こんにちは。

お久しぶりです。

今日、私は今日は、ピッサヌロークにあるカフェを紹介します。

このカフェはチャン宮殿遺跡の裏にあります。

チャン宮殿は、スコータイ時代からアユタヤ時代にかけての王宮であり、ナーン川の西岸に位置しています。

昔、チャン宮殿(พระราชวังจันทน์)はアユタヤ時代の英雄ナレスワンが住んでいたチャン宮殿でした。

そして、チャン宮殿の後ろにはバーン・ランワン(บ้านหลังวัง)というカフェがあります。

352604272_161644376887861_646644777

バーン・ランワンは伝統的なタイスタイルで美しく装飾されています。

348368334_609708414452488_412867283

「バーン」とはタイ語で家という意味で、「ラン」とは後ろという意味です。

そして、「ワン」とはタイ語で宮殿という意味です。

だから、バーン・ランワンとは宮殿の後側にある家と言う意味です。

このカフェはエアコンがある屋内エリアと屋外の自然エリアに分かれています。

352848143_225119986979985_374056071

352659057_566791802305504_310686178

カフェの中にはナレスワンというアユタヤ時代の王様の歴史と絵があります。

さらに、ここではタイ式マッサージサービスと宿泊施設も提供しています。

353053265_982159446134373_746762299

バーン・ランワンの中にはナレスワンの絵があります。

352859998_5058477554277496_10097626

さらに、ピサヌローク町の地図や古い写真が額に入れられて掛けられています。

352865403_6264075950346026_73675904

352949235_1760552421067579_14834068

バーン・ランワンの後ろには池があります。

この池の名前はサ・ソーン・ホーン(สระสองห้อง)です。

サ (สระ)とは 池 という意味で、ソーン・ホーン(สองห้อง)とは二つの部屋という意味です。

352573616_936935647581018_638344212

352603343_816185043462586_393485901



「二つの部屋の池」はチャン宮殿の西側に位置して、宮殿の外にあります。

四角形の形をした池で、真ん中に小さな島があり、島の幅広い部分に丘があります。

そのため、二つの池があるように見える池はサ・ソーンホーンと呼ばれています。

私がバーン・ランワンで注文したメニュ-は ジャックフルーツスムージー です。

352256413_170791739084050_715392585

値段は 89 バーツでした。

こんにちは。typhoon

私はH.I.S.のピサヌローク支店でミャウです。(=^_^=)

thunderピサヌロークの中心にはナーン川が流れています。

down川岸にはいろいろなレストランがあります。

特に夕方から飲食店や飲み物を販売する店がたくさん開店しています。

今日は、ナーン川岸いにあるレストランを紹介したいと思います。

downwardright このレストランの名前はリムナーン・ノムソッド(ริมน่านนมสด)impact

リムナーン(ริมน่าน)とは「川べり」という意味です。sign03


ノムソッド(นมสด)とは「フレッシュミルク」という意味です。shine

........................................

昨日、友達とリムナーン・ノムソッドで晩御飯を食べに行きました。


レストランには色々な飲み物がありますが、アルコール飲料がありません。diamond


loveletter 学校の近くはタイの政府からアルコール飲料の販売が禁止されています。

私達はレストランに行った時間は午後7時半でした。bread

36562

その時はもう満席だったので、20分ぐらい待って、テーブルに着けました。

注文したメニュー


1.ヤム・パックブーントードグローブ(ยำผักบุ้งกรอบ) とは揚げ空芯菜のクリスピーサラダ

という意味です。heart01

346783257_605152041575948_3220827_2

scissors ヤム・パックブーントードグローブはシーフードのソース(タレ)と

一緒に提供されます。annoyannoy

大体シーフードのソースはかなり辛いですが、

今回はあまり辛くなかったです。coldsweats01

346607152_909559300103823_434819578

値段は 89バーツでした。heart

2. えのきベーコン巻き 
えのきベーコン巻きの上にケチャップがかかっているのでベーコンは見えませんでした。

346776755_760572525796454_718194486

down 値段は 69バーツでした。

3.トウモロコシ天ぷらチーズ bread

このトウモロコシ天ぷらチーズはとろとろのチーズがトウモロコシの天ぷらにかけてあり、作りたてを食べると美味しいと思いました。pen

36561

値段は79バーツでした。

4. ヤム・ワイワイok
ヤム とは混ぜるという意味です。そして、ワイワイとはタイのインスタントラーメンのブランドです。

ヤム・ワイワイの味は辛い味と酸っぱい味を組み合わせた味のラーメンサラダです。sun

36564

値段は45バーツでした。scissors

そして、注文した飲み物はヨーグルトシェイクオレオミルクです。

36569

値段は90バーツで、ご飯は15バーツでした。

全部は387バーツです。typhoon

club 川の景色を眺めながら食事を楽しむことができました。

営業時間:毎日 17:00時 - 23:00時です。sign03sign03

 

サワディーにゃお!

みなさん、お元気ですか?

タイでは今週木曜日からタイ正月(ソンクラーン)がはじまります。

水かけ祭りとも呼ばれて、タイの人たちは一年で一番楽しみにしているお祭りです。

そして、この時期がタイでは一年で一番暑い季節です。

連日気温が40度前後まで上昇します。

Img_5067
[酷暑期を彩るゴールデンシャワーの花(タイの国花)]

メオダムは昨日朝早くから夕方までずっと屋外で仕事をしていました。

600cc入りのペットボトルの水を3本も飲み干しましたが、まだまだ水分補給が足りないように感じました。

そして、業務終了後にナーン川沿いにあるルンチュアイという食堂に一人で夕食を食べに出かけました。

去年までは、ナーン川左岸沿いにナイトバザールがあり、夜になると屋台がずらりと並び、その南端がフードセンターと呼ばれる一角があり、何軒もの食堂が並んでいました。

その中には「空飛ぶ空芯菜」の店として外国人観光客に人気の店もありました。

Img_5457
[かつての空飛ぶ空芯菜、シェフはまさに炎の料理人でした]

この空飛ぶ空芯菜食堂は、味も良くて、パフォーマンス的にも楽しいので、メオダムはほとんど毎週のように食べに行っていました。

しかし、コロナ禍で外国人観光客が途絶えたためでしょうか、昨年廃業してしまいました。

空芯菜を空に飛ばしていた名物シェフも市内のホームセンターに転職してしまいました。

さらに、今年に入ってナイトバザールも再開発の名目で取り壊しが始まり、夜店群もすっかり消滅し、フードセンターの食堂の建物も、取り壊されてしまいました。

Img_5091
[取り壊しが進むナイトバザール]

メオダムはピサヌロークの街がだんだん特徴のない、寂しい街になって行ってしまうようで、とても残念に思っていました。

そんな中で、もともとフードセンター内で食堂をやっていたルンチュアイという店が、廃墟と更地になってしまった場所に仮設の店舗を再開してくれました。

再開発を進めようとしている当局とどのような関係にあるのかわかりませんが、再開発自体も進んでいない様子なので、タイの田舎では「あるある」のなんとなく再開してしまったのではないかと思われます。

Img_0009
[仮設店舗で再開したルンチュアイ食堂]

念のため、誤解のないように書き添えますが、ルンチュアイ食堂は「空飛ぶ空芯菜」の店ではありません。

同じフードセンター地区に何軒も並んでいた食堂の一軒です。

もともとはナーン川沿いのテラスにテーブルを並べて川風に吹かれながら食事ができたのですが、残念ながら現在はテラス側は立ち入り禁止になってしまい、通り沿いにテーブルが並んでいます。

Img_0010
[左手の更地がかつての空芯菜食堂跡地]

空芯菜食堂ではないですが、この食堂も味の方はグッドです。

この日メオダムが注文した料理は、もともと店のメニューにはない特注品。

タイ語で言うと、ヤム・マクアヤーオ・トートクロープ(ยำมะเขือยาวทอดกรอบ)という料理。

これはどんなものかと言うと、ナスの天ぷらにヤムという酸っぱくて辛いソースをかけたものです。

ヤムのソースには茹でた玉ねぎ、にんじん、豚挽肉やナッツ、ハーブなどがたっぷり入っていて、タイの春雨サラダとして有名なヤムウンセンなんかとおんなじ感じのものです。

Img_0013
[ヤム・マクアヤーオ・トートクロープ]

これが大正解で、フリッター風に軽く上げたナスとヤムのソースの相性がバッチリで、ビールがますます美味しく感じられます。

これで80バーツ(300円くらい)なんですから、ピサヌロークはやっぱりいい街だなあとメオダムは感じ入ってしまいます。

タイのナスにはものすごくたくさんの種類があり、グリーンピースみたいなナスから、大根のように巨大なナスまであるし、色もムラサキだけでなく、緑、白、黄色と色々です。

今回注文した料理に入っていたナスはマクアヤーオと言って、日本語に訳すと「長ナス」です。

味の方は、日本で普通に食べるナスとよく似てて、あまりクセは強くありません。

Img_0018
[ルンチュアイ食堂の調理場]

ルンチュアイ食堂の調理場は、もともと仮設店舗ということもありますがオープン・キッチンで、厨房で中華鍋を振るうのは男性シェフ一人だけ。

あとのスタッフは、材料を刻んだり、盛り付けたりだけを担当してます。

ルンチュアイとは「チュアイおじさんの店」という意味で、このシェフがチュアイおじさんなのでしょうか?

それとも、白シャツの男性が帳場を担当しているようでしたので、彼がオーナーのチュアイさんでしょうか?

Img_0012
[パクブンファイデーン(空芯菜炒め]

この食堂でも、空芯菜炒めは看板メニューの一つです。

パクブン・ヂーンと呼ばれる空芯菜を中華鍋の強火でさっと炒め、トゥアチアオと呼ばれるタイの味噌のような調味料とオイスターソースなどを絡ませた料理で、日本人にも人気のタイ料理です。

空芯菜はタイではとても安い野菜なので、メオダムもアパートの部屋で自炊をする時に時々作って食べるんですが、やっぱり店で食べる空芯菜炒めとは、火力が違うので空芯菜の歯触りが全く別物です。

こんな美味しい空芯菜炒めが、この物価高にあって40バーツ。

この食堂で一番安いメニューとなっています。

Img_0017

美味しい料理と冷えたビールでメオダムもいい気分になってきました。

店には家族連れが次々とやって来てテーブルを囲んで楽し気な夕食風景が展開しています。

あんまり若い人の姿は見かけないのは、若い人たちはあんまりこの手のスタイルの店ははやらないからでしょうか?

たしかにちょっとノスタルジックな雰囲気もあります。

でも、料理は美味しいし、メオダムはピサヌロークに来られる方には是非お勧めしたい食堂だと思っています。

さて、ビールも二本飲んでお会計は全部で240バーツでした。

お釣りを受け取っていたら、背後からドドーン、ドドーンと大きな炸裂音。

振り返ってみたら、数百メートルほど離れたエカトサロット橋の方角から花火が上がっていました。

Img_0014

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2024.07
loading...