ピサヌロークからサワディーカップ

メオダムです。

Img_5417

このところ連日とんでもなく暑くて、メオダムは数日前に夏風邪を引いてしまいました。

昨晩なんかも、夜9時を過ぎても気温が34℃もあったりするもんだから、たまったもんじゃありません。

昼間なんか、連日40℃を超えてます。

こんな気温で、体温も上昇してしまうのでしょう。

それでも、メオダムは一か月分も処方されてしまった風邪薬を二日間飲んだら、すっかり体調も回復し、また元気にピサヌロークの街を自転車で走り回っています。

それにしても、そろそろ雨の季節が恋しいです。

さて、メオダムは自転車があるので、ピサヌローク市内はどこでもスイスイ行けるのですが、一般の旅行者の人は、二本の足で歩く以外、公共交通を頼ることになってしまうでしょう。

旅行者にもレンタサイクルやレンタルバイクを貸し出している店もピサヌロークにはあるようですけど、とにかく今日はピサヌローク市内の公共交通機関についての話を書かせてください。

ピサヌロークは田舎町ですので、地下鉄もBTSも走っていません。

街の人たちは、ほとんどバイクを近距離の移動手段として使っています。

市内を走る路線バスは一応あります。

Img_5418

H.I.S.ピサヌローク支店前にもちゃんと日除けとベンチまであるバス停留所があります。

バス停の名前は「エイチ・アイ・エス前」だったりするといいのですが、どうもバス停に名前なんか表示されていません。

このバス停には市内の路線バスの他に、カンペーンペットやヒジットなどの隣接県へ行く中距離バスも発着しています。

エアコン付きの快適そうなバスなので、メオダムも一度乗って"小さな旅"にでも出かけてみたいと思っています。

海外旅行中の旅行者が一番利用しやすいのは、やはり何と言ってもタクシーだと思います。

Img_5419

こんな田舎町にもメータータクシーの会社が何社かあり、市内中心部などではよく見かけます。

運転マナーなんかもバンコクなどよりずっと良くてドライバーも礼儀正しいとのことです。

それでも流しのタクシーは絶対数が少なくて、通常はタクシー会社のコールセンターへ電話をしてタクシーを呼ぶ形になります。

そうなると、やはり旅行者にはホテルなどで呼んでもらわない限り、敷居が高い乗物となってしまいます。

Img_5426

流しのタクシーの代わりに市内をたくさん走っているのが、可愛らしいトゥクトゥクたちです。

駅前とか、市場とかにも待機していて、手ごろな乗り物ではあります。

しかし、必ず乗る前に料金の交渉が必要です。

必ずしもタクシーより安いとは言い切れませんが、最低料金は60バーツくらいから、市内だったらだいたいどこでも100バーツくらい、空港まで行ってもらって120バーツと言うところでしょうか。

Img_5420

では、例えば空港から市内まで、どうやったら安く移動できるかと言うと、昨年あたりから運行を始めたエアコン付き路線バスでしょう。

空港から駅前の市場、ワットヤイ、そしてバスターミナルまでを結んでいます。

だいたいエアアジアなどの航空便の到着に合わせての運行のようです。

料金も30バーツと格安です。

では、市内から空港へ向かう時はどうかと言うと、逆のルートもちゃんと走っていますが、問題は何時にどこのバス停を通るかです。

残念ながらピサヌロークのバス停にはバスの時間表など用意してありません。

そこで、空港連絡バスの運転手さんに、駅前市場からのバス出発時刻を尋ねてみました。

「飛行機の出発に合わせて走ってるから大丈夫だよ」

でも、何時に何分にどこのバス停と言う決め事はないそうです。

これじゃ、利用しにくいですよね。

Img_5425

市内を走っている路線バスにはソンテウと呼ばれる小型トラックを改造した乗り合いバスがあります。

小型トラックの荷台の両端にベンチを取り付けただけのような車体で、乗客は車の後ろから乗り込みます。

荷台の方に車掌が乗っていて、車掌に運賃(20バーツ)を払う場合もありますが、連日こうも暑いと車掌もエアコンの利いた助手席に座り込んでしまい乗客の方がわざわざトラックの後ろから降りて、トラック前方に回り込んで助手席の車掌に運賃を支払いに行くと言った、どっちがお客様かわからないような状況になって、それが常態化してしまっております。

Img_5424

ソンテウと言う名前は、そもそもが荷台のベンチが2列に並んでいることから、タイ語で"2列"を意味するソンテウ(สองแถว)と呼ばれているようです。

しかし、より多くのお客様に腰かけていただこうというわけか、荷台の真ん中に簡易ベンチを取り付けているのもピサヌロークのソンテウが誇る特徴です。

こうして3列になっても、サムテウ(สามแถว=3列)とは呼ばれていないようです。

Img_5422

運転席の上の部分に走る経路が掲載されていますが、残念ながらタイ文字オンリー。

こちらも旅行者には利用が難しそうですが、バンコクやチェンマイなどから長距離バスでピサヌローク郊外のバスターミナルへ到着した時などは、ほとんどのソンテウがバスターミナルを起点に、駅前市場を経由して各地に向かうので、利用価値は高いと思います。

バスターミナルからタクシーなんかに乗ったら、バンコクからピサヌロークまでのバス代よりもバスターミナルから市内までのタクシー代の方が高くなってしまうくらいです。

でも、このソンテウも運行時間が早朝5時くらいから、夕方は6時くらいが最終便と、早い時間に終わってしまうので注意が必要です。

Img_5397

ピサヌロークのソンテウでは最近エアコン付きが登場しました。

客席のある荷台を密閉式にして、エアコンが効くように改造したようです。

やはり乗客はトラックの後ろから乗り降りするのですが、乗り降りする後ろの部分にもドアが取り付けられてます。

普通のソンテウが20バーツのところエアコン付きは30バーツだそうです。

やっぱり暑いからピサヌローク市民にはエアコン付きソンテウは歓迎されているのでしょうか?

でも、ピサヌロークでの公共交通機関として、メオダムが一押ししたいのは、エアコンもないし、スピードも出ないけど、なんたってサムロー(輪タク)が一番だと思っています。

これに乗るたびに、メオダムはすごくうれしい気分になり、「あぁ、タイっていいなぁ」と感じます。

みなさんもピサヌロークでいろいろな公共交通機関にトライしてみませんか?

ちょっとくらい困ったことがあっても、ピサヌロークの人たちが、きっと寄ってたかって、いろいろと親切にしてくれることでしょう。

Img_5421

きょうはホームページを触る時間がなかったので何も変わってません。

http://www.his-bkk.com/phitsanulok/index.php

サワディーピーマイカップ。

タイのお正月、ソンクラーンが始まりました。

新人スタッフ君もピサヌローク県の山奥にある田舎へ帰ってしまったので、今日はメオダムがブログを書かせてもらいます。Img_5354※別にネコの手も借りたいほど忙しいというわけでもありませんが、今日はネコ支店長も出社してます。

ソンクラーン祭りはタイの人たちが最も楽しみにしているお祭りです。

特に他にあんまり娯楽のないようなタイの田舎町ですと、みんなはじけてしまっちゃいます。

子供たちは、待ちきれずに夜明けとともに道端に出て、水鉄砲で水掛け合いを始めてました。

大人たちは、午後になってからアロハシャツなど着こんで水掛け合いに参戦です。

H.I.S.ピサヌローク支店のある街のメインストリートにも、よしず張りができて、大きな水タンクやビニールプールを出して、もうみんなやる気満々。

Img_5357

小型トラックの荷台に水鉄砲抱えた人たちが乗り込んでます。

道端ではバケツを抱えた人たちが、待ち構えています。

Img_5356s

無抵抗なモーターバイクに乗っている人など、絶好の餌食になってしまいます。

特に若い女の子の運転するモーターバイクは徹底的に水を掛けられます。

Img_5360※ピサヌロークにはバイクの前半分を台車にしたような荷物運搬車が走り回ってますが、今日は荷物ではなくヒトを乗せて、水掛け合いの戦車になっています。

午後5時を過ぎると、メインストリートは交通規制がかかり、パレードが始まります。

ピサヌロークをはじめとしてタイの田舎町は、お祭りと言うとすぐパレードが行われます。

メオダムがピサヌロークへ来て半年、この間に何度パレードがあったことでしょう。

Img_5361

揃いの衣装を着けた女の子たちがタイの伝統音楽に合わせて踊りながらやってきます。

踊っている女の子たちにも容赦なく祝福の水がぶっかけられます。

Img_5364

お揃いでもなんでもなく、踊りもバラバラなただのおじさんおばさん、おばあさんたちで構成されているような一団もパレードに続きます。

ソンクラーン祭りのパレードとは「参加することに意義がある」とメオダムは理解しました。

Img_5365

タイの伝統衣装で着飾った一団も横断幕を広げてやってきます。

日傘はさしてますが、沿道からかけられる水からは守られてません。

Img_5369

パレードに付き物なのは、自動車にハリボテで飾りつけた山車で、キッチリとメイクしたタイ美人が乗っています。

でも、こんなに水かけられたらメイクも崩れてしまうんじゃないかな。

Img_5372_3

時刻はもうじき6時になろうとしていて、太陽もだいぶ西に傾いているけど、まだ気温は37℃。

このところ連日日中の最高気温は40℃に達していて、とんでもない暑さ。

パレードだって、水でもかけてもらわなきゃ、暑くてやってらんないだろう。

水をかけるほうも、かけられる方も、全身ずぶぬれ。

パレードで着飾っている伝統衣装はレンタルなんだろうけど、返却するときに問題にならないのだろうか?

パレードの中には仏像を乗せてくるものもある。

さすがに仏像には荒っぽい水のかけ方などせず、ちょろちょろと、ちょうど日本のお花まつりで仏像に甘茶をかけるような塩梅で水をかけている。

水をかける前後にもちゃんと合掌(ワイ)をしている。

本来、年長者を敬い、健康や幸せを願う水掛け合いとは、こんな水かけ合戦とは別物だったんだろう。

Img_5373

この山車の美人さんは、ピンク色の豚の背中に乗っている。

養豚業者組合かなんかの山車なのだろうかとも思ったけれど、今日はタイのお正月。

そして、今年の干支は豚である。

タイではイノシシではなく、豚年なので、豚も登場しているのだろう。

これから3日間、ソンクラーンの水かけ祭りは続くわけで、あんまり水をぶっかけられて祝福を受けたくないメオダムとしては、極力外出を控えなくては。

当面毎日オフィスに詰めていれば、安全と心得てます。


ピサヌローク支店のホームページが少しずつできてきました。

従来のGoogleさんの間借りから、H.I.S.タイランドのサーバーの中にやってきました。

メオダムも最近のWebの書き方など、まるで浦島太郎状態で、手探りしながら作っていますので、不具合も多いと思いますが、今後はこのホームページからも情報発信をしていきます。

H.I.S.ピサヌローク支店のホームページ http://www.his-bkk.com/phitsanulok/index.php

また、フェースブックも方向性がまだはっきりしませんが開始しました。

メオダムのフェースブック https://www.facebook.com/neko.meodam

sun sun  H.I.S.Tours ピサヌローク支店  sun sun

本日急遽飛び入りのメオダムです。

H.I.S.ピサヌローク支店で事務作業を手伝ってくれている学生さんに「ピサヌローク支店のマーク」を作ってもらいました。

P_256_5

真ん中に大きくピサヌロークの「」を配置してます。

左上は、ピサヌロークを代表する名刹「ワット・ヤイ」こと"ワット・プラシー・ラタナマハタート"です。

その隣、右上はワット・ワイに安置されているタイで最も美しいとされる仏像「チナラート仏」です。

チナラート仏の斜め右下にあるのは、カオカーにある"ワット・パーソーンゲーウ"のあるベンジャロン焼きで装飾されたと、その斜め左下に、同じく「五体並んだ坐禅仏」。

左下はスコタイ遺跡で日本人に人気ナンバーワンの「ワット・シーチュム」。
小さくてよく見えませんが、四角い壁の奥に仏さまがいらっしゃります。

最後に「」の直下にピサヌロークを代表するフルーツ、「マンゴー」を配置してます。

もう、このマークだけでピサヌロークを旅してきた気分になりますが、気分だけではだめです。

みなさん、ちぁ~んとピサヌロークへお越しいただいて、本物を見て、本物を味わってみてください。

さて、次はH.I.S.ピサヌローク支店の"歌"がほしいな。

学生さんたちで作詞/作曲できる人はいないかな。



H.I.S.ピサヌローク支店2月28日までの出発で催行確定しているオプショナルツアーの催行日のご案内。(1月31日正午現在)

  *****************************

02月03日 日曜日   スコタイ遺跡日帰り観光   料金 2,300バーツ(昼食付)

  *****************************

02月05日 火曜日   スコタイ遺跡日帰り観光   料金 2,300バーツ(昼食付)

  *****************************

02月10日 日曜日   スコタイとシーサッチャナライ日帰り観光 料金 2,600バーツ(昼食付)

   *****************************

2月14日 木曜日   スコタイ遺跡日帰り観光   料金 2,300バーツ(昼食付)

   *****************************

2月24日 日曜日   スコタイ遺跡日帰り観光   料金 2,300バーツ(昼食付)

  *****************************

詳細は、支店のホームページからご確認ください。

  https://his-tours.business.site/

いずれもピサヌローク(空港または市内)発着ですが、H.I.S.バンコク支店ではバンコクからの航空券をセットしたツアーも募集しております。

 http://tour.his-bkk.com/phitsanulok

これ以外のお日付も2月6日~2月9日以外でしたらば、ご予約後すぐに催行保障をお出ししますので、お問い合わせください。

 メール: phs-tours@his-world.com



H.I.S. バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2019.04
loading...
WORLD情報局