サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

メオダムもピサヌロークに住み着いて3年になります。

毎日が職場と下宿の往復ばかりで、じっくりと腰を落ち着けて、この街のことを調べたりすることが今までありませんでした。

仕事柄、スコータイ時代やアユタヤ時代のピサヌロークについては色々と調べてきていましたが、ピサヌロークの近代史的な部分はさっぱりでした。

でも、昼ごはん時とか、街の中を歩いていて、「あれなんだろう?」と気になることは色々とあります。

Img_1059

ピサヌロークの中心部を歩いていると、建物によく鳳凰のようなマークが付いているのに気が付きました。

鳳凰の下にはタイ語で"อาคารราชพัสดุ"と書かれています。

อาคารราชพัสดุとはアーカーン・ラーチャ・パッサドゥと発音し、「タイ王室に属する建物」と言った意味です。

鳳凰のマークはタイの王室系銀行であるクルンタイ銀行とよく似ています。

Photo_6

で、このマークの付いた建物がピサヌローク中心部にはやたらに多いんです。

メオダムは地元のタイ人に、このマークはなんなのか質問してみました。

「これは土地のオーナーが、王室に土地を寄付して、その土地に王室が建物を建てて、もともとのオーナーに建物の借用権を与えたものだよ」

というのが答えでした。

土地はあっても、建物を建てるお金がなくて、王室に建ててもらうってことはなんとなく理解できるのですが、それにしても市内の一等地に、こんなにもたくさんあることにメオダムはどうも納得がいきません。

Img_1061

それで、ちょっと調べ始めました。

まず、このマークの付いている建物に共通していることとして、どの建物もかなり年季が入っていること。

コンクリート製で2~3階建てになっていて、一階は通りに面して店舗のようになっていること。

長屋のように隣同士が壁一枚で隔てられたタウンハウスになっていること。

軒の庇が歩道の上にせり出していて、その庇には電線ケーブルが敷設されていること。

ヒントとして、どの建物も一様に年季が入っていることに注目。

つまり、ほぼ同じころ、いっせいにこれらの建物が建築されたと考えられます。

Add321024x561

ピサヌロークの街はいまから64年前、1957年に大火災によって町の中心部のほとんどを焼失してしまっています。

古い写真を転用させていただいたAdd News Phitsanulok社の記事によると、1957年1月2日に仕立て屋の4歳になる息子が、マッチで火遊びをしたことで火事になり、当時は木造の建物が密集していたことで瞬く間に、市街地全体に燃え広がったのだそうです。

Img_24021024x666

焼け出された人は6000人にも上ったそうです。

家と家財を失った人は、学校などでの避難生活をすることになったそうです。

つまり、鳳凰マークを付け年季の入った建物群は、この大火災からの復興過程で建築されたものと推測しました。

メオダムはさらに調べていくと、焼け出された人たちは、家屋を再建する財力も失っており、また行政側も、木造家屋が密集した以前のような状態から、区画整理をし、防災面でも考慮された街づくりを指導したくても、財政的に無理があったそうです。

そこで、土地の所有者は家屋が焼けてしまった土地を王室に献上し、その代わり新しい建物を建ててもらって、そこで生活を始めるということになったそうです。

タイ国王は街の再建のために10万バーツを下賜されたのだそうです。

そのときに建てられた建物に、このマークが付けられたということでした。

メオダムのいるH.I.S.ピサヌローク支店のすぐ近くに時計塔が立っているのですが、この時計塔も大火災からの復興のシンボルとして建てられたものだそうです。

Img_2640

なお、火元となった仕立て屋があった場所は、エカトサロット通りのソイ・モーシリワンというところだったようです。

このソイ・モーシリワンと言うのは、行き止まりの路地なのですが、確認に行ってみたらなんと寿司屋がありました。

店名は「和らぐ(やわらぐ)スシ・バー」で、秋田の銘酒「高清水」と書かれた提灯がぶら下がっている隠れ家みたいな店でした。

"Omakase Bento"とも書かれています。

「よし、今日のランチはここの弁当でも食べてみるか」と軽く考えたのですが、お値段はなんと1,499バーツ也。

すごすごと退散です。

ピサヌロークにこんなに値段の高い食堂があったなんて、3年目にして初めて知りました。

「和らぐ(やわらぐ)スシ・バー」のFace Book
https://www.facebook.com/Yawaragu-sushi-bar-652271805221602

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

オリンピック、日本選手なかなか活躍してますね。

タイの田舎町にいるとオリンピックがとても遠い世界のように感じます。

タイ人の選手もメダルをとったりして、活躍してるのに、田舎の人の関心は今一つのようです。

そんな田舎のピサヌロークですが、それでもこの地方での中心都市ということになっています。

街の中心部には華僑系の人たちが多く住んで、経済活動を担っています。

これら華僑系の人たちも、この地へ移民してきて何世代ともなり、すっかりタイ人化してしまっていますが、それでも食べ物にうるさい中国人の血が流れているのか、タイ料理とはちょっと異なる彼らの味をピサヌロークでも楽しむことができます。

日本のラーメン屋や中華料理店の味ともちょっと違った、華僑たちの家庭料理といった感じの食べ物です。

本日ご紹介しますのは、メオダムの好物でもある"ゴイシーミー(โกยซีหมี่)"です。

たぶん漢字で書くと"鷄絲麵"となるのだと思いますが、台湾あたりで"鷄絲麵"というとたぶんスープ入りの"トリそば"のイメージになってしまうかと思いますが、タイの場合は汁そばではなく、焼きそばです。

それも餡かけ焼きそば。

Img_4061

たっぷりの餡には、鶏肉の細切り、タケノコ、ワケギなどが入っています。

メオダムはこれに唐辛子少々とちょっと甘みのある中国式の黒酢を垂らしていただくのが大好きです。

上の写真は、ピサヌロークよりバンコクへ130キロほど下ったところにある、やはり華僑の街として有名なナコンサワンの食堂で食べた時のモノです。

ゴイシーミーを提供している食堂は、基本的に中国料理系の食堂です。

このゴイシーミーによく似た餡かけヌードルとして、タイではラートナー(ราดหน้า)というクイティアオという米から作ったヌードルの餡かけ焼きそばがあります。

このラートナーの方がゴイシーミーよりもタイ料理化が進んでいて、タイ料理食堂でも食べられることが多いです。

Img_0542

ピサヌローク支店のすぐ近くにある中国料理食堂があります。

※ラーン・スンハフアト(ร้าน ซุ่นฮะฮวด=順合発)

この食堂は、飲茶を中心にしたメニューを出しているのですが、ゴイシーミーも食べることができます。

Img_0248

飲茶は潮州風の点心が中心です。

蒸し物が中心で、揚げ物はあまりありません。

そういえば、香港で観光ツアーに参加して、昼食の飲茶の締めには、たいてい餡かけ焼きそばかチャーハンが出てきていたような気がしますから、飲茶とゴイシーミーの愛称は良いのかもしれません。

そして、下の写真がこの中国料理食堂のゴイシーミーです。

Img_0245

具材の色どりが綺麗です。

エビとニンジンの赤、

ヤングコーンの黄色、

シイタケの黒、

パクチー(香菜)の緑、

餡はグレイビーだけど、色は薄くて上品です。

エノキも歯ざわりよく、食べてて楽しい一皿でした。

お値段はちょっと高めで70バーツ(250円くらい)ですが、それだけの値打ちはしっかりあります。


次にご紹介するのは、ぐっと庶民的な食堂で提供しているゴイシーミーです。

Img_0280

先に紹介したゴイシーミーと比べると、彩が単色で、華やかさがありません。

視覚的には、今ひとつ残念。

パクチーの葉でもパラリと乗せてくれるだけで、イメージも変わると思うのですが、、。

こちらのお店は、ピサヌロークの新市街ともいえる場所に位置して、やはり飲茶を中心にした食堂です。

しかし、エアコンもない開放的な食堂で、店先に点心の入った蒸籠を積み上げてるような店です。

Img_0230

飲茶の価格も良心的で、蒸籠はひとつ25バーツ(約90円)で、どれも手作りで美味しそうです。

店内で食べる人以外にも、デリバリーの注文が次々に入ってきています。

※ヌアン・シー・ポーチャナ(นวลศรีโภชนา)

漢字での店名もありそうな気がするのですが、店内を見回しても見つけられませんでした。

ポーチャナと言うのは「食堂」といった意味のタイ語ですが、食堂を意味するタイ語には何種類かありまして、その中でもポーチャナと言うのは、日本語のニュアンスだと「料理店」といった感じで、ちょっと美味しいものを食べさせる店と言ったイメージがメオダムにはあります。

シーと言うのは「吉祥な」といった感じの縁起の良い言葉で、中国系の人たちが好きそうな言葉ですね。

で、ヌアンですが、メオダムの知らない単語だったので、辞書(簡約タイ語辞典松山納著/大学書林)を引いてみると"นวล nuan [名]淡黄色、クリーム色 [修]①クリーム色の、柔らかい色の ②清らかな、明るい、美しい、純潔な、潤いのある、、、"となっています。

確かに、ここのゴイシーミーは淡黄色っぽいかな?

少なくとも色使いに派手さは感じません。

Img_0281

しかし、餡の下に隠れている麵は、濃い茶色をしています。

焦げ付かないように、中華鍋でまんべんなく焼き色を付けてあります。

平打ち麺で、太さに若干のばらつきがあるので、自家製麺なのかもしれません。

麵の色は濃いのですが、平打ちのちぢれ面が餡と良く絡んで、しつこさは感じず、陰陽のある食感を演出してます。

Img_0282

餡の具材は、鶏肉り細切り、タケノコ、フクロダケで構成されていますが、タケノコと鶏肉は太さと長さが均一にそろえられており、タケノコのサクサクした歯ざわり、弾力のある鶏肉と、こちらも陰陽があるようです。

さらにシャリシャリとした食感もあり、シャリシャリに続いてちょっと香ばしさも感じます。

なにかが隠されていそうだと思って、餡の中をつついてみたらば、、、、

Img_0283

このレンゲに乗っているのがシャリシャリの正体です。

はて、これはいったい何だろうかと店の人に聞いてみたらば「黄ニラ」だそうです。

これも太さと長さをそろえてあり、なかなかいい仕事をしています。

いやはや、見た目の第一印象とは異なり、なかなかの逸品でした。

これでお値段50バーツ(約180円)


最後にご紹介するのは、ピサヌロークの一般的大衆食堂でのゴイシーミーです。

Img_0544

トタン屋根、吹き抜けの壁、飾りっけまるでなし。

ピサヌロークの大衆食堂の典型のような店で、店名はメーン・ラートナー(เม่นราดหน้า)と言います。

メーンとは「ヤマアラシ」と言った意味だったと思います。

たぶん、ここのオーナーのあだ名なんでしょう。

ラートナーは先に紹介した米粉のヌードル、クイティオの餡かけウドンです。

Img_0545

店内の感じも、超ローカル。

ヌードルだけではなく、ガパオライスなどもメニューに載せています。

飲物の入った冷蔵庫の上に掲げられたボードには「クノールと化学調味料は入れてません」と書かれてあります。

クノールと言うのは、スープの素のことでしょう。

タイの食堂では、スープを粉末や固形のインスタントで済ませてしまうケースがよくありますし、どこの店も大量のアジノモトを使っています。

この店は、そうしたものを使っていないということを宣言しているタイでは珍しい店のようです。

では、さっそくゴイシーミーを注文してみましょう。

Img_0253

ここのゴイシーミーは、前出の麺と違ってタイでミークロープと呼ばれる「揚げ焼きそば」を使っています。

しかも、餡かけではなく、緬が餡の上に乗っかっています。

餡の色は少し濃いめの茶色。

鶏肉は細切りと言うより、ちょっと大きめにスライスした感じ。

タケノコもメンマと同じくらいのサイズになっています。

いえ、よくよく見てみますと、タケノコは二種類が入っているようです。

メンマみたいなものと、モヤシのように細いものも。

Img_0254

キノコは黒いキクラゲが刻まれてます。

緑色のニラとワケギも。

カリカリの「揚げ焼きそば」も食べていくうちに、餡がしみ込んでフニャフニャの食感に変化していきます。

餡の味付けはしっかりしており、またたっぷりのボリュームがあったものですから、メオダムはライスも追加注文して、丼に残った案の中に投入。

なんとなく中華丼みたいな感じになりました。

こちらのゴイシーミーもお値段50バーツ(約180円)でした。


以上、ピサヌロークのゴイシーミーを食べ歩いてみましたが、どの店も個性があって、美味しかったです。

明日もしまたゴイシーミーを食べるとしたら、二番目のヌアン・シー・ポーチャナかな。

ピサヌロークでは、他にもゴイシーミーを食べさせてくれる食堂があります。

トップランドホテルの地下にある中華レストランで北京ダックを注文すると、皮を剥いだアヒルのローストを使ったゴイシーミーを作ってくれます。

これもとっても美味しいです。

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。朝粥セットを食べてきました。

Img20210623073855

・アヒルの卵の塩漬けから反時計回りに

・中国風甘いソーセージ

・塩漬けのザーサイを甘酸っぱく和えたもの

・干し大根と卵の炒め物

・中国オリーブのきいた豚肉そぼろ

・豚バラ肉のから揚げ

・チャプチャイ(アブラナ科の青菜を豚肉干しシイタケ、その他あるもので煮込んだもの)

が、薬味やおかずとして添えられてきます。

甘い、ピリ辛、甘酸っぱい、塩辛い、のバランス。

Img20210623074053

スープではなく、米をたっぷりの水で煮ただけのお粥には塩味もついていません。薬味を上にのせたり、単独で食べたりと、一口ごとに違った味付けを楽しめます。

Img20210623074230

さすが、昔からの華人の街ピサヌローク。なんということのない料理のひとつひとつの味付けが、「タイ人の作ったタイ式中華」とは一線を画しています。

Img20210618083756

薬味は半分近く残っているのに、お粥がなくなりました。お代わりを頼むと、1杯目の倍近い量の熱々のお粥がきました。

Img20210623075313

チェンライ市内では売られていない台湾製の瓶詰と

Img20210622133644

大陸製の瓶詰を買い、自分用のお土産にしました。

Img20210622133704

ピサヌローク支店の鍵が開くまで、ウーロン茶を飲みながら天井を見上げ、始業前のぼーっとした時間をしばし堪能。

Img20210623073921

なるほど、順合發(スン・ハッ・フアット)さんのお店なのかなあ。メニューのシュウマイにも「ジープ・ハッ・フアット」という名前の物があったなあ。

Img20210623081034

お代わりしなければ89B,半分以上残してしまった2杯目のあつあつお粥は20Bでした。

Img20210623081126

HISピサヌローク支店から国道を渡って徒歩1分。中国式朝粥レポートでした。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.10
loading...