Imgp4994

英国のパレードやイベントごとにかかせない馬車。
歴代の王室の方々を乗せてきた歴史ある馬車を間近で見れることはなかなかないチャンスですが、ロイヤルミューズではじっくり近くで見ることが出来ます!

Imgp4868_2

収納庫にはピカピカに磨かれた馬車が!車体はまるで鏡のようで収納庫を覗き込む人々の姿を映していました。
近くで見ると車輪の大きさに驚き、これが馬車を支えて道を走っていると思うと乗り心地が気になります!

Imgp4959オーディオガイドには一個一個の馬車の解説があるので、それと一緒にまわると個々の馬車の歴史やどういう経緯で作られたのか/使われたのかがわかります。

Imgp4869

イギリスの王室関係のものは色合いが本当に上品です、決してくすんだ静かな色を使っているのではなく一つづつみれば結構派手な色なのに組み合わせでこんなにかっこよくなるんですね。

Imgp4871

この日はオープン時間きっかりに行ったこともあり人があまりおらず、一個一個の馬車をかなり時間をかけてみることが出来ました。
紋章が違ったり、デザインの違いを比べるのも楽しいです!

Imgp4872基本的に赤・金・黒(焦げ茶)を基調としていますが、全部デザインや機能性が違います。Imgp4874

Imgp4875

Imgp4878実はこの日までロイヤル・ミューズの名前自体知らなかったのですが来てビックリ、馬車一つ一つの歴史を知るのかなり楽しいです。

Imgp4879今度からロイヤルファミリーの映像をみるときに「あの馬車かしら?」と考えながらみれます!

Imgp4880

ハリー王子&メイガンさんのロイヤルウェディング前だったこともあり、どの馬車に乗るのかな?と気になりました!

Imgp4881

圧巻の美しさ!

Imgp4883

続いては1000年の英国史から作られたといわれるダイヤモンド・ジュビリー・ステート・コーチをみに行きます!


The Royal Mews
Buckingham Palace Road, Westminster, London SW1W 0QH

Royalmews_2

取扱あります!ロイヤルミューズ見学チケット


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp4806

ロイヤルミューズは英国王室の厩で、王室が使う馬車や馬などが飼育、保管・展示されています。

Imgp4847

英国王室が関係するパレードで毎回多くの人がみとれる馬車も間近でみれるロイヤルミューズ。
知名度はバッキンガムパレスなどに比べたら低いかもしれませんが、見応えたっぷりのスポットです!

Imgp4851

まずはセキュリティチェックへ向います。

Imgp4852セキュリティチェックがおわるとオーディオガイドを借りれます。
嬉しい日本語対応です!

Imgp4855

オーディオガイドレンタル場をすぎると馬が!

Imgp4856

真っ白な毛並みが美しく全く動かないので作り物かと思うほどです。
しかし本物です~!馬って毎日みるわけではないので、久々にみるたびに大きいなあとビックリします。

Imgp4859他の馬は見当たりませんでしたが、日によっている馬が違うそうです。

Imgp4862馬小屋をぬけると大きな広場に。
広場を囲うのは建物2階部分は、馬や馬車をケアする王室所属のスタッフの住居だそうです!Imgp4863

外出やパレードなど様々な場面で、馬車と馬を使う英国王室。
それらを管理するために何十人もの人達の仕事が背後にあるんですね~!

Imgp4864王室の歴史と所属スタッフの生活が融合する空間、そこに観光客として訪れるのは不思議な感じです!
バッキンガムパレスのような綺羅びやかな観光地ではないですが、この空間は英国王室とそれを支えてきたイギリス人達の歴史を感じられると思います。

Imgp4865

いよいよ馬車の収納庫の見学にうつります。
馬車は使用中のものもあるので、馬と同じく日によって見れるものが違うそうです。
歴代の王室の方々はもちろんあのダイアナ妃ものった馬車も展示してあります!


The Royal Mews
Buckingham Palace Road, Westminster, London SW1W 0QH

Royalmews_2

取扱あります!ロイヤルミューズ見学チケット


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

Imgp2536

コッツウォルズの小さなレイコック村こちらはハリーポッターの撮影地としても有名ですが、日本でも大ヒットした「ダウントン・アビー」の撮影地としても有名です。
ダウントン・アビーといえばハイクレア城も有名Imgp2535ハリーポッターショップもありました。
レイコック寺院が撮影場所なんですが、今回はレイコック寺院は行かず村を散策致します。

レイコック寺院について詳しいブログ記事はこちら⇒ポッタリアン必見!可愛い村レイコック

Imgp2541Imgp2539Imgp2542とても小さくてコンパクトな村、よくこの村を撮影地として見つけてきたなあと驚きました。

Imgp2540Imgp2533昔の人間のサイズにあわせて作ったからなのかドアが小さいのに驚きました。

Imgp2537

小腹がすいていたので村のベーカリーLacock Bakeryでコーニッシュパイをかって食べました、美味しかったです。

Imgp2545Imgp2547Imgp25481361年に開店したレイコックで1番古いパブです。イギリスはどれだけ小さい村でも絶対にパブがあるのが凄い!パブ文化が根強いですね。
普段なら走って入るところですが、この途中にあったパブ&ダイニングSign of the Angelへ!

Imgp2544

ここ二階部分が宿泊施設になっているようです。

Imgp255311月にいったので暖炉に日がともり中はとても暖かかったです。

Imgp2551時間が中途半端だったせいかあまり人はいませんでしたが、ローカルパブならではののんびりした空気が漂っております。

Imgp2552

バースのローカルエールをいただきました、おいしかったし楽しかった~!
これで全ツアー工程は終了です、行く前は「ツアー参加したことないから怖いなあ」という旅行会社勤務者とは思えない弱音を垂らしていましたが、時間がない旅程や行きにくい場所にいくならツアー便利です!


Lacock Bakery
8A Church St, Lacock, Chippenham SN15 2LB

Sign of the Angel
6 Church St, Lacock, Chippenham SN15 2LB


Miki

記事内のツアー情報はこちら!


過去のバースに関する記事はこちら!

【ツアーレポート2】あのミュージカル映画のロケ地バース!
古代ローマの遺跡が残る「Bath(お風呂)」の語源の街 世界遺産・バース -親子で行く!ロンドン郊外日帰り旅行②-
ローマ人が作ったイギリスの浴場♪ローマ浴場博物館 in バース①
ローマ人が作ったイギリスの浴場♪ローマ浴場博物館 in バース②


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
2018.05
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧