こんにちは。

先週末、久しぶりにプリヒル姉さんがいるプリムローズヒルのお魚屋さんに
お刺身を買いに行ってきました。実は、プリムローズヒルの本店に行くのは今回が初めて。

Fishmonger_2
姉さんが毎週木曜だけマーブルアーチ店に勤務していた頃は、HISロンドン支店オフィスが近くだったので毎週刺身丼を買いに行ったものです。
数年前にHISのオフィスがシティに引っ越して以来、行くことがなくなっていました。
でも、姉さんにはHISの優待クーポンを使ってもらったり、弊社との黒い関係は続いています。

現在マーブルアーチ店はシーフード&シャンパンバーに変身したので、
魚屋一筋の姉さんはプリヒル店勤務オンリー。

Fishmonger2

fish cancer pisces fish cancer pisces fish cancer pisces fish cancer pisces fish cancer pisces fish cancer pisces

Fish

プリヒル姉さんお手製総菜もたくさんあります!
どんなお惣菜があるかは、プリヒル姉さんのTwitterをチェック!
https://twitter.com/Puriketsunesan プリヒルのはずなのですがアカウントはpuriketsu?

Foods
端っこにタコもいる、、、、                         upwardright
タコ焼きに最適!!

この日の戦利品 down

Sashimi
・刺身盛り合わせ2人分
・切り落とし2人分くらい
・コーンウォール直送サバのみりん漬け
・自家製イカの塩辛
・自家製コジェットのこうちゃん
・結構大きめのエビシュウマイ

以前、魚屋歴27年のプリヒル姉さんがお刺身は美味しく食べるための切り方と厚さがある。と語っていたのを覚えていますが、おいしさの秘密は鮮度だけではなく長年培われた技にもあるのですね。

この日は久々に美味しい和食で贅沢してしまいました。delicious
ああ、お店がもっと近くにあったら、、

R子

2019

お得!美味しい!優待クーポンはこちらから

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 


54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 











Img_1208Img_1212今回は、

CORINTHIA HOTEL

Hilton LONDON EUSTON

AMBASSADORS HOTEL

の3つのホテルを見学させて頂きましたfoot

一番印象的だったCORINTHIA HOTEL は入った瞬間の匂いが違いました。そして、エントランスの生花も鮮かでした。ホテル内にお花屋さんがあるのも、日本のホテルとの違いだと感じました。

日本の接客もおもてなしという言葉があるようにお客様に心を込めて、感動をあたえてくれます。こちらのスタッフの方も、笑顔と挨拶を会うたびにしてくださりました。また、スタッフの方がピアノを弾いていて、私たちが日本人だと気づくと軽々と日本の曲を弾いて下さりました。そういったもてなしはお客様の心に深く残るものだと感じました。

エレベーターに乗る際にはカードキーをかざさなけらばいけないのでその点から見て、警備が行き届いていると感じました。また、部屋の中は広いのはもちろんですが、バスとトイレが分かれているというのも日本人の方にとっては、安心できる空間を作り上げていると感じました。

私からみて一泊するだけでも厳しい値段ですが、ホテルのカフェやレストランだけでも雰囲気を味わってみるのも楽しみ方の一つであると感じました。ホテルの雰囲気やスタッフのもてなしなどからみてもやはり、これが5つ星のホテルなのだと圧倒されました。

Hilton Hotel と AMBASSADORS Hotel は ロンドンの中心にあり、central line のEuston駅から徒歩5分のところにあり向かい合わせに立っています。

Hiltonに関して、日本のHiltonに比べると小さいイメージでした。

しかし、会議室やジムがあったり部屋の廊下には製氷機があるので設備は充分であるという印象です。また、部屋もトイレとバスが分かれていたので、洋式の風呂に慣れていない人でも過ごしやすいと感じました。荷物を置くスペースも充分にあります。

AMBASSADORS HOTELに関しては、何度も利用したいホテルだと感じました。値段的にも周辺の観光地からみても良い印象です。

シャワーとトイレは別れてはいなかったので慣れている人であれば問題はないかと思います。私が訪れた部屋にはビーチの絵が飾られており、それがとても印象的でした。また、部屋番号の表記が足元に書かれているので分かりやすく迷うことがないと感じました。

こちらの2つのホテルの周辺には、古い町並みを見ながら買い物を楽しめるオックスフォード・ストリートやリージェント・ストリート。また、屋根があるので雨の日でも安心なコベントガーデンなどがあります。

今回の3つのホテルにを視察させて頂きました。その中でそれぞれのホテルがお客さんのニーズに合わせて提供していると感じました。非日常的なホテルなのか、過ごしやすいホテルなのかまた立地や間取りなどの視点から見てどのホテルも様々な用途に合わせて利用できますsun


A

2019

お得!美味しい!優待クーポンはこちらから

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 


54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 

こんにちは☺

今回、私は「ボヘミアン・ツアー」へ参加してまいりました。

まずはじめに、このツアーの概要をご紹介致します!

こちらのツアーは、映画で世代問わず、再び多くの方の心に火をつけたあのロックバンドゆかりの地を巡ります。元々普遍的な人気がありますが、私とおなじ20代前半や10代などリアルタイムではない世代のなかには、映画を通してバンドのすばらしさを知った人も多いと思います!

ツアーは少人数制のため、参加者同士とツアーガイドさんとの距離が近いところがポイントです!また、徒歩+バス+電車移動のためロンドン市内そのものを堪能することができますsun

それでは次に、実際にツアーに参加してみた感想を織り交ぜながら、ツアーで巡る場所について触れていきます。

本題に入る前に…失礼ながら私はこのロックバンドについて詳しくなく、大ヒットとなった映画も鑑賞しておりません。そのため参加前は不安を感じていました。そんな中で今回ツアーへ参加致しました。

Img_3216

しかし、いざ参加してみるとボヘミアン・ツアーはとても楽しいと感じました。そのように感じた理由は、ツアー中のガイドさんが大きく影響しています。あのロックバンドゆかりの地を巡るということで、彼らがクリスマスコンサートを行った劇場を訪れました。外観からはポップさと歴史を感じられ、可愛らしい建物だと思いました。建造物自体を楽しむことはできましたが、他の参加者のように歓声は挙げられませんでした。しかし、ツアーガイドの方が説明を始めるとき映画のシーンや彼らの当時の様子の資料を用意してくださったため想像することができ、私もファンの方と同じようにワクワクすることができました!

Img_3217また、こちらのツアーではあの映画のワンシーンとして出演した橋を訪れました。この橋は遡ること1887年に完成したものと古くからロンドンに設置されており、現在では保存建築物とされています。そのためロケ地としてだけではなく、ロンドンの歴史的建築物としても見応えがありますshine映画のロケ地としての楽しみ方と、ロンドンの建築物としての楽しみ方という2面性を持っていると知り、とても素敵だと思いました。しかし、驚くべきことに現在この橋は老朽化により車両の通行が中止されており、歩行者のみとなっております。そして改修工事完了の見込みはたっておりません。なぜこのような状態になってしまったのかというプチロンドン知識はツアーガイドの方から聞くことができます。

ここまで映画のロケ地、ロンドンの歴史的建築物について触れてきましたが、この他にもLGBTQといったあのロックバンドが活躍していた時代ではあまり受け入れられていなかった社会的な事柄が、時代とともに普遍化していったことについてもお話を聞くことができます。

こちらのブログでご紹介させて頂いたロケ地はほんの一部で、実際のツアーではあのロックバンドのボーカリストがどんな家に住み、どのような生活を送っていたのか知ることができ、てんこ盛りですのでファン必見な内容となっております!!

また、私のようにあの映画やロックバンドについては詳しくなくともロンドンそのものが好きな方、歴史について知ることが好きな方でもツアー参加後は、参加してよかった!貴重な情報を得た!と観じて頂けますshine

最後に、ツアーに参加される際はどんなことでもツアーガイドの方に質問してみてください。様々な答えを頂け、周りの方に自慢したくなってしまいます☺

Bohemian伝説のバンドの軌跡を辿る!ボヘミアン・ツアー詳細はこちら!


S

2019

お得!美味しい!優待クーポンはこちらから

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 


54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2019.10
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧