サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

Img_0212

メオダムは昨日(6月13日)、ルーイ県ダンサイ村で行われるピーターコン祭りを見学してきました。

ピーターコンとは「オバケ祭り」として有名で、ダンサイ村と言う山奥の小さな村で毎年6月か7月頃に開催されるお祭りです。

ただし、今年も去年に引き続きコロナの影響で、大掛かりな観光イベントは中止となり、伝統的な儀式中心のお祭りとなりました。

そのため、派手さはないけど、素朴なピーターコン本来の姿を見ることができたように思います。

Img_0156

コロナ以上に残念なのは、お天気でした。

ベトナムの東方海上に台風(台風4号=コグマ)が発生し、インドシナ半島に上陸して、ゆっくりとタイ東北部方向に進んできています。

その影響で、ダンサイ村も朝からずっと雨模様。

Koguma

ピーターコンのオバケたちは、恐ろしいお面を付けているのですが、根は陽気なオバケたちなので、本当はあんまり雨など湿っぽくて似つかわしくありません。

Img_0148

最初に出会ったのはハリボテのオバケです。

男と女のオバケがペアで、村人たちが太鼓や鐘などの楽器を打ち鳴らし、踊りを踊りながら先導されて現れました。

ピーターコンは大昔から行われてきたお祭りとされていますが、どうもその起源などのはっきりした由来はわかっていないようなんです。

一説では雨乞いの祭りとも言われていますし、災いをもたらす幽霊が、村人たちを守ってくれるようにとの願いから始まったとも言われています。

メオダムはこのハリボテのオバケの顔を見て、ピーターコンの由来は意外とインドシナの近現代史とも関係しているのではないかと思えてきました。

このオバケの顔、タイ人的な顔つきではなく、何となく西洋人的な雰囲気を持っています。

Img_0155s

19世紀ころ、メコン川を遡ってきて、フランス兵たちが隣国ラオスを占領していきます。

当時この辺りの人は、西洋人など見たこともなく、フランス兵を恐れ、オバケとでも思ったのではないかと思ったりしました。

日本でも、秋田県男鹿半島のナマハゲの由来に関して、18世紀にシベリアから南下してきたロシア人を当時の人たちは「赤蝦夷(あかえぞ)」と呼んで、恐れたのが発祥と言う説もあるようだし、それと似たようなことが、こんな寒村でも起きていたのではないかと、想像してみました。

 

例年だと、この村は周辺の集落からたくさんのピーターコンに扮した村人たちが集まってきて、大騒ぎになるのですが、今年はだいぶ状況が違うようです。

Img_0167

例年、村のメインストリートにはあふれるほどの観光客とオバケの熱気が充満していたのですが、この日のメインストリートは、そぼ降る雨に人通りもまばらです。

お昼時に、この村にあるツアーでも利用するレストランで食事をしようと向かったのですが、レストランは営業していませんでした。

仕方なく、市場の近くにある大衆食堂でタイ風のパパイヤサラダ、ソムタムとカオニャオと呼ばれるモチ米を食べました。

Img_0157

その食堂の壁にもたくさんピーターコンのお面が掛けられています。

このダンサイ村は、ピーターコン祭りを中心にして回っているような村なので、このような寂しいピータコン祭りになってしまうと、村の経済に与える影響は計り知れないのではないかとメオダムは心配になってきます。

なお、このピーターコン祭りの会場であるお寺(ワット・ポーンチャイ)では、お祭りに来た人たちへ食事を提供していました。

Img_0160

食べさせてくれるものは、カノムチーンと呼ばれるタイ風の素麺やソムタムなどで、村の人たちが学校の給食のようにして食べていました。

メオダムもここでオスソワケにあずかれば良かったかな。

Img_0165

ほんとうは、タイのお寺の境内でビールなどアルコール飲料を飲むことは禁止されているのですが、オバケたちは例外のようで、ピーターコンは大きな菩提樹の木の下で、雨宿りしながらビールをクビグビやってました。

 

午後になって、雨脚もちょっと強くなり、少し風も出てきました。

Img_0159

巨大なピーターコンのオブジェの下では、3匹のオバケたちが雨宿りしていました。

お寺の外でも、少しずつピーターコンの姿を見かけるようになってきました。

Img_0171

ほんとうなら、こんなピーターコンが朝から村中を徘徊しているはずなんですが、今年はオバケの絶対数が少ないようです。

それでも、午後3時近くなると、急にお寺へやってくる人たちが増えてきました。

Img_0168

お寺の門の前では、おそろいのユニフォームを着た検疫係が並び、来場者の体温測定をしたりして健康チェックをしています。

健康チェックでは、QRコードを読み込んだり、訪問台帳への記載を求められることもなく、バスすれば手のひらにアルコールジェルを垂らしてくれて、入場OKです。

Img_0172s

ねずみ色したピーターコンも、まさしく濡れネズミになってお寺への階段を登ってきます。

そんななか、お寺の太鼓が打ち鳴らされて、パレードが始まるようです。

今年は規模を縮小し、伝統行事のしきたりにのっとってのパレードです。

Img_0185

先頭には村人4人が担ぐ輿に乗った仏像、そして同じく輿に乗った黄衣の僧侶が読経しながら続きます。

いえ、たぶんメオダムは僧侶が読経していると想像しただけで、お経の声は聴こえていません。

なんたって、お寺の境内は調子っぱずれで陽気なタイ東北部のイサーン音楽が巨大なスピーカーからガンガン流れてきているのです。

僧侶に続いて、白装束の男性です。

Img_0202

この男性は、このダンサイ村の祈祷師で、ピーターコン祭りを仕切っている人です。

この祈祷師はチャオポー・クワンと呼ばれていて、オバケの世界とお結ぶ役割をし、オバケたちのお告げを村人に伝える役をしています。

なんだか、恐山のイタコみたいですね。

この祈祷師が乗っている輿は、木の棒を組んだもので、たくさんの男性によって担がれています。

この輿の上から、祈祷師は金色の鉢に入った造花を掴んで、投げて回ります。

その造花を村人たちが、争って拾い合います。

きっと、ご利益があるのでしょう。

でも、祈祷師さん、アゴマスクですね、、、。

Img_0195

祈祷師の後ろからはピーターコンたちも続いて、お寺の礼拝堂の周りを時計と反対周りにグルグルと3回練り歩きます。

そして、ピーターコンたちを外に残して僧侶や祈祷師たちは礼拝堂の中に入って行きました。

Img_0145

礼拝堂の中では、きっと神聖な儀式が行われているのでしょう。

ピーターコン祭りは仏教行事とされていますが、祈祷師やオバケなど精霊信仰(シャーマニズム)の部分も多いようです。

礼拝堂に入らず、外に残されたピーターコンたちはイサーン音楽に合わせてお寺の境内で踊っています。

ピーターコンのオバケたちはやっぱり陽気な連中のようです。

Img_0206s

と、キューーーーーンと突然に天を突くような轟音が聞こえてきました。

まるでジェット戦闘機が低空飛行でもしたような轟音です。

そしてまた、キューーーーンと続きます。

そらを見上げると、雨雲に向かって一直線に高速で飛んでいく飛行物体。

Bunbanfai1

ブン・バンファイと呼ばれるタイ東北部の祭りで有名な竹製ロケットのようです。

竹竿の中の火薬を詰めて、打ち上げるハンドメイドなロケットで、お寺の裏側から次々に空へ向かって打ち上げています。

Bunbanfai2

小型のロケットは地上から打ち上げます。

シュゥゥゥーッという音とともに、もうもうたる白煙を残してロケットは飛んでいきます。

さらに大型のロケットは櫓を組んで打ち上げます。

Img_0224

爆音の迫力で手ブレしてしまいました。

今年のピーターコン祭りはコロナと雨に見舞われてしまいましたが、しかし、伝統行事の部分をしっかり見ることができたと思っています。

僭越ながら、メオダムもピーターコンになってみました。

来年こそは、もっと晴れやかなお祭りを楽しみたいと思います。

Img_0174

ダンサイ村へはピサヌロークの市内から150キロメートル、車で約2時間半の場所にあります。

お祭り以外の時期でも、ワット・ポーンチャイ境内にはピーターコン博物館があり、ピーターコン博物館のお面などを展示しています。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

タイを襲った新型コロナウイルス蔓延第3波、なかなか抜け出すことができず、日々新しい規制が増えて、息苦しさも増してきてます。

タイ在住邦人の皆様も、日本国内の皆様、そして世界中の旅を愛する皆様ともども、早く自由に旅行ができるようになってほしいと願っていることと思います。

でも、いつになったら?

それは誰にもわかりませんが、せめてこのブログで、少しでも旅行気分になっていただければと思っています。

 

しかし、メオダムはタイ国内での旅行は、今月末くらいから徐々に解禁されるのではないかと期待してます。

調べてみますと、ちょうど1年前の今日、5月5日、それまでピサヌロークもロックダウンで、公共交通機関がストップしていたのですが、この日から少しずつ解除され、街の中をソンテオという乗り合いピックアップトラックや近隣県を結ぶバスの運行が再開されています。

そして、この日あたりからタイ国内での市中感染がゼロとなっていました。

だから、メオダムは今日ぐらいが第3波の峠で、これから少しずつ規制が緩和されていくのではないかと期待しています。

今年はロックダウンになることもなく、運行本数こそ減っているものの、飛行機も鉄道もバスも、公共交通機関は動いてます。

 

そして、昨年は中止となったルーイ県ダンサイ村での奇祭「ピーターコン祭り」も、今のところ開催する予定だそうです。

H.I.S.バンコク支店でもピーターコン祭りに合わせたツアーを販売継続しています。

そこで、今日はツアーのPRを兼ねてピーターコン祭りをご紹介します。

 

今年のピーターコン祭りは6月12日(土)~14日(月)で開催される予定です。

このピーターコン祭りはピサヌロークとの県境に近いルーイ県のダンサイ村で開催されます。

ふだんは静かな山奥の村ですが、この祭りの期間中は、オバケと世界中からの見物客で、村中がとてもホットになります。

残念ながら、去年は祭りが開催されませんでしたけれど、村のオバケたちはイベントとは関係なしにダンサイ村の中をのし歩いていました。

Img_0345

タンサイ村の人たちも、白装束を着込んで、オバケたちの降臨を迎え、オバケと一緒に踊ったりしていました。

その光景は、近年観光化され過ぎていたピーターコン祭りが本来伝統的な村の祭りとしての姿に戻ったかのように感じて、それはそれで大変興味深いものがありました。

Img_0341

では、そもそもピーターコンとは何なのでしょうか?

これには諸説あるようです。

ピー(オバケ)

ター(目)

コン(仮面劇)

=>仮面劇の目のようなオバケ

とする説や

ピー(オバケ)

ターム(憑く)

コーン(人)

=>人にとりつくオバケ

とする説もありますが、いずれも伝承の中での名称で、しかもこの辺りはラオス系の言葉も混入していて、はっきりしません。

でも、昔からこの辺りでは、毎年6月から7月にかけて、土地の祈祷師がオバケからのお告げを受けて、祭りを執り行ってきていました。

オバケと言っても、幽霊とは違って、精霊のようなものです。

たぶん、ここの人たちが仏教を信仰する以前からあった精霊信仰からスタートしているようです。

今のタイの人たちの多くは仏教徒ですが、それでもまだまだ精霊信仰も残っています。

よく建物の横に建っている祠(サンプラプーム)を見かけると思いますが、これも土地や家の精霊を祀ったものです。

Img_4663

このピーターコン祭りでは、村人たちが奇々怪々なお面を付け、派手な衣装を着けて村中を徘徊し、豊作祈願や厄除けを願うというものです。

おどろおどろしいお面やスタイルから、秋田県のナマハゲをイメージしますが、ナマハゲと違ってとってもフレンドリーで愛嬌があります。

Img_6343

お面は、木製やココナツの木の枝(茎)にもち米を蒸かす蒸籠を組み合わせて作ったものや、ハリボテなど、さまざまなタイプがあります。

Img_0361

中には、お面を付ける代わりに、全身泥まみれになって泥人形とかした村人も参加しています。

Img_6361

もう山奥の伝統行事と言うよりも、弾けてしまったカーニバルと言ったイメージのとても賑やかで、秩序よりもタイの人が良く言う"アライゴダーイ(なんでもアリ)"の状態となり、村中が興奮しているお祭りです。

その中でも、観光客に人気のあるのはオバケたちのパレードで、村の中のメインストリートを各集落ごとに山車に先導されて、村人が扮するオバケたちが踊ったり、お道化たりしながらパレードが続きます。

Img_6359

もう、半狂乱のハチャメチャ騒ぎのように感じてしまうのですが、今年も去年に続いてソンクラーンの水かけ祭りが中止されてしまい、まだタイで熱狂的なイベントを体験されてない方には、是非体験していただきたいお祭りです。

でも、たぶんまだ6月中旬には、コロナ禍が残っていて、ソーシャルディスタンスなど、ピーターコン祭りが開催されても、一部にさまざまな規制があって、従来のような過密でヒートアップしたイベントには、ならないかもしれませんが、それでもオバケたちはみな待ちわびた晴れ舞台なのでハイテンションになっていることでしょう。

それに、そもそもピーターコン祭りの趣旨が「厄除け」なのですから、是非ともこのオバケたちに新型コロナウイルスを退治していただきたいものです。

Img_6385

ピサヌロークからダンサイ村まではおよそ2時間半のドライブです。


H.I.S.バンコク支店でご案内しているピーターコン祭り

120
https://www.his-bkk.com/phitakhon/
 ⇐このページでご案内してます

今年は、ピサヌロークに1泊するプランと日帰りのプランをご用意しています。

タイの奇祭「ピーターコン祭り」& 世界遺産「スコータイ」観光 (1泊2日プラン)

タイの奇祭「ピーターコン祭り」会場日帰りシャトルバス


バンコクからピサヌロークまでの交通情報(鉄道編)

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、5月5日現在多くの旅客列車が運休しています。

そのなかで、現在も通常運行をしているバンコクとピサヌロークを結ぶ列車をご案内します。

[バンコク⇒ピサヌローク]

  • 快速109列車 バンコク 07:00 ➡ 13:43 ピサヌローク
    ※エアコン付き2等車をこの時期限定で連結しています。もともと2等寝台車用の車両なので、広々ゆったりしています。
  • 普通201列車 バンコク 09:25 ➡ 17:55 ピサヌローク
    ※エアコンなし3等車だけの編成ですが、運賃は70バーツ以下と超格安です。
  • 特急13列車 バンコク 19:30 ➡ 01:47 ピサヌローク
    ※到着時間が微妙ですが、1等と2等の寝台車があります。ピサヌロークは夜間外出自粛要請出ていません。

[ピサヌローク⇒バンコク]

  • 普通202列車 ピサヌローク 06:05 ➡ 14:05 バンコク
    ※エアコンなし3等車だけの編成ですが、運賃は70バーツ以下と超格安です。
  • 快速102列車 ピサヌローク 13:18 ➡ 21:00 バンコク
    ※エアコン付き2等車をこの時期限定で連結しています。もともと2等寝台車用の車両なので、広々ゆったりしています。
  • 特急14列車 ピサヌローク 00:01 ➡ 06:15 バンコク
    ※1等と2等の寝台車があります。ピサヌロークは夜間外出自粛要請出ていません。

チケットは駅窓口やインターネットでも購入できます。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

 

メオダムは東京の西武線沿線の出身です。

沿線には江古田や落合という地名があり、戦国時代の古戦場でもあります。

江戸城を構築した太田道灌が、練馬を中心として勢力を誇っていた豊島氏と戦ったのもこのあたりです。

土地に不慣れな道灌は、はじめ豊島氏側の勢力に押され、日没も迫り、逃げるに逃げられなくなってしまいました。

絶体絶命に陥った道灌の前に、一匹の黒猫が現れて、道灌を手招きするように導きます。

黒猫について夜道を進むと、古びたお堂があったそうです。

そのお堂で道灌は夜を明かし、策を練り、軍勢の立て直しました。

そして、ついには豊島氏を打ち破ったのだそうです。

道灌の危機を救った黒猫は、大切にされ、死後はこのネコのために地蔵尊を作ったそうです。

これが西武線沿線での「招き猫」の発祥伝説になっています。

ひょっとしたら、全国に様々な招き猫発祥伝説があるかもしれませんね。

Img_4444

タイでも、招き猫は金運などとても縁起が良いとして、人気があります。

タイの招き猫は、たぶん日本から伝わったものだろうとメオダムは思っているのですが、今日のお話はタイ版の「招き猫」のお話です。

 

メオダムはピサヌロークとバンコクの間をしばしば往復するのですが、その途中、アユタヤの近くにアーントーン県と言う県があります。

田んぼばっかりで、チャオプラヤー川の水系で獲れる雷魚の料理が有名なくらいで、たぶん日本のガイドブックなどで紹介しているものはないのではないかと思います。

そんなアーントーン県に幸運を呼ぶネコがいると一部のタイ人の間で話題になっています。

Img_4420

このネコが幸運を呼ぶネコです。

名前をジャオトーンと言います。

タイの人たちは宝くじが大好きです。

Img_4445

タイの宝くじは、日本の宝くじと異なり、自分で好きな番号を選ぶことができます。

特に下2ケタまたは3ケタの当選番号を予想して買い求める人たちは真剣です。

縁起の良い番号や、精霊のお告げとか、様々なものが番号に結び付けられます。

 

アーントーン県のワットマイというお寺の境内には、たくさんのタキアンと呼ばれる古木が集められています。

Img_4431

このタキアンという木にはナーン・タキアンという女性の精霊が宿っているとされています。

ナーン・タキアンは悪霊らしいのですが、懇ろに奉ると、宝くじの当選番号を教えてくれるのだそうです。

どのようにして当選番号がわかるかと言うと、古木に白い粉を振りかけると、当選番号が浮かび上がってくるのだそうです。

人々はこの古木に赤、黄、緑の3色の布を巻いて崇め、願い事をします。

そして、願い事が叶うと(宝くじで当選)、ナーン・タキアンへお礼としてドレスなど贈るのだそうです。

Img_4430

このワットマイというお寺は、以前から地元では宝くじの当選番号を教えてもらえるお寺として知られていたそうです。

Img_4410

しかし、田んぼの中の小さなお寺で、地元の人しか、知らないようなお寺を、一躍全国区に踊り出させたのが、ジャオトーンです。

 

3年ほど前、タキアンの古木の洞に、白黒のネコがいたのだそうです。

(お寺の物語ではタキアンの木の中から生まれたことになっています)

Img_4432

この男性が指さしているところに、最初ジャオトーンが入っていたそうです。

タイでは残念なことに、お寺に犬や猫を捨てる人がとても多いのです。

たぶんジャオトーンもそうした捨てネコだったのかもしれません。

ジャオトーンはお寺に出入りしている人たちによって、エサを与えられ、お寺に住み着くようになりました。

Img_4418

それがあるとき、宝くじ売りが広げている宝くじをシッポでポンポンと指示したんだそうです。

もともと縁起の良い寺とされており、参拝者がその宝くじを買ってみたら、見事に当選したんだそうです。

そうした噂がSNSなどで、広がり、いまやタイ全国から「ネコのお告げ」を聞くために、人が集まってくるようになったんだそうです。

ジャオトーンが車の下で昼寝をしていると、その車のナンバープレートの番号で宝くじを選ぶ。

ジャオトーンがタキアンの古木で爪を研いだら、その爪痕のある場所に白い粉を振って、番号を読みとる。

ラッキードローのように番号札をジャオトーンの選んでもらう。

Img_4424

とにかく、みんなジャオトーンにすがるように、ネコのお告げを受けようと必死です。

ジャオトーンの方は、お告げよりもタキアンの古木の陰に隠れて昼寝をしたいようなんですが、次々に訪れる参拝者に、なかなかのんびりとはしていられないようです。

メオダムが行った時も、バンコクや遠くカンボジア国境のチャンタブリー県からネコのお告げを受けに来ている人たちがいました。

Img_4429

ジャオトーンも、自分の役目と心得ているようでもあります。

お寺に出入りする人たちから、プラトゥーというアジ一夜干しに似た魚をもらってるし、夜には寺を徘徊する犬に襲われたりしないように、大きな専用ケージに入れてもらったりと、大切にされています。

Img_4433

ケージも蚊に刺されないようにと、ネットを被せてもらっています。

このジャオトーンのおかげで、お寺への寄進も増えて、村では念願だった本堂も建立がだいぶ進んできたそうです。

「猫の恩返し」ですね。

Img_4437

なかなか立派な本堂です。

きっとジャオトーンのお告げで宝くじを買って、当選した人たちがお礼参りでたくさんの寄進をしていったのでしょう。

この本堂もあとはタイの仏教界からの許可を取り、ルークミットという球を地中に埋め、バイセーマーという結界石で取り囲めば落慶となります。

Img_4438

丸い球がルークミットです。

いまはトタン屋根に吹きっさらしのお寺ですが、ジャオトーンが立派なお寺を村にプレゼントしてくれるようです。


YouTube: ส่องเลขเด็ดเจ้าโทนแมวแม่ตะเคียน วัดใหม่โคกมะรุม | Thairath Online

メオダム、本当にジャオトーンに宝くじ当選番号の予知能力があるかどうかはわかりませんが、ジャオトーンによって、たくさんの幸せがもたらされていることは、事実のようです。

そして、ジャオトーンもこのお寺で、幸せそうにしていることがわかり、メオダム自身も幸せな気持ちになれました。

Img_4417



精霊の話ですが、ピサヌロークからルーイ県に入ったところにあるダンサーイ村では、毎年ピーターコン祭りと言うオバケの祭りがあります。

ことしは6月12日~14日で予定されており、H.I.S.バンコク支店ではピーターコン祭りへのツアーを募集開始しました。

タイの奇祭「ピーターコン祭り」& 世界遺産「スコータイ」観光

https://www.his-bkk.com/packagetour/j-fpphsphitakhon/

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.10
loading...