サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。4月末から連日、日に1度は雨の降るチェンライですが、本日は16時をまわっても雨の気配なしです。外は35℃。あっつい。

Screenshot_2021050416394024

日月火とずっと座り仕事です。自宅で淹れてくるウーロン茶も飲み飽きたし、なにか普段は取らない身体に悪そうなものを摂取したくなりました。

バリスタにお任せで頼むと青い物体。

Img20210504162706

ブルーミントソーダ、とのことです。なんだか高校生の飲み物のようですが、味は甘くて酸っぱくて少々漢方っぽいのです。この味はどこかで・・・。私はこれを知っていると思い、記憶をたどると、メーサロンの茶芸館でお茶うけに出てくる「干し梅」の味。

飲み進めると二層に分かれていたものが混じり合わさって、色に変化がでました。

Img20210504163228

むむ。目薬と同じ色です。

Img20210504164852

サワディカップ、チェンマイ支店です。

チェンマイには有名なガイヤーン(焼き鳥)のお店がいくつかありますが、

今回は私がよく行くガイヤーンのお店をご紹介いたします。

お店の名前は「ガイヤーンチュンドーイ(Cherng Doi Roast Chicken)」。

ミシュランガイド・タイランドでビブルグマンを受賞したお店です。

ニマンヘミン通りから小さな路地を入った場所にあります。

お店の外観

S__86310923

コロナ前はお昼頃には満席で空席待ちをする事が多々ありましたが、

現在はコロナ禍という事もありお客様はあまり多くありませんでした。

S__86310914

注文したのでコームーヤーン(豚の喉肉の炙り焼き)とガイヤーン。

ガイヤーンは皮はパリパリ、肉は柔らかくジューシー。

骨なしなのでとっても食べやすく、ビールとの相性も抜群です。

S__86310918

今はコロナでお客様は少ないですが、味は以前と変わらず美味しかったです。

もしチェンマイへお越しの機会がありましたら、是非訪れてみては如何でしょうか。

チェンマイ支店

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。チェンライ支店の正式名称は「Sukjai Travel Cafe」といい、カフェ部門も支店経営の3本柱のひとつです。現状ではまだ柱ではなく苗木の手前の双葉ですが・・・。

ご近所なら1杯から無料で配達、ということで私たち双葉状態のカフェは常にスタンバイしています。そのスタンバイがふと緩んだ瞬間にオーダーはあるもの。本日はご近所フィットネスから電話でオーダーがありました。あいにくスタッフは銀行に、バリスタがお昼休憩に出て間もなくの時刻でしたが、バリスタあて即非情な呼び戻しコールを。

Img20210401123715

アイス・アメリカーノ (ノーシュガー)

抹茶グリーンティー (ノーシュガーはレシピ的に無理なので甘さ最大限控えめ)

アイスチョコレート (甘さ控えめ)

時間も計ります。12:20オーダー電話、12:50配達完了。少し前に比べると速くなりました。引き返してきた時間と、フィットネスのある3階まで階段をあがった時間を考慮すると、当支店最速記録です。

こうして日々すこしずつ及第点に達するよう、訓練訓練。

Img20210401124428

ところで、どのメニューにも同じ豆(品種と焙煎具合)を使っている場合、エスプレッソとアメリカーノはどう違うのでしょうか。日本なら、エスプレッソとアメリカン(アメリカーノに非ず)では、豆の焙煎の濃さ(深煎りか浅煎りか)、豆のひき具合も、淹れ方も異なりますが、タイでは一般的に、同じ豆、同じ焙煎、エスプレッソマシンで淹れるので豆の曳き方も同じです。

ホットならエスプレッソとアメリカーノの違いは「濃さ」と「水の量=カップの大きさ」ですので一目瞭然です。が、「アイス」となったら、エスプレッソでもアメリカーノでも氷が溶けてしまえば味に差異はないのでは?

なんと、わがカフェのアイス・エスプレッソは「ミルク入り」、アイスアメリカーノは「ブラック(ご希望でノーシュガー)」なのだそうです。では、アイスエスプレッソとアイスラテはどう違うの?と聞くと、コーヒーの量がアイスエスプレッソ>アイスラテ なのだとか。また、ラテとカプチーノにはホットアイス問わず練乳も入れています。「練乳いれないで」といわないと、練乳入りがデフォルト、という盲点がありました。

うーん、タイのコーヒーあるある。聞いてみなければわからない、予想外のレシピですが、おそらく各店で定義が異なるのではないでしょうか。

午後「アイス・エスプレッソ」を飲んでみようとおもいます。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.05
loading...