Imgp7444

ミュージカルはもちろん劇もたくさん上演されているロンドン!
ピカデリーサーカス駅おりてすぐエロス像前のCriterion Theatreで上演されている「The Comedy About a Bank Robbery」を観劇してまいりました!

Imgp7446

Imgp7451

外装は現在修復中のためか目隠しで覆われていましたが、なかはとても美しい劇場です。

Imgp7447

劇のあらすじは非常に説明しにくいのですが…

 
刑務所から幕開け、脱獄したミッチと彼の元カノ、スリのサム、その3人を中心にその他色々な偶然が重なったメンバーで銀行に宝石を盗みに行きます。
その道中で色恋沙汰、親子問題などを絡めつつも始終会場が爆笑に包まれ、最後のオチにはビックリする抑揚あるストーリー。
舞台の使い方も凄まじく少ない面積のなかでコロコロ場面が変わるのは見てて感心しました。



Imgp7450

チケットをボックスオフィスで受け取って地下の劇場に向います。

Imgp7452劇場のサイズはわりとこじんまりしております。

Imgp7462Imgp7468ピンクとクリーム色を基調にした可愛らしいデザインです!

Imgp7457
ミュージカルは音楽とノリで英語がわからなくてもなんとなくわかりますが、劇はどうかなあ…と英語がよくわからないのと海外の笑いがわかるかなあ…と不安でしたが杞憂でした。

Imgp7468_2

はじめからおわりまで爆笑の嵐で、オチには「そうくるか~~!」というツイストもあり大変楽しめました!笑いすぎて翌日腹筋がかるい筋肉痛になっておりました。
関西出身には懐かしい「吉本新喜劇」のノリに結構ちかくて、身体をはりつつセリフで爆笑、キャラクター個々もかなりしっかりしていますし、一人何役もこなし一人で舞台をもたす演技力がすごかったです。

Imgp7472ただ面白いだけでなく、舞台装置や限られたステージ上で様々な場面を役者さんたちが表現しているのは素晴らしかったです。
時々ミュージカル要素もあって、歌ったり踊ったり、その歌唱力が高くてビックリしました!
今まで何作か劇をみましたが、万人受けする劇だなと思いました。

Imgp7454

いままでインターバル(中間休憩)で気分がよくてお酒を買うことはあっても笑いすぎで喉が乾いて買うのはこれがはじめてでした。

Imgp7469_2Imgp7470

というわけで抱腹絶倒「The Comedy About a Bank Robbery」是非観に行って下さい!


■Criterion Theatre
218-223 Piccadilly, St. James's, London W1V 9LB


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp5693

元々はお肉屋さんが立ち並んでしたシティのど真ん中にあるLeadenhall Market(レドンホールマーケットもしくはリーデンホールマーケット)
今現在はパブやレストラン、雑貨屋さんにお肉屋さんなど様々なお店が並んでいます。

20180426そんなレドンホール・マーケットにあるスペイン生まれのイベリコ豚専門店VIANDASへ行ってまいりました。

201804261店先にぶらさがるイベリコ豚、ここのお店でサーブされるのは全部プライベートファームで育てたオーガニックのもの!

Imgp5695ところでVIANDAS以外でもこの鉄のフックが店先にくっついている所がちらほら…
これはレドンホール・マーケットがお肉のマーケットとして機能していた時の名残、ここにお肉をぶら下げていたそうです。
Imgp5696

何百年も前もこうやってお肉がぶらさがっていたと思うと不思議な感じです!

Imgp5690メニューは色々ありますが、看板にもなっているBocadillo(ボカディージョ)をたのむことに!

Imgp5694いつもならここでビールの写真を載せますが、この日は会社のランチ休憩中だったのでソフドリです~。

Imgp5167イギリスでは仕事中だろうと飲む!!のがスタンダードですが…久々にコーラを飲んだら美味しかったです。

Imgp5697ボカディージョはサラダとトマトとオリーブオイルのソース(?)と一緒に!Imgp5699バケットからはみでんばかりのイベリコ豚!色もきれいで美味しそうです!

Imgp5700お肉はかなりたっぷりはさんであります!Imgp5698ボカディージョも何種類かあってチーズが挟まっているものも。
手前のトマトとオリーブオイルのソースを中にぬって食べるとめちゃくちゃ美味しいです!

Imgp5701

2階はどうやらワインバーになっており、イベリコ豚の製品も販売されています!
今度は夜にいってワインとイベリコ豚を楽しみたいな~。


◆Leadenhall Market
Gracechurch St, London EC3V 1LT

◆VIANDAS(レドンホール・マーケット店)
https://www.leadenhallmarket.co.uk/stores/viandas/


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp2773

外は紫色のライトがともされちょっと怪しい雰囲気!

Imgp2779この渡り廊下みたいなの、なんだろう?と思ったら映画ではCGで渓谷にまたがるホグワーツ橋として使われたそうです。
セットもすごいけど、CG技術もすごいですね。

Imgp2776Imgp2777遠くにナイトバスが見えますが、ダーズリー家へ立ち寄ります。

Imgp2774ホグワーツからの入学許可処が舞い散るリビングルーム、映画だとわくわくする場面でした。
しかし実際煙突を通って暖炉から大量の紙が吹き出しているのは結構怖い状況だなと、実物をみてダーズリー家のパニックを理解できました。

Imgp2772

ナイトチューブの登場で今ではちょっと影が薄くなってしまった夜の強い味方、Night Bus(ナイトバス-夜間バス)をもじったKnight Bus(翻訳版:夜の騎士バス)Imgp2780バスストップなどもですが、ロンドンを訪れるとハリー・ポッターの世界がどれだけ現実世界のものを上手く物語に取り込んでいるかがわかります!

Imgp2781中は立ち入りはできないですが見れます。これで朝通勤したいですねー…Imgp2785Imgp2784「賢者の石」終盤でロンの最大の見せ場となったチェスのシーンの駒たちです。
あのシーンはチェスに親しみのあるイギリス人にはグッとくるそうです。

Imgp2782

続いて舞台美術の裏側の裏側、映画に活用されたテクノロジーや特殊メイク、コンセプトアートの展示にうつります。


Harryハリーポッター・スタジオツアー(ワーナーブラザーズ スタジオツアー ロンドン)鉄道チケット付プラン
入場後は閉館までお好きなだけご見学いただくことができます。 また、こちらでしか買うことのできない限定グッズ販売も見逃せません!
お子様も大人も年齢問わず楽しめる話題のスポット!
映画ご覧になった方はもちろん、ご覧になったことがなくても楽しめますので、ぜひ一度魔法の世界の裏側をご体感ください。
詳しくはこちら!


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.07
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧