サワディーカップ

ピサヌローク支店のメオダムです。

昨日あたりからタイ国内の報道で、スコータイ県で洪水が発生していることをご存知の方も多いと思います。

スコータイ県にはヨム川という川が流れていて、この川の源流はタイ北部のバヤオ県になります。

ナーン県からプレー県、スコータイ県と流れて、ピサヌローク県に入り、ナーン県から流れてきたナーン川と合流、さらにナコンサワン県でチェンマイからのピン川合流して、チャオプラヤー川と名前を変えて、アユタヤからバンコクを抜けて海に注いでいます。

そのヨム川がスコータイ県内で堤防が決壊して、大きな被害が出ています。

先週末にヨム川の上流プレー県でヨム川の様子をビデオに収めてみました。


YouTube: 2020年8月22日 プレー県ナーン川

川の流れに並走する形で、電車の窓から撮影したものですが、水量が多く、流れも速いのがお分かりいただけると思います。

Img_9681

この写真は2017年8月19日に同じ場所で撮影したものです。

やはり雨期で水かさが増しているのがわかりますが、ビデオとの違いがよく分かるかと思います。

ヨム川にはナーン川やピン川と違って、上流に水量を調節するダムがありません。

そのためか大雨が降ると、土砂を含んだ水が流れ込み、暴れ川となってしまうようです。


現在の被害情報はタイのニュースで確認していただくとして、スコータイの遺跡がどうなっているかとご心配されている方もあるでしょう。

ご安心ください。

スコータイの遺跡に被害は発生しておりません。

もともと、遺跡のあるスコータイ歴史公園がヨム川から10キロほど離れた場所にあること、スコータイの建設に当たっては、当時最先端の治水技術をクメールに学んだこともあって、スコータイ遺跡の西側には700年前既にダムがつくられ、サンカローク焼きが焼かれた窯では、皿など陶器だけではなく、給排水のための水道管も作られていました。

当時の水道システムはスコータイの国立ラムカムヘーン博物館で見ることができます。

Img_8696

この写真は遺跡の西側にあるスコータイ時代に建設されたダムです。700年たった現在も灌漑用ダムとして使われています。

こうした水利が完備していたことは、スコータイ王朝3代目国王ラムカムヘーンが書き残したとされる碑文にも「水に魚あり田に米あり」と記されていることからもわかります。

2011年にタイは未曽有の大洪水に見舞われ、国土の大半が水没するという大惨事が発生しましたが、そのときでさえ、スコータイの遺跡は水害を免れています。


ピサヌローク市内を流れるナーン川も増水して、だいぶ水位が高くなっていますが、市内で冠水などの被害報告は上がっていないようです。

Img_1143

8月25日、午前8時のナーン川の様子です。

タイ北部と違って、今年はピサヌロークやスコータイではこれまでのところ雨が少なく、今日もよく晴れた青空が広がっています。

ピサヌローク市内も洪水の被害を受けにくいと言われています。

しかし、海から400kmも内陸に入って、それでいて海抜は40メートルほどしかない土地なので、川が増水したら、大洪水になってもおかしくないはずです。

しかし、ここでも先人たちの知恵が生かされています。

Img_3533

この写真の家屋は、決して水害に遭っているものではありません。

一年中、床下浸水していますが、決して床上浸水にはなりません。

理由は、この家屋は水に浮いているからです。

この筏(いかだ)の家には、ちゃんと電気も引かれていて、文化的な生活ができるようになっています。

タイ国内で、このように河川に筏を浮かべて、家屋として住むことが認められているのはピサヌロークだけです。

Img_3537

川の上で、漁をしながら親子三代楽しく暮らしていて、「水上生活者」のイメージに付きまとう貧しさはピサヌロークの場合感じられません。

ということで、現在までのところ、スコータイ遺跡やピサヌロークでは洪水による深刻な影響は出ておりません。

しかし、周辺部で被災されている地域もあるのは事実です。被災地では一日も早く日常生活を取り戻されることを念じております。


9月になると4連休が待っています。

この連休を利用して、ピサヌロークを中心にスコータイ遺跡巡りなどは如何でしょうか?

またカオコーでは雲海の発生率も高くなってきました。

雲の中に浮かぶハーソンゲーウ寺院など、きっとお喜びいただけると思います。

増水期の今は、ワントーン地区のラフティングもスリル満点になっていますよ。

ピサヌローク支店のメオダム・クラブでご紹介しています。

URL http://www.meodam.club/index.php

ピサヌロークからサワディーカップ‼

メオダムです。

日本も7月に入って、本格的な夏を迎えたのでしょうか?

タイは月曜日がカオパンサーと言う仏教の日で、日本語では「雨安居入り」と呼ばれ、ちょうど雨期にの本番を迎えて、これから約3か月くらいお坊様たちはお寺にこもって修行をなさることになっています。

つまり、カオパンサーになったら、もう本格的に雨が降ってもいいはずなのに、ピサヌロークはほとんど雨が降ってきません。

今日も太陽の日差しギラギラでとても暑いです。

ランチを食べに出た帰り道、道端でアイスクリームを売っていました。

大きな日傘をさしかけた手押し車のアイスクリームの移動販売です。

Img_0697

激辛のタイ料理をランチに食べたメオダムも、口内から胃袋へかけて延焼中の火災鎮火のために、アイスクリームが食べたくなりました。

メオダムはココナツミルクのアイスクリームをコーンで注文。

Img_0692

フレーバーはいくつかありまして、、

カティ:ココナツミルク

コーコー:ココア(カカオ)

ワーニラー:バニラ

サトロー:イチゴ(ストロベリー)

マナーオ:マナオ(タイのライム)

チャーキャオ:グリーンティー(抹茶)

 

ソフトクリームのようにコーンに山盛りで盛り付けてくれます。

小さいですけど、5スコップ以上ありました。

お値段は10バーツ。

- * - * - * - * - * - * - * -

アイスを食べながら観察していると、ほとんどのひとがコーンではなく、コッペパンのようなパン、、若い人にはコッペパンなんてわかんないよね。

つまり、ホットドック用のようなパンにソーセージの代わりにアイスクリームをこれでもかってくらいに盛り付けてます。

Img_0693

もう「パンにはさんだ」なんてレベルではありません。

コッぺパンの「ひらき」にアイスクリームを盛り付けたって感じです。

しかも、盛り付けてあるのはアイスクリームだけではなく、カオニャオ・マムアン(もち米とマンゴーのタイスイーツ)で使われるココナツミルクで炊いた「もち米」も盛り付け、さらにコンデンスミルクをたっぷりかけています。

これだけでお腹いっぱいになりそうなボリュームですが、お代はコスパよろしくたったの15バーツ。

もう、明日は「ランチ抜きでアイス・パンだけでもいいかな」でも、いい歳したメオダムがアイスを滴らせながら道端でアイス・パンに喰らいついてるのなんて、なんか恥ずかしいなと思ったりもしました。

Img_0696

でも、もっといい歳したオッチャンたちも、アイスと格闘してるじゃないですか。

 

Img_0698

トッピングもお好みで、追加料金もかからないようです。

炒って、香ばしいピーナッツ、固めのゼリーのように半透明なサトウヤシの実、カラフルなチョツチップなどなど、、。

チョコレート・ソースなどは、お好みでセルフサービス。

Img_0700

こんなものが簡単に手に入ってしまうからか、どうもピサヌロークは肥満気味の方がバンコクより多い気がします。


メオダム・クラブのウェブ・ページでは、本日よりトップページの下に動画特集を準備しました。

是非お立ち寄りください。

メオダム・チャンネル URL http://www.meodam.club/index.php#youtube

サワディーカップ

タイ中北部の町、ピサヌロークにいるネコ支店長のメオダムです。

Meodam08_2前回までに引き続いて、YouTubeに掲載させていただいてますタイ中北部のスコータイ遺跡を紹介するビデオのシーサッチャナライ遺跡編が完成しました。

シーサッチャナライは、13世紀以前のクメール時代からチャリアンと呼ばれ、中国などとの交易の町として栄えてきた街でした。

インドシナ半島を南下してきたタイ族がクメールに初めて勝利した土地が、ここシーサッチャナライで、以後タイ族の最初の王国であるスコータイ王朝が誕生すると、シーサッチャナライは副王が統治する町となりました。

スコータイ王朝が滅亡し、アユタヤ時代になってもシーサッチャナライは、交易の町、またサンカローク焼きと言う陶器の町として栄えていました。

しかし、18世紀にミャンマーの攻撃でアユタヤ王朝が崩壊すると、シーサッチャナライも忘れられた町となってしまっていました。

現在では、スコータイ時代からアユタイヤ時代にかけてのたくさんの遺跡を見ることができ、1991年にはユネスコの世界文化遺産に「スコータイ遺跡群」のひとつとして登録されています。

公共交通機関が不便な土地ですけれど、ツアーにご参加いただければ、スコータイ遺跡と合わせてバンコクからの日帰りも可能です。

メオダム推奨のオプショナルツアー

ピサヌローク発着 スコータイ遺跡とシーサッチャナライ遺跡日帰りツアー

スコータイ空港からのお帰りに便利な
   スコータイ&シーサッチャナライ遺跡見学後スコータイ空港送りツアー



YouTube: シーサッチャナライ歴史公園・ワットチャーンロム


YouTube: シーサッチャナライ歴史公園・ワットチェディチェッテウ


YouTube: シーサッチャナライ歴史公園・ワットナーンパヤー


YouTube: シーサッチャナライ・ワットプラシーラタナマハタートチャリアン


戦乱によって荒廃したアユタヤ遺跡と異なり、スコータイ地区の遺跡では、仏像の穏やかな微笑をたたえた顔から、スコータイ時代がとても平和な時代だったことをお感じになることでしょう。

そして、優美な姿の「遊行仏」は、是非じっくりとご鑑賞いただきたいと思います。

 

H.I.S. ピサヌローク支店 (メオダムクラブ)

ホームページ:URL http://www.meodam.club/



HIS バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2020.10
loading...
WORLD情報局