サワディーカップ、メオダムです。

 

今週は、一週間にピサヌロークとバンコクの間を2往復しました。

仕事だから、2往復だろうと、3往復だろうと行かなければならないのだけど、体力的にはきつく感じてくるようになりました。

 

そこで、車での往復ではなく、公共交通機関を使いました。

Bus_2

バスでバンコクへ向かうのには、バスに乗るまでに3時間も待たなくてはならなかったりして、ロスタイムに泣きました。

事前に切符を買っておけば時間の無駄は省けたのでしょうけれど、毎度のことで急なことだったのと、横着の相乗効果。

 

バンコクからの帰りは、2回とも鉄道を利用して、寝台券を手に入れることができました。

しかし、寝台車は横になれるのはいいけど、ぐっすり休めるわけではなく、なんとなく1日ぼんやりしてしまう。

 

話は、バンコク往復のことを書こうと思っているのではなく、バンコクへ行った際に、バイクの車検が切れるので、民間車検場へバイクを持ち込んで車検を受けたお話なんです。

 

タイでは小型のバイクでも1年に一回車検を受けなくてはいけません。

車検は民間車検場で検査して、書類なども手続きしてくれます。

Dock


車検に合わせて、ホーローボーと言う自賠責保険の更新をし、税金を払わなくてはなりません。

毎年なので、日本より頻度が高いですね。

しかし、車検そのものは日本より簡単です。

ライトやブレーキなどの検査、排気ガスや騒音のチェック程度で、簡単に終わってしまいます。

そして、車体番号を写し、写真を撮って、お金を払えば、民間車検場で車検証を預かり、数日後には更新記録が書き込まれて返してもらえます。

 

保険などを含めても800バーツ少々と、高くありません。

乗用車だって、日本円で1万円でお釣りがくるくらいの金額です。

 

それでも、タイの車検は年々厳しくなってきているようです。

以前なら、検査なんかしないで、バイク屋や保険屋が全部代行してくれてましたが、数年前から民間車検場などでの検査が義務付けられたようです。

 

メオダムのバイクは150ccで、10年以上前に中古で買ったもの。

たぶん、製造から20年以上になっていると思うのだけど、渋滞の激しいバンコクではなくてはならない足として活躍しています。

いままで、一度も車検でトラブルになったことがありませんでしたが、どうした訳か今回は「チェーンカバーが付いてないから不合格」と言われてしまいました。

そんなチェーンカバーなんて、中古で買った時から付いていなかったと説明しましたが、聞き入れてもらえません。

「バイクの部品屋に行けば売ってるから、付けてきな」とアドバイスをもらって、何軒かのバイクの部品屋を回ってみましたが、どこにも売っていません。

 

「もうこの形のバイク用の部品はないよ」と門前払いです。

部品がないよでは車検が通らないとなれば、こちらも必死です。

再び民間車検場へ行って相談したところ、「サパーンクワーイの部品屋ならあるかもしれない」みたいなことを言います。

サパーンクワイは遠いし、そんなところまで行っている時間もない。

 

さてどうしたものかと目を閉じて考えることしばし。

発想の転換で、部品屋ですのではなく、バイクの修理屋へ持ち込むべきだったと気が付きました。

 

懇意にしているディンデーンにある下町の小さな修理屋。

ここの職人がとても良い仕事をしてくれて、毎度メオダムを感動させてくれているのだけれど、今回も大正解でした。

 

確かにメオダムのバイクに取り付けられるサイズのチェーンカバーはないようですが、似たようなものを探し出し、グラインダーで削ったり、ドリルで穴をあけたりして、カバーを加工し、見事にピタリとはめ込んでくれました。

 

Bike_2

まさに感動ものです。

 

しかも、部品代と工賃含めて100バーツでいいというではないですか。

もし、バンコク在住でバイクの故障とかでお困りの方がいらしたら、この修理屋を推薦しますよ。

 

修理屋のおかげで無事に車検に合格することができました。

 

 下の写真が更新された車検と証明のステッカーです。

Tax

こんにちは皆さん、ハーブですbud

今日はワット・パクナム・パーシーチャルン寺院を紹介しますpig

前回はネーネーさんが紹介しましたたが今回は私が皆さんに紹介しますhappy01

https://blog.his-j.com/bangkok/2019/04/post-abb7.html

upwardleft^^^upwardright

ネーネーさんが書いたブログpencil

 

S__55648260

では始めましょうdash

集合場所はサトーンピア/集合時間は8.45です。BTSで来たら、BTSサパーンタクシン駅の2番出口から出てすぐ集合場所に見つかりますshine

 

5cb6b1479a771c620e0000082

9時に出発します。今日の天気はとても暑いですが。船に降りてから涼しい風が顔に吹いて気持ちいいですship

 

1556513011200

15分に乗っていきなり運転手さんが船を停まった。なんで停まったか知りたいのでガイドさんに聞きました。ガイドさんは“水位がまだバランスしてないので、中に入れないです。15-30分待ってゲートが開けますcoldsweats02typhoon

 

_190429_0088

ゲートが開けたら中に入って、人の昔の川との生活が見えます。15分乗ってついにワット・パクナム寺院に着いたrunpisces

 

5cb6b1479a771c620e00000823

_190429_0041

今、大きい仏塔を建てているところですflair

_190429_0081

ワット・パクナム寺院は5階ありますshinesign03

1階はミュージアム

2階は座禅をするための部屋

3階はミュージアム色々なお坊さんの道具があり

4階は古い仏像や座禅をするための部屋

5階は世界初ガラス仏塔

_190429_0025

_190429_0026

1階は色んな物があり例えば、彫像、昔の家で使う道具、銀彫像、仏間good

1556514584954

1556514746732

1556515024177

2階は 壁画が多いです。とても泰的な美しい絵で,それに座禅もあり安心な気持ちを気がしますmaple

1556520640202

1556521305391

1556521380191

3階はミュージアム色々なお坊さんの道具があり。例えば、本とかお坊さんの鞄とか、お守りとか、黄衣ですheart02

1556522400196

1556522561901

4階は古い仏像や座禅をするための部屋aries

1556523946592

1556524148813

_190429_0072

_190429_0053

5階は世界初のガラス仏塔moon3shine

_190429_0070

_190429_0069

_190429_0068

_190429_0067

_190429_0061

この階は展望台があって町の景色を見えますpresent

_190429_0065

_190429_0063

_190429_0062

皆さん、どうですか?とてもきれいな寺院ですね

半日に旅行出来てツアーが終わったら、他の所に旅行できます「都心にあるから)

それに、御社は【ワット・パクナム寺院】のツアーを販売していますから、スクチャイラウンジで連絡して買うことが出来ます

以上ですcatface

☆---------------------------------------------------------------☆

《スクチャイトラベルラウンジ》
各種オプショナルツアー、クーポンを日本語で販売中!!

【営業時間】9:00~18:30 (平日)、9:00~17:30(土日祝) [年中無休] 
【電話番号】+66(0)2-022-0945 
【アクセス】
・BTS(スカイトレイン) アソーク駅下車⑤番出口方面より直結
・MRT(地下鉄) スクンビット駅下車 徒歩5分
 タイムズスクエアビル3階 SUKJAI Travel Lounge
・住所:Times Square Building 3rd Floor.,Sukhumvit RD,(Between Soi 12-14)
【オプションオンライン予約】http://activities.his-j.com/CityTop/BKK.htm

《他にもサービスいろいろ》

◎ラウンジ利用の方 無料WiFi&ドリンクサービス
◎お荷物預かりサービス (有料1日1つ100バーツ~/夜間延長代金で深夜引き取りも可!)
◎Wifiルーターレンタル (有料1日280バーツ~)
◎プリントアウトサービス (有料)
◎インターネットPC 無料
◎スマホ充電器 店内利用無料

☆---------------------------------------------------------------☆

サワディーカップ

メオダムです。

昨晩は嵐と大雨の中、夜通しハンドル握って、バンコクに来ております。

今日は、商品宣伝がましい内容で恐縮ですが、是非ともお知らせしたいので、この場を借りてツアー宣伝させていただきます。

******

お待たせしました。

ついにタイの奇祭「ピーターコン祭り」のツアーが発表になりました。

Web_page_4

ピーターコン祭りはピサヌロークから車で約2時間。

ルーイ県のダンサイ村で毎年開催されるオバケ祭りです。

村人たちがオバケになってしまうというもので、そこは陽気なタイの人たちのことですから、お化けたちも底抜けに陽気です。

このお祭り目当てに沢山の観光客が普段はひっそりとした山の中の村へやってきます。

Img_2345ふだんのダンサイ村

いつもながら能書きが長くてすみません。

とにかくまずは、以下のウェブページを見てください。

http://tour.his-bkk.com/tour/j-fpphs2019

では、能書きを続けます。

実はメオダムは昨年もピーターコン祭りを見に行ってきました。

ピーターコン祭りは3日間開催されますが、

初日はオバケからのお告げを受ける儀式中心の日です。

そして、2日目と3日目に分散して、パレードやステージでのパフォーマンスなど観光客が楽しめる内容が組まれています。

Img_2357

去年の場合、当初お祭りのメインイベントであるパレードが、3日目に開催予定と告知されていたのですが、オバケの都合により、お祭り直前になって、パレードは2日目に変更になってしまいました。

Img_2360

ツアーでダンサイ村へ来られていた観光客の方々は、急な変更でパレードが見れなかった方も多かったようです。

Img_2455


今年、H.I.S.ピサヌローク支店が全面協力のもと、H.I.S.バンコク支店で販売開始しましたのツアーは、ピサヌロークに1泊する2日間のプランです。

2日間と言っても、2日ともピーターコン祭りを見学しているわけではありません。

昨年のように「オバケ都合による急な日程変更」にも対応できるように、予備日を設定しました。

Img_2428

予備日と言っても、ただ何もしないでいるわけではありません。

予備日にはピサヌロークから近いスコタイ遺跡とシーサッチャナライ遺跡へご案内します。

予定では、初日がピーターコン祭りで、2日目が予備日となっていますが、急にオバケが日取りを前後させたら、すぐに「ツアーの初日と2日目の内容を入れ替え」て、オバケの気まぐれにも対応できるようにしてみました。

Img_2384

それに、7月のこの時期は、スコタイやシーサッチャナライは、緑がとても新鮮できれいなんですよ。木々や芝生の緑と、遺跡の赤っぽい茶色、そして透明感のある青空は、遺跡が一番魅力的に見える季節です。

メオダムとしては、せっかくピサヌロークまで来ていただいてますので、この機会にゼッタイに世界遺産のスコタイ遺跡群の中の二箇所(スコタイとシーサッチャナライ)を見て行っていただきたいと思うわけです。

Img_3230

そして、ピサヌロークでは「サムロー」と呼ばれる輪タクに乗っていただき、たそがれ時のピサヌロークの街を流します。

向かう先はナーン川沿いの「空飛ぶ空芯菜」のお店。

Img_4567_2

もちろん、空芯菜をキャッチしていただくこともできますよ。

Img_5448

どうですか、すごく充実した内容で、しかも料金もお手ごろです。

ホテルも往復の飛行機も、お食事は朝食、昼食、夕食の各一回付きです。

この時期の飛行機はだいぶ混み合ってきていますので、お申し込みは、お早めに。



H.I.S. バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2019.06
loading...
WORLD情報局