Imgp5990

Everybodys Talking About Jamie」はウエストエンドのアポロシアターで上演されているミュージカルです!

Imgp59962011年にBBCで放送された「Jamie; Drag Queen at 16(ジェイミー、16歳のドラァグクイーン)」からインスパイアされた作品です。

Imgp5998

ミュージカルのあらすじは…



16歳のジェイミーはプロム(卒業パーティー)にドラァグクイーンとして参加したいけれど、学校は猛反対。マイノリティに対して理解のない教師や一部の生徒から心無い言葉を言われ父親には拒絶されるけれど、理解ある母親と既成概念にとらわれない生徒からサポートを受け、自分の描く未来へ突き進んでいく。



イギリスが舞台の話なので描写や小道具が全部イギリスのもの!
ホームステイやイギリス人と住んだことある経験がある人は思わずニヤリとしてしまうイギリスらしさを見つけることも出来ると思います!

Imgp5999

登場人物のほぼほぼが高校生役なのですが話すスピードがとにかく早い!
でも高校生のときの会話ってほとんどがノリ、大げさなジェスチャーもついているので英語が多少苦手でも大体わかると思います!

Imgp6006大人になれば大した問題ではないことも、学校という狭い世界では大問題になること、多々あります!
しかし逆に高校生というのは若いからこそ理論抜きで物事を受け入れる強さを持っている年齢でもあります。

Imgp6002このミュージカルではマイノリティを受け入れられない学生、自分自身が宗教的マイノリティであるから他人の気持ちが理解できる学生、なんかよくわからないけど楽しければいいじゃんウケル~という偏見がない学生など、一人ひとりの学生をかなり丁寧に描いています。
もちろん学校の先生やジェイミーの母親など他の登場人物も魅力的です!

Imgp6012▲トイレの鏡も凝っています、多くの人が鏡をつかって写真を撮っていました!

中でもいじめっこ役の役者さんの演技が本当に憎々しくイライラしますが、彼の演技があるからこそ他の登場人物がミュージカルを通して伝えようとしているメッセージがより強くなるのでかなり難しい役ですが見事に演じきっていました。
ハリーポッターのドラコ・マルフォイと似ていますね。

Imgp6010ボックスオフィスでチケット引き換えに行くと「もっといい席が空いてるからそこに移動させてあげるよ!」と言われ、持ってたチケットよりもいい席で観劇できました。ラッキー!
一人だったのでちょうど歯抜けの席に入れてもらえたようです。Imgp6011パンフレットやCDも売っております!
この日は家にクレジットカードを忘れてきたせいで所持金が3ポンドもない状態だったので何も買えませんでした!ざんねん~!Imgp6016会場のアポロシアターは息を呑むほど美しいシアターです!
金色と赤色、綺羅びやかだけど上品な装飾!ちょっと早めにシアターに来て、是非この劇場しっかり見て頂きたいです!

Imgp6017Imgp6024舞台はそこまで大きくありませんが、劇場のクラシックなデザインとは対照的にかなりモダンでかっこいいデザインです。
二階部分には演奏しているバンドも見えるようになっています。

Imgp6019ミュージカルはというと、大変素晴らしかったです。Fワードが飛び交う高校生の会話に笑いまくり、いじめっこに眉を潜め、ジェイミーの前向きさと葛藤に心を打たてるストーリーでした。

Imgp6033音楽もストーリーもかなりポジティブでノリのいいものですが、途中には観客席からすすり泣きが聞こえてくるシーンも…

Imgp6036例に漏れず泣いていたわけですが隣りに座っていたゲイカップルに「OH~スウィートハート」と慰められ、観劇後鏡をみるとマスカラで黒い線が顔にできていました。Imgp6041

パワフルでポジティブな曲やダンスが多いですがテーマ自体はとても繊細、そして多くの人が一度は考える「自分らしさ」とは何なのか、観客に問いかけるミュージカルです!
「キンキーブーツ」や「プリシラ」が好きな人には特におすすめしたい作品です。

Imgp6043始終いじめっ子だった生徒にも救いがあって、間違いをおかしたら終わり、ではなく間違っても立ち直れる、というのも良かったです。
現代社会への強いメッセージ性のあるミュージカルでした。


Apollo Theatre
Shaftesbury Ave, Soho, London W1D 7EZ


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp2506

コッツウォルズ最南端の街。お風呂(bath)の語源となったこの街は中心部にかつてのローマ人達が作ったローマ式浴場が残っていることで有名です。
街全体が世界遺産に登録されています。
Imgp2459▲街にそびえ立つBath Abbey、ローマ浴場跡博物館入り口はこの聖堂のすぐ近く。

バース自体はそこまで大きな街ではありませんが、薄いはちみつ色の町並みが可愛く発展しております。Imgp2461

ローマ浴場跡博物館の入り口はこちら。Imgp2466

今までこのローマ浴場跡を写真でみても「へ~」って感じだったのですが、これは実物を見ると感動します!
寒いなか来たのでお湯が温かそうで湯気がたってて、ローマ人たちのお風呂に対する情熱を感じます。テルマエ・ロマエ~。
Imgp2464こちらでもオーディオガイドが借りれます、日本語対応。子供向けにこういうキャラクター紹介のパネルも!

Imgp2472

しかしローマ浴場跡博物館は結構見る所が多くオーディオガイドをしっかり聞きながらいくと全く時間が足りません。Imgp2467

なので気になる所でオーディオガイドを聞くぐらいで、結構早足の観光となります。
Imgp2478Imgp2481Imgp2484ローマ浴場跡博物館はこの浴場がどのように出来たか、誰が使っていたかなどが展示されています。

Imgp2485

今は屋根などなくなっていますがかつてはこういう建築物だったようです。Imgp2491

迫力満点の人骨展示。
オーディオガイドで「虫歯が多いってことははちみつを食べれるくらい裕福だった人だと考えられます」と言われてて、死んでまで虫歯について言及されるなんて気の毒に。
ところでバースのオーディオガイドはうら若き女性の声で清楚な感じが非常に良かったです。Imgp2509ちなみに吹きさらしのせいかこのお湯、かなり汚いらしく手をつけて遊んでいる人の後ろで係員の人が消毒アルコールを持って待機していました!道頓堀かよ!
ちょっと触ってみたかったけど恐ろしくてさわれませんでした。
Imgp2515Imgp2516お土産コーナーではお風呂グッズを中心にいろいろなローマ浴場グッズを買うことが可能です!Imgp2525ローマ浴場博物館をあとにし、ぐるーっと高級フラットに囲まれたサーカスへ。Imgp2524こちらは「住んでいる人全員の緑を常に観れる環境をつくってあげたい!」という偉大な建築家が作った住居です。
大きな木が生えた公共ガーデンを囲うようにフラットが建っています。これフラットのなかもカーブしてるなら家具が置き辛いのではと思いますが、そんなことより緑を愛するイギリス人の底知れぬ情熱を感じます。

Imgp2458

バスへ戻る時間ギリギリで走り込んだのがサリー・ラン、ブリオッシュ風パンが買えるお店です。

Imgp2456

フランス人女性が始めたこのブリオッシュ屋さん、瞬く間に人気となり今でもバースを代表する食べ物として多くの人に愛されています。
そしてこの建物はバースで最も古い建物でもあります。

Imgp2558

3箱買うと1箱無料!値段も一個3ポンド程とお安いです(2017年11月現在)
箱も色々種類があってかわいい!ちょっとかさばるけどお土産にオススメです。Imgp2559
中身はこんな感じ。
これをスライスしてトースト、バターを塗るとめちゃくちゃ美味しかったです。Imgp2560美味しいのであっという間になくなりますが、iPhoneと比較すると大きさがわかると思いますがかなり大きいです。Imgp24562

というわけでローマ浴場跡博物館、ユニークな建築物、ご当地フードサリーランなどがあるバース、今度個人でももう一度行きたいくらいいい街でした。
次は映画ハリーポッター、英TVドラマダウントン・アビーのロケ地になったレイコック村へ向かいます。


Miki

記事内のツアー情報はこちら!


過去のバースに関する記事はこちら!

【ツアーレポート2】あのミュージカル映画のロケ地バース!
古代ローマの遺跡が残る「Bath(お風呂)」の語源の街 世界遺産・バース -親子で行く!ロンドン郊外日帰り旅行②-
ローマ人が作ったイギリスの浴場♪ローマ浴場博物館 in バース①
ローマ人が作ったイギリスの浴場♪ローマ浴場博物館 in バース②


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp2434

MIKI主催のストーンヘンジ・バース・レイコックに参加してきました。
集団行動が苦手なので旅行会社勤務なのに今まで断固としてツアーに参加してこなかったのですが、ついに年貢の納め時が来ました。
結果からいうとツアー参加に集団行動云々スキルはあまり必要じゃありません、安心!

Imgp2407

ロンドンヴィクトリア駅からミニバスにのってストーンヘンジがあるソールズベリー郊外まで向かいます。道路状況にもよりますが2時間半くらいかな?

その間寝ようと思っていましたがガイドさんが道すがらイギリスの豆知識を面白おかしく話してくれるので結局起きてずっと聞いていました!

Imgp2408

Imgp2410

ストーンヘンジ近郊でロンドンから乗ってきたミニバスを下車し、専用バスに乗り換えます。
世界遺産のストーンヘンジを守るため、様々な工夫がされているのです。Imgp2409バスに揺られること約10分。

Imgp2413

バスを降りると遠くにストーンヘンジが!
前回きた時はカンカン照りで暑いくらいでしたがさすが冬、寒いです。
これはしっかり防寒をしないと風邪をひいてしまいまそうです、カイロやマフラー・手袋・ブーツを忘れずに!Imgp2416ストーンヘンジの見学は約80分です!Imgp2420バスを降りた時にガイドさんがオーディオガイドをわたしてくれます。
謎が多いストーンヘンジの事、ストーンヘンジを作った人々、どんな素材で作られているのか、ドルイド教との関係など色々なセクションを聞ことが可能です。Imgp2415

地面に刺さった看板の数字をオーディオガイドに入力するとその場所に関連した説明を聞くことが出来ます。Imgp2417ストーンヘンジは今でもなぜ作られたかなどがあまり解明されておりません。
毎年夏至になるとストーンヘンジの中心にあるヒールストーンに陽が差し込むことから、宗教的な祭壇ではないか、日時計ではないか、など様々な説があります。

Imgp2421オーディオガイドを聞いて驚いたのがアマチュア考古学者が「この遺跡はドルイド教と関係があるんじゃない?」と言い出し、その根拠も特にないままなのですが、今では夏至になるとドルイド教の方々がストーンヘンジに集まるそうです。

Imgp2422キリスト教が英国にくるまで信仰されていた古代ケルト人たちの宗教ドルイド教。
彼らの信仰していたのは自然、日本の神道と似通った部分もありますね。
でもストーンヘンジと関係あるのかどうか、はよくわからないままだそうです。

Imgp2425英国政府は2010年にドルイド教を正式な宗教として認めました。
なので夏至の日はストーンヘンジは彼らの為に開放され、一般客は立ち入り禁止になります。
ストーンヘンジの中心あたりで手をかざす人々の姿はなんとも不思議、TVで中継されます。
Imgp2434
自然を信仰し雄大な自然のなかを生きた古代ケルト人、ですがドルイド教はかなりダークな一面を持った宗教でもありますのでストーンヘンジももしかしたら何か良からぬ儀式の場だったのかなあ…とまた妄想が広がります。
Imgp2440

ストーンヘンジはイギリスを代表する観光地ですが、ガッカリした~という声もよく聞きます!
しかし色々な仮説や古代宗教との関係、そしてこの謎の遺跡保管のため多くのプロフェッショナル達が頑張っているのを知るとかなり面白いスポットです。
Imgp2441Imgp2442ストーンヘンジは保存のために入れる範囲は限られておりますが写真をとったり眺めたりには十分な距離で観ることができます。Imgp2453Imgp2447太陽と関わりが深いスピリチュアルスポット、根暗なわたしもここに二回も来たので性格がかなり明るくなったと思います。Imgp2444Imgp2449

不思議がいっぱいストーンヘンジをあとにしてバースへ向かいます~。


Miki

記事内のツアー情報はこちら!


過去のストーンヘンジに関する記事はこちら!
【ツアーレポート1】古代の鼓動!ストーンヘンジ!
世界遺産・ストーン・ヘンジでパワー充電! -親子で行く!ロンドン郊外日帰り旅行①-
ロマンの遺跡 ストーンヘンジとオールド・セーラム
ストーンヘンジは儀式を行う場所だった??


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.08
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧