こんにちは皆さん、ハーブ【薬草】ですbud

今日はタイの古代の三輪自転車を紹介したいと思いますaries

 

Kthtj_190327_0005

古代の三輪自転車はタイ語でサンローと言いますflair

タイ一台のサンローは仏暦2476年に発明されましたcoldsweats02

あの頃サンローは珍しい形で誰でも乗りたいですbicycle

サンローを発明する理由は荷物を運ぶやお客様に行きたい所を送る為ですwheelchair

昔、タイ人はよくサンローを買って,子供を学校に連れて行きたり

市場で買い物したりします。タイの昔は今のように車が多くないから、car

サンローがたくさん道にお客様を待っていますshine

サンローの運転手は大体イサーンの人ですeye

 

Kthtj_190327_0007

 

昔、サンローについて仕事をする人はたくさんお金を稼ぎますhappy01

でも、今は時代が変わって、人はサンローを使わなくなりましたcrying

車が便利だからです。それに交通は渋滞だし、

バンコクはサンローに道で走ってはいけないban

今のサンローは水上マーケットによく見かけますyachtwave

サンローの値段は約50-100バーツ

目的地は遠ければ、遠いほど値段が高いです)good

Kthtj_190327_0004

もし誰かタイに遊びに来たら、どうぞサンロー使ってみてください

サンローを乗る時の感情は昔の感じが気がすると思いますheart02

☆---------------------------------------------------------------☆

《スクチャイトラベルラウンジ》
各種オプショナルツアー、クーポンを日本語で販売中!!

【営業時間】9:00~18:30 (平日)、9:00~17:30(土日祝) [年中無休] 
【電話番号】+66(0)2-022-0945 
【アクセス】
・BTS(スカイトレイン) アソーク駅下車⑤番出口方面より直結
・MRT(地下鉄) スクンビット駅下車 徒歩5分
 タイムズスクエアビル3階 SUKJAI Travel Lounge
・住所:Times Square Building 3rd Floor.,Sukhumvit RD,(Between Soi 12-14)
【オプションオンライン予約】http://activities.his-j.com/CityTop/BKK.htm

《他にもサービスいろいろ》

◎ラウンジ利用の方 無料WiFi&ドリンクサービス
◎お荷物預かりサービス (有料1日1つ100バーツ~/夜間延長代金で深夜引き取りも可!)
◎Wifiルーターレンタル (有料1日280バーツ~)
◎プリントアウトサービス (有料)
◎インターネットPC 無料
◎スマホ充電器 店内利用無料

☆---------------------------------------------------------------☆

ピサヌロークからサワディーカップ、メオダムです。
今日は新しいプラン造成奮闘記です。

メオダムが初めてタイを訪れた時は、まだ大学生で、バックパック背負っての一人旅でした。
もう40年近くも昔で、今とはだいぶ事情が違うかもしれませんが、まだ「地球の歩き方」ではタイは紹介されてなくて、一人旅向きのガイドブックとしては、ちょうどJICC出版の「スーパーガイド」が書店に並び始めたばかりのころでした。

とにかく情報量が少ない中で、旅先で下手くそな英語で情報交換したり、失敗もまた楽しんだりと言うスタイルでした。
そもそも、バックパックなどと言う呼び方も定着しておらず、リュックサックでした。
西洋人旅行者たちが背負っているバッグは、アルミパイプが入って軽くて丈夫そうで、スタイルも縦長のものであったのに対して、リュックサックですから横に大きくはみ出したポケットなどついてて、ずんぐりしたものでした。

その当時と今の交通事情も大きく変わりましたが、今でも一人旅ではいろいろと不便なことがあります。
みなさんも多分、ネットの情報とか頼りにしたりして、タイの中を縦横に旅行されているようで、スコタイ遺跡などへ行くと、一人旅をされている日本の方をしばしばお見受けします。
そうして、また皆さんそれぞれの体験をSNSなどで発信され、さまざまな情報が充実していくことでしょう。

しかし、情報が入手しやすくなったからと言って、スコタイへ行くのが便利になったかどうかとは別問題で、公共交通機関の利便性などはメオダムが若かった時と、ほとんど改善してないような気がします。

先月もメールで「スコタイ遺跡へ行きたいけれどツアーに一人で参加できないか」と女性の方から相談をいただきました。
残念ながら、希望された日付はスコタイツアーでお一人から参加できるものが組まれておらず、公共交通機関の利用法などをご案内しました。
しかし、バンコクからLCCの飛行機でピサヌロークへ来て、スコタイを見学したのち、そのまま夕方の便でバンコクへ戻られるという日帰り予定で、切符も買われてしまっているとのこと。
そうなると、公共交通機関の利用だけではかなり時間的に厳しくなってしまいます。
しかし、ご予算も限られているということなので、次のような提案をさせてもらいました。

「ピサヌロークの空港からトゥクトゥクをチャーターしてスコタイ遺跡見学をしていただく」というものです。

Skype_picture_2019_04_06t14_16_28_

もしトゥクトゥクがあれば機動力が違います。
ちょっと遠い遺跡でもレンタサイクルで炎天下、道を確認しながらペダルこぐ必要もありません。

ピサヌロークのトゥクトゥクには行先により運賃が決まっています。
ピサヌローク駅前からスコタイまでは片道1,000バーツと定められてます。
しかし、トゥクトゥクにしても片道の料金をもらっても、ピサヌロークへの戻りもお客さんが付くとは限りません。
そこで、メオダムが何度か利用して、懇意にしているトゥクトゥクの女性ドライバーと料金の交渉をした所、朝から夕方まで、ピサヌローク空港発着でスコタイ遺跡巡りをしてもらって1,500バーツと言う運賃提示が取れまました。

この金額をメールの依頼主にお伝えし合意成立。
トゥクトゥクのドライバーは日本語はもちろん、英語もほとんどできません。
トゥクトゥクをチャーターしただけでは、ドライバーと乗客の間での意思疎通が困難になると考えられたので、行きたい場所を伺い、事前にプランを決めておきました。
そのプランをドライバーにしっかり伝え、また立ち寄り予定先にも電話を入れて、何かあれば支援協力をお願いしておく。

さて、当日。
最後の仕上げとメオダムも空港まで出向き、バンコクから到着された依頼主さんとトゥクトゥクドライバーの引き合わせをさせていただきました。

ピサヌロークのトゥクトゥクはバンコクのトゥクトゥクとスタイルが異なります。
オリジナルはどちらもダイハツ・ミゼットですが、ピサヌロークは後期型に属して、丸ハンドル、密閉キャブと今の軽トラックを三輪にしたような感じになっています。
ですので、助手席にだって座れます。
後ろの客席は横向きのシートが向かい合わせになっているので、何人かでも一台に乗れますし、シートに足を伸ばすこともできてしまいます。

Skype_picture_2019_04_06t14_16_10_

メオダムはお見送りまでしかできませんでしたが、夕方にはドライバーから、「無事にピサヌローク空港へ送り届けたよ」と電話で報告がありました。
スコタイだけではなく、ピサヌロークのワットプラシーラタナマハタートなどへも回ったようです。

そして、後日依頼主さんから無事帰国とのメールを頂戴しました。
ご本人の了解を得まして、メールの一部を抜粋して、ここにご紹介させていただきます。

+++++++

今日の夕方にタイ観光を終え、日本への帰路についたところです。

スコータイ観光において、パーオーさんには親切にしていただき、本当に助かりました。
予定していたスコータイ歴史公園の中央、北部の寺院を見学できただけでなく、西部のワットサパーンヒンにも足を運ぶことができました。
また、ピサヌロークのワットプラシーラタナーマハタートやピサヌローク駅にも案内していただきました。

道中も細かな配慮をしていただいたので、安心して観光でき、、十二分に旅を満喫できました。
タイ語が話せず、十分にお礼を伝えることができなかったので、お伝え願えればと思います。

+++++++

ピサヌロークでも自家用車の普及でトゥクトゥクの需要が落ちてきており、ドライバーたちも客待ちをしてもなかなか仕事にならないことが多いようです。
バンコクのように外国人観光客向けに観光客料金で稼ぐこともできない環境で、なかなか大変なようです。
ドライバーから、「またお客様がいたら紹介してよ」と頼まれました。

このような形態の商品を販売しても良いものか本社に確認して、もし問題なしのお墨付きを取り付けたら、新しくプランとして紹介してみたいと思っています。
もし、発表前に「トゥクトゥク・チャーターしてみたい」というご希望がありましたら、メールでお問い合わせください。

phs-tours@his-world.com


ドライバーへの取次などのサポートをいたします。

なお、このトゥクトゥクのベースはダイハツのミゼットでしたが、車体延長が施され、エンジンは同じダイハツの軽乗用車ミラのものと交換され、LPガス仕様に改造されています。

フェンダーのライトも丸型から角形に交換されています。

ピサヌロークには昭和30年代に活躍したミゼットのオリジナルに近い形のトゥクトゥクもまだたくさん走っています。

Skype_picture_2019_04_06t14_27_21_ ※これが比較的オリジナルに近いトゥクトゥクです。

乗り物 2019.03.04

shine virgo こんにちは、フェン です

 

前回、スワンナプーム国際空港内をご案内しました。今回、エアポートレールリングについて説明したいと思います。多くのスワンナプーム国際空港からエアポートレールリングでホテルに行く人がいますので、役に立つと思います。

 

エアポートレールリングは全て8があります。

 

S__68698115_2

パヤータイ駅

ラチャプラロップ駅

マッカサン駅

ラムカムヘン駅

フアマーク駅

バーンタップチャーン駅

ラートクラバン駅

スワンナプーム駅

他の電車に乗り換えられる駅は2駅があり、パヤータイ駅とマッカサン駅です。パヤータイ駅のはパヤタイ駅というスカイトレイン(BTS)に乗り換えられます。誰かBTSが近いホテルに泊まったら、この駅を降りたほうがいいです。しかし、マッカサン駅はペッチャブリー駅という地下鉄(MRT)に乗り換えられますので、地下鉄に乗り換えたい人にとって、この駅を降りたほうがいいです。特に、スクンビットの辺りに行きたい人です。ペッチャブリー駅の次の駅はスクンビット駅ですから、スクンビットに行きたい人にとって、便利だと思います。それに、MRTスクンビット駅にはBTSアソーク駅に乗り換えられます。

 

チケットを買い方   bullettrain

自動券売機はタッチスクリーンです。

まず、目的地をタッチして、表示された運賃を入れます。使えるのは1、5、10バーツ硬貨と100バーツまでの紙幣です。表示された運賃を入れてから、チケットを受け取ったら、改札機にチケットをタッチすればOKです。券売機が分からなければ、有人の窓口で行き先を告げて買うこともできます。

 

S__68698116_2

表示された運賃を入れる前に、人数をタッチしてください。

 

交通費 lovely

 *チケットの値段はどこでも乗っても、15バーツをスタートします。

 

 出発点      (15THB)     (20THB)        (25THB)     

スワンナプーム駅 -> ラートクラバン駅 -> バーンタップチャーン駅 -> フアマーク駅 

 (45THB)      (40THB)     (35THB)       (30THB)

パヤータイ駅 <-  ラチャプラロップ駅 <-  マッカサン駅  <-  ラムカムヘン駅

 

 

どうですか?分かりやすいですか?みんなに役に立つと思います。

何かご質問があれば、コンメットをしてください。

失敗があれば、申し訳ごさいません。

 

これで終わりです。

ありがとうございます。

また、次のブログを楽しんでください。

☆---------------------------------------------------------------☆

《スクチャイトラベルラウンジ》
各種オプショナルツアー、クーポンを日本語で販売中!!

【営業時間】9:00~18:30 (平日)、9:00~17:30(土日祝) [年中無休] 
【電話番号】+66(0)2-022-0945 
【アクセス】
・BTS(スカイトレイン) アソーク駅下車⑤番出口方面より直結
・MRT(地下鉄) スクンビット駅下車 徒歩5分
 タイムズスクエアビル3階 SUKJAI Travel Lounge
・住所:Times Square Building 3rd Floor.,Sukhumvit RD,(Between Soi 12-14)
【オプションオンライン予約】http://activities.his-j.com/CityTop/BKK.htm

《他にもサービスいろいろ》

◎ラウンジ利用の方 無料WiFi&ドリンクサービス
◎お荷物預かりサービス (有料1日1つ100バーツ~/夜間延長代金で深夜引き取りも可!)
◎Wifiルーターレンタル (有料1日280バーツ~)
◎プリントアウトサービス (有料)
◎インターネットPC 無料
◎スマホ充電器 店内利用無料

☆---------------------------------------------------------------☆



H.I.S. バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2019.04
loading...
WORLD情報局