サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

今日はまず朗報からお伝えします。

先月下旬より新型コロナウイルスの感染蔓延予防のため閉鎖されていましたスコータイとカンペーンペット地区の歴史公園(世界遺産)が、本日05月10日より再開し、観光客の受け入れを再開しました。

またピサヌローク県では、スパやマッサージ店の営業も昨日より解禁されています。

レストラン内での飲食はもともと規制されていませんが、でもまだビールなどのアルコール飲料の店内飲酒は規制されています。

Img_4712

しかし、まだまだバンコクなどは感染状況が深刻で、観光旅行に出かけられる雰囲気ではないようです。

そのためピサヌロークやスコータイ地区のホテル等は、稼働率が極端に低下してしまい、特に大型ホテルでは、通常ではありえないようなプロモーション料金を提示していたりします。

メオダムもこの機会に、そうした特別料金のホテルに泊まってみることにしました。

Img_4670_2

インターネットで調べて、ピサヌロークで一番お得な料金で宿泊できそうなジ・インペリアル・ホテル・アンド・コンベンションセンター・ピサヌローク(以下インペリアル・ピサヌローク)に泊まってみることにしました。

 

このホテルは先年までアマリン・ラグーン・ホテルと呼ばれていました。

今から30年ほど前にはナマズのご研究で秋篠宮様もご利用になられていたという由緒正しいホテルです。

そういえば、かつて秋篠宮殿下はタイのウイスキー(ラム?)で有名なメコンをご愛飲になられていたとか、そのメコン・ウイスキーを製造しているメーカー(大財閥TCC)が、このホテルのオーナーです。

そんな皇室御用達(?)のようなホテルにメオダムが泊まろうなんて、恐れ多いことながら、宿泊料金が大特価で日本円で2000円ほど、ちょっとしたゲストハウス並みだったのですから、この機会に体験してみたいと思ったわけです。

しかも、もともと破格なので、ちょっと奮発してワンランク上のプレミア・デラックスと言う部屋にしました。

Img_4679

ホテルのゲートを抜けると、さすがリゾート風のホテルだけあって、ものすごく広々とした敷地です。奥に見えるのが宿泊棟で、そこまでまっすぐにアプローチが続いています。

舗装した路面がちょっとツギハギだらけなのも歴史を感じさせます。

アプローチ両脇には大王椰子の並木や、ホウガンノキが植えられています。

Img_4705

これがホウガンノキ(砲丸の木)で、実が大砲の玉のような形と大きさから命名されており、英語でもキャノンボール・ツリーと呼ばれているそうです。

ピンク色の花は、ちょっと変わった形をしており、芳香を放ちます。

この木、タイではお釈迦様の木でトン・サラと呼ばれています。

お釈迦様が入滅の時に、花を咲かせていたとされる木と信じられています。

平家物語の冒頭に出てくる「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらわす」の沙羅の木を意味しているとされています。

うーむ、さすがは仏教国のタイだけあると思い込みそうなのですが、タイではこのホウガンノキ、沙羅双樹のサラの木として、国内では各寺院を中心に植えられていますが、もともとは中南米原産でお釈迦様とは縁もゆかりもないようです。

ただ、ラマ五世(チュラロンコーン大王)がスリランカへ旅行された際に、土地の植物園よりこのホウガンノキを贈られて、タイへお持ち帰りになられました。

それがどこでどうなったのか、タイ国内に到着した時には、釈迦入滅の聖樹サラとして伝わってしまったようです。

ながいアプローチを進んで、いざホテルへ。

Img_4708

ホテルの建物は低層で、横に大きく広がっています。

車寄せの周りに咲いている白い花はシルク・ジャスミンでしょうか、これも清々しい香りを漂わせます。

ドアの前で体温チェックを受けて、期待に胸弾ませて突入。

Img_4676

時刻は午後3時前。

レセプションスタッフが一人いるだけで、静寂に包まれています。

床にはソーシャルディスタンスのサインもあるけど、並ぶまでのことはありません。

パスポートを提示して、ちょっと旧式のキーを受け取ります。

「ご予約はご朝食なしのプランで承っておりますが、、」

「はい、予約では朝食付けてませんが、念のため朝食はブッフェですか?」

「いいえ、現在はセットメニューで、お一人様150バーツにてご案内しております。それと午後4時まで館内のエアコンは止めさせていただいておりますのでご了承ください。」

なるほど、宿泊客が少ないのでブッフェは中止して、エアコンも日中は止めているらしい。

Img_4672

これがメオダムが泊まったプレミアム・デラックスのお部屋です。

一昨年リノベーションをして、床もフローリングにしたとのこと。

広さも十分だし、調度品も落ち着いた感じ。

WiFiも使えるけど、ちょっと残念だったのは電源コンセント。

Img_4685

アース対応の3Pタイプになっていない。

タイではノートパソコンとか、最近はアース付きのプラグが一般的なんってきているのだけど、どうやらリノベーションするときに、交換してなかったみたい。

メオダムのノートパソコンも電源を差し込むことができませんでした。

Img_4689

部屋にはインスタントのコーヒーと紅茶のセット、電気ポット、そしてガラスボトル入りの飲料水2本が用意されています。

小型の冷蔵庫はありますが、冷蔵庫の中は空っぽです。

セーフティーボックスはないようです。

Img_4675

バスアメニティーは、固形石鹸、シャンプー、シャワージェル、シャワーキャップ、フェースタオル、バスタオル、そしてドライヤー。

シンクの作りもちょっと旧式だったかな。

でも、不便はありません。

そして、メオダムが料金的に安いスーペリアタイプの部屋ではなく、プレミアム・デラックスなんて身分不相応の部屋にしたのは、バスタブにお湯を張って入浴がしたかったから。

Img_4674

こちらも旧式なバスタブですが、大きなバスタブなのは良かったです。

でも、やっぱり経費節減のためか、あまり熱いお湯は出ませんでした。

タイの人たちはお風呂に入る習慣ないし、熱いシャワーを浴びることもないので、仕方ないかもしれませんが、夜になってホテルのエンジニアに頼んで、ボイラーの温度を上げてもらいました。

Img_4700

部屋からの眺めなんて、別に見晴らしがよい場所でもないので、期待する方が間違っていますが、しかし緑がとってもきれいです。

 

さて、このホテル、もともとアマリン・ラグーンなどと称していましたが、海のないピサヌロークでどうしてラグーンなんだろうか?

たぶん、その理由はホテルご自慢のプールがなんとなくラグーンみたいな設計だからではないかと思っています。

Img_4677_2

このプールで泳ぐのもメオダムの目的のひとつでした。

ピサヌロークでは、もともと観光目的でホテル滞在する人の割合があまり高くないからか、バンコクのホテルなどと比べると、プールのないホテルが多いのですが、ここのホテルはリゾート風のプールがあり、メンテナンスもしっかりしているようです。

Img_4678

浅いところから、深いところまであり、子供向けの仕切られたエリアもあります。

プールにはバーの設備もあるのですが、現在休止中なようで、飲物やスナックを注文されたい方は、プールサイドのベルを鳴らせば、ボーイさんが厨房から運んできてくれるそうです。

メオダム、このプールを独り占めして、さっそく泳いでみました。

泳ぐなんて、久しぶり。

たまにはリゾート気分だ、ルンルン。

Img_4692

夕方まで、プールでたっぷり遊んことができました。

 

ホテルのレストランは、現在営業を中止しているようですが、ルームサービスは注文できるようです。

Img_4696

レストランが営業していないためでしょうか、ロビーラウンジの脇にある棚では、カップラーメンを並べてありました。

このインペリアル・ピサヌロークはちょっと市内中心部から離れた住宅街にあるので、プライベートで宿泊される方が、ホテル近くでなにか食べようと思っても、ちょっと不便かもしれません。

Img_4706

そして、翌朝のホテルのレストランの様子ですが、電気が点けられておらず、営業していないみたいです。

昨日チェックインの時に、朝食はセットメニューだと言っていたけれど、それはルームサービスての対応だったのかもしれません。

 

館内に秋篠宮殿下のお写真でも飾られていないかと探してみたのですが、メオダムは発見できませんでした。

スコータイにあるパイリンホテルには、上皇様ご夫妻がまだ皇太子だった時にご利用になられた際の写真パネルがロビーに掲げられていましたが、上皇様が公式訪問だったのに対して、秋篠宮殿下は私的ご訪問(ご研究)のためだったから、写真の掲示がないのでしょうか。

ホテルのすぐ隣にはとても大きな市立公園があり、朝夕は公園内でジョギングをしている人たちをたくさん見かけました。

このホテルは、プールでのんびりするくらいのスケジュールでのご滞在向きのホテルだと思います。

もちろん、ここを起点にしてスコータイ遺跡を見学されたり、カオコーへ足を伸ばされるのも良いかと思います。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

タイを襲った新型コロナウイルス蔓延第3波、なかなか抜け出すことができず、日々新しい規制が増えて、息苦しさも増してきてます。

タイ在住邦人の皆様も、日本国内の皆様、そして世界中の旅を愛する皆様ともども、早く自由に旅行ができるようになってほしいと願っていることと思います。

でも、いつになったら?

それは誰にもわかりませんが、せめてこのブログで、少しでも旅行気分になっていただければと思っています。

 

しかし、メオダムはタイ国内での旅行は、今月末くらいから徐々に解禁されるのではないかと期待してます。

調べてみますと、ちょうど1年前の今日、5月5日、それまでピサヌロークもロックダウンで、公共交通機関がストップしていたのですが、この日から少しずつ解除され、街の中をソンテオという乗り合いピックアップトラックや近隣県を結ぶバスの運行が再開されています。

そして、この日あたりからタイ国内での市中感染がゼロとなっていました。

だから、メオダムは今日ぐらいが第3波の峠で、これから少しずつ規制が緩和されていくのではないかと期待しています。

今年はロックダウンになることもなく、運行本数こそ減っているものの、飛行機も鉄道もバスも、公共交通機関は動いてます。

 

そして、昨年は中止となったルーイ県ダンサイ村での奇祭「ピーターコン祭り」も、今のところ開催する予定だそうです。

H.I.S.バンコク支店でもピーターコン祭りに合わせたツアーを販売継続しています。

そこで、今日はツアーのPRを兼ねてピーターコン祭りをご紹介します。

 

今年のピーターコン祭りは6月12日(土)~14日(月)で開催される予定です。

このピーターコン祭りはピサヌロークとの県境に近いルーイ県のダンサイ村で開催されます。

ふだんは静かな山奥の村ですが、この祭りの期間中は、オバケと世界中からの見物客で、村中がとてもホットになります。

残念ながら、去年は祭りが開催されませんでしたけれど、村のオバケたちはイベントとは関係なしにダンサイ村の中をのし歩いていました。

Img_0345

タンサイ村の人たちも、白装束を着込んで、オバケたちの降臨を迎え、オバケと一緒に踊ったりしていました。

その光景は、近年観光化され過ぎていたピーターコン祭りが本来伝統的な村の祭りとしての姿に戻ったかのように感じて、それはそれで大変興味深いものがありました。

Img_0341

では、そもそもピーターコンとは何なのでしょうか?

これには諸説あるようです。

ピー(オバケ)

ター(目)

コン(仮面劇)

=>仮面劇の目のようなオバケ

とする説や

ピー(オバケ)

ターム(憑く)

コーン(人)

=>人にとりつくオバケ

とする説もありますが、いずれも伝承の中での名称で、しかもこの辺りはラオス系の言葉も混入していて、はっきりしません。

でも、昔からこの辺りでは、毎年6月から7月にかけて、土地の祈祷師がオバケからのお告げを受けて、祭りを執り行ってきていました。

オバケと言っても、幽霊とは違って、精霊のようなものです。

たぶん、ここの人たちが仏教を信仰する以前からあった精霊信仰からスタートしているようです。

今のタイの人たちの多くは仏教徒ですが、それでもまだまだ精霊信仰も残っています。

よく建物の横に建っている祠(サンプラプーム)を見かけると思いますが、これも土地や家の精霊を祀ったものです。

Img_4663

このピーターコン祭りでは、村人たちが奇々怪々なお面を付け、派手な衣装を着けて村中を徘徊し、豊作祈願や厄除けを願うというものです。

おどろおどろしいお面やスタイルから、秋田県のナマハゲをイメージしますが、ナマハゲと違ってとってもフレンドリーで愛嬌があります。

Img_6343

お面は、木製やココナツの木の枝(茎)にもち米を蒸かす蒸籠を組み合わせて作ったものや、ハリボテなど、さまざまなタイプがあります。

Img_0361

中には、お面を付ける代わりに、全身泥まみれになって泥人形とかした村人も参加しています。

Img_6361

もう山奥の伝統行事と言うよりも、弾けてしまったカーニバルと言ったイメージのとても賑やかで、秩序よりもタイの人が良く言う"アライゴダーイ(なんでもアリ)"の状態となり、村中が興奮しているお祭りです。

その中でも、観光客に人気のあるのはオバケたちのパレードで、村の中のメインストリートを各集落ごとに山車に先導されて、村人が扮するオバケたちが踊ったり、お道化たりしながらパレードが続きます。

Img_6359

もう、半狂乱のハチャメチャ騒ぎのように感じてしまうのですが、今年も去年に続いてソンクラーンの水かけ祭りが中止されてしまい、まだタイで熱狂的なイベントを体験されてない方には、是非体験していただきたいお祭りです。

でも、たぶんまだ6月中旬には、コロナ禍が残っていて、ソーシャルディスタンスなど、ピーターコン祭りが開催されても、一部にさまざまな規制があって、従来のような過密でヒートアップしたイベントには、ならないかもしれませんが、それでもオバケたちはみな待ちわびた晴れ舞台なのでハイテンションになっていることでしょう。

それに、そもそもピーターコン祭りの趣旨が「厄除け」なのですから、是非ともこのオバケたちに新型コロナウイルスを退治していただきたいものです。

Img_6385

ピサヌロークからダンサイ村まではおよそ2時間半のドライブです。


H.I.S.バンコク支店でご案内しているピーターコン祭り

120
https://www.his-bkk.com/phitakhon/
 ⇐このページでご案内してます

今年は、ピサヌロークに1泊するプランと日帰りのプランをご用意しています。

タイの奇祭「ピーターコン祭り」& 世界遺産「スコータイ」観光 (1泊2日プラン)

タイの奇祭「ピーターコン祭り」会場日帰りシャトルバス


バンコクからピサヌロークまでの交通情報(鉄道編)

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、5月5日現在多くの旅客列車が運休しています。

そのなかで、現在も通常運行をしているバンコクとピサヌロークを結ぶ列車をご案内します。

[バンコク⇒ピサヌローク]

  • 快速109列車 バンコク 07:00 ➡ 13:43 ピサヌローク
    ※エアコン付き2等車をこの時期限定で連結しています。もともと2等寝台車用の車両なので、広々ゆったりしています。
  • 普通201列車 バンコク 09:25 ➡ 17:55 ピサヌローク
    ※エアコンなし3等車だけの編成ですが、運賃は70バーツ以下と超格安です。
  • 特急13列車 バンコク 19:30 ➡ 01:47 ピサヌローク
    ※到着時間が微妙ですが、1等と2等の寝台車があります。ピサヌロークは夜間外出自粛要請出ていません。

[ピサヌローク⇒バンコク]

  • 普通202列車 ピサヌローク 06:05 ➡ 14:05 バンコク
    ※エアコンなし3等車だけの編成ですが、運賃は70バーツ以下と超格安です。
  • 快速102列車 ピサヌローク 13:18 ➡ 21:00 バンコク
    ※エアコン付き2等車をこの時期限定で連結しています。もともと2等寝台車用の車両なので、広々ゆったりしています。
  • 特急14列車 ピサヌローク 00:01 ➡ 06:15 バンコク
    ※1等と2等の寝台車があります。ピサヌロークは夜間外出自粛要請出ていません。

チケットは駅窓口やインターネットでも購入できます。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

タイではコロナの第3波で、またまた身動きがとりにくくなってきました。

今回の第3波は、ナイトクラブなどをクラスターとして拡大したようで、バンコクなどでは厳しい規制が始まりました。

ピサヌロークは、田舎で夜遊びするような場所もほとんどないためか、まだまだコロナ感染者数は少ないようで、そのためバンコクなどと比べると規制も緩やかなようで、生活面などでの不便はそれほどありません。

もっとも、県民のほとんどが農民のためか、もともと夜9時過ぎまで開いている飲食店そのものがほとんどありませんでした。

 

さて、きょうはピサヌロークからちょっと足を伸ばして、ラオスとの国境、メコン川沿いのチェンカーンに伝わる民話をご紹介しましょう。

Img_4601

ピーターコン祭りで知られるルーイ県の北に位置するチェンカーンはタイ人に人気の観光地です。

ノスタルジックな街並みは「持続可能な観光都市」としても選ばれています。

そして、チェンカーンを訪れたタイ人観光客に人気があるのは、チェンカーンの町はずれにあるゲーンクックーまで自転車でサイクリングすることのようです。

ゲーンクックーはメコン川が急角度で蛇行している場所で、川が曲がる場所には大きな岩が露出しています。

岩伝いに瀬を渡れば、対岸のラオスへも簡単に渡れてしまえそうに見えます。

Img_4581

ここにはヂュンクンという巨人の民話があります。

タイでは比較的有名な物語だそうです。

むかしむかし、ここにはヂュンクンというラオスの猟師がいたそうです。

Img_4585

ヂュンクンの身体はとても大きかったんだそうです。

そして、ヂュンクンの鼻は赤く、そしてものすごく大きかったんだそうです。

たとえば、どれほど大きかったかと言うと、ヂュンクンが寝ている時など、ヂュンクンの鼻の穴の中で、子供たちが遊ぶことができたんだそうです。

Img_4587

ある日のこと、ヂュンクンはいつものように獲物を探して、ここゲーンクックーまでやって来ました。

Img_4597

湾曲したメコン川の対岸を見たらば、ちょうど銀色の水牛が水を飲んでいるところでした。

Img_4588

「しめしめ、あんなところに旨そうな水牛がいるじゃないか」

ヂュンクンは対岸の水牛に狙いを定めます。

Img_4602

「ヨシ! いただき」

ヂュンクンの矢がいままさに放たれた瞬間、メコン川を荷物を積んだ船が通りかかりました。

Img_4589

船に驚いた銀色の水牛は山の方へ逃げてしまいました。

矢は結局、外れてしまい、山に当たりました。

ヂュンクンの矢の力があまりに大きかったので、山は裂けて崩れたんだそうです。

獲物を逃したヂュンクンは悔しくて仕方がありません。

「ええい、忌々しい、あんな船なんか通らなければ、銀の水牛をしとめることができてたのに」

Img_4590

「よし、もう2度と船など通らないように、川をせき止めてしまえ」とヂュンクンは山から大きな岩を運んでは、川に投げ入れ始めました。

川がせき止められてしまっては、川沿いで生活する人たちが困ります。

川の魚たちも困ります。

それでも、ヂュンクンは岩を投げ入れ続けます。

Img_4591

そこへ旅の僧が通りかかります。

「おいおい、いったい何をしているのかね」と尋ねる僧に対して、

「船が通れないように川をせき止めているところですよ」とヂュンクンは答えます。

村人たちから、ヂュンクンの作業をやめさせてほしいと聞いていた僧は、一計を案じました。

「それならば、岩を一つ一つ運んでいたらダメだな、竹で天秤棒を作って、岩をまとめて運ぶが良い」とヂュンクンに告げました。

Img_4595

「なるほど、それは名案だ」とヂュンクンはさっそく竹を集めて天秤棒を作り大きな岩を運び始めました。

しかし、ちょうど天秤棒を担いでゲーンクックーまで来た時に、竹の天秤棒は真っ二つに折れてしまいました。

Img_4592

ヂュンクンはそのまま岩とともに川の中に倒れ込み、そして死んでしまいました。

Img_4594

こうしてメコン川はせき止められることはなく、そしてゲーンクックーに大きな岩が露出しているのは、このためなんだそうです。

Img_4593

めでたし、めでたし、、、

と、まぁだから何なんだろうかとメオダムは、いま一つはぐらかされたような、すっきりしない印象が残る民話なんですが、タイの民話って、なんとなく「え、それで、それがどうしたの」って結末が多い気がしています。

Img_3815

なお、メオダムはGoogleマップと照らし合わせてみたら、水牛が逃げ込んだという「プークワーイグン」も、ヂュンクンの矢の狙いが外れて、裂けて崩れた崖「パーベーン」もタイ側(メコン川の右岸)の地名としてありました。

つまり、この巨人ヂュンクンはラオス側からタイ側にいた水牛を狙っていたんですね。

ゲーンクックーに置かれた巨大なヂュンクンのオブジェを見た時には、タイ側からラオス側を狙っているポーズだったので、てっきり勘違いしていました。

Img_4599

H.I.S.ピサヌローク支店では、チェンカーンなどルーイ県へもご案内しています。

またピサヌロークからルーイ県に入ったところにあるダンサーイ村では、毎年ピーターコン祭りと言うオバケの祭りがあります。

ことしは6月12日~14日で予定されており、H.I.S.バンコク支店ではピーターコン祭りへのツアーを募集しています。

タイの奇祭「ピーターコン祭り」& 世界遺産「スコータイ」観光

https://www.his-bkk.com/packagetour/j-fpphsphitakhon/

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.05
loading...