でもあります。

もう片方の手に持つ瓶からは植物が伸びていてチョうに舞うチョウとともに生命力を感じさせます。

瓶には犬の顔が描かれていますが、この犬のデザインがツァイ・ケンジさんのシンボルマークなのだそうです。

よく見ると、右下にも赤い犬のオブジェが置かれています。

Img_3258

でも、犬みたいですけど、なんだか龍のようにも見えますね。

Img_3255

この辺りの町家づくりの建物は、一階が商店や食堂になっており、二階が住居になっています。

建物は何軒もの棟割長屋のような構造で、建物横の妻の部分はレンガに漆喰を塗り、表側は木造です。

一階の部分に庇(ひさし)が伸びているのは、香港などのある広東省あたりの建築様式と共通します。

 

Img_3254

こちらはタイのチャクリット・タナンタクン(Jackkrit Anantakul)さんの作品で、抽象的なんですが、タイトルが付いていまして、“Love is here” となっています。

右手には魚が泳いでいるように見える部分は川なのでしょうか?

サワンカロークはヨム川のほとりにあり、100年前までは水運を使った交易で栄えた町でした。

とすると、この作品は地図なのでしょうか?

たくさんの文字によるメッセージも書き込まれています。

"LOVE YOU"、 "ETERNAL LIFE"、 "SAWANKHALOK"、、、

左手側はよりメッセージが多く書かれています。

Img_3253

六角形をした模様が描かれています。

これは何をイメージしているものでしょうか?

メオダムは、このあたりは華僑の古い風習が残っているので、中国伝統の占い"風水"から来ている「風水八卦」かと思いました。

色合いも陰陽を表しているように見えるし、、しかし、よく見ると六角形です。

風水八卦なら八角形でなければならないはずで、風水とは関係ないのかもしれませんね。

さらに、右下の空色に塗られた三角形の部分、大文字、小文字を散りばめて、少し長めのメッセージがあります。

LOVE is Patient
LOVE is Kind
it Does not ENVY
it does Not Boast
it is not Froud

どこかで見たような、、、

40年近く前、英語の授業で習った聖書の一説ではないですか。

「コリント人への手紙」第13章
Love is patient, love is kind. It does not envy, it does not boast, it is not proud.
愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。

 

Img_3248

こちらはカンボジアのアーティスト、ピープ・ター(Peap Tarr)とリサ・マム(Lisa Mam)の作品だそうです。

題材は、"Ramdul Flower"となっています。

この花はタイではラムドゥアンと呼ばれています。

チェンマイにあるカレー・ラーメン(カオソーイ)で有名な食堂の名前と一緒ですね。

それと、メオダムが今年の初日の出を見たルーイ県の山の名前もプー・ラムドゥアンでした。

このラムドゥアンという花、サワンカロークで見られる花だそうで、またカンボジアの国花とされております。

夜になると芳しい香りを放つと言われています。

メオダムはまだ香りを嗅いだことがないのですが、英語での名前を"White Cheesewood"と言うそうです。

まさか、カマンベール・チーズのようなニオイがするわけじゃないでしょうね。

 

Img_3250

箸を持つ女性が写実的に描かれ、白黒写真を見ているような印象のこの作品はシンガポールのアーティスト、Ceno2さんによるものです。

彼はシンガポールを代表するストリート・アーティストだそうですが、その作品はシンガポールではなく、シカゴ、ニューヨーク、ロンドンなどで知られているそうです。(ウィキペディアより)

メオダムはもう20年くらいシンガポールへ行ったことがありませんが、なんとなく、活動場所がシンガポールでないというのが理解できるような気がします。

そして、この箸を持つ女性、東南アジアのどの街にもいそうな庶民階級の中国系女性と言うイメージを受けます。

狭い台所兼食堂で家族とともにテーブルを囲んでいる表情でしょうか?

それとも、屋台で何かヌードルでも食べようとしているんでしょうか?

Ceno2さんの作品は、もう一つありました。

このストリート・アートが描かれている路地の長さは、だいたい100メートルほどなのですが、Ceno2さんの作品は、その両端に位置しています。

Img_3241

ムエタイ・ファイターでしょうか。

これから強烈なキックを浴びせようと跳躍している姿でしょうか?

それとも逆に、相手のキックを受けて倒れ込む姿なのでしょうか?

躍動感が伝わってきますね。

頭にはモンコンと呼ばれるお守りを巻いています。

そのモンコンの尻尾の部分が、下に流れているので、これは倒れ込む姿ではなく、飛び上がっていく姿なのだろうと、メオダムは理解しました。

これは刺青なのでしょうか、脇腹にはちょっとユーモラスな魚が描かれています。

この魚のデザインの起源、スコータイ時代にさかのぼります。

スコータイ時代の13世紀、タイ文字を考案したラムカムヘーン王は、石碑にスコータイがいかに豊かで平和なところをを示す「水に魚あり、田に米あり」を記しています。

そして、そのスコータイで作られた陶器、サンカローク焼き(スンコロク:宋胡録)は、スコータイ遺跡やシーサッチャナライ遺跡周辺に、窯跡が見られます。

サンカロークとはここの地名、サワンカロークと同義と言われており、くすんだ青緑色がかった灰色の釉に、濃紺の絵が入っている陶器が知られています。

そこに描かれた絵で、代表的な絵が、この脇腹に描かれた魚と同じデザインです。

Img_3220

Img_3240

このムエタイ・ファイターの描かれた壁は、洒落たアイスクリーム屋になっています。

他がどこも古色蒼然たる商店ばかりの中で、この店は唯一アンティーク風といったイメージの店です。

ここのアイスクリームでもなめながら、ストリート・アートの観賞など如何なもんでしょうか?

サワンカロークには、このストリート・アート以外にも国立サワンカローク博物館があり、クメール時代の出土品やスコータイ時代の仏像や陶器などを見ることができます。

バンコク航空が発着するスコータイ空港からなら、車で20分ほどです。

また、ピサヌロークからは車で1時間半くらいかかりますが、バスの便もあります。

この新型コロナ・ウイルスの関係で、昨年から運転中止となっていますが、バンコクからピサヌローク経由、サワンカロークまで直通の特急列車もあります。(「ありました」かな)

 

追伸

H.I.S.ピサヌローク支店のホームページ、メオダム・クラブのメニュー設定を新しくしました。

コンテンツの更新がしばらく疎かになっていますが、このところピサヌローク支店はお客様もなく、時間ができましたので、また少しずつ、ピサヌローク周辺の見どころ紹介などを書き足していこうと考えてます。

そして、メオダムは、タイでの第二波も月末くらいには下火になって、来月下旬くらいには再びタイ国内旅行が自由にできるようになると思っています。

タイへ駐在員やその家族として滞在されている皆様、タイの文化発祥の地であるスコータイやピサヌロークを、コロナ明けには是非訪れてみてください。

そして、この春帰任される方は、絶対に来てください。

ご帰国後、タイがどんなところであったか、バンコクだけではなく、いにしえの文化から見ていただけるようメオダム、いろいろとご紹介したいです。

サワディーカップ、ピサヌローク支店のメオダムです。

いゃー、、タイはまたコロナで大変なことになってきてしまいました。

感染者の数とかは、日本とか諸外国と比べたら、ずっと少ないのですけど、感染予防のための規制が厳しいので、ピサヌロークを訪れてくださる観光客はぴたりと止まってしまいました。

しかし、観光客が来ても、来なくても、季節は巡ってくるもので、ピサヌローク郊外のプーロムロー国立公園では、サクラが見頃を迎えています。

Img_3202

メオダムは1月8日の午後にサクラを見に行ってきました。

国立公園の人の話だと、現在の咲き具合は、40%程度とのことでした。

ここで咲いているサクラは、ソメイヨシノでも、八重でもなく、ヒマラヤサクラと呼ばれる種類で、もともとここに自生していたわけではなく、20年くらい前から苗木を植え始めたものだそうです。しかし、その植樹した苗木の数が10万本と言うから驚きです。

Img_3188

プーロムローは標高1500メートルほどに位置しているため、熱帯のタイにあっては、気候が冷涼で、松の自生も多く見られます。

とくに12月から1月にかけての乾季(寒期)には、気温が10度以下まで下がり、サクラの枝に花が付きます。

Img_3201

日本のサクラは開花が始まって、一週間ほどで散ってしまいますが、一斉に満開となる様子は、感動を覚えるほどですよね。

タイの人たちも、日本へ行って「お花見」をしたいと思っている人はたくさんいます。

そして、3月から4月にかけて、タイは「夏休み兼正月休み」のシーズンということもあり、たくさんのタイ人観光客が日本へ旅行に出たものです。

でも、去年からコロナで日本へは行けなくなってしまったし、それに日本のサクラは開花期間が短いので、うまく旅行期間中に満開のサクラが見られるかどうかは、運次第のところもあります。

それに比べると、ここプーロムローのサクラは開花している期間がとても長くて、一か月くらい咲き続けるようです。

とにかく、なかなか散らない。

日本の満開のサクラは、風が吹くとヒラヒラと花びらを散らして、花吹雪が見られてとても美しく、感動を覚えるのですが、こちらのサクラは風が吹いても、花びらを散らしたりしません。

Img_3193

花の色は、ピンク色ですが、花芯近くは紅色で、全体として日本のサクラより、赤みが強い印象です。

プーロムローでは、一般の車での入場が規制され、国立公園事務所周辺で、公園内専用のトラックに乗り換える必要があります。

このトラックの荷台に揺られること10分ほどで、小さな集落を通り過ぎます。

このサクラの里を過ぎて、土埃を巻き上げながら、トラックはガタガタと山道を登っていきます。

ちょうど山の尾根のようなところを走るのですが、そこはピサヌローク県とルーイ県の県境となっています。

Img_3207

この日は、青空が広がって、サクラのピンク色がより一層鮮やかに見えます。

この辺りでは、牛の放牧がおこなわれていて、サクラに見とれて、上ばかり見ていると、足元の牛糞に気が付かなかったりするかもしれませんから、要注意です。

Img_3195_2

サクラの木の向こうにバナナの葉が茂っているなんてのも、日本ではあんまり見られない景観ではないでしょうか?

青空、サクラのピンク、熱帯の緑、それぞれがくっきりと美しい。

Img_3219

タイでも、サクラの季節には大勢の観光客が押し寄せます。

昨年はちょうど年末年始にサクラの見ごろを迎えたので、プーロムロー周辺では、サクラ見物の大渋滞が発生しました。

今年はコロナの影響で、観光客はとても少ないのですが、それでも何台もの観光客を乗せたトラックを見かけました。

日本だったら、あちこちで花見の宴が展開されているところですが、タイの国立公園内では、飲酒が禁止されているので、宴は見られません。

また、滞在可能時間も最大3時間までと制限されています。

Img_3204

コロナの感染予防の見地から、今週いっぱいまでが見ごろだから、是非見に来てくださいとは申し上げられませんが、今シーズンはメオダムの掲載した写真だけご覧いただき、是非来シーズンこそは、プーロムローへサクラ見物に来てください。

プーロムローへの公共交通機関はありません。

ゲートウェイとなるピサヌローク県、ナコンタイ郡まではバスの便がありますが、そこから先さらに車で30分くらい入らなくてはなりません。

国立公園入場料

 外国人 (日本人) 500バーツ

 タイ人 40バーツ

 自動車乗り入れ料 30バーツ

プーロムロー行きトラック

 1000バーツ/一台

サワディーカップ、ピサヌロークのメオダムです。

今回もまたタイ東北部、イサーン地方のそのまた東北のはずれにありますブンカーン県の絶景ポイントをご紹介します。

 

Img_2410

「クジラ岩」って聞いたことありますか?

タイ語では、ヒン・サーム・ワン(หินสามวาฬ)と言います。

タイ語での意味は、「3頭のクジラの岩」ということになります。

このクジラ岩はプー・シン(=獅子山)という山の中にあります。

ブンカーンの街から、車で30分ほど。

ウドンタニからだと200kmほどの距離があって、3時間以上かかります。

ブンカーン周辺は何千万年も昔、メコン川の浸食によって削られた砂岩の巨大な岩山が点在しています。

このクジラ岩もそうしてできたものと考えられていますが、果てしなく巨大な岩山です。

岩山全体は森に覆われていますが、あちこちに岩肌が露出しており、またその岩がまさに奇岩なんです。

変わった形の岩なら、世界中にたくさんあって、サル岩だの、ライオン岩だので珍しくもないでしょう。

クジラ岩だって、「まぁ、そんなクジラに似た岩だってあるだろう」と思われてしまうかもしれませんが、ここのクジラ岩は岩の形がクジラに似ているから凄いのではなく、その超巨大なクジラの背に立つことができるんです。

そして、その背に立つと絶景と言えるような景観が広がっているのを眺められるんです。

Img_2399

では、前置きが長くなりましたが、クジラ岩へご案内してまいりましょう。

プーシン森林保護区の北側がクジラ岩へのゲートウェイとなっています。

森林保護区内での移動には、専用のトラックを雇うことになります。

Img_2374

日本では考えられないことですが、タイではトラックをバスのように使うのは日常茶飯事で、小型トラックの荷台に乗り込みます。

10人まで乗れるということですから、ミニバスですね。

このトラックで山道を登っていきます。

道は最初の部分こそ舗装されていますが、すぐに未舗装の土の道となります。

乾季まっ最中の今、トラックが走ると猛然と土煙が上がります。

Img_2377

ときどき山から下りてくるトラックに出くわします。

狭い道なので、どちらかが道の端に避けて、やり過ごします。

そんなとき対向車が巻き上げた土埃を浴びてしまうかもしれませんから、帽子をかぶるとかスカーフなどでほっかむりするとかした方が良いかもしれません。

そうして20分くらい走った、一番奥にクジラ岩があります。

Img_2384

これがクジラ岩への入り口です。

ここを抜けて100メートルほど先に行くと、クジラの背に出ます。

3頭のクジラと言うのは、クジラのような岩が三つのあるからで、一番大きいのが「おとうさんクジラ」。

そして、それより小ぶりなのが「お母さんクジラ」で、一番小さいのが「こどもクジラ」と言うことらしいです。

最初は「おとうさんクジラ」。

Img_2385

森の中を抜けたところで、突然視界が開けます。

ちょうど、クジラの尻尾の方からアプローチしてきて、クジラが潮吹きのために水面に背中を出したような感じで、ドーンと背中の上に立っていることを実感できます。

Img_2386

クジラの背は比較的平らで、起伏はほとんどありません。

そのため、クジラ岩の側面は断崖になっています。

転落防止のための柵などはなく、「これ以上先は危険、出るな」と地下鉄のホームのように、黄色い破線が足元に引かれています。

もちろん、そんな感じですから、端の方へ行くと足がすくんでしまいます。

とにかく、眺望はとても良いのですが、とても高い場所なので、パラシュートでも背負わないと、怖くてクジラの背の端には近づけません。

Img_2756

「この先、落ちたら死ぬぞ、早まるな」とどこかから声が聞こえてきそうだけど、それでもちょっと下を覗いてみたい好奇心は抑えられません。

抜き足、差し足、忍び足で前進を試みます。

あぁ、もうこれ以上ダメ、ムリ、、、ほふく前進しかないか。

そんなへっぴり腰のメオダムをしり目に、タイ人観光客たちは記念撮影に大忙しの模様です。

ジャンプをしてみたりバンザイしてみたり、様々なポーズを決めています。

Img_2418

みなさんラインダンスよろしく一列に並び、片足上げて、ハイポーズ。

「お父さんクジラ」と並行して並ぶ「お母さんクジラ」の背中から、お父さんクジラの上でポーズを決めてる仲間の写真を撮るのも人気のようです。

二頭のクジラの間隔は30メートルくらいでしょうか、お母さんクジラの方が少し前を泳いでいる感じです。

ここでドローンでも飛ばして、上空から写真撮ったら面白い写真が取れそうだと思うのは私だけではないようで、ウーーーンという唸り声が響いてドローンが飛んでいました。

観光客がたくさん集まっているところなんで、ちょっと危険かなとも思いましたが、飛ばしたい心理には勝てなかったのでしょう。

で、メオダムもドローンを飛ばしたい心理に勝てそうもないけれど、そもそもドローンなんて持っていないし。

でも、このブログにもクジラ岩の上空から撮影した写真入れたいし、、、ということで安直にGoogle Mapの衛星写真を貼り付けてみることにしました。

3_whale_rock

一番右側がお父さん、順番にお母さんクジラとこどもクジラです。

クジラが泳いでいるように見えますか?

お母さんクジラは、上から見るとちょっとメタボっぽいかな。

Img_2404

このクジラたち、額の部分が角ばっているからマッコウクジラでしょうか?

それにしても、こんな危なっかしい場所が人気になるんですね。

落ちる人とかはいないのでしょうか?

例えば、雨の日とか、風の強い日とか、、。

背中に乗れるクジラは「お父さんクジラ」と「お母さんクジラ」だけで、「子供のクジラ」には乗れません。

Img_2396

これが「こどもクジラ」です。

まだ子供だから背中に乗せないのかとも思えますが、またところ、背中の形状が両親と違って平らになっていません。

背中に丸みがあるから、乗ると滑って落ちやすいからかもしれません。

それに、頭の方は樹海と言う緑の海の中に半分突っ込んだ形になっているので、仮に背中に乗っても、眺望はあまり期待できそうにありません。

Img_2393

このクジラの背中は背中に乗れる人数が制限されています。

たとえば「お母さんクジラ」の場合は50人までくなっています。

これは新型コロナウイルスの感染症対策で三密を避けるためだからなのでしょうか?

それとも、制限しないと過密になって、クジラ岩から落ちる人が出るからでしょうか?

まさか、50人以上だとクジラも重くて耐えられないなんてことはないでしょうね。

Img_2391

以上がクジラ岩なのですが、ここのトラックはクジラ岩以外にも、「ゾウ岩」とか「門岩」とや「百の穴が開いた岩」などへも案内してくれます。

しかし、やっぱりクジラが一番人気。

Img_2420

あー、タイだしぃ、ありがちだよねって感じで、これが「ゾウ岩」です。

確かにゾウに見えますが、「ゴリラ岩だよ」って言われたら、なるほどぉと思ってしまいそうです。

Img_2426

これが「門岩」。

巨大な二つの岩が、門のように並んでいます。

はい、まぁ、それだけなんです。

Img_2759

「百の穴が開いた岩」です。

大きな岩の表面に大小さまざまなサイズの丸い穴がたくさん開いています。

で、ここには転落防止のための柵がありました。

穴でつまづいて転落する可能性があるんでしょうね。

しかし、どこから見ても、周りは大平原(ゴムのプランテーション)。

地平線がくっきり見えます。

こんな真っ平らな地平線を見ていると、本当のところ地球は丸くないんじゃないか?

あの地平線の端のところは、クジラ岩とおんなじで超巨大な崖になっているんじゃないのかと思われてきます。

およそ2時間ほどのプーシン、ヒンサームワンのツアーでした。

メオダムは、ずいぶんと写真をいっぱい撮ってしまいました。

だって、あまりにも絶景ばかり、迫力ありすぎ。

でも、これらも3Dとかで立体的に写せればいいのですが、大迫力の景観も写真だと平面的で迫力が伝わりにくいですね。

やっぱり、みなさん実際にブンカーンまで来て体験してみてください。

メオダムたちは、そのお手伝いとして、ツアーをご用意しております。

大注目ブンカーンのクジラ岩と絶叫寺院!?北イサーン絶景ツアー1泊2日

このツアー、2月までならタレーブアデーンの「紅い睡蓮の湖」にも立ち寄りますよ。

メオダムからはこれが今年最後のブログになるかと思います。

1年間お世話になりました。

また、来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を!



HIS バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2021.01
loading...
WORLD情報局