00

Brighton(ブライトン)はイングランド南東部に位置する、学生が多く活気がある海辺の街です。
レストラン・パブが立ち並びパーティータウンとしても名を馳せています。

またイギリスのLGBT(性的少数者)のメッカとしても有名で、街のいたるところにレインボーフラッグがはためき、手を繋いで幸せそうに歩くLGTBの方々が目に入ると思います。

Brighton

今回はカルト映画「さらば青春の光」のモッズ少年たちのように、都会の喧騒や日常から抜け出して郊外でハメを外す、ブライトンでの週末の過ごし方をご紹介したいと思います。

00_2

モッズのようにスクーターで行くのも乙ですが、免許がないので電車で行きます。
ロンドンから電車で約1時間。行き方については記事下部を参照下さい。

00_1

ブライトン駅構内に設置されている誰でもひけるピアノが奏でる音楽とともに、楽しい週末の幕開けです。

01_1

「金曜の朝11時すぎたらもう土曜日!」と笑うイギリス人たちは理由をつけて定時前に会社を抜けてきたご様子。
遊ぶために働く欧州スタイルを感じます。

到着してまず向かったのは駅前のパブThe Railway Bell(レイルウェイベル)
テラス席やガーデンが設けられ、地元のおじさん達で賑わう老舗のパブです。

02

「ワイングラス一杯だけ」の一言で入ったパブですが、結局1人1ボトルくらい飲み夜を前にほろよい状態に!

02_1

その後ホリデーアパートメントへ移動。
ホリデーアパートメントはホテルとは違いベッドメイキングや朝食サービスはありませんが、家を丸々貸し切るので多少騒いでもOK・自炊可能で、今回のような深夜もしくは早朝に帰宅する場合や大人数の旅行にはうってつけです。

02_2

家具一式、食器、家電、は揃っていますのでホテルにいく感覚でいって普通に宿泊できます。
食品などはスーパーマーケットで買うのもいいですし、アパートメントによって事前にネット注文しオーナーさんが受取して当日届けてくれる場合もあります。

05

前述したとおりブライトンはLTGBのメッカ、ということで今回は老舗ゲイバーDoctor Brightons(ドクターブライトン)へ。


LGBTの方を含めて遊びに行ったのですが、彼女曰く「LGBTもストレートも一緒に踊って飲める、ほんとうの意味で偏見が存在しない空間」とのこと。

04

6時頃行ったのですが、バーは早くも盛り上がっておりました。
入り口手前と外にはソファやベンチが設けられ、パブ奥は金・土のみクラブになります。

06

奥のクラブではみんな好き勝手に踊っています。


半世紀前にユースカルチャー番組「Ready Steady Go!」で流行りのステップを覚え週末ブライトンのクラブでそれを披露することに命をかけていたモッズ少年たちと違い、気軽に誰の目を気にすることなく踊れる現代の雰囲気は一見さんも安心できると思います。


「踊って汗かくとお酒がぬけてまたお酒が飲める!つまりずっと飲める!」という酒飲み永久機関論で激しく踊ってる強者もいます。

07_2

クラブ=踊れないと楽しくない、と思う人も多いかもしれません。
壁にもたれて談笑しているグループ、学生なのか小難しい議論をしながら音楽にあわせ揺れてる2人組、みんなが踊っているのを楽しそうに眺めている人たちなど…
各々が違う楽しみ方をしているので、踊れなくても大丈夫です。

でも踊って汗を流すと翌日の二日酔いはかなり軽減されます。

03

夜も深まると、アルコールもワインやビールからショットやカクテルに変化。
このあたりからだんだん記憶が無くなる者が続出。

08

さすが有名DJを輩出している土地だけあってDJのクオリティも高い!

10_2

ドクターブライトン閉店後はナイトクラブに移動し、結局アパートメントにもどったのは朝方でした。

映画「ハングオーバー!」のごとく、「昨日どうやって帰ってきたの?」「クラブ二件いったでしょ?あれどこだったの?」「やばい!友達に発信しまくった後がある…覚えてないけど…」という、恐ろしい会話と記憶パズルを繋ぎ合わせながら、雑なサンドイッチを食べてチェックアウト。

09

冷たい海風とロックサンドによる足つぼマッサージが心地よいです。

映画「さらば青春の光」ではロンドンからやってきたモッズ達が対立するトライヴと、このブライトンの海辺で殴り合いの大暴動に発展しますが、青春などと言ってる場合ではない位の頭痛にフラフラしながら帰路につきました。

ブライトンはロンドンにはないアーティストショップも多くお昼間にいっても十分楽しい街です!またご紹介していきます。

旅行の寄り道に、ロンドン在住の方は週末の小旅行に、是非行ってみてください~。


ブライトンまでの行き方
St Pancras駅、Victoria駅より鉄道で約一時間。
Victoria駅よりコーチも運行有。

Doctor Brightons
16-17 King's Rd,
Brighton BN1 1NE
http://doctorbrightons.co.uk/

The Railway Bell
26-28 Surrey St,
Brighton and Hove, BN1 3PA
http://www.railwaybellbrighton.com/

ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!


☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪

バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから

H.I.S.特別レートでお得な両替!
詳しくはこちらから

サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ロンドン支店

    ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
    2020.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧