みなさんこんにちわ!


今回は世界遺産バース&ストーンヘンジとコッツウォルズのバスツアーの続きです。


前回のブログはこちら

パワースポット&世界遺産の「ストーンヘンジ」へいってきました♪


スト-ンヘンジへ入場します

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2
入場料はこちらから

世界遺産バース&ストーンヘンジとコッツウォルズバスツアー 」では入場料込なので現地支払の必要はありませーん。




入場してから少し歩きます。


あたりには広大な緑と羊。

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2


清潔そうな鳩がいました。足に何かタグのようなものが付けられているので伝書鳩かレース鳩でしょうか??

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2


そして近づいてきました!


世界遺産 古代遺跡


ストーンヘンジ!
H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ

古代遺跡スト-ンヘンジの巨石は現在から遡ること4000年以上も前に建てられたと言われています。
こんな昔にどのようにして建てられたのか気になりますね。。

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2


いろいろな解釈があり、
初期は「魔術師が巨人を使役して作らせた」とか、「魔法で運んできた」などという伝説もあったようです。


また、ストーンヘンジが北東-南西に向いていて、至点と昼夜平分点に特段の重要性が置かれたという考えから、月と太陽に基づく数多くの天文学的な配置が見られると主張する人もいたとのこと。


そして、こちらはヒールストーン

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2
夏至の朝に太陽はこのヒールストーン付近から昇り、太陽の最初の光線が遺跡の中央に直接当たるとのこと。。



死者を祭るための長い祭礼行進の境界標であったと主張する人もいます。


なにはともあれ、


現在の解釈は、多くの埋葬場所や周辺の神聖な遺跡の中に立地していることを考え合わせて、祭祀のための場所であったという考えで一致しているようです。


つまり、神や祖先を祭る儀式が行われていたということですね。。



へぇ~。


というような解説を日本語オーディオガイドがしてくれます。

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2


20世紀の始めまでには数多くの石が倒れたり傾いたりしていたそうです。


なんでも19世紀中に石によじ登った物見高い見物客が増えたり、

石を削りお土産に持ち帰る人たちもいたそうです。

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2

削られている石。


そのためでしょうか、至近まで行くことはできますが、サークルの中には入ることができません。
H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2


そしてなんと!


ここでロンパラ! を書いていらっしゃる

londepaさんと出会いました!

こんなところで売れっ子ブロガーさんに出会えるなんて!!

「アマもーん!」


と声をかけてくださって、ブログに顔写真だしててよかったとこの日、思いました。

うれしかったです!


ロンドンは狭い!

うれしい出会いもありつつ、来てよかった!ストーンヘンジ!

H.I.S.ロンドン雑学講座-ストーンヘンジ2



ということで


次回、バスに乗ってバースを目指します!



世界遺産バース&ストーンヘンジとコッツウォルズ
バスツアーについてはこちら


では!

アマもん

みなさん、いつもありがとうございます!
ポチっでブログランキングの応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

【H.I.S.ロンドン X PRESTAT】
H.I.S.ロンドン支店では、王室御用達チョコレート店プレスタット本店でお買い物をしていただくと、チョコレートが10%割引になるクーポンをスタートしました
クーポンはこちらからゲット!

H.I.S.ロンドン雑学講座-PRESTAT



おすすめ!マルタ島を訪れてみてはいがでしょうか?
見ると行きたくなっちゃうウェブサイトはこちらから

H.I.S.ロンドン雑学講座-malta











同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ロンドン支店

    ロンドン優待クーポン MADE in ヨーロッパの旅
    2018.09
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧