サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

9月になりました。

4月に始まったコロナ第3波からなかなか抜け出せずにいるタイです。

7月半ばからはバンコクからの航空便運航停止命令も出て、タイ国内の移動も大変に厳しくなっていました。

それでも8月中は連日2万人を超える新規感染者が確認され、第二のインドかインドネシアかと懸念されるほどでした。

ピサヌロークのような田舎でも新規感染者が100人を超える日もあったりして、お先真っ暗な感じだったのですが、8月の最終週になって、ようやく感染ピークの峠を越えたように、新規感染者数の数字がわずかに減り始めました。

減り始めて3日目くらいからは、もう規制緩和ムードが広がり始め、9月からの国内航空便運航が許可されました。

そして、9月3日にはピサヌローク空港にもバンコクから飛行機が飛んできました。

Apt05_flt_2

本当は、前日の9月2日から運航再開する予定だったようなんですが、地元のニュースによれば、長らく使用してこなかったターミナル内の清掃や消毒に昨日までかかってしまい、再就航の初日が9月3日となってしまったようです。

再就航第一便は鳥を機体のデザインに取り入れたノックエアーでした。

ノックエアーはふだんプロペラ機を飛ばしてくることが多いのですが、第一便は堂々のジェット機でお出ましです。

Apt04_arrival

この便の到着時刻は12:45の予定でしたが、大幅に早まって12:20には到着していました。

バンコクの出発時刻が11:45ですから、30分少々でピサヌロークに到着してしまっていることになります。

ジェット機がプロペラ機よりも早いのは当然としても、随分と短いフライト時間だったようです。

タイの大地をハイウェイでバンコクからピサヌロークまで距離は約360kmあり、車でも6時間近くかかります。

鉄道だと、現在は特急がずっと運休となっていることもあり、7時間から8時間もかかります。

それがたったの30分少々でバンコクとピサヌロークを結んでしまうのですから、飛行機と言うのはすごいものです。

それでも、バンコクから到着したお客さんはそれほど多くありませんでした。

せっかくプロペラ機の倍以上の収容力のあるジェット機なのに、ちょっともったいない気がします。

Apt06_save

バンコクを含め、タイ国内の他県からピサヌロークに入るには、ピサヌローク県の検疫アプリ、"Save Phitsanulok"をスマホに入れて、連絡先などの情報を登録しなくてはなりません。

しかし、ピサヌローク県自体が、タイ人以外のことを想定していないのか、アプリはタイ語のみ。

英語版などは用意されていません。

では、タイ語がわからなければどうするかと言うと、空港内のスタッフが入力を手伝ってくれるのだそうです。

そのほか、出発地点であるバンコクのドンムアン空港で、搭乗手続きをするために、次のいずれかが必要だそうです。

  • コロナ感染対策のワクチンを2回以上接種し、接種完了後14日以上経過している証明
  • PCR検査か、ATK抗体検査で陰性であること

このどちらかが用意できない場合、ピサヌロークでは2週間の隔離ということになるのだそうですが、隔離以前に飛行機に乗せてもらえません。

タイ在留邦人の多くが、中国製のワクチンを避ける傾向があり、アストラゼネカ製が主流かと思うのですが、中国製ワクチン以外の接種がタイ国内で一般化したのが、7月の後半くらいからなので、在留邦人ではまだ接種間隔が2か月以上とされるアストラゼネカでの2回の接種完了を2週間以上前に終えている人は少ないのではないかと思います。

そうなると、ATKキットによる抗体検査が便利なようです。

これならば、PCRより簡単で、薬局でキットは買えるし、値段もPCRよりずっと安いようです。

プーケットやチェンマイなどでは、中国製ワクチンは要2回接種でも、アストラゼネカは一回の接種だけでOKとしている県もあるのと比べると、ピサヌロークはちょっと厳しいようです。

厳しいのは他県からの訪問者だけではなく、県民にも厳しくて、他県では飲食店内でのアルコール飲料禁止程度なのに、ピサヌローク県ではコンビニや雑貨屋でのビールさえ販売が禁止されています。

でも、その"禁酒法"も、9月15日までらしいので、9月15日になったら、ピサヌロークへの入境規制もまた少し緩和されるかもしれませんね。

Apt01

ピサヌロークからバンコクへ向かう飛行機への搭乗手続きは、何も特別なことはありません。

コロナ以前とおんなじで、「チェックインは45分前まで」で、身分証明書だけでOKです。

9月3日にバンコクへ向かう飛行機にチェックインした乗客は、だいたい30名くらいだったようです。

チェックインカウンターもひとつしか開いていませんでした。

Apt02_coffee

空港ターミナル内のコーヒーショップも、ずっと店を閉めていたのでしょうけれど、今日のところはスタッフが出てきても、営業はせずに様子見と言ったところのようです。

以前ならちょうどお昼時なので、簡単なスナックや弁当などを求める人が多くみられていたのですが、飛行機に乗る人自体が少ないので、営業再開しても採算がとれるかどうかってとこのようです。

Apt03_coffee

こちらは到着ロビー横のショップで、すでに営業再開していました。

ちょうどバンコクからの便が到着したのですが、飛行機から降りてきた乗客は足早に外へ出て行ってしまい、店に立ち寄っている人は見かけませんでした。

でも、飛行機で到着する人を出迎えに来た人が、相手の出てくるまでの時間、ここでお茶していたかもしれません。

でも、テーブルの上には、誰かが飲食していた形跡は見当たりませんでした。

Apt08_msg

この空きスペースには、以前はマッサージ屋が入っていました。

2か月前までは、出発便だけで1日6~7便くらいあり、朝から夕方まで、搭乗時刻までマッサージを受ける人などで繁盛していたのですが、ごらんのとおり。

ピサヌロークはバンコクなどと違い、この規制が厳しいさなかにあっても、マッサージ店の営業は認められていたのですが、営業できても、飛行機の利用者そのものが存在しなければ、経営も成り立たず、出て行ってしまったのでしょう。

全体として、飛行機の就航再開で、少しずつ通常に戻りつつあるのは感じましたが、しかしこの約2か月ほどの空白期間がもたらした爪痕は、結構深いようです。

このブログで紹介した内容を、動画にしてYouTubeにアップさせていただきました。


YouTube: ピサヌローク空港再開 2021年9月3日

タイ政府としても、まだ国内での不要不急の移動や旅行は、自粛するように要請しています。

また、スコータイ県やカンペーンペット県などは、バンコクからの訪問者はワクチン接種やコロナが陰性かどうかにかかわらず、9月3日現在も訪問・滞在者には14日間の隔離を求めていて、残念ながらまだメオダムから、「さぁ、飛行機も飛び始めましたから遊びに来てください」とは申し上げられる状況ではありません。

もうしばらくは、メオダムもスコータイやピサヌロークからのオンラインツアーで、このタイ中北部を皆様へご紹介してまいりたいと思います。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

タイ国内、特にバンコクを中心としたコロナ感染者が多数発生して、深刻な状態なエリアからはタイ国内であっても移動制限が出ていて、バンコク在住の方は国内旅行もできない状態になっています。

まして、日本からもタイへの旅行には相当高いハードルがあり、「さぁ、みなさま、スコータイへようこそ」とは申し上げられない状況が続いています。

メオダムのおりますピサヌローク支店も、もう4か月もツアーでお客様をお迎えすることができておりません。

寂しいかぎりです。

旅行好きの皆様も、きっと旅行へ出かけたくてウズウズされているのではないでしょうか?

そこで、本当の旅行はできないけど、ちょっとバーチャルな旅行、オンラインツアーでスコータイ遺跡へ行ってみませんか?

Top

オンラインツアーなんて、画質も今ひとつだし、本当の旅行とは全然醍醐味が違うというのは、メオダムも同感です。

しかし、オンラインだから、テレビやユーチューブのように一方的に番組が流されてくるのと違い、双方向でコミュニケーションをとりながら、進行できます。

つまり、それだけ臨場感もあるわけです。

ピサヌローク支店では、当面毎週木曜日にスコータイからのオンラインツアーを用意しています。

こんなんで、お代金を頂戴するなんて、ちょっとお恥ずかしいところですが、大幅に割引していますので、勘弁してください。

Taro

現地からのご案内役はタロー(メオダム)が行っております。

このプログラムは約40分。

スコータイ歴史公園の中でも最大規模の寺院遺跡であるワットマハタートをご案内しています。

Mahathat

そうそう、オンラインツアーの良いところ、それは暑くないことです。

スコータイは日中40℃近くまで気温が上がることも多く、正直な話、遺跡巡りは暑さとの戦いでもあります。

Buddha_image

スコータイ仏の特徴をご案内したり、仏像のスタイルとそれにまつわるエピソードなんかもお話しています。

スコータイの仏教文化は、現在のタイでも生きていますので、このオンラインツアーにご参加いただければ、ちょっとした耳学問になると思います。

Standing_buddha

画像の鮮明度は、このとおり見ていただいた通りで、決して鮮明とは言えませんが、スクリーンショットでお写真を撮っていただくこともできます。

チャット機能などでご指示いただければ、ご希望の方向へカメラ(スマホ)を向けさせていただきます。

Walking_buddha

チャットではご質問なども承っていますので、お聞きになられたいことなど、投げていただければ、できる限りその場でお答えしていきます。

また、メオダムの知識不足でお答えしきれなかった部分は、後ほどメールでご回答をさせていただきます。

Maya_under_asok_tree

スコータイ歴史公園からのオンラインツアーは毎週木曜日は定期開催していますが、月曜、金曜、土曜でもオンデマンドで受付をしています。

メオダムの都合によってはお引き受けできない場合もありますが、なるべく多くの人に、スコータイをご案内したいと思っています。

Hanumarn

スコータイ遺跡は、石造建築の寺院の保存状態がとても良く残っており、またレリーフが至る所にあり、レリーフごとにストーリーがあります。

案内役のメオダムより、時間が許す限り、見どころのレリーフの説明やストーリーも取り入れさせていただき展開しております。

いつも40分の時間枠ではしゃべり足りなく感じているほどです。

ときどき、あまりの暑さにスマホが熱暴走してしまうこともありますが、なるべく良い状態でお届けできるよう、工夫努力をしております。

どうぞ、宜しければスコータイへのオンラインツアーにご参加になってみて下さい。


タイ文化発祥・世界遺産スコータイ歴史公園~ワットマハタートの魅力に迫る~【ライブツアー】

割引中 自由の夜明け(スコータイ)、タイ文化発祥の地より生配信でお届けします♪

https://www.his-j.com/oe/detail/T13/?area=O1&country=THA&city=THS&product=THSOE007


スコータイ以外にも、毎週火曜日にピサヌロークのお散歩ライブもやってます。

まだ見ぬタイの田舎町へ!ブラ散歩【30分ライブツアー】タイ中北部のピサヌローク編

【火曜 日本時間11:00~30分間】 町ネコ、朝市、タイ寺院、中国廟、ナーン川、いろんな乗り物、お惣菜と果物...。

https://www.his-j.com/oe/detail/T2/?area=O1&country=THA&city=PHS&product=PHSOE001

サワディーにゃお!

みなさん、お元気ですか、ピサヌローク支店のメオダムです。

いままでコロナ感染者をほぼゼロに抑え込んできたピサヌロークも、ジワジワとバンコクからウイルスがしみ込んできて、連日二桁の新規感染者を記録しています。

このため、先月まで「高度監視地域(イエローゾーン)」というコロナ感染防止対策として比較的緩やかな制限で良かったものが、7月になったら「管理地域(オレンジゾーン)」となり規制が強化されてしまいました。

このタイミングで、どうしたことかピサヌローク県はタイ国内で最初のアルコール飲料等販売禁止規制が発令されてしまいました。

このような規制を強化しても、感染拡大は続いてしまい、とうとう今週からは「最高度管理地域(レッドゾーン)」に突入してしまいました。

そんなタイミングでのピサヌロークの様子を旅行者目線からお知らせします。

Img_0393

このプレートはバンコクなどからピサヌロークへ到着した時の基準が示されてます。

ピサヌロークの空港、第一バスターミナル、第二バスターミナル、鉄道駅へ到着した旅客は、Save Phitsanulokというアプリへの登録をしてもらいます。

そして、体調に異常があれば病院へ。

異常がない場合、
1.ホテルの予約があれば、そのホテルで14日間の自主隔離

2.当地の自宅に帰る場合、自宅で14日間の自主隔離

3.さらに旅行を続けてピサヌローク県外に行く場合、当地に宿泊せず速やかに移動すること

以上のようなルールが定められているようです。

しかし、7月22日現在、バンコクとピサヌロークの間を結ぶ飛行機も高速バスも運休となっています。

Img_0476

ピサヌローク市内の第一バスターミナルは閑散としています。

バンコク行きのバスは全便運休し、近隣県行きや県内便も大幅に運休となってしまってます。

ピサヌロークはタイ中北部の中心都市なので、近隣県から病院へ通ってくる人も多いのですが、バスが利用しづらくなって、困っている人も多いのではないかと思います。

Img_0482

そんなバスターミナルの片隅で、ネコの親子がいました。

もう乳離れしてもいいくらいに大きくなっているのに、まだお母さんのオッパイに吸い付いています。

バスの出入りがないので、ネコの親子ものんびりしてます。

Img_0483

バンコク行き高速バスの切符売り場です。

運休してバスが走らないのに、どうして切符売り場が開いているのか質問したら、切符の払い戻しに来る人がいるから、開けておくのだそうです。


YouTube: ピサヌローク駅での検疫(2021年7月21日)

鉄道はまだバンコクから通ってきています。

バンコクからチェンマイへ向かう快速列車がピサヌローク駅に到着した際の様子を動画にまとめてみました(7/21撮影)。

ピサヌロークに到着したら、アプリの登録と自主隔離などと言った厳しいルールがあることは先ほど紹介しましたけれど、実際の運用状況は、少しルールとは異なっているようです。

Img_0443

市内の市場や商店は、通常営業をしています。

これは鉄道駅近くの果物屋です。

奥の棚に並べられている黄色い物体はドリアンです。

手前右側の毛むくじゃらはタイ語でンゴォと呼ばれるランブータンという果物。

左手に"3โล100"のプレートとともにある赤い果物は、ドラゴンフルーツです。

いまが旬で、"3โล100"というのは、3キロで100バーツ(350円くらい)という意味です。

右手にはマンゴスチンも見えますが、値段はやはり3キロで100バーツのようです。

コロナの影響で、外国人観光客がタイへ来なくなってしまい、外国人観光客に需要が高かったフルーツの高級品は、なかなか売れなくなってしまったり、値崩れを起こして、生産農家は頭を抱えているそうです。

Img_0451

こちらはピサヌローク市内でももっとも規模の大きなホテルのひとつ、トップランドホテルです。

レセプション前は、がらんとして人気がありません。

バンコクをはじめ、他県からやってきた人の宿泊は問題ないかとの質問に対して、「ホテル側では発熱などの症状のない方なら、宿泊を通常通り受け入れている」とのことでした。

しかし、旅行者もビジネスでの出張者も減ってしまって、お客様がとても少ないようです。

Img_0445

Img_0448

ホテル内3階のスパは通常営業しています。

施術料金はそのままですが、施術時間を伸ばして実質値下げに踏み切っています。

ホテルのスパとしては、かなりお値打ちな料金です。

フットマッサージ60分 250バーツ(850円)

タイマッサージ120分 480バーツ(1700円)

 

このトップランドホテルはトップランドプラザという老舗デパートに隣接しています。

コロナ以前より、数年前に郊外にできた大手資本のデパートに客足を奪われて、閑古鳥が鳴くような状態だったのですが、コロナが追い打ちをかけたようです。

Img_0460

吹き抜け構造になっているので、どの階にもお客様がほとんどいないのが一目瞭然です。

地元の人たちの財布の紐がだいぶ硬くなっているのでしょう。

わずかに人影があったのは、地下の食料品などを扱うスーパーマーケットだけでした。

最上階には、こども向けの遊戯施設があるのですが、現在は臨時休業しています。

そして、その隣はタイのどこのショッピングセンターにもあるようなフードコートです。

Img_0463

空きテナントも目立ち、虫食い状態です。

何組かテーブルに着いて食事を人もいますが、ユニフォームのようなものを着ていますので、このデパートの従業員なのでしょう。

 

ピサヌロークにはタイで最も美しいと言われる仏像を安置した古刹があります。

地元の人たちが愛着込めて「ワットヤイ(大きな寺)」と呼ぶ、ワットプラシーラタナマハタートです。

ここのご本尊様には大変なご利益があるということで、通常ならタイ全国からひっきりなしに参拝者が訪れています。

Img_0470

しかし、現在は黄金に輝く仏像を安置している礼拝堂は立ち入り禁止となっています。

参拝する人は、礼拝堂正面扉越しということになります。

Img_0467

メオダムはピサヌロークの三大スポットと言うのを勝手に選定しておりました。

その筆頭が、このお寺ですが、現在は建物内部へは入れない状態となっています。

※そのため外国人にだけ課されていた拝観料(40バーツ)は不要のようです。

Img_4363

もうひとつのスポット、これもメオダムが勝手に命名した「おやゆび姫の池」という巨大なハスの葉が浮かび、蓮の葉の上に乗ることができちゃうスポットでした。

ここもなかなか人気が出てきたのですが、天候不順に加えてコロナの影響から、とうとう今年4月、コロナ第3波の発生拡大とともに閉園してしまいました。

Img_4613

閉園を知らせる張り紙には、「一時的に閉園」と書かれているのですが、現在ではおやゆび姫の池に巨大なハスの葉はほとんどなくなってしまい、とても寂しい姿をさらしています。

お客様が減ったこともあるのですが、経営者としては不特定多数の人たちがやってくるので、コロナに感染してしまう心配があって閉園としたとのことでした。

Img_4611

さて、三大スポットの三つ目が、「空飛ぶ空芯菜食堂」です。

たぶん外国人観光客にとって、ピサヌロークでの夜でもっとも印象深いのが「空飛ぶ空芯菜」ではないかと思います。

タイ各地で同種のアトラクションはあるようなのですが、発祥はピサヌロークと言われています。


YouTube: ピサヌローク名物「空飛ぶ空心菜」

ツアーでも組み込ませていただき、好評でした。

凄い火力で短時間で炒めた空芯菜をシェフが後ろ向きに中華鍋を振るって、夜空へ放り投げ、それをキャッチする体験ができるレストランでした。

料理の味もいいし、川沿いのオープンエアーでいかにも南国らしい風情がありました。

コロナ以前は西洋人の団体観光客がサムローという三輪人力自転車タクシー(輪タク)を連ねて大挙して押し寄せていたのですが、コロナでプッツリと来なくなってしまいました。

それでも、地元の人やバンコクなどからの観光客相手に一生懸命一年間辛抱して営業を続けてきていましたが、とうとう7月に入って廃業となってしまいました。

Img_0397

ピサヌロークはこのようにコロナの影響が経済面でもジワジワと浸透してきており、街全体がどんよりと沈んでしまっている感じです。

ピサヌロークの隣り、スコータイもだいたい状況は似ており、遺跡巡りをするためのレンタサイクルの店が閉まってしまったり、レストランなども営業をやめてしまったものなと多数あります。

しかし、スコータイ歴史公園は現在のところまだ通常通り観光客を受け入れており、見学可能です。

現在の第三波が終息し、バンコクからの移動規制が解除されたら、ぜひピサヌロークやスコータイへ足を運んでいただきたいものです。

そして、はやくまた活気あるタイ中北部になってもらいたいと思います。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.10
loading...