HISオンラインツアーで好評開催中、
参加者の皆さんの声から、
新たに、スピンオフ企画のオンラインツアーが登場👍
.
✅「各国をもっとじっくり見てみたい!」
✅「司会の軽快な進行が気に入った!」
という声を反映した、1か国1時間プランです💙
.
【スピンオフ企画】司会のYamadaと一緒にぶらり観光
.
新企画の第1弾は我らが【タイ王国】🇹🇭🇹🇭
5月15日(土)の予約を好評受け付け中♪😀😀
.
現地ぶらり散策観光のライブ中継と、
中継中は人気MCのYamadaが
参加者からの質問やテキストチャットを
現地へ代弁し 臨場感たっぷりにツアー進行、
1時間たっぷり魅力を掘り下げていきます😀🇹🇭
.
じっくり現地の"今"に見入るもよし👍
パソコンからチャットしながら参加するもよし👍
タイ現地スタッフに聞いてみたいこと、
チャット質問ドシドシ大歓迎の交流プランです
.
お手頃価格のオンライン体験、
タイの今を是非お試しください♪😘
.
▽詳しくはこちらのリンクから

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

タイではコロナの第3波で、またまた身動きがとりにくくなってきました。

今回の第3波は、ナイトクラブなどをクラスターとして拡大したようで、バンコクなどでは厳しい規制が始まりました。

ピサヌロークは、田舎で夜遊びするような場所もほとんどないためか、まだまだコロナ感染者数は少ないようで、そのためバンコクなどと比べると規制も緩やかなようで、生活面などでの不便はそれほどありません。

もっとも、県民のほとんどが農民のためか、もともと夜9時過ぎまで開いている飲食店そのものがほとんどありませんでした。

 

さて、きょうはピサヌロークからちょっと足を伸ばして、ラオスとの国境、メコン川沿いのチェンカーンに伝わる民話をご紹介しましょう。

Img_4601

ピーターコン祭りで知られるルーイ県の北に位置するチェンカーンはタイ人に人気の観光地です。

ノスタルジックな街並みは「持続可能な観光都市」としても選ばれています。

そして、チェンカーンを訪れたタイ人観光客に人気があるのは、チェンカーンの町はずれにあるゲーンクックーまで自転車でサイクリングすることのようです。

ゲーンクックーはメコン川が急角度で蛇行している場所で、川が曲がる場所には大きな岩が露出しています。

岩伝いに瀬を渡れば、対岸のラオスへも簡単に渡れてしまえそうに見えます。

Img_4581

ここにはヂュンクンという巨人の民話があります。

タイでは比較的有名な物語だそうです。

むかしむかし、ここにはヂュンクンというラオスの猟師がいたそうです。

Img_4585

ヂュンクンの身体はとても大きかったんだそうです。

そして、ヂュンクンの鼻は赤く、そしてものすごく大きかったんだそうです。

たとえば、どれほど大きかったかと言うと、ヂュンクンが寝ている時など、ヂュンクンの鼻の穴の中で、子供たちが遊ぶことができたんだそうです。

Img_4587

ある日のこと、ヂュンクンはいつものように獲物を探して、ここゲーンクックーまでやって来ました。

Img_4597

湾曲したメコン川の対岸を見たらば、ちょうど銀色の水牛が水を飲んでいるところでした。

Img_4588

「しめしめ、あんなところに旨そうな水牛がいるじゃないか」

ヂュンクンは対岸の水牛に狙いを定めます。

Img_4602

「ヨシ! いただき」

ヂュンクンの矢がいままさに放たれた瞬間、メコン川を荷物を積んだ船が通りかかりました。

Img_4589

船に驚いた銀色の水牛は山の方へ逃げてしまいました。

矢は結局、外れてしまい、山に当たりました。

ヂュンクンの矢の力があまりに大きかったので、山は裂けて崩れたんだそうです。

獲物を逃したヂュンクンは悔しくて仕方がありません。

「ええい、忌々しい、あんな船なんか通らなければ、銀の水牛をしとめることができてたのに」

Img_4590

「よし、もう2度と船など通らないように、川をせき止めてしまえ」とヂュンクンは山から大きな岩を運んでは、川に投げ入れ始めました。

川がせき止められてしまっては、川沿いで生活する人たちが困ります。

川の魚たちも困ります。

それでも、ヂュンクンは岩を投げ入れ続けます。

Img_4591

そこへ旅の僧が通りかかります。

「おいおい、いったい何をしているのかね」と尋ねる僧に対して、

「船が通れないように川をせき止めているところですよ」とヂュンクンは答えます。

村人たちから、ヂュンクンの作業をやめさせてほしいと聞いていた僧は、一計を案じました。

「それならば、岩を一つ一つ運んでいたらダメだな、竹で天秤棒を作って、岩をまとめて運ぶが良い」とヂュンクンに告げました。

Img_4595

「なるほど、それは名案だ」とヂュンクンはさっそく竹を集めて天秤棒を作り大きな岩を運び始めました。

しかし、ちょうど天秤棒を担いでゲーンクックーまで来た時に、竹の天秤棒は真っ二つに折れてしまいました。

Img_4592

ヂュンクンはそのまま岩とともに川の中に倒れ込み、そして死んでしまいました。

Img_4594

こうしてメコン川はせき止められることはなく、そしてゲーンクックーに大きな岩が露出しているのは、このためなんだそうです。

Img_4593

めでたし、めでたし、、、

と、まぁだから何なんだろうかとメオダムは、いま一つはぐらかされたような、すっきりしない印象が残る民話なんですが、タイの民話って、なんとなく「え、それで、それがどうしたの」って結末が多い気がしています。

Img_3815

なお、メオダムはGoogleマップと照らし合わせてみたら、水牛が逃げ込んだという「プークワーイグン」も、ヂュンクンの矢の狙いが外れて、裂けて崩れた崖「パーベーン」もタイ側(メコン川の右岸)の地名としてありました。

つまり、この巨人ヂュンクンはラオス側からタイ側にいた水牛を狙っていたんですね。

ゲーンクックーに置かれた巨大なヂュンクンのオブジェを見た時には、タイ側からラオス側を狙っているポーズだったので、てっきり勘違いしていました。

Img_4599

H.I.S.ピサヌローク支店では、チェンカーンなどルーイ県へもご案内しています。

またピサヌロークからルーイ県に入ったところにあるダンサーイ村では、毎年ピーターコン祭りと言うオバケの祭りがあります。

ことしは6月12日~14日で予定されており、H.I.S.バンコク支店ではピーターコン祭りへのツアーを募集しています。

タイの奇祭「ピーターコン祭り」& 世界遺産「スコータイ」観光

https://www.his-bkk.com/packagetour/j-fpphsphitakhon/

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

本来なら、本日のブログ・ネタは、ソンクラーン水かけ合戦についてのレポートとなるはずでしたが、残念ながらソンクラーンのタイ正月は長い連休とはなったものの、「水かけ祭り」は禁止されてしまいましたので、ソンクラーン連休後半に行ったカオコーにありますワットパーソンゲーオの最新情報をお知らせします。

ワットパーソンゲーオはピサヌロークの隣り、ペッチャブーン県のカオコーという場所にあります。

メオダムが訪問したのは、4月16日(金)です。

タイの休日ではないのですが、この日を休日にすれば、9連休になるので、日系のメーカーさんなどは、特別に休日としている企業さんも多いようです。

ワットパーソンゲーオのありますペッチャブーン県では、バンコクなど新型コロナウイルスの感染が深刻なエリアからの入域者に対して、自主隔離などの規制を敷いていますが、それはペッチャブーン県内に宿泊する人が対象ということで、ピサヌロークなどをベースにして、日帰りで訪問するのは問題ないようでした。(状況は日々変わっていますので、ご注意ください)

 

Img_4560

天気予報は「降水確率80%の雨」となっていたのですが、メオダムたちが到着してみると、ちょっと雲は多いものの、青空も見えており、まずまずのお天気。

金色に輝く仏塔がまぶしく輝いています。

Img_4559

ワットパーソンゲーオに入場する際には、健康チェック(検温)があり、来場者名簿へ名前と連絡先を記入する必要があります。

そして、この写真のゲートのようなものをくぐります。

このゲートの周りから消毒液(?)のようなものが霧状になって噴射されています。

さすが、資金力のあるお寺さんだけあって、他とは導入している設備が違うようです。

Img_4545

境内に入って驚いたのは、参拝者(観光客)がほとんどいません。

連休の谷間の平日だからか、それともコロナ第三派で、参拝が自粛されているのか?

連休前半に行ったスコータイは観光客でいっぱいでしたので、ふだんから初詣の明治神宮状態になっているワットパーソンゲーオはどれほど過密になっているだろうかと心配していたのが拍子抜けです。

Img_4550

メオダム、こんなに人のいないワットパーソンゲーオは初めてです。

インスタグラマーさんとかなら驚喜してしまうんではないかと思えるほどです。

天体をイメージしたと思えるモザイクの壁や、水晶玉、派手なデコレーションが施された黄金の仏像など、順番待ちすることなく、いくらでも好きなだけじっくり見れます。

Img_4548

Img_4549

五連仏前の広場の床はモザイクで飾られており、その中央部分には銀河系のような天体をイメージした模様になっています。

中心には赤い球が埋め込まれています。

タイの人たちは、この赤い球からパワーが発せられると考えているのでしょうか、いつもここには順番待ちの人が取り囲んで、順番が来ると赤い球を撫でて、ポーズを決めて写真を撮り合っているので、このような銀河の全体像を写真に撮れるなんて、めったにないチャンスでした。

Img_4552

五連仏の台座となっている建物の二階には、やはり純白の涅槃仏がいらっしゃります。

仏像は純白ですが、ピンク色の袈裟には、ダイヤモンドに似た光を放つ宝石が埋め込まれて清楚ながらやたらとゴージャスです。

この涅槃仏は頭の上の部分に、ラッサミーと呼ばれる火炎光が乗っています。

これは一種のオーラで、スコータイ仏の特徴でもあり、現在もタイの仏像の大半に見られるのですが、ここワットパーソンゲーオでは、ラッサミーを載せた仏像は少数派です。

ワットパーソンゲーオでは中国風(日本も同じ)に頭の上には肉髻(にっけい)と呼ばれる髷(まげ)でけの仏像も多いですし、クメール風に冠を載せた仏像も目立ちます。

Img_4554

こちらは五連仏のミニチュアの周りに、ロウソクでできたクラトン(浮き灯篭)を浮かべることができます。

クラトンは全部で8色あり、タイでは生まれた曜日によって、自分のラッキーカラーが決まります。

水曜日だけは、午前中に生まれたか、午後に生まれたかで、色が異なりますので、全部で8色となります。

メオダムは木曜日生まれなので、オレンジ色のクラトンに火を灯して浮かべました。

ミニチュア版の五連仏後ろに描かれた青い涅槃仏ですが、これは現在行われています寺院の拡張造成工事が竣工しますと大きさが108メートルにも達する超巨大な涅槃仏を屋上に配した建物が出来上がるのだそうです。

Img_4557

これは巨大なロウソクを作るためのモノです。

後ろに十二支をかたどった蝋細工のプレートがあります。

このプレートに名前や願い事を書き込んで、中央の横長の洗面器みたいなステンレス桶に入れます。

このステンレス桶は下からガスバーナーで熱せられて、蝋細工のプレートが溶かされ、両側の太い芯が伸びている筒に蝋が流れ落ちて、巨大なロウソクが作り出されます。

Img_4555

メオダムが行ったときは、参拝者が少なく、ステンレス桶が空焚きになるのを防ぐためなのか、バーナーのガスは止められてました。

こうしたアトラクション風の施設ですが、このワットパーソンゲーオでは、なにひとつ有料のモノはないようです。

ぜーんぶタダと言うと、語弊がありますが、いずれも浄銭箱は置かれており、各自の判断で喜捨を入れることになっているようです。

Img_4558

こちらに並んだ曜日別の仏像も、きらびやかです。

やはりスコータイ仏が一重の衣だけで、装飾品を何も身に付けられていないのと対照的に、たくさんの装身具を身にまとっていらっしゃります。

ここのご信者さんたちの多くが、華美なものを好まれるからでしょうか。

華美ではあるけれど、成金趣味のゴテゴテな厭らしさは感じません。

Img_4547

今回のワットパーソンゲーオの訪問で、初めて目にしたものが、このノックハッサディンというゾウの頭と鳥の身体を持っており、タイ北部では死者を天国へと運ぶ霊柩車のような存在とされています。

以前からあっても、気が付かなかっただけかもしれませんが、なんとなく真新しそうな輝きがあるので、最近に設置されたものかと思います。

 

さて、ソンクラーンの連休が終わっても、タイ国内の新型コロナ第三派はまだ続いており、在留邦人へもタイ国内での県間移動自粛要請出て、旅行しずらくなってしまいました。

メオダムもちょっと静かにしていないとマズそうですね。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.05
loading...