ショー 2019.04.18

新しくなったPark MGM(旧モンテカルロホテル)の中にある、パークシアター(Park Theater)へ。20190418_1901434月6日より始まったエアロスミスを見に行ってきました。20190418_185402この後、6月に5回、7月に4回、9月に4回、10月に4回、11月に7回、12月に2回の公演を予定しています。
Park MGMのホテル内のショップにもTシャツや帽子などが販売されています。
こちらは4月のツアー用のTシャツ。20190418_185952シアター内にあるショップには、外にはないグッズも販売されていて、テンション上がります。20190418_195859Tシャツはどれも$40以上。お手軽なお土産には、真ん中下の赤い$20のバンダナがお勧めです♪20190418_201724さて、シアター内に入ると、昔にエアロスミスが移動に利用していたバスのレプリカがお出迎え。20190418_195516コンサートが始まるのを待ちます。20190418_200223アメリカでは、ほとんどのコンサートで写真撮影、動画撮影OK。
まだまだ現役でバリバリ歌ってくれました。20190418_203910ピアノのイントロで始まる曲では、会場内みんなで合唱状態。20190418_220157ピアノからドライアイスがもくもくと出ていました。

会場内、音響の設備もかなりこだわっているようで、音がとてもよかったです。
チケットは既に売切ですが、転売分は少々高値ですが購入できる日もあるようです。
グッズだけでも欲しい!という方は、Park MGMへ行ってみて下さい。

BY AK







寒暖差もなくなってきて、過ごしやすい季節になりましたね。

本日は KING OF POP こと マイケル・ジャクソンをテーマにした

シルク・ドゥ・ソレイユのショー「ONE」のご紹介です。

Img_9436_2

マンダレイベイホテルの中の劇場で行われるこのショーは

マイケル・ジャクソンの歌をベースに、ストーリー仕立てになっています。

**********************************************

ざっくりとあらすじをいうならば、4人の少年少女が困難に遭いながら物語を進めていくうち、

自分自身の中の強さや可能性に気づいていく…といった感じでしょうか。

セリフはありませんので、どのように感じるかは人によって違うかもしれません。

**********************************************

ストーリーはマイケル・ジャクソンの名曲と、

シルク・ドゥ・ソレイユの華麗なるショーで進められていきます。

そして物語の最後には…

ここからはぜひとも劇場で体験してください。

さてさて、ショーの前後には入口横にあるお土産物屋さんへ足を運ばれるとおもいますが、

ここにはお宝が飾られているのをご存知でしょうか?

以前のブログでもご紹介していますが、マイケルが使用していた靴と靴下!

キラキラしている部分はスワロフスキーが使用されているようです。

Img_9464

そしてマイケルが着ていた衣装!

Img_9484

Img_9485

そしてマイケル直筆のメモ書きされた書面とレコード!

Img_9486

マイケルのサインいりCD!

Img_9482

そして私的お宝はこれ!

ビデオテープ!もちろんサイン入り!

Img_9474

Img_9475

そしてどうやらこれは売っている様子…

スタッフにお問い合わせくださいと書かれてありましたが、お値段は怖くて聞けませんでした。

でもできればこのままずっと展示されていてほしいなぁと思ったりしました。

Img_9451

このショーを見たあとは、

自分の中にも何かできる力があるんじゃないかと勇気づけられました。

****************************************

興味がわきましたらぜひとも劇場へ足を運んでみてください。

H.I.S.でも「マイケルジャクソンONE」のショーチケットのご予約、好評受付中!➤https://tour.his-usa.com/city/las/detail_cq.php?tid=5468

SSからのおすすめでした。

catSScat

ショー 2018.01.12

先日、トーナメントオブキングスに行ってきました。

Img_4280


前回見たのは1995年。。。
殆ど覚えてません。。。catface

今回、妹が日本から遊びに来た際、「見たことがない」というので、
こちらのショーに行ってみました。

開場まで少し時間があったので、ホテル内を散策していると、ショー会場のフロアーには
昔なつかしのゲームが所狭しと並んでました。

Img_4279

Img_4268

Img_4269

Img_4273

Img_4278
日本ではコインに換えて遊ぶのですが、ここでは本物の25セントコインを使用。
子供にまで、ギャンブルさせるラスベガス、、、恐るべしです。

Img_4265_2

Img_4266_2
懐かしさのあまり、つい遊んでしまいましたが、思うようにコインをゲットできません、、、。
でも「子供の頃は結構得意だったよね、、」なんて、妹と昔話に花を咲かせることができました。

開場と同時にショー会場へ。

Img_4281
直ぐにソフトドリンクが配られてきました。

スプライト、コーラ、ダイエットコーラ、お水が無料。
アルコールも購入できます。

Img_4285

Img_4298
ショーが始まる前から、続々と食事が運ばれてきます。

スープ

Img_4297
ディナープレート、

Img_4299


デザート。

Img_4356
「ディナーショーだから、おなかを空かせておくように!」とチケットカウンターで何度も言われたのですが、「でも、フィンガーフード(軽食)でしょ」と、せっかくの忠告を無視して、遅めのランチに重いIn& Outのハンバーガーを食べてしまいました。bearing

そこに運ばれてきたのは、小ぶりながらも鳥の丸焼きがひとり一羽。chick
かなりのボリュームです。

Img_4300
味付けは中世の時代をイメージしてなのか、かなり薄味。

ブロッコリーはほぼ味がありません。weep
お塩がほしい。。。

スプーンやフォークは一切なし。

鳥の丸焼きや茹でだけの味なしブロッコリーを手で裂きながら食べる感覚は、
現代ではなかなか出来ない貴重な体験です。

Img_4302
それなのに、用意されているのは小さなおしぼりだけ。

手がべちゃべちゃになるので、ウェットティッシュもたくさん欲しいところです。。。。

食事が終わるころ、ショーがはじまりました。

Img_4309

シートは6つの国+ドラゴンのセクションに分かれていて、
私たちはオーストリア国のセクションでした。

「それぞれの王子が、どの国が一番強いのかを勝負で決める」というのが大まかなストーリーなのですが、セクションごとに振り分けられた観客がその国の住人として、王子を応援する、、、という、いわゆる「参加型」のショーです。

Img_4396

Img_4368

Img_4392

Img_4409

Img_4410

この日は正月明けで、空いていたのですが、安い席のセクションはかなり埋まっていて、
盛り上がりも半端じゃありませんでした。

Img_4345

Img_4363

もちろん高い席だと真正面でショーが観られるというメリットがありますし、
安い席でも高い席でも、違った楽しみができるのが、このショーの面白いところです。

ショーの内容については、どれだけ一緒に盛り上がれるか、、、というところが大きいです。

おそらく仕事で観にいってたら、さぞかしつまらなかっただろうなと思う単純な内容なのですが、
妹と一緒に騒げたことで、半端なく楽しむことが出来ました。

誰と行くかが、このショーの大きな鍵となることは間違いありません。

手掴みで食べる食事や、大騒ぎできるところ、明解な内容ということで、
お子様には本当におススメできる面白いショーです。

写真もフラッシュを使わなければ、全然OK!

最後にはキャストが出てきて、気さくに手を振ってくれます。

Img_4423

Img_4432

Img_4433

Img_4435

Img_4437

Img_4441

じっくり腰をすえてショーを楽しみたい方には別のショーの方が良いかも知れませんが、
お子様連れや、騒ぐのが大好きという方には、絶対おススメのショーです。




トーナメント・オブ・キングス@エクスカリバーホテル
  スケジュール :6:00pm  & 8:30pm (月、金は 6:00pm のみ)
  休演日: 火曜日



H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2019.08
loading...
WORLD情報局