少し前になりますが、ラスベガスから2時間半ほどの場所にある
「International Car Forest (車の森)」に行ってきました。

Img_2245 Img_2246
ここは、インスタ映えする場所として最近では特に人気があるということだったので、
デスバレーに行った際に、少し足を延ばしてみました。

ここ「車の森」は、80エーカーの土地(東京ドーム約7個分)
に40台の車が植えられている、、という不思議な場所です。

Img_2221
最初は、ここに移り住んだアーティストが、隠れた芸術の地を作るという目的の下に、
プロジェクトをスタート。

芸術家に発表の場を提供しているところは多いのですが、ここはあえてテーマを1つに絞り、
「自動車の墓標=車の森」としています。

Img_2240_2
現在では、少しずつ台数が増え、最終的には「多くの垂直の車が経っている場所」として
ギネスにも乗っている世界最大の「車の森」になりました。

ここは24時間いつでも入場可能なので、日中は青空とパノラマの大地に映えるアート、
夜は星空とライトアップしたアート、、が楽しめ、
素人の写真愛好家だけではなく、プロのカメラマンや、映像関係の人が、
この場所の写真やビデオを公開しています。

素人でも、こんな感じの印象的な写真が簡単に撮れます

Img_2220

Img_2244 Img_2230 Img_2228 Img_2227

Img_2219
実際に行ってみると、カメラマンと思われる人が、三脚片手にいろいろな写真を撮っていました。

Img_2238
ここは自由に触ることはもちろん、車によじ登ったりしてもOKなので、
そのカメラマンと思しき人は、車の一番てっぺんによじ登って瞑想したりもしていました。

この日は夕方だったこともあり、このカメラマン以外には私たちだけだったので、
いつもこんなに空いているのか、どうかわかりませんが、
おそらく周りに何もない場所なので、いつもこんな感じなのかもしれないです。

Img_2239

Img_2243
ラスベガスから車で約2時間半、、かなり遠いです。

Map1
人口約200人という小さな町のすぐそばにあるのですが、
周りに大きな町もないので、ここを訪れるためには、わざわざ足を延ばす必要があり、
最初は「なぜこんなところにこんなものを作ったのか」全く理解できませんでした。

私が芸術音痴のせいかもしれないのですが、、。

でも、わざわざ足を延ばさないと見れない芸術、というものには希少価値があるようで、
インターネットなどで検索すると、実際に行った人の評価はかなり高いです。

私自身、話に聞いていた時と、実際に行ってみた後では、感じ方が全く変わりました。

とにかく写真映えする!というのはもちろんですが、
人の気配がほとんどないので、散策していてもなんだか清々しい、
神聖な気分に浸れる場所でした。

cancer み cancer

皆様いかがお過ごしですか?
引きこもり気味な私ですが、少し気温も下がって過ごしやすくなったので
久しぶりにダウンタウンへ行ってきました。

お目当ては壁画アート!
車で通るときにちらっと横目には見ていたんですが、じっくり見たことはなかったので
天気もいいし!という事で行ってきました。

沢山の作品の中からいくつか抜粋して皆様へお届けいたしますね。

Img_4788

とげとげしいイグアナ。よく見るとイグアナの目じりから血しぶきが…
上を見上げている人が写っていますが、イグアナがかなり大きいのが分かりますでしょうか?


Img_4813

銃身にはPEACEの文字が。こちらも車四台分の大きな作品です。


Img_6084

こちらは駐車場の壁全面を使っての巨大作品。青空をバックに色鮮やかさがさらにまして
見ていて飽きない作品でした。


Img_4792

こちらは3Dメガネをかけたら飛び出して見えるんじゃないかと思う作品。
実物を見ていても目がおかしくなりそうでした(笑)


Img_6161

壁だけじゃなくコンテナもアート。LIFE IS BEAUTIFUL 見ているだけで
ハッピーな気分になれる賑やかさ。

Img_6147

こちらはどうやら有名な方が書いた作品らしい。めちゃくちゃ可愛くてアップで撮った写真がこちら。


Img_6148

壁に書かれた絵に見えますか?見えなくないですか?アップにして撮っただけなんですが
イラストを切り取ったようなこのクオリティ!すごいですね!


Img_6144

こうしてあちこち歩いていると、いたるところの壁に作品が…
インスタ映え、なんて言葉も忘れちゃうぐらいアートを感じる街歩きになりました。


Img_6170

なんて言いつつ、ちゃっかりこんな写真も撮ってたりしてbleah


もうしばらくしたら芸術の秋ですからね。
皆さんも是非アートに触れてみてはいかがでしょうか?


catSScat


とってもとっても暑い、ラスベガス。

毎日40度越えですcoldsweats01

そんな中、涼しいところへ行きたくて、ラスベガスの森clover【マウント・チャールストン】へ行ってきました!

マウント・チャールストンは涼しく30度前後でした!

少し曇っていたこともあり、かなり涼しかったです!

(日本のように蒸し暑くないのもいいですねnotes

1

2

マウント・チャールストンにはたくさんのハイキングコースがあり、

日曜日ということもあって多くの方でにぎわっておりました。

みんなソーシャルディスタンスを守り、マスク着用でハイキングしてました!run

ハイキング中はベンチがあったり、

3

マップやインフォメーションが読める立て看板がありました!

4

また、トイレもポイント、ポイントにあり、トイレが近い私にはいいなと思いました!

5

私たちは山の中腹でハイキングを楽しんだ後、

山の上の方まで行ってみました。

山の上の方には、レストランやホテルがあり、

ちょっとした避暑地としてハイキングやご飯を楽しむことができます!

6

ラスベガスは砂漠や岩山だけでなく、こんな自然も楽しむことができますよ!

車で行くことができますので、ぜひ行ってみてくださいheart02

by:HI



HIS ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2020.11
loading...
WORLD情報局