Imgp2983

ロンドン冬の風物詩、ハイドパークで開催中のウィンターワンダーランド!

Imgp2985

ロシアの観光地赤の広場っぽいものがあったり、キリスト教以外のメニューもたのしめるわりとカオスでイギリスらしいイベントですが、今日はウィンターワンダーランドの美味しいものを紹介します~。

Imgp2987Imgp2990▲一緒に行ったのは弊社社員の酒飲みクラブの会長ジャッキーと副会長のゆかりーな。
まずは冬といえば外せないのがホットワイン。
値段は4.5~6ポンド前後、ウィンターワンダーランドに着いて冷えたからだを温めるのにまず飲みたい一杯です。

Imgp2994Imgp2995

ランプなども売っててファンシーな雰囲気!

Imgp3002Imgp2991

夕飯にピッタリなのがジャーマンソーセージを丸ごとやいたホットドック!
寒空の下たべる熱々ソーセージとビールの組み合わせはまさに最高です。

Imgp2998乗り物などもたくさんあります~!
Imgp2997昨年まであまり見ることがなかった気がするホットサイダーなるものも!

Imgp3007

大きなお鍋で煮られておりますが…
ジャッキーが買ったのですがわりと甘め…暖かいリンゴジュースって感じでした。
辛党の人は少し苦手かもしれませんが、甘いお酒が好きな方にはオススメです。

Imgp3001フシギダネをのぞく初代ポケモン+ピカチュウの射的も。
パチモンも見かけるなか、こちらはちゃんとしたオフィシャルグッズでした。Imgp3003会場内でも大きく場所をとっているバーバリアンビレッジ、ドイツ文化を全面におしだしたデザイン、座れる所がたくさんあって食事やお酒を楽しめます。

Imgp3022Imgp3018

バーバリアンビレッジはこの大きな風船おじさんの麓にあります!

Imgp3005Imgp3008Imgp3009Imgp3016外で身体が冷え切ってヤバイ場合は、バーバリアンビレッジにあるストーブでめちゃくちゃ暖かい屋内施設で温まるのもオススメ。

Imgp3017ビールもワインもすすむ!
Imgp3011Imgp3012ヨーロッパの冬は厳しいですが、冬には冬の楽しみがたくさんです!

Imgp3027

Imgp3029トッピング無し、ヌテラ、シナモンシュガーの3種類のフレーバーが選べるのですが、シナモンが好きな人はシナモンシュガーめちゃくちゃ気に入ると思います!Imgp3024Imgp3023Imgp30302017年のウィンターワンダーランドは2018年1月1日まで!
かなり冷え込みますので防寒をしっかり、カイロを貼って楽しんで下さい!


Imgp2984

幻想的&不気味!ウィンターワンダーランド2016
絶品!アツアツチュロス IN ウィンターワンダーランド2016
ハイドパークにて開園!ウィンターワンダーランド2017


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp1926

Guy Fawkes Night(ガイ・フォークス・ナイト)を祝う11月初旬、イギリス南部の小さな街ルイスでは松明を持ち中世のような服装で街を練り歩く他の地域と違うガイ・フォークス・ナイト、通称Lewes Bonfire Night(ルイス・ボンファイア・ナイト)を見ることが出来ます。

Imgp1625

ルイスの街を流れるRiver Ouse川、右手には醸造所Harvery's Breweryがあります!
この川にも焼かれた人形が投げ込まれるのですが嵐の前の静けさ、のどかです。

Imgp1619川を渡りしばらく歩くとHarveys Brewery Tapというパブがあります!
こちらは名前の通り醸造所で製造されたお酒を楽しめるパブ。中は混んでいますが、地酒が飲めます。

Imgp1615今回は過激なルイス・ボンファイア・ナイトにぴったりな弊社内関西過激派のグリコ&ジャッキーと旅行です。

Imgp1618

ここで是非飲んで頂きたいのがBonfire Boy(ボンファイア・ボーイ)というボンファイアの名を関したエール!
スモーキーな香りでとても飲みやすいです!

Imgp1612パブ外では露天がでていました。「Hog Roast(豚ロースト)」の「Hog(ホッグ)」の意味がわからず「ほぐした何か?ホグした何かじゃないですか?」とジャッキーが言っておりました。

Imgp1611▲奥では豚が丸焼きにされていました!
うーん、グリコさんは英語ペラペラですが、意味不明な解釈をするジャッキー&英検4級の私はもう少し真面目に英語に向き合うべきですねぇ…。Imgp1621

豚の各部位を挟んでもらって食べます~。

Imgp1622お値段5ポンドでかなりのボリューム。ビールにめちゃくちゃあいました!Imgp1613街を歩いていると中世のような服装の人に混じってボーダーの服を着ている人が多数!
このおじさんになぜか聞いてみると、ルイス・ボンファイア・ナイトは7つのソサエティ(団体)が参加し、それぞれのボーダーの色で出身地がわかるそうです。おじさんはイーストボーン、白黒ボーダーのおばさんはクリフ出身。
おばさん曰く「サッカーと同じで地域でライバル意識があるのよ」とのこと。

Imgp1623夕方近くになるとパブのランチスペースには沢山の樽が!
こちらは祭りの最中にお酒を買い求めにくる人が殺到するための対処だと思います。Imgp1627Imgp1628通りには「NO POPERY(カトリック、お断り!)」のバナーまで!
カトリックのリーダー法王の絵も描いてあります!

Imgp1629Imgp1630Imgp1631Harveys Breweryの敷地内にはパレードで使われる&燃やされる人形がありました!
右は法王で、手前はガイ・フォークス!よくよく考えるとテロリストであり死刑囚だったガイ・フォークスと法王を並べるって凄いですね…。

Imgp1632このモニュメントの近くでセレモニーやらが行われるため4時半頃に場所取りにHIGH STREETへ!
このモニュメントよりルイス城の方が爆竹が凄まじかったですが、モニュメントからみてHarveys Brewery方面はまだましそうでした。なのでもし参加される場合、セレモニーなどを見たい場合はこのモニュメント近くのBarbican Carpets 前、パレードの行進を見たい場合はHarveys Brewery方面の一本道になっている部分をオススメ致します!

Imgp1633

▲普段は買わないお高いお寿司を買ってご機嫌!イベントだから奮発!
16時にスーパーマーケットが閉まるためお酒や軽食を買い込んで場所とりです!
寒いけど続々とハイストリートに人が集まってきてワクワクしました。

Imgp1634

奇抜な服装やメイクの人々がいたら大体パレード参加者です!
ハロウィンよりも盛り上がるイギリスのガイ・フォークス・ナイト、衣装を見ているだけでも楽しいです!Imgp1637ルイス・ボンファイア・ナイトの良いところは子供やティーンエイジャーも親や地域の大人と一緒にパレードを盛り上げている所!Imgp1643_2多くのイベントごとが大人が主役なのに対してこのイベントは、本当に子供や10代の若者の参加者が多いです。

Imgp1640

参加者の写真を撮り歩いていたらジャッキー&グリコの方で叫び声が…

Imgp1639

なんと奮発して買ったお寿司をバランス崩して全部地面にぶちまけてしまいました。
2017年最も悲しい出来事がまさかルイスで起きてしまうとは!
こんなひどい目にあうなんてジャッキーはカトリック教徒なのかな?アーメン。

Imgp1646落ちたお寿司をかき集めていたら酔っぱらいのお兄さんに「おい、まさかその寿司食べようと思ってるんじゃないだろうな!?」と言われました。
いくらグリーディー(欲張り者)と社内で呼ばれているジャッキーも地面に落ちたお寿司は食べませんよ多分!

Img_8854

いよいよ陽もおちて18:30、イギリス最大規模のガイ・フォークス、奇祭ルイス・ボン・ファイア・ナイトが始まります~。


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

お久しぶりです!あやぱんです ^^
先日、Arsenal vs Norwich (Carabao Cup) の観戦に行ってきました!
なんといってもH.I.S.はArsenalの公式代理店ですから応援しにいかないとね!!
 
ところで皆さんArsenal駅以外からもスタジアムに行けるの、ご存知でしたか?
今回利用したのはDrayton Park駅といって、会社の最寄り駅の一つMoorgate駅から
Great Northernを利用して4駅目のところです。 

Drayton Park駅からスタジアムは徒歩5分ぐらいです。
あまり人もいないし、いつもと違ったルートで行くのも楽しいです!​Img_0205

Img_0206

​でも、もちろんこのお決まりのロゴの前での写真撮影も必須ですね!
(冬のサッカー観戦は出来る限り身軽で暖かい服装をオススメします!)

Img_0187

ちょっとここでオトクな情報!
サッカー観戦前にちょっと腹ごしらえをしたい、そこのあなた!!
Arsenal駅からスタジアムに行く道中、食べ物のスタンドがいくつかあるのですが、

Img_0214

うわー美味しそう <3
通常のプルコギ味とは別でスパイシーバージョンもあり、
これは「通」の人しか知らないのですが、ハーフ&ハーフも同料金でアレンジできちゃいます。Img_8372
お肉たっぷりで5ポンドはお・と・く!
そして、H.I.S.でサッカーのチケットを購入したお客様にはなんと
無料でお飲み物をお一人様1本もらえることになりました!!!
(ソフトドリンクのみとなります。)
サッカーチケットを入れているHISのロゴ付き封筒を見せるだけでOK :)
 
場所はDrayton Park Road沿いにあります!

Unnamedこの機会に是非お試しください。(スパイシーは結構辛いので要注意!)

Arsenal Steak BaguetteのFACEBOOKはこちら!

 
さてさて、お腹もいっぱいになったところで、観戦の準備も万端!
​​H.I.S.はArsenalの公式代理店ですのでまず入り口で
無料でマッチプログラムがもらえます!

Img_8375​​Block 69あたりがH.I.S.の席になります。

Image3_2席からの眺めはこんな感じ!(クッションパッドなので座り心地も違います!)

Img_0190​ゴール際の競い合いがこんな近くで見れちゃいます!

Img_0192

​まぁこのあとArsenalがゴールを決めて・・・席ではこんな感じで盛り上がりました!
あやぱん興奮しすぎでブレブレです 笑

Img_0197

叫びすぎて、声ガラガラ、喉がカラカラのあなたハーフタイムには
なんと嬉しい飲み物のサービス!
バーの真ん中の方に置かれているビールはなんと無料です!
(数に限りがありますのでご了承くださいませ。)Img_0215
この特別感に、特典はやはりArsenalの公式代理店の特権ですね <3
​ということで、試合も終盤佳境にはいり接戦で、なんと延長戦へ・・・
結果Arsenalが無事勝ち、あやぱんもほっとしたとさ。

Img_8381

イギリスにお越しの際は是非一度サッカー観戦お試しください ;)

A_ad

チケットのご手配、ご相談もH.I.S.ロンドン支社にお任せ!
詳しくはこちら!

 H.I.S は Arsenal 公式代理店です! 
アーセナルホームゲーム観戦 ミュージアムパッケージ(料金に含まれるもの)
●クラブレベル専用入り口&クラブレベル確約チケット
●マッチプログラム付
●オフィシャルショップでグッズの購入などに使用可能£5バウチャー(1年間有効)
●試合開始前のご利用をオススメいたします。
●アーセナルの魅力にさらに迫る!ミュージアム入場チケット(試合後の利用は不可)
●ハーフタイム中にドリンク無料(ワイン、ビール、ソフトドリンクなど/数に制限あり。お一人様1杯)
●スタジアムツアーバウチャー(有効期限内にお使いください。試合日前後7日間有効)


あやぱん

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.01
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧