サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。

先日チェンライからバンコクまでEMS(速達)で書類を送ったところ、なんと所要5日でした。8/5発送、8/10着。発送の翌朝にはバンコクに到着していましたが、その後まったく動かなかったようです。同時にバンコクのお隣のノンタブリーにも送りましたが、こちらは翌8/6午後には到着していました。これもコロナ禍拡大と関連があるのでしょうか。

Screenshot_2021081611164513

昨年3月末のチェンライロックダウン以降、買い物は主としてオンラインを活用しています。セントラルデパート内のスーパーTopsでは888B以上の購入で配送料無料。13時までのオーダーで当日中に、それ以降は翌日の希望時間帯(10-20時の2時間単位)にきっちり届けてくれます。

また、Topsとは別の選択肢に、倉庫型スーパーMakroがあります。こちらは1000B以上で配送受付、配送料は60Bです。やはり昨年から月に1,2度利用しています。

日々のちょっとした生鮮食料品の買い足しには、家と職場のちょうど中間にある、ミニスーパーLotus Express を便利に使っています。昨年後半から肉野菜も充実し、コンビニ程度の敷地ですが、朝早くから夜遅くまで開いていて(現在は6時オープン)、値段も安いので、上記2つのオンライン購入の隙間を見事に埋めてくれています。

ところが、8月に入ってから、Lotus Expressから冷凍の豚のスライスが消えました。500グラム入りで160B前後、豚肩ロースに豚バラの薄切り、本当に便利に使っていたのです。仕事の帰りに頻繁に寄ってみてはいるものの、ずっと品切れです(計り売りのブロック肉は冷蔵庫にあります) 。

1キロ単位(200グラムずつ小分けになっている)でしか買えないので冷凍庫を占領してしまうけれどMakroで買おうか、とオンラインサイトをみると、「豚肉」のカテゴリーには、なんと5品しか登録がありません。先月までは3ページ以上のラインナップだったのが、どこに行ってしまったのでしょうか。

105

仕方がないので豚肉はTopsの実店舗で買うことにして、仕事帰りによったミニスーパーLotus express.

卵コーナーに「白い」卵が。そして何やら張り紙があります。

「皆さんにいきわたるように、一人1パックのみ」という購入制限の張り紙でした。

Img20210813193016

また、「白い」卵は、日本ではポピュラー・・・というか卵といえば白いほうが標準のような気がしますが、タイの鶏の卵は基本形が「茶色」です。

ということは、この白い卵は日本仕様なのかしら、とみると、鶏ではなく「アヒル」の卵のようでした。鶏の卵不足で空いたスペースにアヒルの卵とは。

Img20210813193019

こちらが、タイ人のイメージする「鶏」の卵の色です。

Img20210813193022

上記2か所のスーパーに遅れること1年、BigCでも市内まで配送をしてくれるようになりました。配送元がチェンライ市内の店舗ではなく、空港入り口の2号店だったせいでしょうか、昨年は市内中心部は配送圏「外」だったのです。

先月BigCのトラックが何度か家の前を通ったので、もしやとおもいサイトを開くと、私の家も配送圏内になっていました。購入555B以上で配送料無料。

配送時刻の指定はできないけれど、遅くとも48時間以内には配送してくれるMakro。よりももっと使い勝手の悪いのがこのBigCでした。先月は購入日から丸5日間空きがなく、6日目に配送可、とのこと。結果的に発注後何度も電話連絡があり、3日後に受け取ることができました。サイト自体も非常に見づらいのですが、そのうち改善されると思います。

8月にはいってチェンライは毎日毎日大雨です。バインダーやコピー用紙なども欲しかったので、BigCに発注してみました。8/16の発注、配送は8/21可、とのこと。時間帯指定はできません。555B以上になるように工夫して注文ボタンをクリックすると、前回とは異なりオンライン決済が可能になっていて、発注品のリストがメールで送られてきました。受け取りのサイン欄もあるので、プリントアウトして週末に受け取る準備をしました。

BigCから連絡がきました。「欠品がある」とのこと。

その欠品は、卵と飲料水とオレンジだというのです。「8/21の配送希望ですけど、後日でもいいです。ずらせば入荷しますか?」と聞いても「入荷しない」とのことでした。

Img_20210817_130259

今日も仕事の帰りにミニスーパーLotus Expressに寄ってみようとおもいます。果たして鶏の卵はあるでしょうか。

連日の大雨のせいで浄水が間に合わないのか、フィルター交換したばかりの浄水器を通してもなお、カルキ臭がとれません。飲料水を買うとわかる、週にどのくらい多くの水を消費しているのか・・・。ああ、水を買いに行くの重いので、Grab のサービスを利用して配送料10Bでご近所のLotus Expressから配達してもらいましょう。

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。昨日チェンライ支店のタイ人スタッフが1回目のワクチン接種を終えました。

2-30代、持病なし、コネなし、ごくごく一般のタイ人にとっても、ワクチン枠はとても狭いのです。自分なりに情報収集して、接種登録ができるときくと会場に出向いたり、登録用アプリは各種登録済み。それでもなんのリストにも登録されません。

2週間ほど前、チェンライガイド協会から「50人分のワクチン確保ができた」との広報がありました。協会のメンバー優先登録、枠が余れば非メンバーも登録可。ガイド協会の後ろにはホテル業組合がスタンバイしているので、枠が余っても問題はないけれど、次はいつ確保できるかわからない、とのことでした。

すでに80人まで埋まった登録リストをみていると、同じ苗字が3つ4つ続きます。ということは、ガイド協会のメンバー(基本的に職業ガイド)の家族や親せきが登録しているのでは、と思い、「ツアー会社社員も登録できるか」問い合わせしました。登録済み者のキャンセル+未登録メンバーの希望を聞いて空きがでればキャンセル待ちが可能、とのこと。「今日ガイド協会に入会して即登録できるか」ときくと、「できる」

ワクチンの条件(1本目はシノバック、2本目はアストラゼネカ)を伝え、本人の希望を聞くと「接種したい」というので、さっそく手続きを始めました。登録順位は111番でしたが、リストをみていると、赤=すでに接種済み、あるいは接種を希望しない 黄色=カクテル接種は希望しないので、アストラ2本の接種可能時期まで待つ 緑=今回の接種を希望 の3色が拮抗しています。これは50人枠に入れる可能性があるなあとおもい眺めていました。

8月4日午後、「明日のスタンバイ枠に空きがでたけれど、接種可能か」との連絡が入りました。もちろん「イエス」です。午後5時前に正式に「明日は接種です」との確認メッセージが届き、本人も一安心。接種指定時刻は13時、30分前には会場入りのこと、とのことでした。

1628160880793_2

当日、13時に合わせてオフィスを出発しようとする直前に「15時に変更」と連絡がありました。14:12、「すごい行列」と会場からのレポートが。

私が接種したときは、郊外の病院が接種会場で、10分ほどの待ち時間で接種できましたが、今回はどうやら様子が異なるようです。

15:23 「自分で体重測定と血圧測定し、待っています。あと20人少々」

1628160884621_2

16:13 無事打てました~。

1628160890525_2

次回は3週間後ではなく4週間後、アストラゼネカ接種予定です。

今日も眠い以外はとくに異常なし、と元気に出勤してきました。

もう一人のスタッフは、昨日チェンライ病院が放出した「シノファーム」ワクチン枠がある(有料 2本で2200B)と、退職した元スタッフから情報をもらい、即登録しました。

ワクチン接種の是非には触れませんが、それを希望するスタッフに接種のめどがたち、ひとつ肩の荷が下りました。

皆様、どうぞ8月も健やかにお過ごしください。チェンライから、サワッディーチャーオ。

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。

先週末、タイ・ミャンマー国境、タイ最西北の地メーサイへ行ってきました。目的は在留期間更新手続きです。

在チェンライ県在住者で「届け出住所がチェンセン郡とチェンコン郡以外」の外国人は、チェンライ市内県合同庁舎(オーボーチョー)と、国境手前2キロのメーサイの2か所の入管で手続きできます。

私はいつもメーサイの入管にお世話になっています。

Img20210723160121

メーサイ入管では、受付の女性が、「書類の不備がないか、記載漏れがないか、不要な書類はないか、必要に応じて数枚ならコピーを取り直してくれたり」と、とても親切に対応してくれます。

事前チェックで問題がないと初めて番号札を渡されます。

入管到着15時前、手続きが終わり結果待ちの方が一組、渡された番号札は17番。

毎年提出書類はすべてコピーをとり、手続きの変更の有無や、追加を求められたものなどをメモしておき、次の在留期間更新に備えます。それでもやはり毎年すこしずつ取扱いに差異がでるのが、入管あるあるでしょうか。

去年は必要な写真が4枚(4通りの場面違いの写真)に増え、今年は署名をすべて「英語で/あるいはアルファベット表記のみで」と求められました。去年までは「パスポート表記のとおりの署名と、その下にアルファベットで」というのが、チェンライ入管の求める署名でした。

Img_20210723_161158_2

私の後には新たな申請者の来庁はなく、16時無事更新手続きが終了しましたので、国境まで行って帰ることにしました。

タイとミャンマーはサイ川という細い川で国を分けていますが、コロナ禍を理由として昨年3月末から閉鎖されています。雨天ということもあり、閑散とした国境は、よりさみしく感じられました。

Screenshot_2021072909401268

現在のチェンライの状況ですが、チェンライ地方裁判所は、7月末までの閉鎖をさらに1か月延長し、8月末日まで閉鎖すると公式に発表しました。

また他県での感染者/帰省希望者を迎えに行くチャーターバスは県主導で運行されていて、先日も第5弾の到着を、防護服に身を包んだ医療関係者と複数台の救急車が出迎えている様子が報道されました。

学校閉鎖は強制ではなく、市内でも一部の学校では対面授業が行われていますが、ほとんどはオンラインという名の実質休校。8月2日からは1日置きで対面とオンラインの授業が始まるとのことですが、予想通り8月9日の再開に順延されました。5月はこの対面&オンラインミックス方式は1週間しか続かず、今まで通学はかなっていません。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.10
loading...