アーユボーワン!
コロンボ支店です。

文化三角地帯の三角の頂点にあたる場所にあるアヌラーダプラについてご紹介します。

遺跡のあるエリアはかなり広いので、車やスリーウィラーでの移動が便利
遺跡は仏教遺跡が主となっています。


まずはアヌラーダプラの象徴ともいえる、巨大な仏塔「ルワンウェリ・サーヤ大塔」

Dscf0200


この周りを熱心な仏教徒が祈りを捧げながらぐるぐると回っています。

Dscf0204


そして、岩肌に作られた小さな寺院「イスルムニヤ精舎」の本堂に横たわる涅槃像。

Dscf0210


この本殿からはアヌラーダプラの町が見渡せます。

Dscf0211


世界遺産があって観光地なのに、なんとも素朴な町。
ゆったりとした時間が流れています。

Dscf0212


そして、遺跡地区の北のほうにある、王妃の宮殿跡「クイーンズ・パビリオン」
この建物跡の入り口にあるのが、「ムーンストーン」

邪悪なものが建物の中に入らないように守護する目的もあるムーンストーン。
ここに描かれている動物は、象、馬、ライオン、牡牛だそうです。見つけられますか?
象=誕生、馬=老い、ライオン=病、牡牛=死の象徴で、輪廻転生を表しているそうですよ。

Dscf0218


そして、白い仏塔が一般的なスリランカで、赤茶けた石でできている「アバヤギリ大塔」

スリランカでは上座部仏教(簡単に言うと出家をすることに意味を見出す仏教)が一般的ですが、
こちらは日本の仏教と同じ、大乗仏教(念仏を唱えることで、すべての人が救われるという教義)のもの。

今は、スリランカから消えてしまった大乗仏教の歴史の儚さが感じられます。

Dscf0221


こちらは写真も見切れてしまっているほど、巨大な仏塔「ジェータワナ・ラーマヤ」
これもやはりアヌラーダプラのランドマーク的存在。

Dscf0223


こちらは僧たちの沐浴場であったという「クッタム・ポクナ」
体を清めるということもありますが、アヌラーダプラは暑いので、
お坊さんたちにとってもここは涼のとれる癒しの場であったことと思います。

Dscf0226


アヌラーダプラは外国人には世界遺産として知られていますが、
スリランカの仏教徒にとってみると、大切な聖地であり、今もなお信仰の場として、
日々、多くの人でにぎわっています。

Dscf0236


ガイドブックを片手に遺跡を回るのもありですが、
やはりガイドさんの説明を聞きながら観光するのがおすすめです。
歴史をより深く知ることができますよ。

こちらからH.I.S.スリランカのツアーが検索できます。
出発地に合わせて検索してみてくださいね。
https://tour.his-j.com/ct/search/02A_10/ASI/LKA/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS コロンボ支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局