サワッディーカッポン

こんにちは、HISバンコク支店ですwink

タイや海外に興味をお持ちの皆さんの中には、

タイ語を学習中の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者もそのひとり。

せっかく海外にいるのだし、とオンライン英会話を試してみたり

やっぱりタイ語が分かったほうが楽しいかも!?と

タイ語の会話や読み書きを独学してみたり、、、!

なかなか思うようには進みませんが笑、

幸い私たちの職場には日本語の上手なタイ人スタッフがいるので

いろいろ教えてもらいながら(スラングなど?笑)楽しく勉強しています。

さてそこで、今回は逆に、

日本語がすごく上手なタイ人スタッフに

日本各地「方言」を紹介してみよう!ということで、

クイズゲームをしながらYoutube動画を作成しました~

heart04happy01

ちらほらタイ語の会話が出てきますので、

タイ語学習中の方も楽しみながらご覧いただけると思います

smilesmilesmile

#ステイホーム 中にちょっぴり海外気分、タイ気分をお楽しみください

.


YouTube: เกมทายภาษาถิ่นญี่ปุ่น|日本語話せるタイ人がクイズに挑戦!😀方言でなんて言った?!|

.

他にも現地動画で見てみたい!知りたい!のご意見ありましたら

Youtubeチャンネルへコメントお待ちしております~heart04

バイバイ・カッポンpaper

.

▼▼▼他にも最近の現地動画いろいろ▼▼▼


YouTube: タイ・バンコクの今【街レポ】2021年1月14日|買い物はできる?お酒は飲める?駅は開いてる?


YouTube: 【世界同時企画】世界の物価比較🇹🇭タイ・バンコクで売っているアレの値段は!?《タイの駐在妻予定さん&旅行予定さん必見》| HISタイランドチャンネル

サワディーカップ、ピサヌローク支店のメオダムです。

いゃー、、タイはまたコロナで大変なことになってきてしまいました。

感染者の数とかは、日本とか諸外国と比べたら、ずっと少ないのですけど、感染予防のための規制が厳しいので、ピサヌロークを訪れてくださる観光客はぴたりと止まってしまいました。

しかし、観光客が来ても、来なくても、季節は巡ってくるもので、ピサヌローク郊外のプーロムロー国立公園では、サクラが見頃を迎えています。

Img_3202

メオダムは1月8日の午後にサクラを見に行ってきました。

国立公園の人の話だと、現在の咲き具合は、40%程度とのことでした。

ここで咲いているサクラは、ソメイヨシノでも、八重でもなく、ヒマラヤサクラと呼ばれる種類で、もともとここに自生していたわけではなく、20年くらい前から苗木を植え始めたものだそうです。しかし、その植樹した苗木の数が10万本と言うから驚きです。

Img_3188

プーロムローは標高1500メートルほどに位置しているため、熱帯のタイにあっては、気候が冷涼で、松の自生も多く見られます。

とくに12月から1月にかけての乾季(寒期)には、気温が10度以下まで下がり、サクラの枝に花が付きます。

Img_3201

日本のサクラは開花が始まって、一週間ほどで散ってしまいますが、一斉に満開となる様子は、感動を覚えるほどですよね。

タイの人たちも、日本へ行って「お花見」をしたいと思っている人はたくさんいます。

そして、3月から4月にかけて、タイは「夏休み兼正月休み」のシーズンということもあり、たくさんのタイ人観光客が日本へ旅行に出たものです。

でも、去年からコロナで日本へは行けなくなってしまったし、それに日本のサクラは開花期間が短いので、うまく旅行期間中に満開のサクラが見られるかどうかは、運次第のところもあります。

それに比べると、ここプーロムローのサクラは開花している期間がとても長くて、一か月くらい咲き続けるようです。

とにかく、なかなか散らない。

日本の満開のサクラは、風が吹くとヒラヒラと花びらを散らして、花吹雪が見られてとても美しく、感動を覚えるのですが、こちらのサクラは風が吹いても、花びらを散らしたりしません。

Img_3193

花の色は、ピンク色ですが、花芯近くは紅色で、全体として日本のサクラより、赤みが強い印象です。

プーロムローでは、一般の車での入場が規制され、国立公園事務所周辺で、公園内専用のトラックに乗り換える必要があります。

このトラックの荷台に揺られること10分ほどで、小さな集落を通り過ぎます。

このサクラの里を過ぎて、土埃を巻き上げながら、トラックはガタガタと山道を登っていきます。

ちょうど山の尾根のようなところを走るのですが、そこはピサヌローク県とルーイ県の県境となっています。

Img_3207

この日は、青空が広がって、サクラのピンク色がより一層鮮やかに見えます。

この辺りでは、牛の放牧がおこなわれていて、サクラに見とれて、上ばかり見ていると、足元の牛糞に気が付かなかったりするかもしれませんから、要注意です。

Img_3195_2

サクラの木の向こうにバナナの葉が茂っているなんてのも、日本ではあんまり見られない景観ではないでしょうか?

青空、サクラのピンク、熱帯の緑、それぞれがくっきりと美しい。

Img_3219

タイでも、サクラの季節には大勢の観光客が押し寄せます。

昨年はちょうど年末年始にサクラの見ごろを迎えたので、プーロムロー周辺では、サクラ見物の大渋滞が発生しました。

今年はコロナの影響で、観光客はとても少ないのですが、それでも何台もの観光客を乗せたトラックを見かけました。

日本だったら、あちこちで花見の宴が展開されているところですが、タイの国立公園内では、飲酒が禁止されているので、宴は見られません。

また、滞在可能時間も最大3時間までと制限されています。

Img_3204

コロナの感染予防の見地から、今週いっぱいまでが見ごろだから、是非見に来てくださいとは申し上げられませんが、今シーズンはメオダムの掲載した写真だけご覧いただき、是非来シーズンこそは、プーロムローへサクラ見物に来てください。

プーロムローへの公共交通機関はありません。

ゲートウェイとなるピサヌローク県、ナコンタイ郡まではバスの便がありますが、そこから先さらに車で30分くらい入らなくてはなりません。

国立公園入場料

 外国人 (日本人) 500バーツ

 タイ人 40バーツ

 自動車乗り入れ料 30バーツ

プーロムロー行きトラック

 1000バーツ/一台

サワッディーカッポン バンコク支店です😊

HISは各国に支店があるのですが、今回はそんな強みを活かすべく、Youtubeチャンネルに3カ国コラボ動画をUPしてみました〜♬ 

動画のタイトルは、【世界同時企画】世界の物価比較!〇〇で売っているアレの値段は!?
各国で売っている、日本の皆さんにも馴染みのある食品の値段をご紹介する内容になっています😆

ちょっと海外旅行した気分、そして駐在予定さんは生活の参考にしていただけたら嬉しいです😆

下の3カ国の動画をそれぞれチェックしてみてくださいね♬

■【HIS THAILAND Channel】タイ・バンコクの物価情報はこちら
https://youtu.be/DqMTCDgOZCw
IMG_1745.jpg  

■【ベトナムカモンチャンネル】ベトナム・ホーチミンの物価情報はこちら
サムネイル(完成).jpg
 
■【バリ島ちゃんねる】インドネシア・バリ島の物価情報はこちら
https://youtu.be/O13vEKkjhas 
2020-12-16.jpg
 
 
バンコク支店でした!
バイバイカッポン
 
 


HIS バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2021.01
loading...
WORLD情報局