サワディー・にゃ~お。

ピサヌローク支店のメオダムです。

この週末、所用があってピサヌロークからバンコクまで往復してきました。

バンコクでの所用を済ませたところで、所持金はたったの200バーツしか財布に残っていません。

ちょっと過酷だけど、鉄道の鈍行3等車を利用して、ピサヌロークへ帰ることにしました。

で、今日はバンコクからピサヌロークまでの乗車レポをお送りします。

Img_3497

ピサヌローク行きの列車が出発するのは、フアランポーンと呼ばれるバンコク中央駅。

新聞報道によると、今年の11月には新しくバンスーというところに新しくターミナル駅ができて、列車の発着はすべてそちらへ移り、このバンコク中央駅は廃止になると書かれていました。

建物は博物館として再利用されるそうですけど、街の中心にあって、鉄道利用者にはこの駅の方が便利なんだけど。

Img_3499

かまぼこドーム型をした駅舎内に入り、切符を買います。

自動販売機ではなく、どこも有人の窓口での対面販売です。

去年の暮れから切符の販売には新しいコンピューターシステムが導入されたそうで、パソコンからも指定席をオンライン予約ができるようになりました。

で、そのシステムは利用者には便利なのですが、窓口で切符を販売する係員には、キーボードから打ち込まなくてはならない項目が多く過ぎて、大変なようです。

「ピサヌロークまで1枚」とメオダムが行き先を言ってから、切符ができるまでに1分以上の時間がかかりました。

パスポートまで提示を求められ、そのデータまでキーで打ち込んでいるのです。

Img_3500

こうして発行された切符は、ちゃんと名前まではいっています。

運賃は、たったの69バーツ。

ピサヌロークまで直線距離でも350キロくらいあるのに、69バーツ。

日本円で200円ちょっとくらい。

日本だったら地下鉄やバスの初乗り料金くらいです。

実は、タイ国鉄は政治的な関係で、もう何十年も運賃の値上げが認められてきていないらしいのです。

その間に、物価は随分と値上がりしました。

同じ大衆向けの公共交通機関であるバンコクの市バスは1.5バーツから8バーツと5倍くらい値上がりしています。

Img_3501

さて、このバンコク中央駅の名物ともいえるものに、ホームでの車両洗浄があります。

これはホームに停車中の車両にホースで水をかけ、デッキブラシでゴシゴシと洗うんです。

日本だったら、そんな作業は車庫で、それも自動洗車機でやるのでしょうけれど、バンコクではホームでジャバジャバ・ゴシゴシが行われています。

新しいターミナル駅へ移ったらまう見られなくなる光景かもしれませんね。

Img_3503

これがメオダムが乗った10両もつながる客車をピサヌロークまで引っ張って行ってくれるディーゼル機関車です。

アルストムというフランスの鉄道メーカー製です。

このメーカーはフランス版新幹線TGVなども作っている世界的メーカーです。

Img_3502

メオダムはエアコンがなく窓を開けて走るタイの列車に乗るとき、なるべく編成の前の方の車両に乗るようにしています。

理由は黄害を防ぐためです。

タイの古い客車にはトイレがあるのですが、そのトイレがポットン式トイレ、つまり垂れ流し式のトイレなんです。

今の人には信じられないかもしれませんが、日本だって40年前くらいまでは田舎の列車はこの方式でした。

排泄物は、そのまま線路上に撒き散らされるわけです。

なので、駅に停車中はトイレの利用はマナー違反となります。

Img_0779

ご利用は走行中にということになるのですが、走行中は落下物が線路上へ着地する直前に、列車のスピードにより発生する風圧にさらされることになります。

そして、その一部は風圧で飛沫が巻き上げられることだってないとは限りません。

なので、メオダムは飛沫を浴びる可能性が低くなるように、なるべく前の方の車両に乗り込むようにしているのです。

お食事中の方、ごめんなさい。

Img_3505

エアコンのない3等車なので、天井では扇風機が回っています。

この客車は50年以上も前に日本で作られた車両です。

むかし、日本の国鉄でもこんな扇風機が回っていました。

Img_3504

さて、定刻の09:25にピサヌローク行き鈍行列車はバンコク中央駅8番ホームをゆっくりと出発しました。

予定通りなら、8時間半後の17:55にピサヌロークへ到着するはずです。

Img_3506

走り出して最初に見えてくる景色は、あんまりバンコクの玄関口にふさわしいものではありません。

線路際に不法建築で建てたバラックが並ぶスラムの中を進んでいきます。

人も犬も、線路上を歩き、バラックの間口からは彼らの生活が丸見えです。

Img_3512

これが車内の様子です。

4人掛けのボックスシートでさっそく横になって寝ている女性もいます。

このくらい空席があると、3等車でも前の座席に足を投げ出して座って行かれるので、2等車よりも快適かもしれません。

Img_3508

走り始めて30分ほどでバンスー駅に到着。

ここに見えている巨大なガラス張りの建物が、新しいターミナル駅で、東南アジア最大の駅になるのだそうです。

確かに大きさだけは、大きくて堂々としていますが、やっぱりこの駅はバンコクの中心部とのアクセスが良くないと思います。

地下鉄があるのですが、一本きりですし、乗り換えにずいぶんと歩きます。

こうした不便さは、空港へ向かうエアポートリンクのマッカサン駅にも共通します。

マッカサン駅も、巨大なガラス張り建築ですが、立地と交通アクセスが悪く、当初の計画にあったシティーエアーターミナルとしての役割を全然果たせていません。

Img_3515

もともとタイの駅は、ホームが低くて、地面からの高さが30センチくらいしかありません。

なので、車両の出入り口には階段状のステップがあって、ヨッコラショと上り下りしなくてはなりませんでした。

しかし、この不便さを解消しようと、あちこちの駅で日本の駅にあるのと同じように地面から1メートル半以上もあるホームへの改装工事をしていました。

この写真は工事が完了したランシット駅ですが、ホームは客車の床と同じ高さにかさ上げされていますが、ステップの部分があるため、車両に乗り込む際に、ステップの下へ落ちないように、やっぱりヨッコラショと大股開いて、乗り込まなくてはなりません。

お年寄りや小さな子供には危険な感じがします。

Img_3510

車内の通路をたくさんの物売りが行き来します。

日本風にいえば車内販売ですが、特定業者が行っているのではなく、沿線住民が好き勝手に商売をしている感じです。

ガパオライスやバミーヘーン(汁なし和えそば)、ガイヤーン(焼き鳥)、ムーピン(豚串焼き)など食べ物や、飲物が中心。

カップラーメン売りはお湯の入ったポットをぶら下げています。

写真のガパオライスなどはひとつ20バーツで、価格的には良心的な値段です。

ボリュームはちょっと少な目。

この列車には食堂車が付いていないので、メオダムもお昼時なにったら何か買って食べようと思っていました。

Img_3519

バンパイン離宮があるバンパイン駅には、ホームにベージュ色の瀟洒な建物が立っています。

これは王族の方々専用の待合室なのだそうです。

同じような待合室がリゾート地フアヒン駅にもあります。

しかし、現代でも王族たちは離宮へ行くのに鉄道を使うことがあるのでしょうか?

Img_3520

アユタヤ近くではローティー・サーイマイを車内で売っていました。

ローティー・サーイマイはロティという丸く薄い生地で、綿菓子が繊維状になったものを包んで食べるもので、アユタヤの名物ということになっている。

車でハイウェイを走っていても、ハイウェイ沿いにこのローティー・サーイマイを売る露店が並んでいる。

Img_3522

午後1時近く、クメール時代の遺跡が鉄道線路沿いに点在するロッブリーを過ぎる。

ロッブリーはクメール時代にラヴォー王国の都があった場所ともされ、たくさんのクメール風の遺跡やアユタヤ時代に副都であったことで、アユタヤ時代の遺跡も多い。

しかし、遺跡以上にサルの多い街でもある。

サルは神聖な動物とされて、保護されており、町中サルが我が物顔でうろついていて、ちょっと怖いくらい。

駅のホームにも大きなサルのオブジェが置かれています。

さて、そろそろお腹もすいてきたので、何か食べたくなってきたのですが、さっきまで煩いくらいに通路を行き来していた弁当売りが全然来てくれません。

たまに来るのは飲物売りだけ。

鈍行列車なので、5分から10分おきくらいに駅に停車していくのですが、駅のホームにも売り子の姿が見られません。

チョンケーという駅で、停車したままなかなか動き出そうとしません。

なんで止まっているのか車内アナウンスもありません。

もっとも、車内放送設備そのものがないのだからアナウンスなど期待する方が間違っています。

ホームに売店でもないものかと見まわしましたが、それらしきものはありませんでした。

むかしはタイの田舎の駅では、果物やお菓子、弁当などいろいろなものを売り子が声をからしながら売り歩いていたものですが、どのホームにもそんな姿は見られません。

やがて、石油を積んだタンク車を長く連ねた貨物列車がやってきて、こちらの列車も汽笛を鳴らして出発と相成りました。

Img_3525

このあたりはまだ単線で、対向車があるとどこかで待機してやり過ごさなくてはなりません。

貨物列車が遅れていたのでしょうか、20分ほどこちらも遅れることになりました。

単線では不便なので複線にしようと盛んに工事をしているのも分かります。

新しく路盤を作ったり、レールを敷いたり、橋をかけたり、、、

ダンプカーやパワーシャベルが働いてますが、いまは乾期の盛り、ものすごい土埃です。

全開にあけた窓から埃が容赦なく舞い込んできます。

 

ナコーンサワンはタイ中北部を代表する大きな都市で、チェンマイの方から流れてくるメーピン川とピサヌロークからのナーン川が合流して、川の名前をチャオプラヤー川に変える場所でもあります。

しかし、ナコンサワンの街は川の右岸にあり、鉄道駅は街から少し離れ、そして川を渡った左岸側にあるため、周囲を見回しただけでは大きな町と言った印象はありません。

ナコンサワンを過ぎて少し行くと、タイ最大の淡水湖沼ブーンボーラペットが見えてきます。

とても大きな湖沼で、今の季節はたくさんの渡り鳥を観察できる場所となっています。

Img_3527

ここでようやくメオダムは食料を少し確保することができました。

ナコンサワンは華僑の街としても知られており、車内販売でタイでカノムチープと呼ばれるシュウマイを売りに来ました。

7粒入って20バーツ。

空腹のあまり、あっという間に食べ尽し、写真に撮っておくのを忘れました。

太陽もだいぶ傾き始めました。

車内にはどこかで練習試合にでも参加してきた帰りなのでしょうか、運動着姿の高校生たちが乗り込んできました。

Img_3536

列車は20分ほどの遅れを保ったまま、ピサヌロークへ向かって進んでいきます。

既にバンコクを出てから8時間が過ぎ、バンコクから乗り合わせた乗客はメオダムしか残っていないようです。

Img_3534

隣の窓越しに夕日が沈んでいきます。

やがて、ピサヌロークの空港入口が見えて、踏切では列車の通過を待っている車の列が長くなってきたところで、終点のピサヌローク到着です。

時刻は18:15。

20分の遅れです。

Img_3537

バンコクから約9時間もかかりました。

旅をするなら目的地までの移動手段は、なるべく早く快適な方が方が良いでしょう。

飛行機なら1時間とかからない距離を、埃まみれになりながら9時間も列車に揺られるのはナンセンスと思われるかもしれません。

でも、この鈍行列車でピサヌロークへ向かうというのが目的なので、メオダムはちょっとした達成感を味わうことができました。

別に太平洋をヨットで単独横断するようなアドベンチャーでもなく、だれでもやれてしまうことだし、どうでもいい事なんだけど、でも旅をしたなぁって実感はあります。

Img_3538

降り立った乗客は、一列に並んで体温チェックを受けることになります。

 

タイの汽車旅で、ひとつ残念なのは、車内での飲酒が禁止されていることです。

列車から降りて、メオダムはまっすぐナーン川沿いの空飛ぶ空芯菜食堂へ。

ここで最後に残った100バーツ札を使って氷入りのビールをキューっと飲み干しました。

Img_3539

旨い!

冒険ともいえない冒険から生還した喜びを感じるのど越しです。

でも、よく考えると、このビール、バンコクからピサヌロークまでの汽車賃よりお値段が高いんですよね。

サワディー・にゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

Meodam07


今朝は、スコータイ遺跡まで往復してきました。

そろそろ、暑くなってきて、日差しもだいぶ強いのですが、メオダムは帽子を持って行くのを忘れて、日射病気味です。

ピサヌロークからスコータイまでは70kmくらい離れており、車で1時間少々の距離ですが、県境にコロナ対策の検問所のようなものがあるのですが、往復とも係員がおらずノーチェックでした。

もっとも、チェックがあっても、体温測定と、連絡先を書くか、スマホで追跡アプリのQLを読みとるだけ、つまり(タイの)スーパーへ入店する時と、同じチェックだけです。

 

スコータイ遺跡は、平日ということもありましたが、見事なくらい観光客が来ていませんでした。

もう、メオダム一匹のために壮大な遺跡が待っていてくれたような迫力を感じられました。

世界遺産貸切ってイメージです。

 

さて、本日のお話は、バンコクなどとピサヌロークの間の交通機関がどうなっているか、現状報告をさせていただきます。

まず、バンコクからのお客様のほとんどがピサヌロークのゲートウェイとして利用されるのが空港だと思います。

Img_3407

情けないことに、この写真を撮影した2月2日(火曜)の到着便はたったの2便だけ。

以前は3つの航空会社が就航して、毎日8便から9便くらい飛ばしていたんです。

空港内のカウンターで発着時刻表をもらいました。

Img_3413

これがその発着時刻表なのですが、有効期間が2月1日から7日までの1週間用らしいです。

一応、この時刻表にはノックエアー、エアーアジア、ライオンエアーの3つの航空会社が記されています。

しかし、ほとんどが毎日飛んでいるのではなく、曜日限定で就航しているようです。

火曜日はノックエアーの2便だけですが、月曜日と木曜日はノックエアー以外にライオンエアーやエアーアジアも飛んでて、4便となっています。

では、バンコクから飛行機に乗ってきた人は、ピサヌローク空港へ到着するとどうなるかと言いますと、、、

Img_3429

ちょっと見えにくいかもしれませんが、飛行機から降りると、体温チェックがあり、その先にスマホで追跡アプリのQLを読みとります。アプリでなく、名前と連絡先(携帯電話番号)を書き込んでいる人もいます。

特別にこの手続きで手間取っている様子はなく、流れもスムースです。

Img_3436

到着ロビーへ出てこられた乗客は、当然ながら皆さんしっかりとマスクを着用されてます。

これも平日ということもあるかもしれませんが、観光客風や家族連れと言ったスタイルはほとんど見かけませんでした。

Img_3432

到着ロビーでは、市内までのタクシーの客引きがバナーを持って待機していますが、利用者は少ないようです。

Img_3435

Img_3420

ターミナルビルの出口のところにもチェックポイントがあって、やはりQRコードの読み取りか、連絡先の書き込みが必要になっています。

でも、全体としてとてもスムースに流れています。

ピサヌローク空港はもともと小さな空港ですから、、、。

 

一方、ピサヌロークから出発する方はどうかと言いますと、これも通常通りにスムースです。

Img_3412

ターミナルビルの入り口にもチェックポイント。

体温測定、QRまたは連絡先記入をします。

しかし、ここで見慣れないものを発見。

Img_3437

なんだか電車の駅にある自動改札機みたいですが、今後はここにタイ人がみんな持っている身分証明カードを通して身元確認などをするようになるのだそうです。

タイ人以外の日本人など外国人はどうしたらよいかと質問したら、パスポートをスキャンするとのことでした。

 

この先にチェックインカウンターが並んでいますが、ちょうど出発する飛行機の搭乗手続きが締め切られたばかりのためか、カウンターには誰もいません。

Img_3415

搭乗口はエスカレーターで2階に登ったところにあります。

ここでもエックス線の手荷物検査場前に体温チェックがあります。

でも、ここではQRコードも連絡先記入も求められません。

Img_3410

出発ロビーのベンチにパラパラと座っている人がいますが、飛行機自体の発着が少ないので閑散としています。

Img_3419

ターミナル内のコーヒーショップもちゃんと営業していて、コーヒーや軽食をいただくことができます。

コーヒーショップは搭乗ゲートの近くにもあります。

Img_3414

しかし、マッサージ店は閉まったままです。

別にピサヌロークはマッサージ店の営業自粛など求められていないのですが、商売にならないので閉めているのかもしれません。



続いて、電車の駅です。

ピサヌロークの街中にあって、小さくて可愛らしい駅ですが、バンコクとの間の列車は、上りと下り各2本ずつ運休が出ているだけで、ほぼ通常通りの運行とのことです。

Img_3460

掲示されている時刻表で、白く塗りつぶされているのが、運休されている列車で、これは去年の4月から運休したままです。

バンコクを朝出て、ビサヌロークに午後に到着する特急は、ちゃんと走っているようです。

また、寝台列車も通常通りです。

Img_3459



最後に、高速バスが発着するバスターミナル。

バンコク行きのバスは、乗客が減ったので、大幅に間引き運行されています。

Img_3439

これはヤンヨンツアーというバス会社の時刻表です。

いつもなら朝から深夜まで、1時間おきくらいにバンコク行きのバスを走らせていましたが、たった3本しか走らないようです。

しかも、英語の掲示には嫌なことが書いてあります。

Img_3440

「外国人には切符を売らない」と書かれています。

窓口で、よく話を聞いてみると、外国人は県からの通達で、バスに乗るには健康診断書の提示が必要とのことでした。

しかし、コロナのPCR検査の必要はないとのことは、わかったのですが、どんな項目が必要で、何日前までに検査を受けたものが必要とかの情報は、窓口の係員さんも分からないようでした。

親切な係さんで、「わかる人に電話するね」と言ってどこかへ電話をかけ始めました。

「OK、あなたタイ長いんでしょ、だから健康診断書要らないね、午後7時のバスでイイね」とバスの予約キーを叩き始めてしまいました。

「ごめんなさい、ただの調査だけなんで、バスには乗りません」

 

他にもバス会社はありますが、どこも似たような状況です。

バンコク以外にも、スコータイなど近隣県へ行くバスも、バスの本数が減っています。

Img_3452

これはペッチャブーンやカンペーンペット行きの時刻表です。

 

いろいろと不便はありますが、バスの窓口でこんな募金箱を見つけました。

Img_3455

たぶん、バスターミナル周辺に住み着いている野良犬が、車にはねられてケガでもしたのでしょう。

獣医さんの治療費の募金箱でした。

コロナで経済的にも苦しくなっている人たちが多いタイの田舎町ですけれど、心の優しさは失われていないようです。

メオダムも募金箱に少額紙幣を1枚入れさせていただきました。

こんにちは。

お久しぶりですね。

ピサヌローク支店のミャウです。

先週の月曜日の夜に私はピサヌロークから電車でバンコクへ行きました。

この電車は急行列車です。

そして、タイの電車は3つの種類があります。

1 .普通列車

普通列車はピサヌロークからバンコクまで 10―12時間ぐらいかかります。

2 .急行列車

急行はピサヌロークからバンコクまで 8-9時間ぐらいかかります。

3 .特急列車

特急はピサヌロークからバンコクまで 6-7時間ぐらいかかります。

今回私は急行列車でドンムアン駅(สถานีดอนเมือง)に行きました。そして、列車番号は52番です。

この急行列車は夜11時1分ごろにピサヌロークから出発して、ドンムアン駅(สถานีดอนเมือง)まで、

5時間30分かかります。だから、スケジュールによると4時29分ごろにドンムアン駅(สถานีดอนเมือง)に駅に到着します。

121257198_824531378348765_386567926

 

しかし、5時30分にドンムアン駅に到着しました。たから、今回この快速は30分がらい遅くなりました。その後、友達が私をを迎えにきました。

121379454_631461371065713_472359453

10月6日

午後1時ごろに友達と一緒遊びました。

車はアヌサーワリーチャイサモーラプーム(อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ)という戦勝記念塔駅を通りました。

121326525_325860902044736_730999594

今回、私達はワンラン市場(ตลาดวังหลัง)へ行きました。この市場はシリラート病院

(โรงพยาบาลศิริราช)の後ろにあります。

 

この市場の中に色々な美味しい食べ物があると言われています。そして、ユーチューバー(youtuber)とか ブログガー(blogger)がここによく来ます。

 

121440253_2795346137367262_79150325

私と友達はカノムジーブを買いました。

この屋台はカノムジープ(ขนมจีบ)屋です。この屋台の名前はジープトムパーウアン(จีบต้มป้าอ้วน)です。カノムジープ(ขนมจีบ)はシュウマイの事です。

この屋台のカノムジーブの中に海老と豚肉があって、とても、大きいです。

1セットは4つが入って、100バーツです。

 

121097381_2990140097757018_35569113

この写真は友達が1つを食べてしまいました。(T_T)

次のレストランはオオラタイ寿司( อรทัยซูชิ )です。

オオラタイ寿司( อรทัยซูชิ )はワンラン市場(ตลาดวังหลัง)の中にあるレストランです。

このレストランは日本料理を売っています。そして、サラダもあります。

121284993_368689807595788_727460438

このレストランは大きくて、とても有名で、2階があります。このオオラタイ寿司( อรทัยซูชิ )

はスシが美味しいといわれています。だから、食べてみましょう。

121211974_1278644919138053_56089901

 

 

 



すしが10貫あって、たこ焼きは6つあります。

全部で150バーツです。

次はムートートチャウワン(หมูทอดชาววัง)の店です。

121212902_831659630914287_754534216

ムートート(หมูทอด)は揚げ豚という意味です。

この店の前を通ると、ムートート(หมูทอด)のにおいがします。 

地元の人達にこの店はムートート(หมูทอด)が有名で美味しいです。

ワンラン市場(ตลาดวังหลัง)はシリラート病院が近いので、人々がムートート(หมูทอด)とカオニャオ(ข้าวเหนียว)をここで買います。

*カオニャオ (ข้าวเหนียว) は日本語でモチ米のという意味です。

友達がムートート(หมูทอด)とカオニャオ(ข้าวเหนียว)を買いました。

全部で40バーツです。

 

121495416_1272275673134278_21275902

最後の所はタルトカイ(ทาร์ตไข่)です。

121158808_685255875442925_108033276

日本語ではエッグタルトという意味です。

この屋台も有名です。このエッグタルトはあまくても、油っこくありません。

そして、このエッグタルトの値段もたかくないです。

1つは12バーツです。

私達は2つ買って、全部は24バーツです。

121090747_965501523943783_6837725_2

その日は、バンコクで雨がよく降りましたので、5時半ぐらいに帰りました。

 

121223624_911917999332348_221640573

10月7日

午後5時半に飛行機でピサヌロークに帰りました。

121175420_2665628670318581_33513372

バンコクからピサヌロークまで飛行機で1時間ぐらいかかります。

その日、夕方6時ころにピサヌロークに到着しました。

121374411_678298976151342_596903594

バンコク旅行した時、たくさん食べてしまいました。 気がつく時2kgが増えてしまいました。

「笑」

ワンラン市場の営業時間 月曜日から日曜日まで朝8:00時 - 夕6:00時です。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.04
loading...