皆様いかがお過ごしですか?
引きこもり気味な私ですが、少し気温も下がって過ごしやすくなったので
久しぶりにダウンタウンへ行ってきました。

お目当ては壁画アート!
車で通るときにちらっと横目には見ていたんですが、じっくり見たことはなかったので
天気もいいし!という事で行ってきました。

沢山の作品の中からいくつか抜粋して皆様へお届けいたしますね。

Img_4788

とげとげしいイグアナ。よく見るとイグアナの目じりから血しぶきが…
上を見上げている人が写っていますが、イグアナがかなり大きいのが分かりますでしょうか?


Img_4813

銃身にはPEACEの文字が。こちらも車四台分の大きな作品です。


Img_6084

こちらは駐車場の壁全面を使っての巨大作品。青空をバックに色鮮やかさがさらにまして
見ていて飽きない作品でした。


Img_4792

こちらは3Dメガネをかけたら飛び出して見えるんじゃないかと思う作品。
実物を見ていても目がおかしくなりそうでした(笑)


Img_6161

壁だけじゃなくコンテナもアート。LIFE IS BEAUTIFUL 見ているだけで
ハッピーな気分になれる賑やかさ。

Img_6147

こちらはどうやら有名な方が書いた作品らしい。めちゃくちゃ可愛くてアップで撮った写真がこちら。


Img_6148

壁に書かれた絵に見えますか?見えなくないですか?アップにして撮っただけなんですが
イラストを切り取ったようなこのクオリティ!すごいですね!


Img_6144

こうしてあちこち歩いていると、いたるところの壁に作品が…
インスタ映え、なんて言葉も忘れちゃうぐらいアートを感じる街歩きになりました。


Img_6170

なんて言いつつ、ちゃっかりこんな写真も撮ってたりしてbleah


もうしばらくしたら芸術の秋ですからね。
皆さんも是非アートに触れてみてはいかがでしょうか?


catSScat


音楽に疎い私でも知っている
今や大人気のバンドの、イマジンドラゴンもラスベガス出身なんです。

Photo_19

因みに。バンドのメンバーのDan raynorldさん。こちらは4代続くネバダっ子。

私はDemonsという曲が大好き。最近、何故かはまってます。
歌詞がとにかく素晴らしい。
古典的な言葉遣いで、上手く韻を踏んでいて、とても詩的です。
初めて聴いた時はDemon,saint,sinner kingdomというキーワードは
とってもキリスト教的だなぁという印象ですが。よーく歌詞を読んでみると
ラスベガスっぽさも満載です。

ラスベガスは自然がなく、砂漠の不毛の地。
ギャンブルの街で感受性の強いアーティストは生まれにくいと、
勝手に思ってました。
しかし、ラスベガスで生まれ育ったからこそ、
このような歌詞が書けるんだと思われる節が所々にあるんです。例えば、

When the days are cold
And the cards all fold
And the saints we see
Are all made of gold....

At the curtains call
It's the last of all
When the lights fade out
All the sinners crawl...

...This is my kingdom come

Imagine_dragonsトランプのことを英語でcardsと言いますが。

トランプは畳まれ=ゲームが終わる。ギャンブルに負けたという意味合いでしょうか。
又は、ギャンブルはリスキーなミュージシャンの人生を暗示しているのでは?
次に続く歌詞には、「聖人と崇められる人間どもは皆、金でできている。
這い回る罪深き人々。ここはそういう世界なんだよ。」というような内容は、
夜な夜なギャンブルに繰り出す人々の様子。夜のラスベガスの風景もイメージできます。

Radioactiveという曲も有名ですが。
私にとっては意味不明な曲ですが、私がイメージするのは、
ネバダの砂漠の核実験場です。因みにラスベガスには核実験博物館もございます。

オールターネイティブ系の音楽シーンをリードしているのは、今やラスベガスなのかも。

残念ながら、オフィシャルサイトによると、イマジン ドラゴンズさんのラスベガスのコンサートの予定は近々ないようです。
今はヨーロッパツアーに出ているようです。コンサートあったら、見に行きたいー。

BY M

ラスベガス、と繋がるミュージシャン、をご紹介!


第3弾は、真打登場、ザ・キラーズ、です。


これまでご紹介した、エルビスやセリーヌ、は、
出身はラスベガスではないのは周知の事実。
有名になってからベガス住み始めた人は結構いるものですが
ラスベガス出身、という有名人はそんなにいません。


・・・というより、ラスベガス、という街自体が、長期で住む人が少なく
生まれも育ちもラスベガス、という人自体が結構珍しい存在だったりします。


三代住んで初めて「江戸っ子」と名乗れる、とも言われますが
まさに、三代ラスベガスに暮らす生粋のラスベガンとして
おそらく最もポップミュージック界で有名なのは、
ザ・キラーズのフロントマン、ブランドン・フラワーズ以外にはいないでしょう。

というわけで、今日は、ザ・キラーズとラスベガスのつながりについてご紹介!




ザ・キラーズのアルバムには、
そこかしこに、ラスベガスネタが詰まっていて
ラスベガス出身である事を、常々誇らしげに語ることでも有名です。


インタビューなどでも
「まわりにはロサンゼルスとかに行きたがるヤツが多かったけど自分はラスベガスが大好きだし、この街で暮らしている事に、常に感謝していたんだ」
などと語っており、もはや、名誉市民として表彰されてもよさそうなほど!

たとえば、最新アルバム。

バトル・ボーン/ザ・キラーズ


¥2,548 / Amazon.co.jp

BATTLE BORNというのは、
州旗や免許書にも書かれている
ネバダ州の標語のようなもの。


たとえば、ネバダ州民である私の免許書の裏にも、しっかりとバトルボーン!
H.I.S. ラスベガス支店便り

このアルバムは、キラーズが所有するラスベガスにある
レコーディングスタジオ、バトルボーンで作られたのだとか。

モトリークルーやエルトンジョンも、レコーディングにつかってるそうですよ。


他にも、セカンドアルバムの、サムズタウン。
サムズ・タウン/ザ・キラーズ


¥1,980 / Amazon.co.jp

コレは、ラスベガスのローカルカジノから名前が取られています

コレがサムズタウン・ホテル&カジノ。
H.I.S. ラスベガス支店便り

ホテルの中にはボーリング場や映画館もあり
ギャンブルだけでなく、市民が色々楽しめるように作られているのが
ローカルカジノの特徴です。


ホテルの直ぐ裏手には、RVパーキングがあり
キャンピングカーの一時宿泊や、
キャンピングカーで定住する人などが集まる一角があります。
このジャケットも、その辺りを意識しているのではないでしょうかね。


フロントマンであるブランドンのソロアルバムは、
もう、ラスベガスまんま、のオンパレード。
フラミンゴ/ブランドン・フラワーズ



¥2,500 / Amazon.co.jp


窓の外に広がるのは、ラスベガスの夜景ですし、
タイトルからして、フラミンゴ


フラミンゴ、というのは、ストリップど真ん中に立つ
ぎらぎらネオンで知られる、老舗ホテルです。
H.I.S. ラスベガス支店便り

ラスベガスを、今のメガリゾートに導いたのは
このフラミンゴの成功があってこそ。
【フラミンゴに関する過去記事はコチラ】



そして、ラスベガスの中央を東西に通る大通りの名前も
フラミンゴ・ブルーバードといい、
セカンドアルバムの由来になってるサムズタウンは
フラミンゴ・ブルーバード沿いに立っています。


とあるインタビューで
「フラミンゴ通り沿いにあるレコード屋で良く買い物をしてたんだ」
と答えていましたが、
これは、10年くらい前まであった、タワーレコードのことじゃないでしょうかね~。


一曲目のタイトルは、直球ど真ん中、
「Welcome to Fabulous Las Vegas」

H.I.S. ラスベガス支店便り



通称「ウェルカム・サイン」と呼ばれる、
ラスベガスのシンボルに書かれている言葉。
直訳すると、「素晴らしいラスベガスへようこそ!」って感じですかね。

アルバムネタ以外にも、
何しろ地元民だけに、ネタは沢山。


たとえば、キラーズが生まれたのは、
ブランドンが、ココ、ハードロックホテルにあったライブハウスJOINTにて
(今は、リノベーションしてコンサートホールになっています)
OASISのライブをみた事がきっかけだったとか。


数年後、自分も同じステージに立てた、というのは、ちょっと凄いですよね。
H.I.S. ラスベガス支店便り

他にも、ブランドンはキラーズが成功する前、
シーザーズパレスのベルボーイとして働いていたそうですよ。

ファンの方は要チェック!

H.I.S. ラスベガス支店便り





あと、ブランドンのおじいさんは
レイクミードで釣りをして、魚売りをしたりしていたのだとか。


レイクミードはラスベガスから車で30分程のところにある巨大な人口湖。
国立公園当局が管轄する、ナショナル・レクリエーションエリア、として指定された
ラスベガス市民憩いの場、です。

H.I.S. ラスベガス支店便り


グランドキャニオンに行く時、ラスベガスを離れて直ぐ左側にでてくるので
結構観光客の方々も目にする事も多いかもしれませんね。

キラーズ・ファンの方々はラスベガスを
通常の観光とは違った目で楽しめるのではないでしょうか?

BY:AY


HIS ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2020.12
loading...
WORLD情報局