Shutterstock_457813381

うちで過ごそうオンラインツアー無料版

「女王様の街 バッキンガム宮殿エリアをライブ散策」

【催行日】
2020年8月13日(木)
2020年8月20日(木)

【開始時刻】
イギリス時間: 11:00~12:00 (日本時間 19:00~20:00)

【料金】
無料


詳細ご予約はこちらから


ブラ散歩好き、佐久間が型に嵌った案内だけでなく歩きながら見えるものをお散歩気分でご紹介!

Shutterstock_1749158392

ロンドンに行きたい!!そんな熱い思いをお持ちのあなた!

先行きの見えない今の状況で、ロンドンへのその熱い思いをバーチャルツアーで解消しませんか?

ロンドン観光地のご案内だけでなく、歩きながら見える街の様子や今のロンドンの状況など、お客様が実際に一緒に散策しているような気分になっていただけるよう、生中継でお届けします。 訪れた事のある方は思い出と共に、いつか訪れたいと思っている方は、その日に思いを馳せながら私と一緒に、ロンドンブラ散歩しましょう!

夕食を食べながら、イギリスらしく紅茶やビールを飲みながらなど…ゆったりと1時間のロンドン旅行を楽しんでください。

Map

今回ご案内するのは、地下鉄と鉄道が通るロンドン主要駅の1つビクトリア駅からバッキンガム宮殿、そして美しい公園が広がるグリーンパークを散策します。

バッキンガム宮殿でのオススメ撮影スポットや、宮殿の歴史、主要観光地の周りにある隠れたスポットをご紹介!

詳細ご予約はこちらから


※第1-2弾は無料でのお届けとなりますが、第3-5弾は有料となっております。是非ご参加ください!

※SNSにハッシュタグ「#HISブラ散歩」をつけてリアルタイム感想大歓迎!バーチャル団体ツアーをお楽しみください。

※雨天決行!ぶれないように終始注意を払って撮影いたしますが、画質が粗くなることがございます。ご了承ください。

bread現地のリアルタイム!お天気観光情報はTwitterにて発信中bread

みなさん、こんにちは!ロンドン支店のアキヒコです!

バーミンガムからほど近いストーク・オン・トレントという街をご存じですか?

この街は「陶器の街」と呼ばれ、日本でも人気のあるウエッジウッドはじめたくさんの窯元が集まる街なんです!

暮らしのなかで食器が与える影響は結構あって、僕はもともと全然料理をしないタイプでしたがストーク・オン・トレントで食器を買ってから、食器を使いたいから自炊するようになりました!

Imgp0112

まずイギリスの陶器といえば多くの人が思い浮かべるのがウエッジウッド(Wedgwood)

美しい繊細なパターンはまさに芸術!お茶や食事の時間を華やかにしてくれます!!

特にお茶カルチャーが好きな方は、ティーカップ&ソーサーの種類がとても多いので選ぶのが楽しいと思います。

Img_8042

ショッピングに疲れたり、何を買うか迷ったら…お茶を飲んでゆっくりできるスペースもあります!

また敷地内にはカフェも併設されているので軽食を食べることもできます。地元の人たちでにぎわうカフェや敷地内は、ウエッジウッドがこの土地と共に発展してきたのを物語っているようですね!

Img_8029

Imgp0116

そして敷地内にはアウトレットショップもあります!

Imgp0117

ティーセットはそろえるとなると中々の値段になるもの…ですが、アウトレットではとても手ごろな値段でウエッジウッドの食器を購入することができます!

買いすぎても安心、海外発送も対応しているので日本にもちゃんと送ってくれます!

Banner詳細はこちら!

Img_8066

明日はエマブリッジ・ウォーターをご紹介いたします!!


アキヒコ

2019

お得!美味しい!優待クーポンはこちらから

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 


54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 



Img_0880

こんにちは!!

今回はイギリスが生んだあのロックバンドの

『ボヘミアン・ツアー』に参加してさせて頂きましたshine

このツアーでは、ライブが行われた会場やボーカリストが住んでいた家、メンバー全員で最後に表舞台に立った場所等に訪れる事ができます。

それだけではなく、以前公開され世界的に大ヒットした映画のロケ地にも行くことができました!!

ツアーに同行してくれたガイドさくまさんは、気さくな方で彼らについての知識が豊富な方なのでファンにとっては見逃せません!!また、彼らについてのエピソードを盛りだくさんに聞かせてくれますgood

その中でも、一番印象に残った2つをご紹介致します!

Img_0925

1つ目はボーカルが最後に住んでいた家です。

ここは彼が息を引き取った場所でもあり、彼らのファンが集う場所でもあるので実際に訪れる事で何か新しい発見があるでしょうeyeもちろん家には入る事はできませんが、現在は彼に深く関わっていた人物が住んでいるようですshadow

今でも手紙や花を置いていくファンは多いようなので、チャンスがあれば見る事ができるかもしれません!ですが、自宅はプライベートな場所でもあるので、配慮しながら見学してみてくださいeye

Img_0993

2つ目は、1970年に彼らがこのバンドとして初めてライブを行った会場の大学です。

その記念として大学内にプレートが飾られています。なので、ここで写真を撮るのは必見ですflairまた、ギタリストが通っていた大学でもあるようです。

こちらの大学はレンガ造りでとても大きく、中にはPUBもありました。残念ながら学生のみしか利用できませんが日本の方にとっては珍しいですよねbar

今回紹介した場所以外にも彼らのストーリーやエピソードを交え、その時代背景を抑えながらロンドン市内をまわります。彼らが住んでいた家の周りには、どのような人たちがいてどんな街が広がっていたのかも知ることもできます。

バスや地下鉄を多く利用しますが、ガイドの方が分かりやすく説明してくれるので、ロンドンの交通機関を利用した事がない人でも安心ですtraindash

最後に、彼らが活躍していた時代は私は生まれていませんでした。しかし、今回のツアーに参加して彼らが関わっていた場所を訪れたことで、本当に彼らが存在していたのだと改めて感じる事ができました。頭の中で彼らの存在を想像しながら楽しめるツアーでした。

私のように若い世代のファンが増えているので、ロンドンに訪れた際は実際に足を運んで見てみるとより彼らを好きになること間違いなしですgoodshine

Bohemian伝説のバンドの軌跡を辿る!ボヘミアン・ツアー詳細はこちら!


A

2019

お得!美味しい!優待クーポンはこちらから

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 


54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 



HIS ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2020.10
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧