サワディーカップ、ピサヌロークのメオダムです。

今日のお話は、タイトルに「ピサヌローク発」とありますが、これは正確ではありません。

今日は「ピサヌロークも通る」新型寝台特急のお話です。

今の日本では、どこへ行くのも新幹線や飛行機で、寝台車に乗って旅行をするということはほとんどなくなったようですね。

それに、もう夜行列車なんてほとんど走っていないそうですし。

それに引き換え、タイで長距離列車のほとんどが夜行列車です。

Img_4096

特急や急行には寝台車や食堂車も付いていて、往年の鉄道旅を楽しめます。

しかし、オンボロなんですよね。

ときどき、鉄オタの方から「JRのブルートレインがタイで走っているでしょ」と聞かれることがあります。ブルートレインと言うのは、東京や大阪から九州などへ向かう寝台特急のことで、青い色に塗られていたからブルートレインと言うようなんで、日本の中古車がタイで第二のお役目に就いていました。(過去形です)

しかし、もうそれは過去のことで、たぶんもう定期列車ではお役御免になっているかと思います。

現在は、数年前に中国から輸入された新型寝台車に替わっています。

メオダム、ピサヌロークとバンコクの往復にときどき寝台車を利用しているのですが、いつもは旧型の寝台車ばかりだったんですけど、今回チェンマイからバンコクへ向かうのに、初めて新型寝台車に乗る機会に恵まれました。

バンコクとチェンマイを結ぶ寝台特急は、外国人バックパッカーに人気が高くて、いつも切符が売り切れになるほどでしたが、今はCovid19の影響で、タイからバックパッカーが消滅してしまい、メオダムも難なく切符を手にすることができました。

チェンマイからバンコクまで、二等車で1,041バーツです。

チェンマイの出発が夕方18:00で、バンコクには翌朝06:50に到着です。

Img_1422

チェンマイを出発する時は、まだ夕方なので、車内にベッドは用意されず、座席のままです。

この向かい合わせの座席に一人ずつ座ることになります。

窓際には折り畳み式のテーブルも用意されています。

そして、一人に一本ずつ飲料水もサービスされます。

シートはちょっと硬めでしたね。

Img_4107_3

左の写真は、以前からあるちょっと古いタイプの寝台車の車内です。

座った感じは、古いタイプの車両の方がシーシのクッションもあるし、背もたれも少し後ろに倒れているので、快適でした。

シートの下には組み立て式のテーブルがしまわれていて、食事の時などは窓際にセットしてもらえます。

でも、メンテナンスが良くないので、だいぶガタが来ています。

 

メオダムが乗った特急はガラガラでした。

何両も続く長い編成でしたが、だれも乗っていない車両もあるくらいでした。

食堂車も付いているのですが、メオダムはチェンマイを出発する前に駅前で食べ物を買って来ていたので、食堂車で食事をすることはありませんでした。

Img_1420

メオダムが車内に持ち込んで食べたのは、トウモロコシ2本、肉まんとアンマン、そして見えにくいかと思いますが、カノムチープと呼ばれるタイのシュウマイです。

 

古い特急列車だと、食堂車で食事をすることもできますが、車内で注文取りをしているウエイターにメニューから食べたいものを注文すれば、わざわざ食堂車まで行かなくても、料理を座席までデリバリーしてくれます。

つまり、上げ膳据え膳ですね。

しかし、新しい特急では、乗客が少ないからか、ウエイターの注文取りは回ってきませんでしたし、料理が運ばれていく様子も見かけませんでした。

もう上げ膳据え膳のサービスなどなくなってしまったのでしょうか?

さて、夜になると寝台係が、座席を分解してベッドに作り替えてくれます。

Img_1426

座席からベッドに替わった車内はこんな感じです。

通路の両側に2段ベッドがずらりと並び、ベッドはカーテンで仕切られます。

荷物は座席の下(ベッドの下)へ入れることになるので、段ボール箱とかあんまり大きな荷物だと入らないかもしれませんね。

Img_4099_2

左は旧式の車内です。

同じように通路を挟んで二段ベッドが並びますが、上の段へ登るためのハシゴがあり、そのハシゴに荷物棚が付いているので、大きな荷物も問題ありません。

タイの人たちが移動する時には、大荷物の人も多いので、荷物棚はあった方が良いでしょう。

それと、新型にも折り畳み式の簡易ハシゴもあったけど、夜中寝ぼけていたら、足を踏み外しそうです。

でも、やっぱり新型の方が、新しくてすっきりしてますね。

そして、新型の嬉しいところは、各ベッドごとにAC電源が用意されていることです。

Img_1424

旧型にも通路にいくつかの電源が用意されてましたが、絶対数が不足してました。

自分専用の電源があれば、パソコンや携帯電話の充電にも役立ちます。

そして、電源とセットで読書灯もあります。

旧型でも読書灯はありましたが、ほとんど壊れていて、灯りが点くものはほとんどありません。

これで車内にWiFiが飛んでいれば言うことなしなんですが、WiFiは一等車だけで二等車には提供されていません。

その他、トイレとかも清潔で、飛行機のようなトイレです。

ただし、旧式の寝台車にはトイレで水浴び(水のシャワー)ができるようになっていますが、新型ではシャワーも一等車だけです。

 

そして、朝。

Img_1427

夜明けです。

空の星が消えて、東の方がオレンジ色になってきます。

夜汽車に乗って、朝を迎えるのは、やっぱりロマンチックです。

でも、この景色は二段ベッドの下段でなくては見られません。

上の段のベッドには窓がないんです。

 

朝を迎えたバンコクの街に入り、踏切ではたくさんの車やバイクが踏切が開くのを待っています。

Img_1428

定刻より、ちょっとだけ遅れてバンコクに到着。

飛行機で飛べば一時間の距離を、13時間かかりました。

この時間、「無駄」と考えるか、「旅した」と感じるかで、意見が分かれるところでしょう。

でも、いま、もしタイ国内にいらして、どこか旅したいと思っているなら、夜汽車の旅、いいと思いますよ。

 

なお、この特急寝台車、ピサヌロークから乗ることもできます。

でも、時間帯があんまりよくないので、ピサヌロークまでなら、あんまりお勧めではないですね。

サワディーカップ、メオダムです。

いやはや、新型コロナウイルスで世の中大変なことになっていますね。

タイへ旅行を計画していた方もいるでしょうけれど、このタイミングではかなりハードルが高くなってしまっていますね。

メオダムも今週は海外旅行に出ようと半年も前から計画していましたが、あきらめざるを得なくなりました。

で、そんな皆さんに、ちょっとだけでもタイの旅情を感じていただこうと、メオダムはタイ中北部を走るローカル線の旅情をお届けいたします。

タイへ旅行したいのにとウズウズされている方は、タイ中北部の旅情を感じていただき、次回の旅行での目的地の一つに加えて、来るべき日にはぜひタイ中北部へ足を伸ばしてみてください。

 

で、今回ご紹介するのは、タイ国鉄サワンカローク線というローカル線です。

これはピサヌロークの北70kmほどのところにあるタイ国鉄北本線ウータラディット県南部のバーンダーラー駅からスコタイ県のサワンカローク駅までの約30kmを結ぶ超ローカル線です。

Img_8517

[タイ中北部のゲートウェイ、ピサヌローク駅]

 

タイの鉄道は、一日に一本しか電車が走らないというローカル線がいくつかあります。

このサワンカローク線も一日に一往復しか電車がありません。

それもちょっと変則的で、沿線の人たちの生活とは無縁とも思えるようなダイヤで、上りも下りも夕方一本だけです。

タイの国鉄は運賃がとても安くて、初乗りはたったの2バーツです。

その運賃は鈍行の3等車用で、2等車だとその倍額、日本と同様に急行や特急なら急行料金や特急料金が加算されます。

また、日本と違ってエアコンのある車両に乗るにはエアコン代もかかります。

いろいろと追加料金のかかるタイの国鉄ですが、このサワンカローク線を走っているたった1往復の電車は、なんと全席2等の座席指定、エアコン付き、特急列車なんです。

つまり、本来の運賃は3等車で6バーツ、2等車だと14バーツのはずが、特急料金やエアコン代などが加算されて、合計された正規運賃はなんと324バーツにもなってしまいます。

これでは料金が高すぎて誰も利用しなくなるでしょうから、この電車に限って、特別運賃を設定して、電車出発の30分前に空席があれば50バーツで切符を売ってくれます。

それでもまだちょっと高いのですが、この電車、このサワンカローク線内だけを走るのではなく、なんとバンコクが始発で、途中のバンダーラー駅から寄り道してサワンカロークに立ち寄ってから再びバンダーラーを経由して、さらに北にあるウタラディット県のシラアトまで走るというものです。

そして、今回メオダムはバンコクから走ってきたサワンカローク経由シラアト行き特急電車にピサヌロークから乗り込んでみました。

ピサヌロークからサワンカロークまでは約100kmほどですが、やはり運賃は50バーツで、これだとかなりお得感があります。

Img_8521_2

[ピサヌロークからサワンカロークへの切符  コロナ対策で駅にも消毒用アルコールあり]

 

ローカルバスでピサヌロークからサワンカロークまで運賃が67バーツで、所要時間が2時間半も多るのと比べて、ずっと安くて早いです。

1日一本しかないのが玉にキズですけどね。

Img_8520

[発着時刻掲示板ではタイ語、英語、中国語で表示されます]

 

いつものとおり、前置きが長くなりすぎました。

バンコクからの特急は8分遅れでピサヌロークへ到着しました。

もともと、ピサヌロークで10分くらい停車予定だったものを、停車時間を切り詰めて、5分遅れくらいの16:10頃に出発。

Img_8522

[これがサワンカローク線も走る特急]

 

コロナウイルスの影響で、利用客が少なくなっているのか車内はガラガラです。

そして、やっぱりみなさんちゃんとマスクを付けています。

Img_8526

[エアコン車ですが、天井には扇風機もぶら下がっています]

 

工事区間では徐行したりしましたが、特急だけあって快適に田園風景の中を走り抜けていきます。

エアコンの効きを良くするためか、窓にはスモークがかかっていて、車窓からの景色は曇よりとしてしまっています。

メオダム、車内でうつらうつらしているうちにバーンダーラー駅に到着。

駅前に町があるわけでもない、静かな駅ですが、ここがサワンカローク線の分岐駅。

資料によれば1908年にこのサワンカローク線が開通しているらしい。

サワンカロークはヨム川という河川の川べりにある町で、昔は水運で栄えていたというから、水運と鉄道をつなげる目的で作られた路線かもしれない。

Img_8532

[バーンダーラー駅で降りた乗客は線路の上をまたいで外へ向かいます]

 

バーンダーラー駅で進行方向が変わって、バックして走る感じになる。

バーンダーラー駅のあたりはナーン川と言う大きな川があり、灌漑設備が整っているのか、水田が多く、稲が伸びていたり、稲穂が垂れていたりと、なかなか豊かそうな田園風景が広がっている。

1日一本のローカル線なので、線路の補修も後回しにされて、揺れて乗り心地が悪いだろうと覚悟してきたが、予想に反して揺れはほとんどなく、快適。

Img_8534

[田植えをしたばかりの田も、稲刈りを待つ田もあるのは灌漑がしっかりしているから]

 

踏切も自動化されていて、スピードを落とすことなくスイスイと走れる。

こんなローカル線なのに、ずいぶんとよく整備してあるものだと感心する。

Img_8535

[サワンカローク線で唯一の中間駅に停車]

 

20分ほど走って、クロンマプラップという駅に停車。

ちょっとした町になっており、その町の中心に駅があるようで、何人かが電車から降りていった。

乗り込んでくる人は誰もいない。

そろそろ、太陽がだいぶ西の空、低いところまで降りてきている。

Img_8536

このあたりから、水田は減って、畑作と果樹園が多くなってきた。

クロンマプラップのクロンとはタイ語で水路という意味だけれども、土地の利用状況からして、灌漑用の水路はあんまり機能していないのかもしれない。

畑で作られている作物は、サトウキビ、大豆、タバコなどのようで果樹園ではマンゴーが目立った。

サトウキビはもうそろそろシーズンも終わり、刈り取りが済んだ畑が目立って、余計に乾燥した土地のイメージを与える。

Img_8538

[クロンマプラップからは水田が消えて畑作中心となる]

 

さらに20分ほど走ってサワンカローク駅に到着。

ここがサワンカローク線の終点となるのだけれど、メオダムが想像していた終着駅のイメージとはだいぶ違った。

Img_8540

[サワンカローク駅到着]

 

行き止まりの終着駅なら、駅舎は終端側に作りそうなものだと思う。

バンコク中央駅も、チェンマイ駅も、終端に駅舎があり、そこから櫛形にホームが伸びている。

しかし、このサワンカローク駅はホームの中央部分に駅舎があり、つまり普通の中間駅と同じ場所に駅舎がある。

さっき、ヨム川の水運とを結ぶために作られた路線かと考えたけれど、実際はサワンカロークよりももっと先まで線路を伸ばす計画でもあったのかもしれない。

Img_8541

[この先行き止まり]

 

サワンカローク駅で降り立った人は多くはなかったが、私同様にただこのサワンカローク駅へ来ることが目的だったような乗客も何人かいた。

彼らは盛んにスマホで写真を撮ったり、自撮りでポーズを決めたりしている。

駅舎の中はレトロな雰囲気が漂っています。

切符売り場の隣には金色をした仏像があります。

膝に置かれた手の指を見ると、人差し指から小指まで長さが揃っているピサヌローク様式です。

なにか由縁のある仏像なのかわかりませんが、田舎の駅にしてはずいぶんと立派な仏像です。

Img_8543

[出札窓口となりの黄金仏]

 

電車の発着は1日一本だけなので、時刻表も料金表も表ひとつで足りてしまうようです。

その隣には大きな秤があります。

チッキで荷物を送るときに重さを測る秤ですが、1000キロまで目盛が付いています。

今の日本ではチッキでモノを送るなんてことはなくなってしまっているようですが、タイの鉄道ではチッキは現役で、大きなものではモーターバイクなどもチッキで送ったりしています。

Img_8544

時刻表と一緒にまとまっている運賃表を見ると、ここからピサヌロークまでも50バーツとなっています。

ピサヌロークからサワンカロークまでが50バーツだから、その逆も50バーツで当然と思われるかもしれませんが、最初にも説明した通り、サワンカロークを出発した電車はバーダラー駅で北本線へ合流した後、ピサヌロークとは反対のシラアトへ行ってしまいます。

ここからピサヌロークへ向かうとしたら、終点のシラアトまで乗って、その折り返しとなる電車にピサヌロークまで乗るということになるようです。

時刻表によれば、18:01にサワンカロークを出て、シラアトへ行って、その折り返しが19:50でピサヌローク着が21:26と、3時間以上かかることになっています。

メオダム、ピサヌロークへ戻るのに、そんなに時間をかけたくなかったので、ローカルバスを拾ってピサヌロークへ戻るつもりでした。

Img_8549

[バス停近くにこんな見晴らし台が、なんとなくいい雰囲気]

 

しかし、これが失敗。

タイの田舎のバスは、終バスがやたらと早く、日没後にはバスの運行が終わっているのが当たり前ということを忘れていました。

サワンカロークの街に人に聞きながら、ピサヌローク行きのバスが通るという街はずれのバス停まで歩いてきたのですが、バス停となっている雑貨屋の女主人に次のバスの時間を聞いたら、明日の朝の6時とのこと、なんと今日のバスは17:30で終わっていたそうです。

電車もなく、バスもなく、メオダム急遽サワンカロークの町に一泊することとなりました。

夜の田舎町って、屋台くらいしかないんですよね。

それもバンコクと違って、テイクアウト中心の屋台。

Img_8561

[サワンカロークの夜店街、サーイ8]

もし、皆さんもこのローカル線に乗られるなら、サワンカロークで一泊するくらいのつもりで来てください。

もっとも、夜行バスでも良ければ、サワンカロークを出発してバンコクへ早朝到着する高速バスは夜遅くまで走っていますよ。

 

サワンカロークでは、ヨム川を渡ってところに博物館があり、スコタイ時代やその前のクメール文化圏時代の収蔵品を展示していて、一見の価値があります。

また、この電車に接続してシーサッチャナライ遺跡まで行くソンテウ(乗り合い小型トラック)も運行しています。

 

さぁ、コロナが去ったら、タイ中北部で、みなさんもパイオニア気分で旅してみませんか。

サワディーカップ、メオダムです。

 

今週は、一週間にピサヌロークとバンコクの間を2往復しました。

仕事だから、2往復だろうと、3往復だろうと行かなければならないのだけど、体力的にはきつく感じてくるようになりました。

 

そこで、車での往復ではなく、公共交通機関を使いました。

Bus_2

バスでバンコクへ向かうのには、バスに乗るまでに3時間も待たなくてはならなかったりして、ロスタイムに泣きました。

事前に切符を買っておけば時間の無駄は省けたのでしょうけれど、毎度のことで急なことだったのと、横着の相乗効果。

 

バンコクからの帰りは、2回とも鉄道を利用して、寝台券を手に入れることができました。

しかし、寝台車は横になれるのはいいけど、ぐっすり休めるわけではなく、なんとなく1日ぼんやりしてしまう。

 

話は、バンコク往復のことを書こうと思っているのではなく、バンコクへ行った際に、バイクの車検が切れるので、民間車検場へバイクを持ち込んで車検を受けたお話なんです。

 

タイでは小型のバイクでも1年に一回車検を受けなくてはいけません。

車検は民間車検場で検査して、書類なども手続きしてくれます。

Dock


車検に合わせて、ホーローボーと言う自賠責保険の更新をし、税金を払わなくてはなりません。

毎年なので、日本より頻度が高いですね。

しかし、車検そのものは日本より簡単です。

ライトやブレーキなどの検査、排気ガスや騒音のチェック程度で、簡単に終わってしまいます。

そして、車体番号を写し、写真を撮って、お金を払えば、民間車検場で車検証を預かり、数日後には更新記録が書き込まれて返してもらえます。

 

保険などを含めても800バーツ少々と、高くありません。

乗用車だって、日本円で1万円でお釣りがくるくらいの金額です。

 

それでも、タイの車検は年々厳しくなってきているようです。

以前なら、検査なんかしないで、バイク屋や保険屋が全部代行してくれてましたが、数年前から民間車検場などでの検査が義務付けられたようです。

 

メオダムのバイクは150ccで、10年以上前に中古で買ったもの。

たぶん、製造から20年以上になっていると思うのだけど、渋滞の激しいバンコクではなくてはならない足として活躍しています。

いままで、一度も車検でトラブルになったことがありませんでしたが、どうした訳か今回は「チェーンカバーが付いてないから不合格」と言われてしまいました。

そんなチェーンカバーなんて、中古で買った時から付いていなかったと説明しましたが、聞き入れてもらえません。

「バイクの部品屋に行けば売ってるから、付けてきな」とアドバイスをもらって、何軒かのバイクの部品屋を回ってみましたが、どこにも売っていません。

 

「もうこの形のバイク用の部品はないよ」と門前払いです。

部品がないよでは車検が通らないとなれば、こちらも必死です。

再び民間車検場へ行って相談したところ、「サパーンクワーイの部品屋ならあるかもしれない」みたいなことを言います。

サパーンクワイは遠いし、そんなところまで行っている時間もない。

 

さてどうしたものかと目を閉じて考えることしばし。

発想の転換で、部品屋ですのではなく、バイクの修理屋へ持ち込むべきだったと気が付きました。

 

懇意にしているディンデーンにある下町の小さな修理屋。

ここの職人がとても良い仕事をしてくれて、毎度メオダムを感動させてくれているのだけれど、今回も大正解でした。

 

確かにメオダムのバイクに取り付けられるサイズのチェーンカバーはないようですが、似たようなものを探し出し、グラインダーで削ったり、ドリルで穴をあけたりして、カバーを加工し、見事にピタリとはめ込んでくれました。

 

Bike_2

まさに感動ものです。

 

しかも、部品代と工賃含めて100バーツでいいというではないですか。

もし、バンコク在住でバイクの故障とかでお困りの方がいらしたら、この修理屋を推薦しますよ。

 

修理屋のおかげで無事に車検に合格することができました。

 

 下の写真が更新された車検と証明のステッカーです。

Tax



HIS バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2020.09
loading...
WORLD情報局