観光 2020.11.24

ニーハオ!
先日、台湾の中央に位置する南投県の「日月潭」へ行ってきました😁

21_201117


面積7.93㎢で、台湾最大の淡水湖です。
北が太陽(日)、南が月の形に見えることから日月潭と呼ばれています。
台湾の避暑地として台湾人にも人気の観光地です。


日月潭は内陸に位置していて、新幹線や電車が通っていないので、
アクセスは台中県からバスまたは車を利用することになります。
台北からの場合、新幹線または台湾鉄道で台中駅へ向かい、
台鉄台中駅や新幹線台中駅から出ている日月潭行きの「台湾好行トリップバス🚌」に乗り換えます。所要時間は1時間~1時間30分ほどかかります。
今回わたし達は車をチャーターして向かいました🚙💨


途中、日月潭の少し手前にある「HOHOCHA喝喝茶」という新しい休憩スポットに立寄りました。
入園料は一人50元です。

21_201117_0


実は日月潭周辺は紅茶の産地で、「日月潭紅茶」は100年以上の歴史があり、
とっても人気なんです。


こちらはメインの建物。3階建てになっています。
夏は暑さ対策として、定期的に霧が噴射されています。

21_201117_1


1階は紅茶工場の加工工程が見学できるようになっています。

21_201117_2


2階はショッピングエリアで、紅茶関連の商品がたくさん!

21_201117_3


紅茶の試飲もできちゃいます。
一番人気は「紅玉18号」ですが、たしかに飲み比べてみて一番おいしいと感じました!

21_201117_4


テラスにはジェラートも売っていたのですが、フルーツやお茶系のフレーバーなどメニュー豊富。
マンゴー烏龍茶味はマンゴーの味が濃くてとってもおいしかったです。

21_201117_5


3階は日月潭紅茶を使って煮込んだ煮卵と紅茶が無料でふるまわれています。
味はもちろん◎!
1階で持ち帰り用に購入することも可能です。

21_201117_6



21_201117_7


園内には茶畑もあります。
ちょっとした遊歩道があって、少し小高いところから景色を眺めることもできます。

21_201117_8


日月潭を訪れる際、もし時間があれば立ち寄ってみる価値ありです👍
所要時間は40~60分ほど。

つづいて、日月潭へ。

21_201117_9


一番にぎやかなのは「伊達邵埠頭」周辺です。
レストランやB級グルメ、おみやげ店があり、散策に適しています。

21_201117_10


こちらでももちろん日月潭紅茶が買えますよ。

21_201117_11



日月潭でもしゆっくり滞在するなら、楽しみ方は3つ!


①遊覧船にのって日月潭クルーズ🚢
日月潭には3つの埠頭があり、30分毎に船が出ています。
300元の1日乗り放題券を利用して各埠頭でぶらぶらするのがおすすめです。


②ロープウェイにのって空から日月潭を眺める🚡
伊達邵埠頭から徒歩約15~20分のところにロープウェイ乗り場があります。
ロープウェイは九族文化村という原住民をテーマとした遊園地へとつながっています。
空からながめる景色は格別です。


③レンタサイクルで日月潭を1周🚴
湖周辺にはレンタサイクル店がたくさんあります。
日月潭外周は約30km。
途中、観光スポットなど立寄りながらぐるっと一周してみるのも
きっと忘れられない思い出になるはずです。


リゾートホテルや民宿もたくさんあるので、
1~2泊してゆっくり過ごすのがおすすめです。
機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

21_201117_12


以上、台北支店Uでした☺

観光 2020.11.10

Photo



こんにちは、台北支店のFです。

今回は台湾中北部に位置する苗栗(ミャオリー)県の新しい観光スポットとなっている、
「旧山線レールバイク」に行ってきました。

旧山線は1908年に開業した苗栗三義から台中后里までの全長15.9キロの路線で、1998年に廃線されました。台湾最長の鉄橋である花樑鉄橋や連なるトンネルなど先人の偉大な傑作を放置していく事を惜しむ声が数々出たため、旧山線レールを再整備し、台湾初のレールバイクを設け、昨年2019年7月に正式運行となりました。

運行ルートは
・鉄道の歴史が投影された2番トンネルと高さ33メートルの魚藤坪鉄橋を通るAルート
・2番トンネルと勝興駅のレトロな街並みを楽しむBルート
・魚藤坪鉄橋と3~6番の連なるトンネルを通るCルート
の三つがあり、路線によっては出発地点が異なるので注意が必要です。
Image1

※上記画像は旧山線鉄道自転車のホームページより

AルートとCルートのチケットが取れなかったので、
今回体験したのはBルートとなります。
Bルートの乗車場所は龍騰駅ですので、龍騰駅にあるチケット売り場に行って、
事前にネット予約した際にEmailに届いたQR codeを提示し乗車券を受け取ります。
※乗車日の30日前にネット予約が出来ます。(一度に16枚まで)
※予約乗車時間の30~40分前に乗車券を受け取ってください。
※片道の乗車券は販売していません。


<龍騰駅チケット売り場>
Photo_2


<乗車券>
Photo_3



発車15分前に乗車場所で安全講習を受ける必要がありますので、
チケットを受取り後、乗車場所(龍騰駅)に移動します。

Photo_4



<安全説明エリア>
Photo_5


ここで安全講習のビデオを見て、スタッフが運転の注意事項を説明します。
(シートベルト着用、途中停車禁止、前の車両と10メートルの安全距離を保つ等)

安全講習が終わったら、レールバイクのほうに向かいます。ヮクd(*^0^*)dヮク

Photo_6

Photo_7



折り返しの時も同じ車両に乗るので、乗車する際に自分の車両番号を覚えてくださいね。
忘れないように、車両番号を撮っておきました(笑)

Photo_8



車両は4人乗りで、運転席は左前になります。
サイドブレーキを降ろして、右手のアクセルをひねれば列車は動き始めます。

Photo_9


龍騰駅から勝興駅までは約15~20分かかります。
途中、旧山線の景色を楽しむ事ができますし、
百年に及ぶ鉄道物語の投影が見れる2号タイムトンネルも通ります♪

Photo_10

_


2号トンネルを抜けた後、目の前に映るのは勝興駅です。
勝興駅は台湾西部鉄道の中で一番高い駅(約402メートル)で、
レトロな木造駅舎と町並みが人気です。
勝興駅での滞在時間は約50分くらいので、食事を軽く取ってゆっくり観光ができます。

Photo_11

Photo_12

2

Photo_13


これは南に向かっていくCルートのレークバイクです(Cルートも同じく龍騰駅出発)。

Image14


今度は高さ約33メートルの鉄橋から龍騰断橋の古跡を見下ろせて、一直線になっている四つのトンネルを通過する人気のCルートを体験してみたいですね!

ご興味がある方は、詳しくは下記ホームページまでご確認ください。

以上、台北支店でした。

旧山線鉄道自転車
https://www.oml-railbike.com/_pages/about/index.php#facility

観光 2020.11.03

2



皆さん、こんにちは!台北支店のYです。

台湾と言えばやはり九分ですね!特に夜の景色はすごくきれいで皆が来たがるのが分かる気がします。
筆者はこの間は九分へ行ってきましたので現在の様子をご紹介したいと思います。

2_2


こちらはメインの階段部分の写真です。 比較用の為コロナ前の写真となります。

2_3


こちらが今の写真になります。 平日という事もあると思いますが、やはりコロナの影響で人がだいぶ減っていますね。

2_4


こちらはあの有名な昇平戲院です。

1


最後に帰り際に撮ったきれいな夜景をご覧ください。

一日でも早くウイルスの押さえこみに成功すればと願うばかりです。
以上、台北支店でした。



HIS 台北支店

2020.12
loading...
WORLD情報局